スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語との格闘

移住して二年以上経ち、一日中英語の環境の中にいるのに、私の英語はちっともうまくなりません。誰かが言ったことをきき返さないと聞き取れないし、私が言うことは聞き返されるし。日本語を話す機会はほとんどない毎日なのに、この進歩の遅さは本当に困ったものです。英語のシャワーを浴びて自然に言語が身につくのは小さい子供だけ。私のように大人になってから本格的に英語を勉強しだしたり、人生のほとんどを日本で過ごしている者にはなかなか思うようになりません。

私の場合、英語がまったくの外国語だということ以外に三つのハードルがあります。一つは今までアメリカ英語を使ってきて、イギリス英語にはほとんど触れていなかったこと。オーストラリア英語はイギリス系なので、発音はもとより、使う単語、単語のつづり、いいまわしまですべて違います。私が日本に住んでいるときは、BBC放送をちょっと聞いただけで気分が悪くなって、即チャンネルを変えてしまうほどイギリス英語に拒否反応がありました。アメリカ英語に慣れていると、あのカクカク英語がとても聞きづらいのです。オーストラリアのテレビはアメリカの番組もイギリスの番組もやっていますが、さすがに今ではイギリス英語のリスニングに拒否反応はなくなりました。でもやっぱりたまにアメリカ英語を聞くとほっとします。時にはアメリカのあのべらんめえレロレロ英語が耳障りに聞こえることさえあります。でもイギリス英語の単語や言い回しはいまだにわからないことだらけです。

それに輪をかけるのがオーストラリアなまり。最初にオーストラリア人の英語を聞いたときは気分が悪くなるほどでした。というより何言ってるんだかぜんぜんわからない!とにかく「エイ」が「アイ」に聞こえてしまうのは本当に悩みの種でした。それでも今では「エイ」が「エイ」と聞こえるようになったんですよ。耳の進歩はスゴイものです。でも「エイ」と「アイ」なんてまだ序の口。オーストラリア特有の単語やいいまわしが山ほどあるし、スラングにいたってはもうさっぱりです。

そしてまた大きなハードルが、多民族の移民がそれぞれ自国なまりの英語をしゃべっていること。あらゆる国からの移民と話さなくてはならない環境は大変です。インド人や中国人など移民が多い国のなまりはすぐに慣れるんですが、話したことのない国の人と話すのは慣れるまで大変。そういう私もまったくの日本人英語なので、聞いているほうはさぞかし大変でしょう。

この英語の発音をもうちょっとなんとかしないとなあ・・・と思い、スピーチセラピーを受けようかと考えました。以前アメリカに住んでいた時、発音矯正のクリニックがありました。オーストラリアでもないのかなと思って探したのですが、なかなか見つかりません。たまたまスピーチの専門家に会う機会があったので聞いてみると、「オーストラリアは多民族英語に関して寛容な国だから、矯正することまで考えなくてもいいのでは?インド人なんかあんなに強いアクセントなのに平気でしゃべっているでしょう?それよりもあなたの場合はゆっくりとわかりやすく話すことが大切よ。」ということでした。確かにアメリカではアメリカ英語を話さなくちゃ、アメリカ人っぽくならなくちゃ、という見えないプレッシャーがあって、一生懸命レロレロ英語を覚えました。アメリカ英語への発音矯正のビジネスもさかんで、ハリウッドに進出した海外の俳優はみんな矯正を受けています。ところがこの国ではオーストラリア英語を話さなくてはというプレッシャーはありません。みんなそれぞれの民族の英語をあたりまえのようにしゃべってるし、私もわざわざオーストラリア流に話し方を変えるつもりなどないのです。同じ移民の国とはいえ、オーストラリアはそれぞれの民族を尊重していると感じます。私のような移民にとっては恵まれた環境です。

とはいえ、わかりやすく話すのはやはり重要。そのためにもゆっくりはっきりしゃべらなくてはならないんですが、私はもともと早口なうえに、英語に自信がないとごまかそうとして余計早口になっちゃうんですね。日常の「読・書・聞・話」だけではたいして進歩はしないので、自分で発音練習をしたり、知らない単語を調べて単語帳を作ったり、文法を勉強するといった、日常使い以上の地道な努力が必要です。日本にいるときは、英語の国に来てまで英語の勉強をしなくてはならないとは思っていませんでしたが、日本人が英語ができるというレベルと、現地で使う英語のレベルは比べ物になりません。この分だと一生勉強が必要なようです。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

豪州の職場について・・・。

こんにちは。初めてコメントします、mikakoです。
実はこの度、主人が初めて豪州の会社に就職し、家族で渡豪しようとしています。
日本では初出社の日、挨拶とかありますが、豪州の企業では、どうなんでしょうか?これからお世話になる上司や同僚へ、日本からのお土産など必要なんでしょうか?
もしアドバイスなど、あれば教えてください。よろしくお願いいたします。

mikakoさん

ご主人の就職おめでとうございます!今は引っ越し準備で大わらわでしょうか。新生活が楽しみですね。
こちらはお土産とか、よく知らない人にモノをあげる習慣はありません。職場も日本のように規律がきびしくなく、カジュアルな感じです。個人的にどうしても気持ちを表したいのであれば何か持って行ってもいいかもしれませんが、もしかすると驚かれるかもしれません。あまり余計な気を使わず普通にしていれば十分だと思います。

ありがとうございます。

そうなんですね^^
ではあまり気を使わずに行きたいと思います。
また疑問に思ったら質問させていただきますね。
よろしくお願いいたします。
プロフィール

divayoshiko

Author:divayoshiko
よりよい生活と仕事環境を求めて、日本の会社を辞めてオーストラリアに移住しました。IT技術者として生活を確立するまでの様子、日々の生活や仕事のこと、現地情報、オーストラリアや日本について感じることなどをつづっています。メルボルン在住。
Twitter @divayoshiko

これまでの歩み
2009年
4月  技術独立ビザで永住権取得
2010年
1月  東京からブリスベンに移住
2月  シドニーに移住
4月  ブリスベンに移住
5-6月 メルボルンに長期出張
2014年
2月  メルボルンに移住

最新記事
最近のコメント
伝言板
カテゴリ検索
日付順検索
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


キーワード検索
トリップアドバイザー掲載 タスマニア記事
タスマニアの旅行情報
トリップアドバイザー掲載 ニュージーランド記事
クイーンズタウン
個人的なコメントや質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

関連ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。