スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就職エージェントとのつきあい方

私は日本で転職するときはほとんど就職エージェントを使っていました。でもエージェントもピンキリで、詐欺まがいのひどい人もいれば、親身になって相談に乗ってくれる人もいて、会社よりは個人のリクルータの質の差が激しかったように思います。信頼できないリクルータもかなり多かったので、たまにいい人に巡り合うとずっと長いおつきあいをさせてもらいました。急なレイオフや転職で最初に駆け込むのは、長年付き合いがあって信頼できる欧米人のリクルータ達でした。彼らとは仕事を探していなくても普段から近況報告をしていたので、私のキャリアパスを以前から知っていて、何かあるとすぐに相談することができました。

オーストラリアに来てからはさすがに彼らにお願いするわけにはいかず、エージェントとのつきあいはゼロからのスタートになりました。こちらでもやはり質はピンキリで、まじめに私の話を聞いてくれ、マッチした会社を探してくれようとする人もいますが、単に左から右にレジュメを回すだけの人や、やたらに面接を受けさせたがる人もいます。どちらかというと後者の方が多いかもしれません。誰とまじめに付き合うのかを厳しく選別し、うまく使う必要があります。

日本とオーストラリアのリクルータで違うのは、日本のほうがきめ細かいフォローをこまめにやってくれることです。オーストラリアのリクルータは、案件を追いかけていても人によっては企業や求職者に対してこまめにフォローしてくれず、こちらからハッパをかけないと動きません。いつまでに連絡すると言ってもその期限までに連絡してくることはめったにありません。豪を煮やして電話をすると、そのとき初めて腰を上げます。彼らはたくさん案件をかかえているので、しつこく電話をかけて自分の存在をアピールしないと、他の案件より優先順位が下がってしまいます。彼らは誰か数名を入社させて手数料をもらえればいいので、全員に同じサービスを提供する必要はないのでしょう。誰にでも均質なサービスを提供する日本社会で生きてきた者にとってはこういうのは疲れてしまいますが、オーストラリア社会で自分を積極的にアピールすることの必要性は、仕事探し、アパート探し、面接、何に関しても同じなのでしょう。

日本ではメールが一番の連絡手段で、めったなことがないとあまり電話はしませんでしたが、こちらではメールを書いてもなかなか返事がありません。一番効果のある連絡手段は電話です。電話は逃げ場がなく、その場で何らかの対応を迫られるからです。彼らとの付き合いは、オーストラリアの企業文化を学ぶ上でも役に立っています。そういえば日本で働いていたときのオーストラリアの上司も、日本の上司以上にすぐ電話をかけてきたなあと思い出しました。

また日本では、レジュメの提出から面接、給与交渉に至るまですべてのプロセスにおいて面倒をみてくれ、面接のアポ取りも企業と応募者の間に入ってやってくれます。こちらでは人事部がそのような機能を持っていない会社はエージェントがやりますが、人事部がしっかりしているところは、一度面接のプロセスが回りだすと後は当事者同士に任せ、応募者は会社と直接連絡を取ります。確かに単なるアポ取りに余計なプロセスを挟むよりはこのほうがスムーズです。

これまでいろいろなリクルータと会う機会があり、信頼できそうな人たちにも巡り合いました。もちろんエージェントを使わなくても就職はできますが、自分の専門分野や業界に強い優秀なリクルータは大いに助けになってくれるし、面接する会社に直接訊けないことを訊いたり、相談にものってくれます。特に独立開業しているヘッドハンターなどは独自のカラーがあるので、人格的にも仕事の仕方においても、自分とウマが合い信頼がおける人に出会うことは重要だと思います。

人生で持つべきは良い医者、良い弁護士、そして良いヘッドハンターともいわれますが、オーストラリアで彼らを探す旅はまだ始まったばかりです。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リクルータとの巡り合わせは本当に運次第ですよね。50以上のリクルータを利用しましたが、役にたったのはほんの一握りでした。それ以外は事務処理係と割り切ってレジメのブラッシュアップ、面接の練習に利用してしまいましょう。ご紹介したリクルータはオーストラリアのリクルータの中ではかなりレベルの高い方だと思います。日本程のきめ細やかなサービスは望めませんが彼等が活躍して良い知らせが早くやってくることを祈っています。海外での就活は本当に大変だけど、ストレスかけ過ぎず頑張ってください。応援しています。

頑張っていますね!

大好きなブリスベンで仕事が見つかればよいですね。

ハズ&ワイフさん

優秀なリクルータを紹介してくださって本当に助かりました。いつかはなんとかなるでしょって感じでマイペースでやることにしています。


Miyaさん

いつも応援いただき心強く思います。早くいいお知らせができるよう頑張ります!

プロフィール

divayoshiko

Author:divayoshiko
よりよい生活と仕事環境を求めて、日本の会社を辞めてオーストラリアに移住しました。IT技術者として生活を確立するまでの様子、日々の生活や仕事のこと、現地情報、オーストラリアや日本について感じることなどをつづっています。メルボルン在住。
Twitter @divayoshiko

これまでの歩み
2009年
4月  技術独立ビザで永住権取得
2010年
1月  東京からブリスベンに移住
2月  シドニーに移住
4月  ブリスベンに移住
5-6月 メルボルンに長期出張
2014年
2月  メルボルンに移住

最新記事
最近のコメント
伝言板
カテゴリ検索
日付順検索
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


キーワード検索
トリップアドバイザー掲載 タスマニア記事
タスマニアの旅行情報
トリップアドバイザー掲載 ニュージーランド記事
クイーンズタウン
個人的なコメントや質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

関連ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。