スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスに考えるパーティ文化比較

今年のクリスマスは、マレーシア系中国人の家族のパーティにお呼ばれしました。以前もブリスベンで、近所のオーストラリア人の家族のクリスマスパーティに招いてもらった話を記事にしましたが、オーストラリアは家族で過ごす年に一度の大切なクリスマスに家族以外の人も気軽に招いてくれる寛大さがあります。

この家族は親戚を含めた大家族に加えて家族の友人も招待したので、30人ほどが集まりました。食事はマレーシア、中国、オーストラリア、アメリカなどが混ざった多国籍料理でしたが、ほとんどの家族はかなり昔に移民してきたかオーストラリアで生まれた移民二世なので、クリスマスの作法や付き合い方はオーストラリア流です。

日本では「家族水入らず」などと言って家族の集まりに他人を呼ぶことはあまりなく、友人同士集まるときも知っている友人同士の交友を暖めることが多いですね。一方西洋の国々では個人の友人を仲間の集まりに招待することはよくあります。この違いはどこから来るのでしょうか?それはパーティでの人々の行動を見ているとわかる気がします。

日本のパーティの話題は、仲間うちの共通の話題や個人的なことが多いです。だから赤の他人が入ると疎外感を味わうことになるかもしれません。オーストラリアでは、話のきっかけは個人的なことだったとしても、それを一般的な話題に昇華させることが多いです。話が発展してそれが社会問題や政治問題などになることもあります。その場合、参加者が知人だろうが未知の人だろうが関係なくなってしまうのです。だから他人が入ってもすんなり溶け込めるのです。

また日本のパーティでは、参加者全員が同じ話の輪に入っていることが多いです。この場合大人数が同じ割合で話に参加することは難しいので、一部の人が話の中心になり、残りの人はたまに発言したり相槌を打つという具合になります。オーストラリアでは個人同士が2-3人で話し、一区切りつくと新しい人と話すというように、次々と話す相手を変えながら最終的に多くの人と話します。だから一人のパーティ参加者が話す量はこちらの方が圧倒的に多く、常に誰かとしゃべっているという状態です。

クリスマスパーティの参加者の一人のモンゴル人が、「モンゴルでは全員が同じ話題を一緒にしゃべるのでオーストラリアのパーティとは全然違う」と言っていましたが、これはアジア系文化に共通なのかもしれません。以前日本人を含むアジア系の移民を中心としたホームパーティをしたことがありました。複数のテーブルにバラバラに座わると全員が一緒に話せなくなってしまうので、ゲストは着席せず、空いているスペースに全員が立って輪になって同じ話題を話していました。これこそアジアの文化だなあと思いました。

立ち話といえば、個人同士が自由に行き来しながら話をするのに便利なのは立席です。昨日のパーティは着席パーティだったものの、食事は自分で取りに行く形式だったので、ゲストは時々席を立ちます。その際一緒になった人同士、グラスや皿を手にあちこちで立ち話の輪ができます。個人と個人が話をするのが前提の場合、立席は都合がよく、大人数のパーティに取り入れられています。オーストラリアのバーに立席が多いのもこのためかもしれません。一方日本では立席はそれほど人気ではありません。立席パーティなのに、ほとんど全員が壁際に用意された椅子に座っている光景もよく目撃しました。日本人にとって知らない人と話をすることはパーティの目的ではないので、仕方がないのかもしれません。

以前日本で自宅に日本人を10人ほど招いてパーティをしたときのこと。椅子の数が足りなかったのですが、食事は勝手に取りに行く形式なので、立ったり座ったり適当に過ごしてもらえばなんとかなると思っていました。ところがゲストはとにかく座りたがります。立っている人を見るとかわいそうだと思うのか、お行儀が悪いと思うのか、自分の座っている椅子におしり半分ずつ座るように促したりするのです。これは私が予測していなかったことでした。ゲストに申し訳ないことをしてしまった苦い思い出です。

クリスマスパーティのほとんどの参加者はアジア系移民でしたが、行動形式は全員西洋流。社会的行動は人種よりもその人が置かれた社会に影響されるんですね。移住先に何年いても日本流を貫く日本人もいるので一概には言えませんが。日本に住む日本人、オーストラリアに移住して数年のアジア人、ほとんどの人生をオーストラリアで過ごしているアジア人、そしてずっと西洋社会で過ごしている西洋人という風にさまざまなバックグラウンドの人を見ていると、同じシチュエーションで違う行動を見せるので大変興味深いです。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 海外生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

divayoshiko

Author:divayoshiko
よりよい生活と仕事環境を求めて、日本の会社を辞めてオーストラリアに移住しました。IT技術者として生活を確立するまでの様子、日々の生活や仕事のこと、現地情報、オーストラリアや日本について感じることなどをつづっています。メルボルン在住。
Twitter @divayoshiko

これまでの歩み
2009年
4月  技術独立ビザで永住権取得
2010年
1月  東京からブリスベンに移住
2月  シドニーに移住
4月  ブリスベンに移住
5-6月 メルボルンに長期出張
2014年
2月  メルボルンに移住

最新記事
最近のコメント
伝言板
カテゴリ検索
日付順検索
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


キーワード検索
トリップアドバイザー掲載 タスマニア記事
タスマニアの旅行情報
トリップアドバイザー掲載 ニュージーランド記事
クイーンズタウン
個人的なコメントや質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

関連ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。