スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに告白!しかし・・・

会社の上司を呼び出し、退職して移住することを伝えました。私には日本とオーストラリアに上司が二人います。

絵文字名を入力してください
上司「いや?どっちがいいかわかんないっすよー。」よくよく聞いてみると、業績悪化でまたリストラがあるかもしれないみたい。マネージャ職は一番先に矛先が向くので、自分の首の心配もしているようです。そして会社の困難な状況についての話が尽きず・・・。皆リストラに戦々恐々としている時代、仕事がほしくてたまらない人が世の中にたくさんいるこの時代に、自分から辞める私もたいした度胸だと思いますが、残ったら残ったでまた別の苦労が・・・号泣

オーストラリア
上司「それは良かったね?Good News!」彼は私が昔から日本の会社で悶々としているのを知っていて、移住を目指していることも知っていたので、心から喜んでくれました。でもいろいろ話しているうちに自部門の困難な状況の話になり、どんどん話が暗くなって、最後は二人とも無言・・・無言。もうすぐ辞める部下だと思うと本音を話しやすいのでしょうか。まだ次の仕事が決まっていないことを告げると心配してくれ、親切にもブリスベンの空きポジションを当たってくれると言ってくれました。ありがたいことです。

最後に上司「今うれしくて仕方がないでしょ?!!」。私「え、あ、う・・・アップロードファイル
上司に退職の話をもちかけて「うれしくて仕方がないでしょう」と言われても、いや?それは確かにとってもうれしいんだけど、こういう場合どう反応したらいいんだか・・・汗

なんだか複雑な告白でしたが、一応通らなければいけない道は一つクリアしました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上司のリアクション、なかなか興味深いですね。自分も昨年13年勤めた会社を辞めるとき、なかなか上司に切り出せずに悶々としてる時期がありました。自分も都合3人の「上司」に報告し、日米英と3者3様のリアクションをしてました。
当時はまだリーマンショック前だったので、日本人上司は「これからどんどん拡販しようと言う時期に・・・」と引き止められました。米人英人の上司は自分や会社の状況をより詳しく知ってるので、「よかったな!」と送り出してくれました。彼らには、今後の会社の厳しい状況が見えていただけに。ただ、これほどまでに堕ちるとは思っていなかっただろうがv-12
今のこの時期に新しい仕事を探すのは大変だとは思いますが、yoshikoさんなら大丈夫でしょう、と勝手ながら心配はしてません。
幸運祈ってますv-218

じょーじさん

ありがとうございます!ほんと、同じ会社でも地域によって会社への見方がぜんぜん違いますよね。
たしかに自分でもアホかいなと思いますが、自分で責任取る覚悟ならやりたいことやってみようかなと。後はデン!と構えて幸運を待つべし!v-217

プロフィール

divayoshiko

Author:divayoshiko
よりよい生活と仕事環境を求めて、日本の会社を辞めてオーストラリアに移住しました。IT技術者として生活を確立するまでの様子、日々の生活や仕事のこと、現地情報、オーストラリアや日本について感じることなどをつづっています。メルボルン在住。
Twitter @divayoshiko

これまでの歩み
2009年
4月  技術独立ビザで永住権取得
2010年
1月  東京からブリスベンに移住
2月  シドニーに移住
4月  ブリスベンに移住
5-6月 メルボルンに長期出張
2014年
2月  メルボルンに移住

最新記事
最近のコメント
伝言板
カテゴリ検索
日付順検索
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


キーワード検索
トリップアドバイザー掲載 タスマニア記事
タスマニアの旅行情報
トリップアドバイザー掲載 ニュージーランド記事
クイーンズタウン
個人的なコメントや質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

関連ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。