スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就職が決まりました!

ついに就職が決まりました!来週からシステムコンサルティング会社でコンサルタントとして働くことになりました。前回の会社は小さな会社でしたが、今度はうって変わってオーストラリア株式市場に上場する大手です。

仕事が見つかったこと自体はもちろんうれしいですけど、これで社会の一員として認められる身分になれることがとてもうれしいです。無職で学生でもない身分では社会的信用がないので、やりたいことがいろいろ制限されます。これで賃貸アパートの契約ができる! クレジットカードを申し込める! iPhoneが買える! インターネットの契約ができる!生活用品がそろえられる! 今からウキウキです

この会社は面接が全部で4回ありました。
1回目  人事部
2回目  同じ部署に所属する人(同僚になる人)
3回目  部門の責任者(上司になる人)
4回目  クイーンズランド州地域統括責任者

びっくりしたこと その1 結果がその場でわかる
すべてのプロセスで、面接の最後に次のステップに行くよう指示されました。日本だと面接からしばらく経ってから人事部から連絡が入り、合否の結果を知らされ、合格のときはその後次の面接の予約を取ります。その場で結果を言い渡されることはありませんでした。

びっくりしたこと その2 権限委譲
つまりすべての面接者に合否を判定する権限があるということです。2回目の面接は同僚になる人が私の技術的なスキルテストを行いましたが、この人が実質最初のラインの面接になります。ということはですよ、この人が「こいつ虫がすかねーな」と思ったら落とすことだってできちゃうわけです。こわいですねー。というか、初期段階での判断を現場の非管理者に任せるってすごいことだし、日本では見たことありません。同僚は面接に参加したとしても、せいぜい上司の面接が終わった後に顔合わせ的に合うぐらいだと思います。

びっくりしたこと その3 スピード
これはオーストラリアの前職でもそうでしたが、とにかくプロセスが早いです。大手で、しかもこれだけ多くの面接をこなしても、応募した日からオファーレターが出るまで15日。もちろん業種や職種によって違うのでしょうが、私は日本の同じ業界で何度も転職しましたけど、1カ月ぐらいはかかっていたと思います。オーストラリアでも遅い会社はありますが、全般的に日本に比べて圧倒的に意思決定が速いという印象です。

びっくりしたこと その4 トップマネジメント
最終面接は幹部が出て来ました。日本だとお偉いさんとの面接は「やあやあよろしく」みたいな感じで顔合わせ的な意味合いが多かったので、そのつもりで行ったらもう大変、最終面接が一番タフだった!よくもここまでイジメてくれましたねって、そんなに意地悪な質問があったわけじゃないんですが、「この会社に入るヤツは俺が責任もって判断したるぜ!」という気迫がビンビン伝わってきました。現場の人だと仕事の話さえしていればいいのですが、この人は仕事の能力検査は終わっているという前提で、一般的なプロフェッショナルとしての姿勢や人格、会社の文化に合っているかどうかをチェックしたかったらしいです。あー疲れた・・・。でも最後にはニッコリ笑ってオファーを出すと言ってくれました。

普通は入社してしばらくは社内でゆっくりして同僚を紹介してもらったり、新しい職場に慣れる期間があるものですが、私の場合入社すぐに私が働くことになるであろうプロジェクトの重要なキックオフミーティングがたまたまぶつかってしまい、入社第1日目と2日目はいきなり朝からクライアント先に駆り出されることになりました。やれやれ。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おめでとうございます!
何より自分に合った会社に巡り会えた事が良かった。
来週から忙しくなりますね。その前に、今週末はリラーーーックスして、盛大にお祝いしましょう!!!

おめでとうございます!

おめでとうございます!!!
よかったですね!
これから忙しくなりますね。。。
平日の昼間お茶したりランチしたりしたいなぁと思っていたのですが、もう週末しかフリーな時間はなくなってしまいますね。。。
私は週末は子連れだし。。。

子連れでもよければ、ぜひお茶したりランチしたりしましょうね^^

ハズ&ワイフさん

ありがとうございま~す。いろいろ力添をいただいてほんとにありがたかったです!週末は遊ぶぞ~。

Kayokoさん

ありがとうございます。子連れでぜんぜんOKですよ!ぜひぜひおいしいもの食べに行きましょう!

おめでとうございますv-407

のんびりしたオージーの中にあっては、働き者で責任感のある日本人は職場で評価されるんちゃう?ことにYoshikoちゃんは経験プラス度胸もあるし◎、活躍が楽しみやわー。

Ikuyoさん

ありがとう。帰国後突然大阪弁になってますが、何かあった?

よかったやん!v-218これで立派な社会人ですね。v-43早急なキャッチアップですね。先日東京の仲間v-208と貴女v-209の話をしたばかりです。吉報v-221を伝えておきますね。

miyaさん

わお、絵文字満載のメッセージありがとうございます。決まったら決まったで、もっと遊びたかったななんて思ったりもします(笑)。

Wao~i-194 少しお邪魔していない間に、お仕事が決まったんですねぇ~!
おめでとうございます~i-237

でも、なんだか初っ端からバリバリお仕事する事になりそうですねv-356
頑張ってくださいね~応援してますっi-179

mameさん

いつも応援ありがとうございます。初出社はドキドキしますがまたご報告します!

プロフィール

divayoshiko

Author:divayoshiko
よりよい生活と仕事環境を求めて、日本の会社を辞めてオーストラリアに移住しました。IT技術者として生活を確立するまでの様子、日々の生活や仕事のこと、現地情報、オーストラリアや日本について感じることなどをつづっています。メルボルン在住。
Twitter @divayoshiko

これまでの歩み
2009年
4月  技術独立ビザで永住権取得
2010年
1月  東京からブリスベンに移住
2月  シドニーに移住
4月  ブリスベンに移住
5-6月 メルボルンに長期出張
2014年
2月  メルボルンに移住

最新記事
最近のコメント
伝言板
カテゴリ検索
日付順検索
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


キーワード検索
トリップアドバイザー掲載 タスマニア記事
タスマニアの旅行情報
トリップアドバイザー掲載 ニュージーランド記事
クイーンズタウン
個人的なコメントや質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

関連ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。