スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住みやすさはOECDで第一位

OECDのBetter Life Index(より良い暮らし指標)が発表されました。これは、住居、収入、仕事、教育、健康などさまざまな指標でOECD諸国の生活の質を比較するものです。オーストラリアは34カ国中二年連続一位。この裏にあるのは、景気の良さ、高い就業率、高い賃金、ワークライフバランス、健康、教育程度の高さ、生活環境の良さなどで、これについてはWall Street Journalが記事の中で解説しています。

景気低迷する他の先進諸国を差し置いて経済が安定しているのは、近年の採鉱景気のおかげ。国の主産業である鉱業は、中国の急成長と共に今後しばらくは成長が見込まれています。私の住むクイーンズランド州と西オーストラリア州は特に鉱業が盛ん。今は需要に人材の供給が追い付かず、鉱業会社は失業者が多いアメリカまで飛んで行って技術者を確保している状態で、国内の労組から反発を食らっているほどです。この成長は鉱業会社だけでなく周辺産業にも影響を及ぼし、私のいるIT産業でも、特に成長が目覚ましい西オーストラリア州の州都のパースでは仕事の口が多いです。オーストラリアの失業率は世界金融危機の後は5%台を保っていましたが、最近5%を切りました。これは他の欧米諸国に比べると目立つ数字です。

でもいい話ばかりではありません。欧米日の低迷はオーストラリアにとっても不安材料だし、年々上がる物価は私たちの生活にとって負担になります。小売業はお客を海外の安いネットショッピングに取られて苦戦中。最近の豪ドル高で輸出産業の製造業や観光業も苦しい戦いです。先日、七月から始まる来年度の国家予算が発表されましたが、財務大臣は財政を黒字に戻すのは比較的余裕のある今のうちだとは鼻息を荒くしていて、来年度中に黒字にするため、国民にも負担を求めています。結果として税金が上がったり国からの補助が減って可処分所得が減る傾向があります。他国と比べて生活の質は高いにもかかわらず、国民の満足度はそれほどでもないという調査結果も、もしかするとこの辺から来るのかもしれません。「ひぇーまたかぁ、勘弁してよー、でもまあ仕方がないか。ブツブツ・・」といった感じかな。それでも、バブル経済時から不良債権処理を先延ばしして失われた十年に突入し、今でも債務を増やし続けている日本を見ている私としては、余裕のあるうちにちょっと無理をしてでも借金を返しておくのはごくまともな国の運営方法だと思います。国の将来のために税金や電気料金の値上げするというと、国民からすさまじい抵抗にあう日本は大変です。OECD平均56%に比べ、オーストラリアの国民の71%は政府を信頼しているというのも特筆すべきことだと思います。

オーストラリアの男性は一日3時間も家事に時間を割いているという調査結果にはびっくりしました。確かに日曜大工をしたり庭の手入れをしたり育児に参加したりと、よくやっているなあと思います。これも仕事より自分の人生や家族が大切という社会通念や労働環境の良さが影響していると思います。

かなり昔に移住した人に「今頃オーストラリアに来て何かいいことあるの?」とまじめな顔で聞かれてびっくりしたことがあります。オーストラリアは近年まで絶好調な時代が続いて、物価は安く、不動産を買えば値上がりし、銀行にお金を預ければ金利は8%ぐらいでどんどん貯金は増え、年金もがっつりもらえ・・・というなんとも幸せな時代だったそう。昔からいる人からすると今なんてどこがいいの?って感じなのかもしれませんが、WSJの記事にもあるように、この「ラッキー・カントリー」は世界中から移民を引きつけています。確かに他国から来た者から見ると、幸せな国だなあと思います。結局何と比較するかの問題で、オーストラリアも何もかもバラ色ってわけじゃないんだけど、今は他の先進諸国が悪すぎるので相対的によくなっているのかもしれません。しかし他国の混迷ぶりをよそにこれだけ我が道を行けるというのは、やはり資源国の強みだと思います。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

YOSHIKOさん お久しぶりです。

私はこの国に15年住んでいるのですが、やっぱり変わりました。
段々住みにくくなってきたように思っています。

ここ5年ほどで物価はかなり上がりましたし、値段に見合う消費が出来なくなったように思います。

でもOECDでは一位なんですね。そう思えば住むことができてラッキーなのかもしれませんね。

うちは今の政権に交代してからいろいろな優遇が受けられなくなりました。
政府はばらまいているだけのように思えます。
7月からまた政策が変わると聞きました。
今度もまた???いい加減にしてほしいとうんざりです。

モンキーさん

昔のすばらしい時代を経験されてるんですね。うらやましいです。物価の高さは本当に困り物ですよね。確かにオーストラリアでも年々厳しくなっていますが、今オーストラリアよりまともな国を探そうと思ってもなかなか大変なんじゃないでしょうか。日本も今別な意味で本当に大変な状況です。日本から来た私から見ると、オーストラリアの大変さなんてかすり傷ぐらいにしか感じられません。これで文句を言っていると、他の国の人に怒られるかもしれませんヨ。今ここに住んでいる私たちはラッキーだと思います。
プロフィール

divayoshiko

Author:divayoshiko
よりよい生活と仕事環境を求めて、日本の会社を辞めてオーストラリアに移住しました。IT技術者として生活を確立するまでの様子、日々の生活や仕事のこと、現地情報、オーストラリアや日本について感じることなどをつづっています。メルボルン在住。
Twitter @divayoshiko

これまでの歩み
2009年
4月  技術独立ビザで永住権取得
2010年
1月  東京からブリスベンに移住
2月  シドニーに移住
4月  ブリスベンに移住
5-6月 メルボルンに長期出張
2014年
2月  メルボルンに移住

最新記事
最近のコメント
伝言板
カテゴリ検索
日付順検索
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


キーワード検索
トリップアドバイザー掲載 タスマニア記事
タスマニアの旅行情報
トリップアドバイザー掲載 ニュージーランド記事
クイーンズタウン
個人的なコメントや質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

関連ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。