スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ITプロフェッショナルのキャリアアップ

日本にいたときは外資系企業で働いていたので、キャリアに対する考え方は日本の会社に勤めている人達とは多少違ったのかもしれないけど、やっぱり日本の社会では日本の顧客を相手にしているし、仕事環境は限りなく日本的。だからオーストラリアに来た時は、キャリアに対する考え方の違いにとまどいました。

オーストラリアに限らず日本以外では多かれ少なかれそうだと思いますが、会社に対する依存心が本当に少ないです。私は日本でも何度も転職・レイオフの経験があったのでサバサバしていたほうですが、こちらは日本の外資の比ではありません。キャリア形成の中心はあくまでも自分が何をしたいかであり、会社はそれを実現するステージでしかありません。特にIT系の仕事の場合、技術も環境の移り変わりが激しいので、自分の成長やマーケットの変化に合わせてステージを変えていかなければ必要な経験を積むことが難しくなります。

会社よりも仕事の中身が大事なのは、いろんな人のレジュメを見ていてもわかります。ITプロフェッショナルの場合、職務経歴欄に雇用主の会社名を書かない人もいます。コンサルタントとして、派遣社員として、個人契約で、あるいは個人事業主としてクライアント先で仕事をする場合は、雇用主の名前を書くよりもクライアントの名前を書く方がどんな仕事をしていたのかわかりやすい場合があるのです。雇用形態(正社員、契約社員、派遣、フルタイム・パートタイム)も本当にさまざま。同一職種同一賃金で、日本のように正社員だから職歴上優位などということはないので、あえて契約社員でずっと通している人もいます。あくまでもどんな仕事をしたか、どんな結果を出したかが重要なのです。

キャリアを考えるうえで職種選びはとても重要です。日本では職種の定義はあいまいですが、こちらは一般的に決まっているので、自分で選んだ職種の延長線上で、どんな強みをつけていくかを考えながらキャリアを形成していきます。仕事の募集要項には必要な専門能力や経歴、学歴などがこと細かに書いてあって、時には数ページに渡ることもあります。そして面接はその細かい条件を満たすことを証明していく作業。この細かい募集要項と面接審査のおかげで、入社してすぐに戦力として仕事を始めることができるのです。

仕事を選ぶ場合は、職種、業界、会社の規模、使う技術などの要素が経歴に影響を与えます。その上、給料、福利厚生、勤務時間、契約形態などの要素も私生活に影響を及ぼします。すべて希望通りにはいかないので、どこかで妥協が必要と思います。例えば自分の希望業界ではないけど○○の技術が習得できるとか、給料は低いけど今は子育て中なのでパートタイムを選ぶとか、学位を取りたいので定時で退社できる職場にするとか。私生活やキャリアステージが変われば、またそれに合わせて仕事を変えればいいのです。あくまでも自分の生活やキャリアプランに合わせて仕事を選んでいけるところが、日本とは大きく違うところです。ちなみに私が今の雇用先を選んだ大きな理由は、今の自分に足りない経験を積めるから。働き始める前からこの職場での経験をどんなふうにレジュメに書くかすでに決めています。そして常にマーケットウォッチをして情報収集していることも必要です。私は転職を考えていなくても常に求人情報を見て、ニーズが高いスキルや自分の市場価値をチェックしています。

日本人が海外就職を目指すときに壁になるのは、日本では職種や専門性を軸にして転職を繰り返しながらキャリアアップしていくという習慣が一般的でないこと、スキルや経験を客観的に評価するシステムがなく自らそれを効果的にアピールすることに慣れていないこと、学歴と職歴が必ずしも一致していないこと、などがあると思います。自分に今どんな経歴があり、目指すマーケットでは何が必要とされているのかを把握して、その上に今後どんなキャリアパスを描きたいのかを明確にすることが大切です。スキルを補強したかったら学校に行ってからまた職場に戻るのも、働きながら学校に行くのも一般的です。

人生の中心は会社ではなく自分だという考えは、この国ではどんな分野でもあてはまると思います。自分ですべてを決めるということは失敗した時もすべて自分の責任になるので、自分の所属する会社や国への依存心が高い日本から見ると厳しいことに映るかもしれません。でもその分自分の生き方を自分で決められるという限りない自由があります。自分のペースで生きられる環境にいられるというのは、私が日本を出て一番良かったと思っていることの一つです。自分を幸せにしてくれるのは会社でも国でもありません。今の仕事場や住んでいる場所が自分の今の身の丈に合わなくなれば、自分がハッピーでいれられるところにさっさと移るのは、日本以外ではよくある考え方だと思います。人生は仕事のためにあるのではなく、人生のために仕事があるのですから。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

日本では、長い期間、終身雇用制度のもと、企業が社員の育成をするという習慣が根付いているため、どうしても自分でキャリアを考えるというのではなく、会社が提供してくれるキャリアを歩む考えの人が多いのではないかと思います。そのため、会社を離れてしまうと、自分は何を勉強すればよいのかというのがわからなくなる人が多いのではないでしょうか。昨今の公務員人気や大企業への就職が人気なところを見ると、まだまだ自分でキャリアを作っていこうという考えは少数なのかもしれないですね。

Nuggetさん

久しぶりのコメントありがとうございます。日本のような「みんなで渡れば怖くない」「誰かがなんとかしてくれる」の国から個人主義の国に来ると、自分をしっかりもっていないと方向性を見失ってしまいます。日本も終身雇用が崩れつつありますから、これからは自己責任の意識を持たないと大変になりますね。一部の若い人のメンタリティは変わりつつあると思いますが、彼らを受け入れる土壌が日本にはまだまだ少ないのではないかと感じています。

お久しぶりです。
主人は一足先に豪州に入り会社へ行っています。
先日お聞きした通り、初日も「hi」と挨拶するだけで、
普通に職場に入っていったようです。
まだまだこれからですが少しずつ慣れていけばと思ってます。私も子供と来週渡豪します。では、また・・。

mikakoさん

まずは仕事開始ということでよかったですね。次回から記事に関係ないメッセージはメールフォームでお願いします。


プロフィール

divayoshiko

Author:divayoshiko
よりよい生活と仕事環境を求めて、日本の会社を辞めてオーストラリアに移住しました。IT技術者として生活を確立するまでの様子、日々の生活や仕事のこと、現地情報、オーストラリアや日本について感じることなどをつづっています。メルボルン在住。
Twitter @divayoshiko

これまでの歩み
2009年
4月  技術独立ビザで永住権取得
2010年
1月  東京からブリスベンに移住
2月  シドニーに移住
4月  ブリスベンに移住
5-6月 メルボルンに長期出張
2014年
2月  メルボルンに移住

最新記事
最近のコメント
伝言板
カテゴリ検索
日付順検索
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


キーワード検索
トリップアドバイザー掲載 タスマニア記事
タスマニアの旅行情報
トリップアドバイザー掲載 ニュージーランド記事
クイーンズタウン
個人的なコメントや質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

関連ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。