スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーストラリアになくて困る食材

日本にいるときはいつも和食を作っていましたが、移住してきてからはあんまり作らなくなってしまいました。アジア食料品店に行けば調味料や加工品、お菓子など日本のものはなんでもそろっていますが、値段が高いので普段からたくさん買うわけにはいきません。それに和食の命はなんといっても新鮮な食材。和野菜の種類が少なく、和食に使える魚もあまりなく、薄切り肉はあっても高いしあまりおいしくないという状況では、そもそも料理する意欲が湧いてきません。かぼちゃの煮つけなんかも、かぼちゃの種類が違うので水っぽくなってしまってがっかりです。もっと行動範囲を広げればいい食材を売るお店が見つかるのかもしれないけれど、まだ車を購入していないのでお店を探すのもままなりません。日本から引越中に和食器がほとんど壊れてしまったのも、その気にならない原因の一つかも。

でも私は日本の外にいるときはどういうわけか特に和食を食べたいと思わないのです。郷に入ったら郷に従えで、現地の食材を使って現地の物を食べた方がおいしいし安いし・・・と思ってしまう。現地で手に入る食材を使ってオーストラリア流の和食を開発する、なーんてことをいつかやってみたいと思うのですが、今はそこまでして和食を食べたいとは思いません。美味しい和食は日本で食べるのが一番だと思います。

むしろ今興味があるのは、地元のスーパーにどんな物が置いてあって、それを使ってどんな料理ができるかを考えること。オーストラリアのスーパーは私の大好きなイタリアンの食材がとても豊富で、日本では手に入りにくかったり高いものが簡単に手に入ってしまうのです。それにタイ、インド、中国といったアジア系の調味料や野菜も日本のスーパーより手に入りやすいので、どうしても和食以外のものを作ることが多くなってしまいます。これから研究してみたいのは、近所のスーパーでも豊富な調味料が売られていて、チャイナタウンに行けば食材も手に入る中華料理。

それにしても和食材については最初から期待していなかったので、なくてもあきらめがつくのですが、あきらめがつかないのは和食以外の食材です。洋風だから日本食料品店で高いものを買わなくても当然普通のスーパーにあるはずだと思っていたのにない!。たとえばこんなものです。

ホワイトソース缶
グラタンやパスタソースに大活躍のホワイトソース缶。日本ではいつもキッチンに常備していましたけど、オーストラリアのスーパーには売っていないのです。そこで小麦粉をバターでいためて自分で作っています。ちょっとめんどくさいけど、のんびりホワイトソースを作るのもオーストラリアらしくて良しとするかな。

ドミグラスソース缶
これもシチューやハヤシライスに大活躍でよく利用していましたが、こちらにはありません。でも自分で作るとなると肉や野菜を煮込んで一日がかり。たまに休日の楽しみに作るのはいいけど、普段はなかなか・・・。どうしたものか。

洋風スープの素
こっちの固形スープや液体スープは変に味が濃かったりスパイスが利きすぎていたりして、未だに納得のいくものに巡り合っていません。アメリカではbrothと呼ばれるスープストックがスーパーで売っていて味も良かったんだけど。時間のあるときに自分で作るスープストックは最高だけど、これも毎日の料理で作るわけにもいかず、困っています。

中華スープの素(粉末)
中華料理を作るときは必ず使っていたのですが、こちらでは見つかりません。中華材料は普通のスーパーにもたくあんあるので、代用品がどこかにあるのかもしれませんが。

ケチャップ
ケチャップって世界中どこでもあるものだと思っていましたが、アメリカのものなんですね。この国ではトマトソースやトマトピューレしかありません。容器がケチャップに似ているトマトソースがあったのでチキンライスに使ってみたら、味も色も薄いので、たくさん使いすぎてべちょべちょになってしまいました。味もケチャップより酸っぱいです。

パン
こちらのパンは固くてパサパサしてあまりおいしくありません。日本にいたときは週末は必ず作っていたほどフレンチトースト好きだった私にとってこれは大問題。空気をあまり含んでいないので、卵液を含ませてもよく浸みこまないのです。でも先日のブログにも書いた通り、ふわふわパンを売るパン屋さん、Breadtopを見つけ、ここのパンでフレンチトーストを作ってみたところ、これがまた期待通り大成功です!卵液が奥まで浸みて、焼いた後もしっとりとろ?り。渡豪して初めての満足度の高いフレンチトーストでした。でも難点はこのお店、ちょっと市内から遠いので、今度はフレンチトーストに合うバゲットを普通のパン屋さんで探してみようと思います。

オーストラリアには伝統料理というものはなく、移民が持ち込む料理によって食文化が成り立っているので、どこの国からの移民が多いのかはスーパーの棚をみればわかってしまいます。一方日本の食生活は移民がほとんどいないにも関わらずあらゆる国の料理が浸透していて、しかも輸入した食材そのままでなく、自国でアレンジして使いやすく工夫していろんな加工品を作っているのですね。あらためて日本の食文化はすごいな?と感心してしまいます。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

よしこさん、お久しぶりです^^
私も日本にいた時に比べて格段に和食を作る機会が減ってしまいました。。。
Nutritionの先生は日本食が一番健康的だとおっしゃっていました。
お魚もおいしい新鮮なものが手にはいりにくいし、野菜もそう。
こっちでおいしい日本食を作るのって大変ですよね。

でも子供達は麺類が大好きなので、パスタやうどん、パッタイなどをよく作ります。
朝も和食だったけどこっちではめっきりトーストかシリアル。
楽でいいんですけどね^^;

でもオーストラリアってフルーツが安いからフルーツは買う機会も増えました!

あーーーフレンチトーストが食べたくなってきたぁ~この時間に食べたらやばいですよね^^;

Kayokoさん

そうですね、オーストラリアはフルーツが安くて種類も豊富なので、いろいろ試してみたいですね。そうかあ、パッタイもいいですねー。どんな麺を買ったらいいのかな。

料理、楽しんでいるみたいですね!オーストラリアの季節の食べ物についても、また教えてください。

ホワイトソース、フィンランドにもありません。でもグラタンやパスタには、普通のフレッシュクリームを使いました。フィンランド風グラタンは、たとえばジャガイモの細切りとたまねぎのみじん切りを、ハムやツナと一緒に耐熱ケースにつめ、クリームを入れてオーブンで煮込む。クリームは料理用の低脂肪が安いのでしょっちゅう使っていました。

Ikuyoさん

そうですよね!オーストラリアもヨーロッパやアメリカもクリームが充実していて、脂肪率が違うクリームがいろいろ選べます。低脂肪のものは大いに利用したいです。そういえばフィンランド風グラタンのこと以前教えてもらいましたよね、思いだしました。私もさっそく作ってみます。ありがとう!

えぇ~…・・
ホワイトソース缶やドミグラスソース缶こそAUSにありそうなのに。。ビックリです・・v-12
中華スープの元とかも・・絶対置いてそうなのに・・。

ケチャップ…・自分が居た頃はどうしていたのか考えちゃいました・・i-202
フツーに食べてた気が…・日本から送って貰ってたヤツだったのかしら・・(笑;)


こうして、divayoshikoさんみたにちゃんと観察してなかったのかも・・。。
でも来年飛んだら日本に帰る気はないし、
今のうちにちゃーんとココでお勉強させて貰いますっv-10

mameさん

渡豪は来年なんでしたっけ?今のうちに日本の食を思う存分楽しんでくださいね。

プロフィール

divayoshiko

Author:divayoshiko
よりよい生活と仕事環境を求めて、日本の会社を辞めてオーストラリアに移住しました。IT技術者として生活を確立するまでの様子、日々の生活や仕事のこと、現地情報、オーストラリアや日本について感じることなどをつづっています。メルボルン在住。
Twitter @divayoshiko

これまでの歩み
2009年
4月  技術独立ビザで永住権取得
2010年
1月  東京からブリスベンに移住
2月  シドニーに移住
4月  ブリスベンに移住
5-6月 メルボルンに長期出張
2014年
2月  メルボルンに移住

最新記事
最近のコメント
伝言板
カテゴリ検索
日付順検索
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


キーワード検索
トリップアドバイザー掲載 タスマニア記事
タスマニアの旅行情報
トリップアドバイザー掲載 ニュージーランド記事
クイーンズタウン
個人的なコメントや質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

関連ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。