スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タスマニア旅行 2 Cradle Mountain

クレイドル山はタスマニア旅行者が必ず目指す場所です。山の周辺一帯が国立公園になっていて大自然の宝庫。またここはハイカーのメッカでもあります。テントをかついで何日もかけて縦走するような人が集まります。旅の途中で出会ったおばあちゃんは、これから仲間と合流して6日間の縦走に行くんだとか。タフなおばあちゃん! ここは今回の旅行のハイライトで、ここで山歩きをするためにトレーニングを積んできました。

ロンセストンからの道は広々とした景色を楽しみながら。周囲は牛、羊、馬、山羊がのんびり草を食べる牧場だらけです。途中たくさんのキャンピングカーに出会いました。
P1000232m.jpg

P1000210m.jpg

ここはポピーの栽培が盛ん。白い花でいっぱいの畑がどこまでも続きます。
P1000222m.jpg

この国立公園はハイキングコースが星の数ほどあります。20分の初心者コースから一週間のの縦走コースまで、体力と好みに合わせて選ぶことができます。コースは事前に調べることもできるけど、あんまりたくさんありすぎて選ぶのが難しいし、実際に行ってみないとあたりの様子がわかりません。半日や一日のハイキングだったら、インフォメーションセンターを訪ねるのが便利。インフォメーションセンターはいたるところにあって、旅のあらゆるサポートをしてくれます。係員は周辺のハイキングコースにも詳しくて、その時々の道の状況なども親切に教えてくれ、希望を言うと最適なコースを選んでくれます。行く先々で本当にお世話になりました。

コースの入口には必ず記帳所があって、遭難に備えます。
P1000274s.jpg

泊っている場所の近くにあったMt.Rolandの半日コースに行きました。渓流に沿って歩くコースです。その水の冷たくて美味しいことといったら!自分で持って行った水筒の水は捨ててこっちの水を詰めました。
P1000273s.jpg

こんなお化けシダも。
P1000252s.jpg

活動の拠点はキャラバンパークです。テントを持ってキャンプ場に宿泊しながらの旅もできるけど、キャラバンパークなら共同のシャワー、トイレ、キッチン、ランドリーが完備してあるので便利。タスマニアには70以上のキャラバンパークがあります。ここで出会ったある家族は子供連れで二週間滞在していました。でもそれが長すぎるとは思えないほど、周りは遊ぶ所でいっぱいなのです。

これは小さな子供二人連れの家族のテント。テーブルといすが入っているダイニング専用のテントがもうひとつありました。向こうにキャンピングカーも見えます。
P1000281s.jpg

ロンセストンのインフォメーションセンターで予約してもらったキャビン。部屋の中にあるのはベッドだけです。一泊$20也
P1000279s.jpg

食事はキッチンで自炊できますが、レストランもあります。日没は夜9時ぐらいなので、夕食後もたっぷり遊べます。
P1000277s.jpg

憧れのクレイドル山との感動のご対面。スケールの大きさに圧倒されるばかり。自然を守るため、ビジターセンターで車を降りてシャトルバスに乗り換えてここに来ました。真夏なのに冬の防寒具がほしいぐらい寒い。一週間前には雪が降ったそうです。
P1000295m.jpg

ここにもハイキングコースが無数にあって、どれにしようか迷ってしまうほど。あまり長く歩きたくない人は20分の簡単コース、Dove Lakeを一周する平坦なコース、そして険しい道のりの上級者コースまで、誰でも楽しめるようになっています。

クレイドル山頂をめざすコースはちょっと自信がなかったので、クレイドル山を眺めるコースを選びました。ここには湖がたくさんあって、見晴らしのいい景色を堪能しながらハイキングを楽しめました。
P1000313m.jpg

目に映るすべての景色が美しすぎる!シャッターを押す衝動が抑えきれません。
P1000317m.jpg

高山植物の花もきれいでした。
P1000326m.jpg

Marions Lookoutは急な岩場を鎖につかまって登ります。キャー、これじゃまるでロッククライミング!思わず引き返しそうになりましたが、小さな小学生も登ってるじゃないの!こっちの子供はすごいわ。負けちゃあいられません。テントを担いで縦走中の人もたくさん登ってました。
P1000327m.jpg

鎖だけが私の命。ちょっぴり泣きそうになりながら登りきったあとはもちろんご褒美が待っていました。岩山の向こうに現れたのはクレイドル山!同じくらいの高さにいる?、やった?
P1000336m.jpg

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

山登りって前から疑問だったのですが、登りの傾斜がすごいところって、降りるときはどうなんですか?
下山のほうが大変な気がしてました。

Nuggetさん

急こう配では下がるのも上がるのと同じぐらい大変ですね。一番急なところは鎖を伝って後ろ向きに降りたので、下を見なかったのはよかったです。タスマニアは岩だらけなので、足元が安定していないところへ前向きに降りるとなるとやっぱり怖いですよ。


プロフィール

divayoshiko

Author:divayoshiko
よりよい生活と仕事環境を求めて、日本の会社を辞めてオーストラリアに移住しました。IT技術者として生活を確立するまでの様子、日々の生活や仕事のこと、現地情報、オーストラリアや日本について感じることなどをつづっています。メルボルン在住。
Twitter @divayoshiko

これまでの歩み
2009年
4月  技術独立ビザで永住権取得
2010年
1月  東京からブリスベンに移住
2月  シドニーに移住
4月  ブリスベンに移住
5-6月 メルボルンに長期出張
2014年
2月  メルボルンに移住

最新記事
最近のコメント
伝言板
カテゴリ検索
日付順検索
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


キーワード検索
トリップアドバイザー掲載 タスマニア記事
タスマニアの旅行情報
トリップアドバイザー掲載 ニュージーランド記事
クイーンズタウン
個人的なコメントや質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

関連ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。