スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謎の入墨男

9/27のブログ "Byron Bay" に出てくる入墨をした男性の記事への反響が予想を超えてたくさんありました。「あの入墨男はdivayoshikoの彼氏なんじゃないか」疑惑です。ガーン
「メールするのも気が引けるし、会ってから訊こうと思っていた」
「メールも電話もできなくて困っていた」
など、いろいろとコメントをいただきました。

真相は、あの男性は全然知らない人です!彼はただクールに見える漢字を三つ選んで彫ってもらっただけなのです。私も写真を撮らせてもらいましたけど、彼も喜んじゃって、自分のカメラでも一緒に撮ってくれと頼まれました。

オーストラリアでは今入墨がはやっているようで、ショップもたくさんあり、一種のファッションのようにになっています。彼のように腕一面入墨の人がそこら中を闊歩しているわけではありませんが、小さいのをしたり、すぐに取れてしまう入墨をする人は多いみたいです。芸能人が、見えるか見えないかぐらいの小さな入墨をしただけで大騒ぎする日本人からみれば、オーストラリア人は不良に見えるのかもしれませんね。きゃー

以前オーストラリアの新婚の同僚が腕に小さく奥さんの名前を入れているのを見て、「もし別れちゃったらどうするの?」とふざけて訊いたら、「二回目の結婚だから、今度こそ一生大切にするという決意で彫った」と言っていました。こんなふうに言われた奥さんは女性冥利につきるのでしょうけど、さすがに自分のパートナーがもし腕中桜吹雪で現れたら引きますよね・・・がーん

・・・ということで、今回は釈明ブログでした。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

そのイレズミに出会うのもすごい偶然だし、そのひとと一緒に写真をとっちゃうあなたもすごいと思います!

いくちゃん

いやはや、おホメいただきまして・・・。無視して通りすぎるのは難しかったです。

あはは!笑えるー!
そう言えば、二週間くらい前に入墨の事こっちの新聞にのってたなー。入墨について町の人に色々聞いてた。「入墨興味ねー!!」っていう人もいれば、「入墨かっこいいよなー!」っていう人もいました。

かなぴょん

へえ、フィンランドでも入墨する人がいるんですね。すごい、かなぴょんはフィンランドの新聞読むんだ!(あ、子供扱いして失礼)

プロフィール

divayoshiko

Author:divayoshiko
よりよい生活と仕事環境を求めて、日本の会社を辞めてオーストラリアに移住しました。IT技術者として生活を確立するまでの様子、日々の生活や仕事のこと、現地情報、オーストラリアや日本について感じることなどをつづっています。メルボルン在住。
Twitter @divayoshiko

これまでの歩み
2009年
4月  技術独立ビザで永住権取得
2010年
1月  東京からブリスベンに移住
2月  シドニーに移住
4月  ブリスベンに移住
5-6月 メルボルンに長期出張
2014年
2月  メルボルンに移住

最新記事
最近のコメント
伝言板
カテゴリ検索
日付順検索
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


キーワード検索
トリップアドバイザー掲載 タスマニア記事
タスマニアの旅行情報
トリップアドバイザー掲載 ニュージーランド記事
クイーンズタウン
個人的なコメントや質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

関連ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。