スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身替りの速い組織の秘訣

私は職場で20人ほどのチームに所属していますが、ビジネス拡大のため、新たに9人を採用し組織を再編成することになりました。今回はリーダー職を含む、高度な専門技術をもつシニア職ばかりです。そして先日新しい組織が発表されました。新たな人件費予算が承認されてから、募集広告を出し、面接をし、オファーを出し、雇用契約を結び、新しい組織図を作り、そこに新人の名前を当てはめるまで1カ月半。今度入って来る人はまだ前職の仕事があるので全員そろっているわけではないのですが、新組織体制はだいたい固まってしまいました。

日本にいたときは、面接が始まってからオファーが出るまでだけでも一カ月ぐらいはゆうにかかっていました。それを9人やってこのスピードで新しい組織を作ってしまうとは!でもこの職場は政府系なので、採用プロセスは民間企業よりはずっとのんびりしているほうなのです。(私が過去に働いた二つの民間企業は、それぞれ一週間と二週間でした)グローバルを視野に入れたビジネスが当たり前になっている今、直接的にも間接的にも、こんなことが当たり前の世界中の会社を相手に競争している日本の会社はひとたまりもないなーと、改めて愕然としたのでした(こんなことでびっくりしているのはたぶん日本人の私だけなんでしょうけど)。変化の激しい今の時代、新しいチャンスがあればその分野への投資をすぐに決断することや、見込みがなければさっさと手を引いたり方向転換するのは企業にとって必須。8年も連続赤字を垂れ流して巨額の赤字を作った末、先日テレビ事業の縮小と一万人の人員削減をようやく決めたソニーはのんきなものです。

人材の採用が速いということは切るのも速いということ。そういえば先日、人を大切にするトヨタは首切りをしないと言っていたトヨタ・オーストラリアが、ついに350人を削減しました。勤務評価の悪い人たちに評価スコアカードをお土産に渡しながら。通常余剰人員の削減は秘密裏に行うことが多いのに、なりふりかまわず大っぴらに解雇するというやり方はオーストラリアでもめずらしいらしく、話題になりました。日本企業もやるときはやるんですねー。働く人はいつでも切られる準備をしておかなくてはならないのも事実だけど、また次の仕事があるのも事実です(もちろん職種や市況によります)。

なぜこういう迅速さが可能かという理由はいろいろあると思いますが、人材の流動性が高いからというのは大きな要因ではないでしょうか。新卒一括採用や終身雇用なんかは当然なく、ポジションが空いたときや増やしたい時にすぐに募集して採用。働く人もその職場にずっととどまっているつもりなんかなく、ライフプランやキャリアプランに合わせてどんどん移っていきます。仕事がほしい労働者も労働者がほしい雇用主も常にマーケットにいるので、双方のニーズが合っています。雇用形態も、正社員、契約社員、フルタイム、パートタイムなど自分の都合に合わせていろんな働き方が選べて、同じスキルなら賃金や扱いで差別されることはありません。私のチームでもいろんな雇用形態の人が入り混じって、対等に仕事をしています。

必要な時に採用することも解雇することも難しい日本市場は、企業にとって明らかに不利。多くの企業が海外移転を考えるのももっともです。また人材の流動性を高く保てるのは、企業が人材を純粋に職務遂行能力で判断し、その時に必要なスキルを獲得できるからで、年齢や性別や家庭環境など、仕事に関係ないことで人材を判断しているのであれば難しいでしょう。

労働者にとっても、仕事中心の生活をしたり、仕事とプライベートな活動を両立したり、複数の仕事を両立したり、仕事はしばらく休んでからまた働くなど、子育てや老後など自分のライフスタイルに合わせて仕事のしかたを選べます。雇用が柔軟なことは、雇用主にとっては方向転換や拡大縮小がすばやくできるだけでなく、労働者にとっても柔軟な働き方ができるので、双方にメリットが大きいと思います。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

divayoshiko

Author:divayoshiko
よりよい生活と仕事環境を求めて、日本の会社を辞めてオーストラリアに移住しました。IT技術者として生活を確立するまでの様子、日々の生活や仕事のこと、現地情報、オーストラリアや日本について感じることなどをつづっています。メルボルン在住。
Twitter @divayoshiko

これまでの歩み
2009年
4月  技術独立ビザで永住権取得
2010年
1月  東京からブリスベンに移住
2月  シドニーに移住
4月  ブリスベンに移住
5-6月 メルボルンに長期出張
2014年
2月  メルボルンに移住

最新記事
最近のコメント
伝言板
カテゴリ検索
日付順検索
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


キーワード検索
トリップアドバイザー掲載 タスマニア記事
タスマニアの旅行情報
トリップアドバイザー掲載 ニュージーランド記事
クイーンズタウン
個人的なコメントや質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

関連ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。