スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シドニー暮らしの始まり

会社が用意してくれたアパートに落ち着きました。家具つきで調理用品や食器、その他生活用品はすべてそろっているので、買い足したものはドライヤーだけ。引越荷物の箱にはほとんど手を着けず、すぐに生活に入ることができました。

部屋から望むシドニー市街
DSCN0453 s DSCN0452 s 

このアパートは1カ月で出る予定なので、さっそく次のアパート探しを開始。でもシドニーは郊外も含めるととても広く、どこに住んだらよいかまったく見当がつかないので、まずは地理の勉強をしなければなりません。

交通機関に慣れ、土地勘をつけ、ショッピングエリアの見当をつけるためにちょこちょこお出かけしています。疲れたら犬も歩けばすぐに当たるカフェに入ってラテやカプチーノを頼みますコーヒー。オーストラリアのコーヒー文化は独特で、私がオーストラリアファンになった理由の一つでもあるのですが、スターバックスはあまり見かけません。ミルク入りのコーヒーがポピュラーなので、今では家でも普通のコーヒーは飲まなくなってしまいました。

DSCN0434 s

暑い日にはバーに入ってついついビールか冷えたワインをオーダーしてしまいますグラスワイン[白]。ここでは昼間から水代わりにビールを飲んでいるので。ビールがあまり好きでない私もこの気候だとなぜかおいしい。ちなみに日本食が恋しくなることはいまのところなく、やはりその土地のものが一番おいしく感じます。国民食のフィッシュ&チップスなんて日本では食べたいとも思わないけど、ここだとなぜかおいしいのです。

 DSCN0451 s

先日は気温が41度まで上がりました。41度といえばお風呂と同じ温度。そんな中にいる感覚ってどうなんだろう?と以前は思っていましたが、その日は家にいたので最高30度ぐらいで済み、エアコンがなくてもなんとかしのぐことができました。夕方は雨が降って気温が急降下。そしてその次の日は寒い寒い!あわてて長袖シャツを引っ張り出しました。ここでは急激な気候の変化に耐えなければなりません。

シドニーはブリスベンに比べるとやはり都会で人も交通も多く、売っているものも洗練されています。中国系人種が多く、中華系料理その他インターナショナルな食であふれ、食の質も高いと思います。都会のよさとオーストラリアののんびりムードを併せ持つロケーションが見つかればいいな。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

divayoshiko

Author:divayoshiko
よりよい生活と仕事環境を求めて、日本の会社を辞めてオーストラリアに移住しました。IT技術者として生活を確立するまでの様子、日々の生活や仕事のこと、現地情報、オーストラリアや日本について感じることなどをつづっています。メルボルン在住。
Twitter @divayoshiko

これまでの歩み
2009年
4月  技術独立ビザで永住権取得
2010年
1月  東京からブリスベンに移住
2月  シドニーに移住
4月  ブリスベンに移住
5-6月 メルボルンに長期出張
2014年
2月  メルボルンに移住

最新記事
最近のコメント
伝言板
カテゴリ検索
日付順検索
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


キーワード検索
トリップアドバイザー掲載 タスマニア記事
タスマニアの旅行情報
トリップアドバイザー掲載 ニュージーランド記事
クイーンズタウン
個人的なコメントや質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

関連ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。