スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンシャイン・コーストへ避寒旅行

メルボルンは今冬まっただ中。今年は特に寒いらしいです。メルボルンの冬は寒いというイメージがありますが、実は気温はそんなに低くありません。零下にはならないし、雪も降らない。でも風が強くて雨の日が多いのです。夜になるとヒューヒューという風の音が聞こえ、心理的な寒さが増します。救いは同じ天気が続かないこと。雨や風が多いと思ったらすぐ晴れる。一日のうちに晴れ、曇り、雨、風が何回もかわるがわるやってきます。でも以前住んでいた一年中ギラギラの太陽が隠れることがないブリスベンに比べたら、圧倒的に日照時間が少ない。亜熱帯地域に住んでいた身には一年目の冬は大変です。ということで元気をもらいにクイーンズランド州のサンシャイン・コーストに行ってきました。

ゴールドコースト近くの海。そうそう、この真っ青な海に会いたかった!
IMG_2059 (4)_R

サンシャイン・コーストはブリスベン北側にどこまでも続く長ーい海岸一帯で、このなかにいくつものリゾート地があります。ゴールドコーストより商業化していないので好きなリゾート地です。泊まったのはムルーラバ(Mooloolaba)というサンシャイン・コーストの中心地。ブリスベンから車で一時間ほどなのでとても便利。美しいビーチと宿泊施設、飲食、ショッピングの機能を兼ね備えています。

ビーチ沿いの通りはホリデー・アパートメントやホテルがいっぱい。
IMG_2085_R.jpg IMG_2132_R.jpg

その下はレストラン、カフェ、ショップがひしめく観光の中心街です。
IMG_2065 (3)_R IMG_2063_R.jpg

海岸沿いにはキャラバン・パークがあって、キャラバン(キャンピングカー)で来た人が泊まれるようになっています。オーストラリアでは、引退後にキャラバンで全国をキャンプしながら何か月もドライブ旅行をする人が多いですが、やはりここには年配者がたくさん住み着いていました。海辺にテーブルを置いて花を飾り、「ご近所」さんを誘ってワインを飲みながらのんびりとした時間を楽しむ・・・という、うらやましい生活を送っているようです。キッチンもトイレもあるし、近くにスーパーもあるので、自炊生活に困ることはありません。キャラバンにはベッドもテレビもついています。
IMG_2136 (2)_R

漁港の近くには魚やが並ぶ一帯があり、新鮮な海産物が安く買えます。さっそく生牡蠣とゆでエビを買って帰り、アパートでワインと共に食べました。新鮮な魚介類はそれだけでごちそう!
IMG_2122 (2)_R IMG_2130_R.jpg

宿泊施設は長期滞在できるようにアパート形式が多いです。泊まったところは海を見渡すベランダに、大きなリビングとダイニングテーブル、そして大きなキッチンがついていました。必要な食器はすべてそろっていて、調理用具は製菓用具に至るまで至れり尽くせり。もちろん洗濯機と乾燥機もあります。

ムルーラバから有名リゾート地、ヌーサに向かって少し北上すると、ユーマンディ・マーケットという巨大なクラフト・マーケットがあります。ここは水曜日と土曜日だけのマーケット。工芸品や衣類など、ありとあらゆる物を販売するテントがぎっしりと並べられていました。
IMG_2107 (2)_R IMG_2097 (2)_R 

クイーンズランド州には、このような週末開催のマーケットがあちこちにあります。青い空と太陽の下、木々の木洩れ日の中でのんびりぶらぶらできるマーケットは、クイーンズランドならではのすばらしい文化。これまでもたくさんのマーケットに行きましたが、ショッピングだけでなく、子供が参加できる馬乗りや遊園地があったり、あちこちでバンド演奏があるなど、ここは他にはないユニークさを持ったマーケット。サンシャイン・コーストに行った際はお勧めしたいマーケットです。

IMG_2106 (2)_R IMG_2103 (2)_R

ところでブリスベンとサンシャイン・コーストを結ぶブルース・ハイウェイ沿いには、有名なエタモガ・パブ(Ettamogah Pub)があります。この高速を走っているとどうしたって目についてしまいます。建物の下より上の方が大きいばかりでなく、屋根に車が乗ってるんですから。
IMG_2060 (2)_R 
今回初めて中に入ってみました。中は個性的なログハウスです。ビールやコーヒーがあり、食事もできます。
IMG_2162_R.jpg

近くにはジンジャー・ファクトリーという、ショウガがテーマの入場無料のテーマパークもありますよ。ショウガを使ったあらゆる商品を売っています。ここではジンジャー・アイスクリームが有名らしいですが、私はジンジャー・スコーンのセットにしてみました。なかなかおいしかったです。
IMG_2116_R.jpg

クイーンズランド州は、朝から晩まで同じ強さでジリジリの太陽が照りっぱなし、真っ青な青空が一日中続くという特異な気候。住んでいるときは当たり前でしたが、離れてみるとどうしてこんなに国内国外の訪問者を引き付けるのかやっとわかりました。真っ青な海と真っ白な砂を前に暖かな太陽の下でただボーっとしているだけで癒されます。ブリスベンの友人と久しぶりに集まることもでき、すっかり充電してメルボルンに帰ってきました。

IMG_2063_R.jpg IMG_2084_R.jpg


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

サンシャインコーストに行かれたのですね✨

ゴールドコーストの方が知名度はありますが、私はのんびりした穏やかな雰囲気のサンシャインコーストの方が好きです(´∀`)

高校生の時に連れて行って貰い、kings beachで初めて?ペリカンに最接近し、青く透明な海と白い砂浜に感動した思い出の場所です(^o^)
Cityのフィッシュ&チップスと違う、美味しいと思うフィッシュ&チップスにも出会いました。フィッシュ&チップスを美味しいと思ったのはその時だけでしたが💦
そして沖縄は別として日本の海に入れなくなったのでした~(苦笑)
Noosaのコンドミニアムに宿泊したり、ブリスベンの両親はリタイア後、マザーの体調が悪化する一年間だけでしたが家を建てて住んでいました。
社会人になってからは一週間以上滞在する事が難しいので、マーケットに行く機会がなくて残業です(>_<)
自分で車を運転する事も無いので、色んなお店も知らなくて、、美味しいお店に行ってみたいです✨
またいつか行きたいです(>_<)

冬真っ只中と言うことですが、風邪には気を付けて下さいね❕

mitsuyoさん

こんにちは、Mitsuyoさん

日本のビーチに初めて行って、汚いと言ったオージーがいました。ビーチというのは砂が白いものだと思っていて、黒いのは汚れているためと思ったそうです(笑)。それはともかく、海辺は日本でもオーストラリアでも海産物がおいしくていいですよね!私もヌーサ大好きです。今度はぜひサンシャイン・コーストへ足を延ばしてみてください。ビーチが数えきれないほどあるので、制覇するのは大変。私もまた行きたいです。

プロフィール

divayoshiko

Author:divayoshiko
よりよい生活と仕事環境を求めて、日本の会社を辞めてオーストラリアに移住しました。IT技術者として生活を確立するまでの様子、日々の生活や仕事のこと、現地情報、オーストラリアや日本について感じることなどをつづっています。メルボルン在住。
Twitter @divayoshiko

これまでの歩み
2009年
4月  技術独立ビザで永住権取得
2010年
1月  東京からブリスベンに移住
2月  シドニーに移住
4月  ブリスベンに移住
5-6月 メルボルンに長期出張
2014年
2月  メルボルンに移住

最新記事
最近のコメント
伝言板
カテゴリ検索
日付順検索
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


キーワード検索
トリップアドバイザー掲載 タスマニア記事
タスマニアの旅行情報
トリップアドバイザー掲載 ニュージーランド記事
クイーンズタウン
個人的なコメントや質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

関連ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。