スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーストラリアのインテリア雑貨

新生活を始めるうえでなにかと必要な家庭雑貨。たとえば収納用品、整理棚、ほうきやちりとりなどの掃除用品、キッチン小物、ハンガーや洗濯用バスケットなどの衣料小物、タオルなどの洗面小物、ゴミ箱などの家庭小物、化粧小物・・・。ショッピングセンターに行くたびに目を皿のようにして探すのですが、街の中心部の大きなモールにいっても、郊外の大型ショッピングセンターに行っても、インテリアや家庭用品の店がほとんどないのです。みんなどこで買っているんだろう?と、オーストラリアに来てからずっと疑問でした。もしかして私の知らない秘密の店が郊外のどこかにあるのかも?と思っていました。でも最近わかったんです。オーストラリアには日本のようなインテリア雑貨というカテゴリーは存在しないということが!

もちろん大型スーパーマーケットのようなところに行けば家庭雑貨はあるにはあります。でも品質が悪いし、第一デザインがかわいくない!デパートにいけばもちろん大型家具はあるんですが、手ごろな値段のものは少ないし、あまり細かいものは扱っていません。たまーに奇跡的におしゃれな店を見つけたとしても、いかにも「ほ?ら、おしゃれでしょう?」といわんばかりに高級感あふれるディスプレイがされていて、目が飛び出るほど高い。つまり、安くて使えればいいじゃん程度のものと高くておしゃれな物はあるけど、その中間、つまりデザインもそれなりで値段もお手軽なものがあまりないのです。あっても圧倒的に種類が少ない。

一昔前は日本もそうでした。ちょっといいデザインの物を求めようとするといきなりデパートなんかの高級品コーナーになってしまう。そこでアメリカに出張するたびにインテリアショップに行ってはキッチン小物、食器、ランプ、部屋に飾る絵などを大量に「個人輸入」してました。アメリカはどこのショッピングセンターにも必ずインテリアショップがたくさん入っていて、種類が多いしデザインもいいし、値段も日本の半分以下でしたから。最近は日本も家のなかで過ごしたりホームパーティをするようになってきたので、インテリアに人々の関心が行くようになり、商品も充実してきました。オーストラリアは休日はアウトドアでパーティもBBQだから、そもそも需要がないのかな。

合格圏内なのはIKEA。IKEAがオーストラリアに進出してきたときの衝撃は日本以上だったと想像します。ここは確かにデザインはおしゃれだし小物は安いです。大型家具もデパートにはないような手軽なものがそろっていますが、それでも値段はそれほど安いとは思いません。それともIKEA以外にもどこかいいショップはあるんでしょうか?ご存知の方はぜひ教えてください。

日本の東急ハンズはなぜ外国人旅行者が多いのか不思議でしたが、今やっとわかりました。世界的不景気の影響をほとんど受けていない小金持ちオーストラリア人旅行者が日本に行って、東急ハンズに出没しているに違いありません

今度日本に帰ったときにはきっと東急ハンズやLOFTなどのインテリア小物ショップをうろつきまわっているでしょう。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

divayoshiko

Author:divayoshiko
よりよい生活と仕事環境を求めて、日本の会社を辞めてオーストラリアに移住しました。IT技術者として生活を確立するまでの様子、日々の生活や仕事のこと、現地情報、オーストラリアや日本について感じることなどをつづっています。メルボルン在住。
Twitter @divayoshiko

これまでの歩み
2009年
4月  技術独立ビザで永住権取得
2010年
1月  東京からブリスベンに移住
2月  シドニーに移住
4月  ブリスベンに移住
5-6月 メルボルンに長期出張
2014年
2月  メルボルンに移住

最新記事
最近のコメント
伝言板
カテゴリ検索
日付順検索
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


キーワード検索
トリップアドバイザー掲載 タスマニア記事
タスマニアの旅行情報
トリップアドバイザー掲載 ニュージーランド記事
クイーンズタウン
個人的なコメントや質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

関連ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。