スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IT技術者こそ世界を目指してほしい

日本でも海外で働くこと、海外へ移住することに関心が高まっている今日この頃。日本人は在外日本法人や日本に関係した仕事につくことが多いと思います。でも日本語を活かした仕事は他に専門性がなくてもできる仕事が多く、日本語以外の専門能力開発にはなかなか結びつきません。また日本の企業文化から逃れたくて海外就職する人は、現地で日本企業で働くのではわざわざ海外に来た意味がありません。キャリアの面でも収入の面でも、専門性を活かして現地法人で就職する方が有利です。なかでも世界共通の技術を活かせるIT職は、移住者にとっておいしい職種です。

日本人が海外就職する場合、どうしてもネックになるのが言葉です。専門技術はそれを補ってくれます。技術力さえ証明できればヘタな英語をカバーしてくれるので、日本人にとっては本当にありがたい職種なのです。ただし、技術者も仕様を口頭や文書で伝えたりディスカッションすることも多いので、コミュニケーション能力は重要です。私の場合、仕事の応募条件をみても「コミュニケーション能力に優れている人」と書いていないことはないくらいです。でも対人職種よりはずっとハードルは低いです。

IT技術職はもともと人材の流動性が高い職種です。技術は世界共通のことが多いので、そのときに必要な人材を世界のどこかから連れてくるというのは一般的。グローバルプロジェクトに参加したり、国境を越えた転職も当たり前なので、国をまたいだ人材調達に対して抵抗が少ないのです。世界共通語の技術と英語さえあれば、世界中の技術者とすぐに会話を始めることができ、世界のどこでも仕事ができるのが強み。IT技術職はビザの面でも有利です。オーストラリアもIT技術職はビザが取りやすい職種の一つ。私がビザを取った時は、Australian Computer Societyという機関に技術査定をしてもらいました。世界どこでも共通の技術ならではの強みです。

日本のIT業界から離れて一番よかったのは、3K(きつい・厳しい・帰れない)と言われる劣悪な労働環境から解放されたこと。残業漬けの生活から定時に帰る生活に180度変わりました。仕事環境も、日本ではありえない大きな個人スペースが確保され、一人につきモニター二台は当たり前。仕事内容は、専門性ややりたいこと、個人のキャリアパスが尊重されます。朝早く来ようが遅く来ようが、仕事の途中でジムやお散歩に出かけようが、責任さえ果たしていれば誰も文句をいいません。そんなことより結果を出すことの方が重要なのです。狭い空間で集団で仕事をし、常に周囲の監視の目の中で長時間働く日本とは別世界です。

この違いは、IT技術者の地位の違いから来ているのではないかと思います。日本のソフトウェア開発といえば価格を人月計算する労働集約型。技術者の価値は時間で量られ、低賃金で長時間働かされる独特の文化があります。一方世界では、特定分野のプロフェッショナルの成果物に対して相当の賃金を払うという考え方があり、個人の能力や働き方が尊重されます。

能力開発についても状況は違います。日本の働き方ではそもそも勉強する時間がないので、勉強するのはどうしても通勤電車の中や週末になります。また技術修得は自己責任のような風潮があるので、雇用主は人材教育にあまり時間とお金をかけたがりません。オーストラリアでは、人材を引き留めたり能力を発揮させるのに有効なので、雇用主は一般的に人材教育には熱心です。私の今の職場では、仕事の時間を短縮して大学院に通っている人が二人います。そして仕事で得た経験や能力をもとに、次の転職先へと移りながらキャリアアップしていくのです。

業界の世界の潮流に乗り、世界標準の方法論に基づいて仕事ができるようになったことも大きなメリットです。日本のIT業界は非常に閉鎖的で仕事のやり方も特殊です。言葉の関係で世界の情報はなかなか入って来ないし、世界の人材の出入りもないので、日本だけしか通用しない仕事のやり方がまかり通っています。英語環境で仕事をしていると、世界の最新動向が日常的に入って来ます。職場は世界から来た移民だらけ。世界がとても近い環境で仕事をしています。

これほどいろいろな国からIT技術者が来ているのに、日本の技術者が国内にこもっているのはとても残念。自分の持てる強みを生かし、もっと多くのIT技術者に世界を目指してほしいと思います。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 海外生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

通りすがりの鍵コメさん

その通りです。IT技術者は世界で働けるという大きなメリットがあります。ところが特に日本の技術者は英語が話せない人が多いので、そのメリットを十分に生かせていません。もったいないと思います。

鍵コメさん

永住権取得おめでとうございます!これで大手を振ってオーストラリアライフを満喫できますね。仕事は楽なのに給料は高い!?確かに日本に比べると、時間当たりの給料は高いでしょうね。私も同じ日本人がすばらしい環境を手に入れられたことをうれしく思います。いろいろ大変なこともあるかと思いますが、どうぞ仕事もプライベートも目いっぱい楽しんでくださいね!ご連絡ありがとうございました。
プロフィール

divayoshiko

Author:divayoshiko
よりよい生活と仕事環境を求めて、日本の会社を辞めてオーストラリアに移住しました。IT技術者として生活を確立するまでの様子、日々の生活や仕事のこと、現地情報、オーストラリアや日本について感じることなどをつづっています。メルボルン在住。
Twitter @divayoshiko

これまでの歩み
2009年
4月  技術独立ビザで永住権取得
2010年
1月  東京からブリスベンに移住
2月  シドニーに移住
4月  ブリスベンに移住
5-6月 メルボルンに長期出張
2014年
2月  メルボルンに移住

最新記事
最近のコメント
伝言板
カテゴリ検索
日付順検索
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


キーワード検索
トリップアドバイザー掲載 タスマニア記事
タスマニアの旅行情報
トリップアドバイザー掲載 ニュージーランド記事
クイーンズタウン
個人的なコメントや質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

関連ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。