スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アパートが決まりました!

ようやくアパート探しの日々に終止符を打つことになりました。シドニーに来てから明日で1カ月という今日、ついに契約をしてきましたブログを読んでくださったシドニー在住の知らない人たちからもたくさん連絡をいただき、多くの方々にアドバイスをいただきました。本当にうれしかったです。この場を借りて厚く御礼申し上げます。

もともとシドニーに住む予定ではなく、十分な下調べもせずに来てしまったので、かなり苦労しました。アパートを探す前にまず、住む地域の見当がつかなかったからです。シドニーは東京ほどではないにしても、郊外を含めるとかなり広く、地域によって住む民族や街の様子がまったく違います。同じ家賃でも地域によって部屋の広さやグレードがぜんぜん違うのです。日本でももちろん地域差はありますが、しょせん生活レベルや民族、価値観が均一な社会なので、それほど気を使うことはありません。

次にとにかく家賃が高く、市内から遠く離れた所やダウンマーケットと呼ばれる地域に行けば安いのですが、やはり通勤の利便性、安全性、ぜいたくでない程度の快適さを犠牲にすることはできず、一時はルームシェアも考えました。でも知らない人との生活基準の違いからストレスがたまっては元も子もなく、これも却下。最初から二人住まいならもう少し楽だったと思います。

またアパート不足からいいアパートは競争率が激しく、申し込みをしたアパートもありましたが、あっさり却下されました。多い時は10組以上がインスぺクション(アパートの下見)に来ていたので、最近移民してきた外人の私なんてはなから見込みなし。

毎週土曜に必ず行くインスペクションの他に、上司の了解を得て平日の昼休みや夕方に早退して見に行ったこともありました。こちらのエージェントは日曜日は休業だし、平日アパートを見に行くときも約束の時間が一番遅くて5時なのです。私は職業柄平日はPCを肌身離さず持ち歩くので、重いPCをぶら下げて炎天下を汗をぬぐいながら延々と歩いた日もあったっけ。また会社を早退して少し遠い郊外のアパートを電車に乗って見に行ったら、約束の時間にエージェントが現れず、電話してみるとその部屋はもう契約済みと言われたこともありました。完全に売り手市場でみんながアパートを獲得するために走り回っている状況では、彼らにとってこんな客扱いはなんてことはないのです。シドニーでは皆賃貸に嫌気がさして買ってしまうらしい。

会社が今のアパートの家賃を負担してくれる期日の今月末が近付いても一向にきまらず、会社の人も心配してくれましたが、彼らもいろんな民族だし、お互いの生活基準を知らない人同士ではアドバイスといってもたかがしれています。やはりブログを読んでくださった日本人や、前の会社の同僚で私のことを知っているオーストラリア人のアドバイスが役に立ちました。

エージェントから来たメールの言葉
Congratulations, your application for the above property has been approved….
「お申込みいただきありがとうございます」でなく「おめでとう」、そしてacceptedではなくapprovedだってさ。確かに厳しい検査をくぐりぬけて私に部屋を貸してくれるという知らせはうれしかったけどさっ

契約したアパートは決して理想的とはいえないのですが、家のグレード、住環境、通勤の利便性、値段との折り合いがギリギリつくところで手を打ちました。あとは住めば都になることを祈るのみ。今夜は料理に腕をふるい、ワインで一人祝杯をあげました

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

おめでと!
すごい売り手市場ですね。
我が家は帰国して、今の家はほとんど2日で決まりましたが、かなり満足してる家です。勝手がわかってるというアドバンテージもあるが、良質な物件がたくさんあるのはさすが東京。・・・と言っても家は横浜ですが・・・。
いよいよこれから本格的に定住生活だね♪

決まりましたかぁ!!

お疲れ様です(*^^)v

私は今、高知でアパート暮らしですが・・・
今年の目標!!

一軒家を買う!!!!
今は毎月家賃を払うより、住宅ローンの方が安いみたいです。
中古でいいからお庭付きがいいなぁって思ってます。
がんばるぞぉ~!

仕事は慣れてきましたか?
頑張ってね(*^^)v

じょーじさん

そうですね。今まではジプシー気分でしたが、今度は腰をすえて自分の生活を作っていけそうです。

ゆっこさん

おーっ家買うんですか!いいなあ。がんばってね~。私もいつかは夢の我が家を持ちたいです。v-352

はじめまして

家探しでこんなに大変とは。
仕事があってこんなでしたら、
無職は絶対貸してくれないんでしょうね。。
自分もそのうちシドニーに行く予定なのですが、
暮らしていけるか心配になっちゃいました。。。

taruさん

家主やエージェントは、借主に安定した収入があってちゃんと支払いをしてくれるかどうかを一番気にします。学生として行くのですか。シドニーには留学生がゴマンといますから、きっと何かしらの方法をつかってみんな借りているんだと思います。(銀行口座の明細とか親の収入とか?詳しくは実際に学生さんにきいたほうがいいと思いますが)ルームメイトを探している人もたくさんいますから、そういう人を探すのも手なのでは?

No title

いえ,自分学生ではないです。
記事を拝見して、永住も楽じゃないなって
思ったのですよ。。

taruさん

シドニーは特に競争率が激しいので大変かもしれません。でも無職で移住して仕事を探しながらアパートを借りている人もいますよ。

プロフィール

divayoshiko

Author:divayoshiko
よりよい生活と仕事環境を求めて、日本の会社を辞めてオーストラリアに移住しました。IT技術者として生活を確立するまでの様子、日々の生活や仕事のこと、現地情報、オーストラリアや日本について感じることなどをつづっています。メルボルン在住。
Twitter @divayoshiko

これまでの歩み
2009年
4月  技術独立ビザで永住権取得
2010年
1月  東京からブリスベンに移住
2月  シドニーに移住
4月  ブリスベンに移住
5-6月 メルボルンに長期出張
2014年
2月  メルボルンに移住

最新記事
最近のコメント
伝言板
カテゴリ検索
日付順検索
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


キーワード検索
トリップアドバイザー掲載 タスマニア記事
タスマニアの旅行情報
トリップアドバイザー掲載 ニュージーランド記事
クイーンズタウン
個人的なコメントや質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

関連ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。