スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人が知らないフクシマ

外から見ると問題山積みに見える日本ですが、先日東京に一時帰国したときの雰囲気は豊かで平和そのものでした。福島原発事故に関しては、日本の当局から発信される情報は巧みに操作されていて、海外から発信される情報とは大きな開きがあるのは事故発生以来今に至るまで変わりません。今回は震災から初めての帰国でしたが、現地に行ってみて政府の情報統制は非常によく機能していると肌で実感しました。マスコミも忠実に政府の意向を守っています。事故発生当時は間近にいなかったので様子はわかりませんが、今では少なくとも表向きには平和を保っており、人々はあまりそのことを話題にしないし、ニュースにもあまりでてこないようです。みんなまるでそのことを忘れてしまったかのような印象を受けました。

オーストラリアでは、原発事故の話は震災後かなり時間が経ってからも繰り返しマスコミで話題になっていました。今でもテレビ局のレポーターが日本に常駐していて、つい最近まではテレビのニュースで少なくとも週に一回ぐらいは取り上げていました。多くのドキュメンタリー番組も作られています。海外のマスコミは現場の日本と違って遠慮がないので、いろいろなことを包み隠さず発信します。だから日本の放射能汚染の実態を知っている人は少なくありません。オーストラリアにとって日本は人気の休暇先の一つ。私の職場だけを見ても、計画していた日本旅行を無期延期している人が何人もいます。私の周りの人達(非日本人)は、日本の土壌、空気、海洋、食物が汚染されていること、日本政府と東京電力がずさんな管理をしていること、パニックを恐れる政府が情報を国民に伝えていないこと、多くの日本人が西日本やオーストラリアを含む海外へ避難していることなどをよく知っています。

オーストラリアではまだ日本の食材は手に入りますが、ヨーロッパには輸入制限をしていて手に入りにくい国もあります。海洋の放射能汚染はすでに太平洋を渡ってアメリカへ到達しています。海外のニュースに通じているかどうかは個人の意識の差が大きいとはいえ、世界中から日本は放射性物質に汚染された国と思われていたとしても仕方がありません。現場に近い所にいる人と遠いところにいる人で感じ方が違うのは当たり前ですが、海外にいて感じる日本に対する危機感と日本に住む日本人の感じ方は大きく違っていて、現場に近い所にいる人達の方がむしろ危機感が薄い印象を受けました。

驚いたのは、海外では有名な福島原発4号機の話を知らない人が多かったこと。このビデオはオーストラリアの国営放送ABCが6月に放送したテレビ番組です。(日本語訳つき)
4号機燃料プールの危険性について

1500本の使用済み核燃料棒が建屋の破壊でむき出しになっており、次に大きな地震が福島を襲ったらチェルノブイリの10倍、広島原爆の5000倍のセシウムが流出し、究極の破局に至るということです。東京電力は例によって心配ないと言っていますが、このような国の将来に決定的な影響を及ぼすことが日本で話題にならないことに戦慄を覚えます。

もっと詳しく知りたい方はこちらもどうぞ。
新たな一大汚染の危機と国・東電の無策ぶり

この番組はフランスやドイツでも放送されています。南海トラフでは32万人の死者を出すと言われている東海地震、東南海地震、南海地震が明日来てもおかしくない状況なので、これは決して笑い話ではないのです。こうなるともう日本だけの問題でなく、諸外国に多大な影響を及ぼすので、国際社会が気をもむのはあたりまえです。ロンドンオリンピックでは首相が選手団に福島の瓦礫で作ったペンダントを贈って激励し、選手たちはそれをつけて開会式に参加しました。入場行進中に日本選手団全員が途中退場させられ、この本当の原因についてはマスコミも沈黙を守りナゾのままですが、一部のウワサにあるように瓦礫のせいだったというのはまんざら冗談ではないのではないかと思ってしまうほどです。身につけて応援しよう、食べて応援しようなどという考えは、日本の外ではまったく通用しないのですが、首相でさえ国際社会の認識に無頓着な国だということを露呈してしまいました。

今多くの日本人、特に小さな子供を抱える母親などがどんどん海外に避難・移住していますが、日本ではそういう話を表だってできないので、語り合うのはネット上だけで、他に知られないようにこっそりと移住していることを耳にしていました。実際に日本に行ってみて、やはり「逃げるなんて卑怯」、「放射能汚染について語るのは不謹慎」というような雰囲気をなんとなく感じました。日本は真実を追求することや、論理的に考えて議論するより、世間の空気や情緒の方が大切にされる国です。しかし国民が自由にいろいろな意見を出し合って議論するのは民主主義の基本で、これがないと復興が遅れるばかりか国が間違った方向へ行きかねないのではないかと危惧しています。また国民も、国内で流通する情報、特にテレビや新聞などの伝統的マスメディアだけに頼らずに、幅広い範囲で積極的に情報収集することが必要だと思います。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

divayoshiko

Author:divayoshiko
よりよい生活と仕事環境を求めて、日本の会社を辞めてオーストラリアに移住しました。IT技術者として生活を確立するまでの様子、日々の生活や仕事のこと、現地情報、オーストラリアや日本について感じることなどをつづっています。メルボルン在住。
Twitter @divayoshiko

これまでの歩み
2009年
4月  技術独立ビザで永住権取得
2010年
1月  東京からブリスベンに移住
2月  シドニーに移住
4月  ブリスベンに移住
5-6月 メルボルンに長期出張
2014年
2月  メルボルンに移住

最新記事
最近のコメント
伝言板
カテゴリ検索
日付順検索
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


キーワード検索
トリップアドバイザー掲載 タスマニア記事
タスマニアの旅行情報
トリップアドバイザー掲載 ニュージーランド記事
クイーンズタウン
個人的なコメントや質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

関連ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。