スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和食をもっと知ってほしい!

オーストラリアに来て困ることの一つは和食材が少ないことです。アジア食品店はいろいろな所にあって、調味料やお茶や乾物、加工品を手に入れるのは、種類を選ばなければそれほど難しくありません。日本のお米だって手に入ります。でも魚や野菜といった生鮮食料品は圧倒的に種類が少ないし、手に入れにくいのです。ここに住んでいて改めて感じるのは、和食というのは本当に素材ありきの料理なんだなっていうこと。

魚料理だと、鯖の味噌煮、ぶりの照り焼き、かれいの煮つけ、鯵のたたき、さんまの塩焼き、たらちり、あさりの酒蒸し・・・素材によって代表的な調理方法があって、素材の良さを生かす定番料理がたくさんあります。だからその料理を作るにはその材料がないとだめなのです。野菜もしかり。代わりの材料を使うこともできますが、もともとの料理を知っている身としては、あーやっぱり本来の素材がいいなあーなんて思ったりして。日本に住んでいたときは和食はいろいろ研究していて、母直伝のレシピもたくさん持ってきましたが、材料が限られているため、一部しか役にたちません。

オーストラリアで魚といえば、単にシーフードのカテゴリーの一つで、えび、かに、ほたて貝、ムール貝、牡蠣、それに魚がいくつか、なんて感じです。レシピを見ても、フィッシュ・アンド・チップスとか、フィッシュケーキとか、魚の名前が特定されていなかったり、名前が書いてあっても別の魚でも代用できるものも多い。オーストラリアで人気のインターナショナル料理のひとつインド料理にしても、「フィッシュカレー」とか。なんだーフィッシュカレーって!魚ならなんでもいいのか!?はい、なんでもいいんです。スパイスを入れればなんだって同じですから。和食の場合は、鯵のたたきは鯵じゃなくちゃだめ、ぶりの照り焼きはぶりじゃなくちゃだめなんです。

オーストラリアはヨーロッパやアフリカ、アジアからの移民が多いので、インターナショナル料理はどこにでもあります。アジアは距離的に近く休暇に行く人も多いので、アジア料理もとても身近です。ファーストフードといえばアジア料理だし、レストランもたくさんあります。インド、ベトナム、中華、タイなどの代表的なアジア料理の食材は普通のスーパーで簡単に手に入ります。お米だって長粒米から短粒米まであらゆる種類があり、バスマティライス、ジャスミンライスなど、インターナショナル料理を作るには便利な環境です。テレビでは、アジア系の料理タレントが流暢な英語で自国の料理の作り方を一つ一つ丁寧に解説していて人気です。日本でもインターナショナル料理は身近ですが、普通のスーパーにはそれほど海外の食材は置いてないし、日本人はカレーのように海外のものを自国流にアレンジしてしまうのが得意ですから、一般家庭での本格的なインターナショナル料理は必ずしも一般的でないのかもしれません。

オーストラリアで和食といえばすぐ思い浮かぶのがファーストフードの巻きずし。ビジネスマンがクイックランチに10cmぐらいの長さのデカ巻きずしをほおばる姿はよくある光景です。でも中身はスパイシーチキンとか、ビーフとか、本来の寿司とはかけ離れてますけどね。和食レストランは味がまともなのは高級路線になりがちで、値段はばか高いのに量はこれだけ?だったり。値段が手ごろでおいしい和食を出す店はあまりありません。庶民派のレストランやファーストフードは中国人や韓国人経営が多く、日本ではありえない中華風和食、韓国風和食を平気で和食と称して売っているというケシカラン状況です。

和食はバラエティに富んでおいしくて健康的な、世界に誇れるすばらしい料理です。この国でいろいろな国の料理に触れてもなお、やっぱり和食はすごい。お手頃な値段の普通の和食をもっと多くの人達にもっと知ってほしいと思いますが、海外に出る日本人が少なく、広める人がいない状況では難しいですね。テレビで日本人が英語で和食の作り方を解説する料理番組なんてちょっと想像できないし。食材が少ないという不利な状況も、消費者が知らないから需要もないわけで、「なにィ~鯵も置いてないなんてケシカラン!」とお客に言われる状況になれば話は違ってくるんだけどなあ。

先日会社の同僚を家に招いて普段の和食をふるまったら、日本の普通の家庭料理は食べたことがないととても喜んでくれ、熱心にレシピを訊いていました。手に入る食材でいかに日本の味を作るかをもっと研究し、普通の和食を知らない多くの人達にその良さを知ってもらいたいと思います。日本のいいところをどんどん世界に広めるのはすばらしいことですから。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

慣れちゃったのかなァ

初めましてー。
お怒り、ごもっともです。
和食を作りたくても、食材がない!
これは、大きな問題です。
でも、20年以上前にゴールドコーストに移住してきた人間にとっては、今はかなり恵まれていると思います。
当時は、魚と言えば、大きな魚をフィレにしたものが、アルミのトレーにどどっと積み上げられて、お肉感覚なんでしょうね、パンフライするだけの何の魚かもよくわからない状態で売っていました。
尾頭付きの魚なんて、車で30分ぐらい走って買出しに行ってましたが、ウロコを取ってくれるわけでもなく、内臓を出してくれるわけでもなく、ましてや捌いてもくれず・・・。
今は、アジも売っていたり、サワラを味噌漬けにしたり、テイラーを干物にしたりできます。
野菜も、昔は白菜もなかったし、ほうれん草もなかったし、大根もなかった。
フジりんごやナシなんて、つい最近ですよ。
ただ、貝は見かけなくなりましたね。
Pipiという貝でダシを取って、味噌汁にしたり、お茶漬けならぬPipi汁漬け(炒りゴマたっぷりで)にするとおいしかったんですけどねえ。
韓国料理やインドカレーやタイカレーなど、ある食材でバラエティー豊かな食卓にしていると、あんまり気にならなくなりました。
冬は、鍋が多いですけど、ベーコンと大根の鍋にしたり、豚バラとつくねを入れて味噌味の鍋とかおいしいですよ。
その際、韓国食材店の豆腐を入れるとグッドです!

ちりとてさん

わぁ~、20年以上前からいらっしゃるんですね。どうりでサバイバル術をよくご存知ですね。アジもサワラも売ってるんですか?シーフードは海に近い方がいろいろありそうですね。うらやましい。大根は中華風の短い大根を使ってます。日本の梨があるのはびっくりしましたけど、ふじりんごもあるんですか?今の季節は鍋もいいですね。鍋をもってないので、中華街にでも行って買ってこないと。クイーンズランドは昔はほんとに何もなかったとききますから、私はまだラッキーなのかもしれませんね。これから人がどんどん流入してきて、その分文化度もアップすることを期待しています。インターナショナルな食材はすごく手に入れやすいですから、いままで作ったことのなかった各国料理に挑戦できるのが楽しみです。ありがとうございました。またいろいろ教えてくださいね。

Divayoshikoさんが英語で説明しながら調理しているところをビデオで撮影して、ネットにアップするっていうのは?「3分クッキング」、いかがですか?

Nuggetさん

おっ、それ名案ですね!では日本料理の専門ブログでも立ちあげますか。うん、マジで検討します。


プロフィール

divayoshiko

Author:divayoshiko
よりよい生活と仕事環境を求めて、日本の会社を辞めてオーストラリアに移住しました。IT技術者として生活を確立するまでの様子、日々の生活や仕事のこと、現地情報、オーストラリアや日本について感じることなどをつづっています。メルボルン在住。
Twitter @divayoshiko

これまでの歩み
2009年
4月  技術独立ビザで永住権取得
2010年
1月  東京からブリスベンに移住
2月  シドニーに移住
4月  ブリスベンに移住
5-6月 メルボルンに長期出張
2014年
2月  メルボルンに移住

最新記事
最近のコメント
伝言板
カテゴリ検索
日付順検索
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


キーワード検索
トリップアドバイザー掲載 タスマニア記事
タスマニアの旅行情報
トリップアドバイザー掲載 ニュージーランド記事
クイーンズタウン
個人的なコメントや質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

関連ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。