スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超特急ジョブオファー

先日の面接の結果、正式なジョブオファーが出ました。最初の面接から実働3日で内示、4日目には正式なオファーレターが届き、2回の面接を経て一週間ですべてが終わりました。このスピードには私もびっくりなのですが、なぜこんなに早いのか?ひとつには会社の規模が比較的小さいこと、間に入っているリクルータが、目にもとまらぬ速さで事を片づける必殺仕事人だということもあります。もうひとつには、私の専門技術分野が今オーストラリアで急成長をしていることもあるようです。情報システム分野に関しては他の先進国に何年も遅れている日本ではまだほとんど誰も知らないし、私の社内でも日本では理解者が少なくて、いつも肩身の狭い思いをしているのですが、一歩外に出るとオーストラリアでは海外から技術者を集めるためならビザさえ出すという、この違いはいったいなに???

私が一番驚いたのは、いくら easy goingなオーストラリアとはいえ、採用候補者に一度も会わずにオファーを出すことはないだろうと思っていて、どっちにしても最後には現地に飛ばないといけないと信じていたのですが、そんなことはぜんぜんなかったということです。一回目は電話、二回目はウェブカメラつきSkypeで面接をしたのですが、音声の調子が悪く、すぐに電話に切り替えたので、お互いの顔は10秒ぐらいしか見てないんじゃないかな。確かに日本人は人と対面して物事を進めるのをよしとする傾向があるので、海外の人たちに比べると、電話会議やテレビ会議はまだまだ抵抗がある人が多いみたいです。

リクルータによると、これくらいのスピード感は別にめずらしいことではないようです。今まで転職活動は日本でいやになるくらいしてきましたが、すべてのプロセスを踏むと1-2か月はかかっていたと思います。採用活動にかかわらず、日本の会社の意思決定や仕事のスピードは海外に比べてとてものろいですが、その違いをまざまざと目の前で見せつけられました。グローバル化が進み、日本の企業も世界と戦っていかなければならないこれからの時代、同じ業界でも仕事のスピードにこれだけ違いがある競争相手と戦って、果たして勝ち目はあるのでしょうか?
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おめでとう!!!

おおお!!もう決まっちゃったのですか!!さすがですねぇ。おめでとうございます。またCRMのプリセールスですか?文脈からするとシドニーなんですよね!?また別途詳しく教えてね~♪

EveJohnnyママ さん

ありがとう。やはりシドニーは仕事が多いですね。また報告します。

すごいよぉ~!!

おめでとうございます!移住前に就職活動終了だなんて、さすがです!っていうか、もしやシドニー移住ですか・・?号泣

ハズ&ワイフさん

そうなんです。まさかシドニーに行くことになるとは思いませんでした。私も号泣e-259
でもちょくちょくブリスベンには遊びに行くので、またお邪魔させてくださいね。

プロフィール

divayoshiko

Author:divayoshiko
よりよい生活と仕事環境を求めて、日本の会社を辞めてオーストラリアに移住しました。IT技術者として生活を確立するまでの様子、日々の生活や仕事のこと、現地情報、オーストラリアや日本について感じることなどをつづっています。メルボルン在住。
Twitter @divayoshiko

これまでの歩み
2009年
4月  技術独立ビザで永住権取得
2010年
1月  東京からブリスベンに移住
2月  シドニーに移住
4月  ブリスベンに移住
5-6月 メルボルンに長期出張
2014年
2月  メルボルンに移住

最新記事
最近のコメント
伝言板
カテゴリ検索
日付順検索
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


キーワード検索
トリップアドバイザー掲載 タスマニア記事
タスマニアの旅行情報
トリップアドバイザー掲載 ニュージーランド記事
クイーンズタウン
個人的なコメントや質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

関連ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。