スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どこの国の人?

先日日本に住む友人とおしゃべりしていたら、「何人(どこの国の人)に見られる?」ときかれました。日本人とか韓国人とか中国人などという答えを期待していたようですが、残念ながら答えは「どこの国の人にも見られない」です。なぜなら、まわり中移民だらけなので、誰も誰がどこから来たかなんて気にしていません。親しくなれば話のついでに自分から出身国をいうことになりますが、あえて相手からきかれることはあまりありません。明らかに移民同士とわかると、親しみもあって出身国をききあったりはしますけど。

第一答えをきいたところで意味がない場合が多いのです。なぜなら生まれた国と育った国が違う場合、いままでに住んだ国が複数ある場合、両親は外国生まれでも自分はオーストラリア生れなど、パターンがたくさんありすぎて答えようがない場合が多く、国の名前をいっても必ずしもその人を理解する助けにはならないことも多いのです。「どこの国の人?」と一口にいっても、いろいろな意味をもちます。

人種
両親の出身国とか、自身の生まれた国などで判断されます。でも両親や先祖が異人種間結婚なんてまったくめずらしくありませんが、その場合はどうなるのか?以前アメリカ籍を取った元日本人がノーベル化学賞を受賞したとき、アメリカでは当然アメリカ人が取ったと報道していましたが、日本では日本人が取ったと報道していました。アイススケートでは、アメリカ籍でアメリカ選手として出場しているのに、両親が日本人で日本人の顔をしていると、日本では日本人の扱いで報道したりします。日本人は血統を重んじる国なので、外国籍でも外国に永住していても、外見が日本人に見えるかどうかは重要なようです。

国籍
オーストラリアに生まれてオーストラリア国籍を持つ人もいれば、私のように海外籍を持つ移民もいるし、移民後オーストラリア国籍を取った人もいます。国籍を複数持つ人はまったくめずらしくありません。私は世の中の流れに逆らっていまだに二重国籍を認めていない日本の国の国民なので、オーストラリア国籍を取ると日本国籍を捨てなければならず、今のところオーストラリア国籍を取るつもりはありませんが、もしこの国に永住する決意をし、日本が二重国籍を認めるなら、オーストラリア国籍を取って国民としての義務と責任を果たしたいと思います。この場合、私は何人になるんでしょうか。また、日本国籍を捨ててオーストラリア国籍を取った場合は何人と呼ばれるんでしょうね?

居住国
ヨーロッパやアジアに生まれ、小さいころに移住してそこにずっと住んでいたけど最近オーストラリアに来たなんてという人はよく見かけます。こういう人は何人というんでしょう?そういえば日本にとって国内に居住していることは重要なようで、日本人でも外国に住んでいると、政府や民間サービスでの扱いがよそよそしくなったりします。

言語
日本で生まれ両親は日本人でも、小さいころに移住し、日本語よりも英語の方が得意で、日本語はなんとかしゃべれるけど読み書きは苦手なんていう人もいます。こういう人は何人なんでしょう?

こういう人たちだらけなので、何人かを気にすること自体あまり意味はないのです。日本はもともと村社会なので、誰かに会うとまず「どこの出身ですか?」「どこの会社ですか?」などとまず所属をたずねてから会話が始まることが多いですが、いろんな人種が共に生きている社会でみんなが気にするのは出身地ではなく、その人がどんな発言や行動をし、どんな能力があり、どんなパーソナリティを持つ人かということ。相手がまったく知らない人でも、バックグラウンド情報がまったくない状態でも、会話はどんどん進行します。逆に会話をしながら発言内容によって自分のことを知ってもらうといった感じ。この辺りは日本とまったく逆なのでいまだにとまどうことがあります。

以前アメリカに住んでいた時も同じで、出身国などあまりきかれませんでした。出身国とか人種とか家族などといったプライベートなことは親しくないうちは積極的にきかず、相手が話し出すまで待つという暗黙の了解があるようです。といっても、私は会ったばかりの中国人や韓国人に(オーストラリアでではありません)、「年収はいくらですか?」などという思いっきりプライベートなことをきかれて度肝を抜いたことがあります。アジア人の方がプライベートなことを訊くのに抵抗はないのかもしれません。

国の境があいまいになり、組織というものの価値が変化している今、結局最後に意味を持つのはその人が所属するグループではなく、その人個人がどんな風に生きているかということ、これがすべてになるんじゃないかと思います。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんばんは、divayoshikoさん、日が暮れると随分涼しくなりますね、最近。一年のうちで一番過ごしやすい時期ですね。
私は数年前、日本国籍を放棄し、オーストラリア国籍を取得しましたので、法律上はオーストラリア人ですが、見かけはもちろん100%日本人、言語も日本語の訛りがあります。オーストラリア国籍を取得した最大の理由は、Commitment、この国の一員としてContributionしたい、と考えたからです。もちろん、Permanet Residentとして生活していても、なんら損得はありませんが、気持ちの問題としてね。そのへんは個人の価値観ですので、私がとやかく言うことでもないし、言われることでもありません。
ふと、思うのですが、もし仮にこの先、私が日本人女性と結婚したら、それは国際結婚になるか、と。 国際結婚という言葉自体がばかみたいと思うんですよね。そのへんの価値観とでも言いましょうかね...区別したがる国民性とでも言えるかな...私にはどうしても理解できないんです。
私は...日本を祖国にもつことに誇りと自信を持っています。また、今、オーストラリア人として生きていることに、喜びと幸せを感じています。そう思える環境に、そして時代に生きてゆけることにとても感謝しています。


Songlarkさん

コメントありがとうございました。長い間この国に暮らしてここでやっていける自信ができれば、やっぱり国籍を取りたい気持ちはわかります。自分の暮らす国をもっとよくしたいし、そのためにはコミュニティにも政治にも参加して国に貢献したいと思うのは自然なことだと思います。私はまだ二年なので、日本国籍を持つメリットを放棄する気にはなれないけれど、国籍がなんであれ日本でを愛する気持ちは一生変わらないと思います。それがゆえ国籍のことで悩む日本人は世界中にたくさんいると思います。かたくなに単一国籍を固持することは、人材が国外に出ていってしまうなど、日本にとってメリットはないと思うんですけどね。特にこれからの時代は。とはいってもほとんどの日本人はこんなこと考えたこともないんでしょうけど。

昨晩のコメントは、少し記事の軸からはずれたものでしたね。
私は自分なりの理由があり、オーストラリア国籍を取得しましたが、こちらの人でも、祖国の国籍を放棄してオーストラリア国籍を取得したということを言うと、一様に驚きの顔をします。そして、その後、一様に嬉しそうな顔をしてくれます。でも、だからといって対応が変わるわけではないです。あくまでも個人の問題ですから。
おっしゃるとおり、日本政府が二重国籍を認めないのは、人材が外に出るだけでなく、人材が中に入らない、という両方面においてデメリットが大きいと思うのですが、私には近い将来、日本政府が二重国籍を認めるようになるとは思えないので、日本国籍を放棄しました。迷いは全くありませんでした。だって、自分の気持ちの問題だもの。日本国籍を放棄したところで、日本が祖国であることには変わりません。
ところでアレルギーになりにくいSunscreenですが、Cancer Councilの出しているSunscreenが私の肌には合っているようです。今使っているのはCancer CouncilのSport Sunscreen、スプレータイプになっているもので、さらさら感が気に入っています。同僚にも同じようにSunscreenにアレルギー反応を示す人がいて、このCancer CouncilのSunscreenを勧めたら、アレルギー反応が出なかったそうですよ。

Songlarkさん

まったくおっしゃるとおりで、二重国籍を認めないのは人材が入らないということで国際競争力上不利になると思います。これは国家戦略レベルの話なんですが、今の日本にこのレベルのことを考えられる政治家はいないでしょう。それにしてもスッパリと英断しましたね。ご自分に自信があってのことだと思います。確かに日本ではいまだに移民の議論さえ始まっていないので、二重国籍なんて永遠に無理かもしれません。日本もSonglarkさんのように、もう少し名より実をとることを考えてもいいと思うんですが。

Songlarkさん

情報ありがとうございます!実は私もそれとまったく同じ日焼け止め買いましたよ!今のところトラブルは出ていないし、スポーツやビーチで使いやすくて気に入っています。後からわかったことなんですが、Cancer Councilは今問題になっているnanoparticleを使わないメーカーの一つなんですね。紫外線吸収剤は使っていてもトラブルがないのはそのためかな?紫外線吸収剤を使わない製品は肌に優しいですが、やはり白くなるのが難点ですね。

はじめまして。ブログを楽しく拝見させて頂きました。僕も2008年に永住権を取得したので、来年には移住を考えています。(来年9月でタイムリミットです。)

市民権と永住権については、結構考えています。勿論、実際に移住をしてから考えれば良いことでしょうが、コストの面から(一応会計士ですので。。。)考えると、日本のパスポートとレジデント・リターン・ビザの費用は高いなあ!などと考えたりもします。

後は子供の国籍も考慮点だと思います。お相手の国籍にも寄りますが、子供は2重、3重国籍を22歳まで保持出来るので、市民権を考えるのはその後かな?などと考えたりもします。その反面、家族全員でオーストラリア国籍が一番シンプルで費用も掛からない(パスポート、ビサ費用など)から良いかな?とも思います。

やはり、オーストラリアへのコミットレベルに寄るんでしょうね。

Seanzaiさん

こんにちは。オーストラリアにいらっしゃるんですね!来年からは仲間ですね。どうぞよろしく。
なるほどー、コスト面から考える市民権ですか。パスポートやビザの生涯の更新費用を計算したんですか?すごいなあ。日本国籍保持者はオーストラリア国籍を取得したところでビザなしで渡航できる国が大幅に増減するわけでもないし、国籍が変わっても人間の中味が変わるわけでもないし、国籍なんてしょせんラベル程度のものなのかもしれませんね。でも選挙をすっぽかすと高額な罰金を取られるし、やはりコミットメントは必要ですね。私の場合は国籍なしでも日本の年金がもらえるのかどうか気になります。

こちらこそ、どうぞよろしくお願いします。

今の制度ですと、条件を満たしていれば国籍が変わっていてももらえるばずですよ。でも、25年の加入期間は長いですね。海外にいる間も『カラ期間』で年数にカウントをしたとしても。。。日本国籍があれば任意で海外から払うことも出来ますし、確かオーストラリアと日本の間での年金に関する協定があったと記憶しています。

ただ、今の日本の年金制度ですと1955年以降生まれは『払い損』になるような試算も出ています。当てにならないかも。スーパーの方が拠出分が減税になりますし、受給年齢前に亡くなった場合でも、支払った額と税金分が戻ってくるようですので、損をするリスクは低いでしょうね。

国籍のメリット、デメリットは個人の生き方と感じ方にもよると思うのですが、僕がいろいろと考えた中でまだ答えが出ない中に『もし事故や冤罪で刑務所行きになったら?あるいは前科がついたら?』というのがあります。永住ビザですと、その時点でキャンセルされて強制送還されるのでは?と考える反面。日本の刑務所の方が比較的居心地か良いかな?などと思ったりもします。凶悪犯になる予定はないですけど、日本では極刑があり、オーストラリアにはないようですし。それに『お勤め』後もオーストラリアの方が『平等』に接してくれる様なイメージを勝手にいだいています(笑)

生活の基盤(特に仕事と家族)が出来たら、市民権を考えるのも一つの考え方でしょうね。日本に強制送還された後は、オーストラリアには戻れないでしょうし。(その逆を考えると、日本に戻れないということですよね。)やはり、まじめが一番!(日本が重国籍を認めてくれれば、こんな心配はなくなりますが。)

Seanzaiさん

国籍が変わってももらえるんですか。年金協定はありますが、オーストラリアの年金以外に収入があるとわかると受給額を減らされるらしいので、調べなくちゃと思っています。

日本の年金はほとんどもらえないと思ったほうがいいですね。さんざん払ったのにまったく怒り心頭だけど、私はもう捨てたものと思ってオーストラリアのスーパーファンドにせっせと投資しています。税金対策上も貯金より有利ですし、少なくとも日本の年金よりはずっと確実ですから。

刑務所でのquality of lifeと、出所後の人生設計まで考えてるんですね?くっくっ(すいません、笑ってしまいました)とことん追求するタイプなんですね。私も以前会計士資格を目指していましたけど、Seanzaiさんほどの周到さと緻密さがあったら途中で挫折することもなかったろうなあ。でも私がそこまでいろいろ考えたらきっと早死にすると思います(笑)。


そうですね。日本の年金制度改革や多重国籍の見直しなんぞは期待できないですね。孫の代ぐらいには。。。

全然周到でも緻密でもないですよ。暇なだけです。(笑)『なんとかなるだろ!』で今まで生かされてきました。実は会計士資格も2000年ごろに『ポイッ』と捨ててしまいました。当時は『これからは自分のビジネスで生きていく。資格なんかいらない!』という思い(あがり)があったので。

2007年に永住権申請をする時に、移住コンサルタントから『会計士枠だと取りやすいよ』と言われ、資格審査をしたら、会計士協会の準会員の登録がされていて(1年間会費無料でした)、当時たまたま東京で経営コンサルの仕事をしていたので『便利かも』ということで翌年の更新時から会員登録をすることにしました。行き当たりばったりな人生です。
プロフィール

divayoshiko

Author:divayoshiko
よりよい生活と仕事環境を求めて、日本の会社を辞めてオーストラリアに移住しました。IT技術者として生活を確立するまでの様子、日々の生活や仕事のこと、現地情報、オーストラリアや日本について感じることなどをつづっています。メルボルン在住。
Twitter @divayoshiko

これまでの歩み
2009年
4月  技術独立ビザで永住権取得
2010年
1月  東京からブリスベンに移住
2月  シドニーに移住
4月  ブリスベンに移住
5-6月 メルボルンに長期出張
2014年
2月  メルボルンに移住

最新記事
最近のコメント
伝言板
カテゴリ検索
日付順検索
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


キーワード検索
トリップアドバイザー掲載 タスマニア記事
タスマニアの旅行情報
トリップアドバイザー掲載 ニュージーランド記事
クイーンズタウン
個人的なコメントや質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

関連ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。