スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インド料理修行

インド人の同僚が仕事の後ディナーに招待してくれました。夕方5時に職場を出て彼女の家に直行です。キッチンには香辛料の瓶がずらり。毎日の料理はこの香辛料のコンビネーションで決まります。彼女は毎日仕事から帰ると、これらの香辛料を使った料理を何品か作ります。

この日の主食は小麦粉と水を練って作るロティ。毎日手作りするのだそうです。この日は私のために色も香りもいいハーブと香辛料入りのスペシャルロティを作ってくれました。いろんな種類のお皿を作ることと、主食を作るのに手間かかるのはちょっと和食に似ています。

生地を丸めて専用の台で薄く延ばします。ピザやタルトよりもずっと薄いので破れないように注意。
DSCN1137s.jpg

専用のフライパンで頻繁にひっくり返しながら一枚一枚焼きます。油は敷きません。薄いので手際よくしないと焦げます。とーっても楽しくてやみつきになりそうです。
DSCN1140s.jpg

ロティ作り修業の図。すっかりコツを覚えました。これで私もインドシェフ?
DSCN1144s.jpg

魚のマリネと、ロティと一緒に食べるトマトベースのソースを作りました。基本のターメリックとチリの他にコリアンダー、ジンジャー、マスタードシードなどを使いました。このカップルも私より少し前にオーストラリアにやってきたIT移住組。仲の良い新婚さんです。
DSCN1147s.jpg

インド料理は香辛料さえあればOK。海外でも気軽に運べるので、大きな袋入りで売ってます。彼女たちはオーストラリアで自国の料理を毎日食べるのは何の問題もないそうです。それに引きかえ和食は食材が命。この国では調味料はあっても食材がないのでつらいなあ。つくづくインド人をうらやましく思うのでした。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おいしそぅー!インド料理大好きです。こんどごちそうして~v-10

とりこさん

しますよ~!それまでに香辛料の研究をしておかなくちゃ。
プロフィール

divayoshiko

Author:divayoshiko
よりよい生活と仕事環境を求めて、日本の会社を辞めてオーストラリアに移住しました。IT技術者として生活を確立するまでの様子、日々の生活や仕事のこと、現地情報、オーストラリアや日本について感じることなどをつづっています。メルボルン在住。
Twitter @divayoshiko

これまでの歩み
2009年
4月  技術独立ビザで永住権取得
2010年
1月  東京からブリスベンに移住
2月  シドニーに移住
4月  ブリスベンに移住
5-6月 メルボルンに長期出張
2014年
2月  メルボルンに移住

最新記事
最近のコメント
伝言板
カテゴリ検索
日付順検索
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


キーワード検索
トリップアドバイザー掲載 タスマニア記事
タスマニアの旅行情報
トリップアドバイザー掲載 ニュージーランド記事
クイーンズタウン
個人的なコメントや質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

関連ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。