スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IKEAの達人

新居に引っ越してきて約二カ月。ようやく家具がそろってきてだんだん家らしくなってきました。とはいってもまだ肝心のソファがないので、快適にくつろげる部屋にはなっていません。値段とデザインの両方で満足できるものがなくて、中古も探していますが難航しています。早くおいしいお茶でも淹れてソファにもたれてテレビを見ながらの~んびりくつろげるようになることを夢みているんですが・・・。まあ気長に探すことにします。

すっかりお世話になったのはIKEAの家具です。ここに越してくる前は家具は一切持っていなかったので、一度に大量に購入しなくてはなりません。とりあえず揃えるには価格が安くてデザインも合格点のIKEAは魅力的。他にももいろいろ見て歩きましたが、やはり値段が違いすぎる!どうしてもIKEAとは思ってなかったんですが、結局気づいてみたらほとんどがIKEA製品に。優良顧客として割引券ぐらいもらいたいですね。

店頭で売られている小物商品の多くは日本から来ています。商品にはイケアジャパンの表示があり、取り扱い説明なども日本語で書かれています。おもわず近くのオーストラリア人に、「キミたち読めないだろ~」と自慢したくなっちゃう。こんなにたくさんの日本語に出会える店はないのでうれしくなります。

ウェブサイトに商品の写真とサイズとパッケージのサイズが書いてあるので、購入する品物をあらかじめ決めてリストを作っておきました。ウェブサイトには自分のショッピングリストを登録できるので、少し時間をかけて決めたいときに便利。毎日更新される在庫量と向こう三日間の予想在庫量も確認できるので、在庫を確認してから車でGo!。ショールームでは実物を確認しながらショッピングリストに商品名と倉庫の棚番号を次々と記入。最後にトロリーを押して倉庫に行き、リストに記入した棚番号からほしい商品を自分で探し出してレジへ運びます。セルフレジも使って支払い、駐車場へ。

家に運びこんだら今度は組み立てが待っています。結局ベッド、ベッドサイドテーブル、チェスト、ダイニングテーブル&チェア、机といす、本棚、TVスタンドを組み立てるはめになりました。ベッドと本棚は友人に手伝ってもらいましたが、あとは自分で週末や仕事の後にコツコツ作りました。組み立て家具といっても本格的で、大量の釘を打ち込む大工仕事もあったので、あわてて金槌を買いに走りました。文字がない説明書では、読み方のコツがわかってくるまでは間違えて作ったものを分解する羽目になったり。2-3時間かかるものもあって結構大変でしたが、だんだんコツがわかってくると、どの家具も似ているのでかなりスピードアップしました。もうIKEAの組み立てサービスで仕事できるかも。助っ人が必要な方、手伝いに行きますよ~。

IKEAは半製品を顧客に持ち帰らせて自分で組み立ててもらうことでコストを削っているわけですが、そのほかにいろんなところで製造費や物流費を抑える努力をしているのがうかがえます。絵だけで書かれた説明書(国別対応の必要なし)、共通部品の多用、部材が隙間なくきっちり詰まった梱包には緩衝材や空間がほとんどないことなど。また組み立てていると、意外と細かい品質にもこだわっていることがよくわかりました。デザイナーはこの部品を箱のサイズに合わせるのに泣いたんだろうな~なんて想像してみたり。顧客が自家用車で持ち帰れるように、梱包をすべて平たく運びやすくするという制約があるからです。パッケージのサイズと梱包という厳しい制約がある中、ここまでのデザインをやってのけるのにはあっぱれ。

それにしてもIKEAがやってることといえば、設計、製造、出荷、店舗倉庫までの物流、在庫・販売管理だけ。出庫、レジ、買物袋の用意、配送、組み立ての工程を顧客にやらせておいて、必ずしも安いとはいえないんじゃないの?思ったりもしますが、それでもつい買ってしまうのは、値段の他に安っぽすぎないデザイン、テーマパークのように見て楽しい提案型のショールーム、ユニークなレストラン、豊富な品揃え、自分で組み立てる楽しさなど、また利用したいと思わせる付加価値があるからなんだろうな。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

作っても返品できるところも、IKEAのすごいところだと思います。以前、完成品を置いてなくて、写真だけで買いましたが、家に帰って組み立てるとやはり部屋に合わない。仕方がないから、持っていったら、返品を受け付けてくれました。ここまでやるから、きっと安心して買えるんでしょうね。

Nuggetさん

へーっ!作ってから返品できるんですか?でももう売りものにはならないから、処分か、よくてショールーム行きでしょうか。顧客満足のためにはそこまでするんですね。でも返品してもらえるかどうかわからないのにわざわざ持って行ったのもすごいなー。

拝啓
新居の快適さが徐々に進む一方で、家具の組立てが大変な様子が分かります。男でも一人では手に余るものがありますから。助っ人の手伝いができるようになったとは大したものです。
日本では今度、小学5年から英語の授業が始まります。既に始めている学校もあり、外国人の教師代行を雇っている自治体もあります。しかし給料が安くて欧米の人は長続きしなくて大半は東南アジアの人らしいです。
ところで英語が堪能なdivayoshikoさんは、何歳から英語と親しんだのですか?
私は中学でのベティ&ジャックでした。

鳥さん

小学校ではかなり前からネイティブスピーカーが教えてるんじゃなかったんでしたっけ?遊び感覚じゃなくて本格的な授業が始まるってことですか?ところで私は英語は堪能ではありません!未だに職場の同僚が言ってることがわからなくて苦労の連続です。私は普通に中学校から勉強を始めました。社会人になってかなり経ってから会社を辞めて留学したので、そのころから少しはましになりましたけど。英語は子供のころからやっておくほうが断然効率的と自信を持って言えます。

プロフィール

divayoshiko

Author:divayoshiko
よりよい生活と仕事環境を求めて、日本の会社を辞めてオーストラリアに移住しました。IT技術者として生活を確立するまでの様子、日々の生活や仕事のこと、現地情報、オーストラリアや日本について感じることなどをつづっています。メルボルン在住。
Twitter @divayoshiko

これまでの歩み
2009年
4月  技術独立ビザで永住権取得
2010年
1月  東京からブリスベンに移住
2月  シドニーに移住
4月  ブリスベンに移住
5-6月 メルボルンに長期出張
2014年
2月  メルボルンに移住

最新記事
最近のコメント
伝言板
カテゴリ検索
日付順検索
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


キーワード検索
トリップアドバイザー掲載 タスマニア記事
タスマニアの旅行情報
トリップアドバイザー掲載 ニュージーランド記事
クイーンズタウン
個人的なコメントや質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

関連ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。