スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どっちがいい? ショッピング

オーストラリアのショッピングセンターやデパート、ブティックなどは通常夕方6時ごろに閉まってしまいます。会社帰りの私たちにとってはなんとも中途半端な時間で、最初はケシカラン!もう少し商売っ気はないものだろうか、と思っていました。でも考えてみればどうせみんな5時には職場を出るんだし、フレックスで4時に帰る人もいるし、メルボルンでさえ街のサイズはたかが知れているので、シティに職場があればショッピングエリアは歩いてもすぐ。5時に退社してもショッピングセンターや街のブティックを一時間で回り、6時に帰って食事の支度をして家族と夕食を楽しむことは十分にできます。それに木曜日と金曜日はどこのショッピングセンターも夜8時?9時まで開いているので、じっくりショッピングしたいときはこの平日の二日間か週末でできます。

日本では休日は小売業界にとって稼ぎ時ですが、こちらは週末でも特に日曜は早い時間に閉まってしまうし、国民の祝日はよく終日休みになります。営業時間が長時間の日と全く休む日を区別し、休むときは徹底的に休む。これはサービスの提供者側も同じです。日本ではいつでもどこでも夜遅くまでやっていて、最近はお正月まで営業するようになり、サービスの利用者には便利ですが、それはサービスの提供者による私生活の犠牲や高いコストによって成り立っています。誰かの犠牲によって誰かが便利になるか、みんなが余裕のある生活をしてみんなに多少の不便を強いるか。どちらがいいとは一概にはいえませんが、何をもって犠牲や不便と感じるのかは社会の価値観の違いです。

また、この国のショッピングセンターでは働いている人員が本当に少ないです。デパートでは何か質問したくてもフロア中誰も見当たらないこともあります。また試着は店員に声をかけたあとは顧客の自由です。日本の店では試着してからお買い上げまで顧客にぴったりくっついてサービスするので、相談したいときは便利です。でも自分で勝手に見てさっさと自分で決めたいのに、試着室の外で待ちかまえていて相談してもいないのに着た姿を見せろと言われ、あれこれ言われるとうざったい時もあります。おかげで時間も圧倒的に長くかかります。

日本ではショッピングセンター以外でも駅や空港など公共の場所で、海外に比べて人員の配置数が多いと思います。またオーストラリアのショッピングセンターは日本でよくある館内案内のパンフレットが置いてありません。館内案内図さえなかなか見つからないときがあり、困ってしまう時があります。顧客一人あたりのコストが日本に比べて大幅に押さえられているのは明らかです。

ここでもやはり顧客が手取り足とりのサービスを望むのか、その分コストを抑えて他の形で顧客に還元することを望むのか、価値観の大きな違いですね。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

日本でも・・・

日本の、大手ホームセンターなどと似てますね。人件費を大幅に減らして、損益分岐点を思いっきり下げて、その分価格を抑えるという手法。
でも、根本的には日本の小売業は江戸時代から変わってませんから、利益配分の方法にちょっとおかしなところがあるのは事実ですよね。

Nuggetさん

ホームセンターとかUNIQLOもこのスタイルですよね。こちらの国は価格を抑えることを競争優位性にしているわけではなくてもこのスタイルなのです。


フィンランドでは10年前は日曜日はどこも休みでしたが、5年前くらいに大型店舗以外は日曜の午後営業できるようになり、今年からはすべての店舗が朝から営業できるように変わりました。移った当初は不便で不便で仕方がなかったものでしたが、半日営業になったときはとても便利に感じ、今度全店舗終日営業できると聞くと、ちょっといやだなと感じました。ダラダラよりも決まった休みのある方が、働きやすいだろうし、利用するほうもなんとなく気持ちが安らぐと思うのはわたしだけでしょうか。そちらでは休業が守られればいいなと思います。

難しい問題ですね。
自分も欧州生活を始めたころは、平日5時or6時弊店、土曜日午前Only、日曜閉店には参りました・・・。
ほとんど買い物出来ずに困った。
でもこれも慣れの問題。そういうものだと思えば、買い物はほとんど相方に任せ、また土日は買い物以外の余暇に専念。
そうやってると、今まで買い物に随分時間を使い過ぎていなかったか、と自問自答。
買い物出来ない生活を不便と感じずに帰国すると、今度はいつでも買い物できる便利さに感謝。
うーん、どっちもありだから、その国の国民性にあっていればいいかな。

とりこさん

オーストラリアも昔は日曜休みだったようですが、今はやってます。私も最初は不便だなと思ったのですが、営業時間に合わせて自分のスケジュールを組むことはそれほどやっかいではありませんでした。「利用するほうもなんとなく気持ちが安らぐ」これすごい同感です。自分だけでなく街全体が休んでいるほうがなんとなく特別感があるし、いつでも望めば欲しいものが手に入るわけではないという、忘れかけていることを気づかせてくれます。

じょーじさん

最初はえーっと思っても人間って慣れるもんなんですね。たまに慣れないこともありますが・・・。確かにいつでも開いてると思うとだらだらとすごしてしまうかも。いろんなパターンを経験すると、今まで気づかなかったことを気づかせてくれますね。

全く同感です

初めまして、こんにちは
QLD州サンシャインコーストに住むeboniと申します。

同じオーストラリアに住む身として
全く同感です。

最初はなんでこんなに早く閉まっちゃうの?
と思いました。同じトピックで私もブログに書いています。良かったらご覧ください。

http://eboni499.blog121.fc2.com/blog-entry-16.html

divayoshikoさんは技術者だけあって
文章の中身が深い。私のは軽すぎる~


試着室の外で待ちかまえていて相談してもいないのに着た姿を見せろと言われ、あれこれ言われるとうざったい時もあります。おかげで時間も圧倒的に長くかかります。

私がランニング用パンツを購入した時は
恥ずかしいから見せたくなかったのに
"That's cute! It looks great" 

と褒めことばのオンパレード。
おかげでその気になって買ってしまいました。

まあ、すごく走りやすいパンツだったので
後悔はしていないのですがね。

eboniさん

こんにちは。コメントありがとうございました。なんと同じような時期に同じトピックを書いていたとは・・・。これも何かのご縁ですね。同じQLDに住む者として、これからもどうぞよろしく。
プロフィール

divayoshiko

Author:divayoshiko
よりよい生活と仕事環境を求めて、日本の会社を辞めてオーストラリアに移住しました。IT技術者として生活を確立するまでの様子、日々の生活や仕事のこと、現地情報、オーストラリアや日本について感じることなどをつづっています。メルボルン在住。
Twitter @divayoshiko

これまでの歩み
2009年
4月  技術独立ビザで永住権取得
2010年
1月  東京からブリスベンに移住
2月  シドニーに移住
4月  ブリスベンに移住
5-6月 メルボルンに長期出張
2014年
2月  メルボルンに移住

最新記事
最近のコメント
伝言板
カテゴリ検索
日付順検索
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


キーワード検索
トリップアドバイザー掲載 タスマニア記事
タスマニアの旅行情報
トリップアドバイザー掲載 ニュージーランド記事
クイーンズタウン
個人的なコメントや質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

関連ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。