スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国立ビクトリア美術館

National Gallery of Victoriaは、メルボルンにあるオーストラリアで一番古い美術館です。インターナショナル美術とオーストラリア美術が別々の建物になっていますが、インターナショナルのほうに行ってきました。

DSCN1113s.jpg

ヨーロッパやアジアの絵画、装飾美術、彫刻、アンティークなどのコレクション16000点が集められています。さすがは文化の中心地メルボルン、ここのコレクションはかなり力が入っています。これほどのものがオーストラリアで見られるとは、いやはや恐れ入りました。オーストラリアはイギリスと関係が深いので、ヨーロッパの作品が入りやすいようで、またアジアからの収集も積極的です。通常展示のほか、茶道と禅の特別展をやっていて茶器の展示や茶道の紹介などが行われていました。海外で行われる日本の展示は日本人から見るとあまり価値がない場合も多く、それほど期待していませんでしたが、日本人の私が見ても十分見ごたえのあるコレクションでした。

しかもオーストラリアでは美術館は当然無料。これほどの美術品を無料で見られるとは本当にすばらしい国です。この美術館はビクトリア州からの助成金のほか、民間からの寄付によって成り立っていますが、政府だけでなく企業や個人が寄付に積極的なのでそれが可能なのでしょう。ホームページに財務三表を含む決算報告書まできちんと載せているのは寄付の重要性を物語るものだと思います。

ここではボランティアガイドが案内してくれるのでツアーに参加してみました。案内してくれたのは白髪がきれいなおばあさんで、深いヨーロッパ美術の知識の持ち主でした。館内や展示物で重要なものを歴史的背景も含めて丁寧に説明してくれます。広い館内をてくてくとよく歩き、新しい人に出会い、年代も含めて作品の解説を細かくするので記憶力が必要、ボケ防止にもなります。引退の年齢になっても自分の得意分野を生かして他人の役に立てるのはすてきなことですね。

とても大きいのであまり時間がないのが残念でした。メルボルンを訪れる人にはぜひお勧めしたい美術館です
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Nugget

自分が行ってもないのに、Divayoshikoさんのブログのおかげで知らない都市の話題や見どころをいろいろと知ることができて、重宝してます。
いつかオーストラリアに行ったら、訪問候補ですね。ここは。

Nuggetさん

重宝していただけると聞くと励みになります。これからもこれから旅行する人のためにも役立つ記事を書きたいです。

プロフィール

divayoshiko

Author:divayoshiko
よりよい生活と仕事環境を求めて、日本の会社を辞めてオーストラリアに移住しました。IT技術者として生活を確立するまでの様子、日々の生活や仕事のこと、現地情報、オーストラリアや日本について感じることなどをつづっています。メルボルン在住。
Twitter @divayoshiko

これまでの歩み
2009年
4月  技術独立ビザで永住権取得
2010年
1月  東京からブリスベンに移住
2月  シドニーに移住
4月  ブリスベンに移住
5-6月 メルボルンに長期出張
2014年
2月  メルボルンに移住

最新記事
最近のコメント
伝言板
カテゴリ検索
日付順検索
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


キーワード検索
トリップアドバイザー掲載 タスマニア記事
タスマニアの旅行情報
トリップアドバイザー掲載 ニュージーランド記事
クイーンズタウン
個人的なコメントや質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

関連ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。