スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際小包補償の現実

日本の郵便局から送った引越荷物のうち、一箱の中身がめちゃくちゃに壊れていました。普段使いの和食器なのでそれほど値が張るものではありませんが、愛着があり、こちらでは手にはいらない物だけにかなりショック 。確かに梱包方法が万全だったとは言えないかもしれませんが、他の箱はOKなのにこの一箱だけは中身の半分ぐらいが粉々です。ここまで壊れるのは箱をぶん投げたとしか考えられません。

日本の郵便局に電話すると、まず海外から破損の件で電話してきたという事実だけで係員はオロオロ 。そして賠償のことを尋ねると、こちらではこういう経験はないのでわかりませんと繰り返すばかり。あのねー、経験があるとかないとか私にはどーでもよくて、契約どおり賠償してほしいだけなんだけど。

で何回かやりとりがあったあと、オーストラリアの郵便局で破損証明をしてもらえれば、日本の郵便局から私の日本の銀行口座に賠償金を振り込みますと言う。そこでオーストラリアの郵便局に破損品をもっていき、破損レポートを書いてもらいました。その後また何回かやりとりがあり、電話してきていうには、支払いは日本でなくオーストラリアの郵便局からになる。ついては、梱包状態を見るために、梱包した箱と破損物を持って郵便局に行ってほしいとのこと。なに?そんなものもうとっくに捨てましたよ、だって前回は破損している事実を証明すればいいと言ったんだけなんだから 。でも局員は「すみません、慣れていませんもんで」というばかり。あのー、慣れなんて関係ないんですけど。

それで結局泣き寝入りとなりました 。破損報告をしたのはブリスベンの郵便局なので、出向いて文句をいうわけにもいかず。第一これはすべて日本の郵便局の指示することにしたがっただけなので、オーストラリアの郵便局には何の非もないですから。これが民間の引越業者だったらこうはいきませんが、しょせん郵便局。たとえ梱包物を持って行ったとしても、梱包状態がよくなかったと突っぱねられるんだろうし。

エコノミー引越の結果:あと2箱がまだ海の上ですが、その他は問題なく到着しました。この一箱を除いては。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

なんですと!保険がかかってたのに賠償してもらえなかったの?ひどい話だ。残りが無事につくよう祈ります。わたしも食器が無事につくかが心配なので、気持ちわかります。ショックだよね…涙

Ikuyoさん

郵便局なのでこんなものかもしれません。業者が梱包したなら大丈夫でしょう。


No title

我が家もようやく今週イングランドから2ヶ月間離れ離れだった荷物と再開できそう。こちらも経験上、それなりの破損は想定してます。
証拠品を保管するようにしときます!
自転車やPCやLCDモニター、ゴルフクラブなどがどうか無事でありますように・・・。

じょーじさん

証拠品はぜひ保管してください。でも業者に頼んだならきっと大丈夫でしょう。

プロフィール

divayoshiko

Author:divayoshiko
よりよい生活と仕事環境を求めて、日本の会社を辞めてオーストラリアに移住しました。IT技術者として生活を確立するまでの様子、日々の生活や仕事のこと、現地情報、オーストラリアや日本について感じることなどをつづっています。メルボルン在住。
Twitter @divayoshiko

これまでの歩み
2009年
4月  技術独立ビザで永住権取得
2010年
1月  東京からブリスベンに移住
2月  シドニーに移住
4月  ブリスベンに移住
5-6月 メルボルンに長期出張
2014年
2月  メルボルンに移住

最新記事
最近のコメント
伝言板
カテゴリ検索
日付順検索
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


キーワード検索
トリップアドバイザー掲載 タスマニア記事
タスマニアの旅行情報
トリップアドバイザー掲載 ニュージーランド記事
クイーンズタウン
個人的なコメントや質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

関連ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。