スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外からの人材採用

私の会社では、他の多くのオーストラリアの会社と同じく海外からの応募者を積極的に採用しています。Working in Australiaという組織が主催する、オーストラリア移住博覧会 Opportunities Australia Expo がイギリスで開催されるのですが、ここに人事担当者が出向いて採用活動をします。Expoで一次面接をした後も現地で面接を続け、最終面接まで済ませて帰って来る予定。ついてはヨーロッパに誰かいい人がいたら紹介してほしいとのメールが人事の採用担当者から全社員に送られました。社員採用に当たっては、既存社員の紹介が一番信頼性が高いということで、私の会社では紹介を重視しています。ヘッドハンターを使うよりはずっと安く上がるし、マッチ率が高くなるので離職率も低くなるからです。紹介した人が入社した場合は$4000の謝礼が社員に支払われます。

このExpoは、オーストラリアを始めニュージーランドやカナダなどで働きたい人のための博覧会で、仕事の他、ビザ、引越、為替など、移住にまつわるいろいろな情報を集めることができます。日本ではこんなイベントはありえないどころか相談できる人はほとんどいないので、こんな機会があるのは羨ましく思います。

日本でもボストン・キャリアフォーラムというイベントがあって、日本の採用担当者がアメリカの大学を卒業する日本人学生を採用しにボストンまでやってきます。私も以前ここで仕事を見つけました。また最近は日本の企業も海外の人材がほしいということで、中国の学生を採用しに現地に行ったりしているようです。でもこれは主に学生が対象で、国際的に活躍できる人材がほしいというのが企業の目的です。Opportunities Australia Expo は国籍を問わずさまざまなスキルを持つ社会人を広く対象とし、移住者に必要な様々な生活面までサポートします。実際異国で就職する場合は、仕事に加えて生活面の適応も無視できないのです。

優秀な人材をつかまえるためなら自ら海外に出て行ってまで採用活動をするオーストラリア。国境よりも高度な人材を採用して競争力を保つほうがずっと重要なのです。これが可能なのは、自分たちとは異質のものを受け入れるという下地があるからにほかなりません。

日本では高齢化が待ったなしで、年金生活者を支える現役世代や介護従事者が圧倒的に不足します。またグローバル化が現実のものになっている今、日本だけですべてをまかなうのは不可能だけでなく、国際競争力の低下は避けられません。ところが外国人受け入れに関して日本の抵抗感は異常なほど高く、なかなか真剣な議論にならないどころか、移民受け入れに積極的な意見を言う人は非国民としてたたかれます。

スイスのIMD(経営開発国際研究所)が発表した、「高度人材(専門職)から見た労働市場の魅力度ランキング」によると、日本は中国(19位)、韓国(33位)を抜いて堂々の42位。ちなみに1位はスイス、2位はシンガポール、3位はアメリカ、オーストラリアは7位です。これはオーストラリアで働いていて大いに納得。外国人や異文化を受け入れる用意もなく、共通語の英語が通じず、奴隷のように働かされ、専門職が尊重される環境もないような国でわざわざ働きたい人はいません。こんなにそっぽを向かれても、今なお鎖国を続ける日本はいったいどこへ行くのでしょうか。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

日本企業は、人事部をたんなる採用係とでしか見ていな感じがします。彼らをどのように使いたいのかがはっきりしない中で、高学歴の人材だけを集めてくるから、入社した人は自分が目指すものが会社にあるのかどうかわからない状態になります。そのため日本では幹部候補として入社した大学卒の社員の3割が1年以内に辞めていきます。
会社も、学生も、大学も、日本のためにはどのような人材育成が必要か考え、そのために、会社、大学がどのように貢献できるかを真剣に行動する時が来ていると思います。
IMDのランキング、日本は91年には総合力1位でした。そして今のIMDの評価の基準には、個人がリスクを取る文化があるか、海外へのオープンさはどうかというものもあるそうです。だとすると、日本の閉鎖性が証明されたようなものかと。

Nuggetさん

そうですね。終身雇用を前提としたゼネラリストの採用と配置方法がいまだに行われていて、終身雇用なんて過去の遺物と思っている若者のキャリア観と完全にずれています。日本の問題は、労働者の能力や経験を評価する方法がないことだと思います。だから仕事の能力と必ずしも一致しない学歴が評価対象になってしまう。さらにいえば日本の高等教育は職業能力に結びついていないので実際使い物になりません。海外からの人材採用も能力の評価方法がはっきりしていなければ無理です。企業と大学が一緒になって人材育成の方法を考えていく必要がありますね。
IMDは20年前は一位だったんですか。ひどい没落ぶりですね。海外に対する閉鎖性もリスクを取りたくない気風の表れかもしれません。誰だって自分が知らないものを受け入れたり、知らない場所に飛び込むのは怖いのです。



ご無沙汰してます。
このようなイベントがあるだなんて知りませんでした。
英語圏の国々では専門職に国境な無いと改めて認識させられました。労働市場が「世界中」が当たり前だなんて、まるで別の世界の話のようです。世界中で働くのが普通の感覚だと思うと、日本市場は完全に孤立しているのを感じますね。孤立していても先進国として世界に胸張っていられるのも1億2千万人の人口ボーナスがあるおかげでしょうけれど高齢化時代に入り、これからどこへ向かうのか。
とりあえず私はオーストラリアに向かいます(笑

tottiriさん

英語圏だけでなく、アジアの非英語圏の人達も英語を勉強してどんどん飛び出していますよ。必ずしも一生その国にいようなんて思ってなくて、転職先がたまたま違う国だったという感覚です。私もこっちにきて日本があまりにも孤立して別世界なので、びっくりを通り越して、なんというか言葉がありません。オーストラリアでお待ちしてます!

プロフィール

divayoshiko

Author:divayoshiko
よりよい生活と仕事環境を求めて、日本の会社を辞めてオーストラリアに移住しました。IT技術者として生活を確立するまでの様子、日々の生活や仕事のこと、現地情報、オーストラリアや日本について感じることなどをつづっています。メルボルン在住。
Twitter @divayoshiko

これまでの歩み
2009年
4月  技術独立ビザで永住権取得
2010年
1月  東京からブリスベンに移住
2月  シドニーに移住
4月  ブリスベンに移住
5-6月 メルボルンに長期出張
2014年
2月  メルボルンに移住

最新記事
最近のコメント
伝言板
カテゴリ検索
日付順検索
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


キーワード検索
トリップアドバイザー掲載 タスマニア記事
タスマニアの旅行情報
トリップアドバイザー掲載 ニュージーランド記事
クイーンズタウン
個人的なコメントや質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

関連ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。