スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洪水去って・・・魔の三日間

ブリスベン川の水位はピークを過ぎ水がどんどん引き始めました。幸いなことに最初に想定したほど水位があがらなかったので、被害も想定したほどにはなりませんでした。水があふれるのはあっというまでしたが、引くのも早いのでびっくりしています。家屋が浸水した人たちはすでに清掃作業を始めている人もいます。

昨日までの三日間はすぐそばに危険がせまり、緊張状態が続きました。この間頭上には軍用を含む数台のヘリコプターが飛び交ってものものしい雰囲気。テレビは一日中洪水のニュース一色です。私の家は浸水の心配はなかったものの、刻一刻と変わる状況を確認して身の安全を確保することに全神経を使い、他のことはほとんど手がつきませんでした。これでようやくほっと一息です。

この洪水は州の四分の三(フランスとドイツを足した面積)が水につかり、オーストラリアでは歴史上最大の自然災害となりました。被害総額は50億豪ドルといわれています。ブリスベンだけ見ると、家屋は全面浸水15000戸、部分浸水18000戸、事業所は5000戸、死者15人。私はラッキーなことに被害を免れましたが、自宅が浸水して避難した同僚もいました。

私は日本のテレビや新聞を直接見たわけではありませんが、日本でのメディアの取り扱いは事の大きさに比べて小さいように感じました。オーストラリアは同じアジア太平洋地域の 同胞で重要な輸入相手国であり、今回の惨事は日本にも大きな影響を及ぼすのですが。今回の件に関わらず、日本の海外ニュースの取り扱いはびっくりするほど 少ないです。

シティは砂袋で埋め尽くされました。
DSCN1586s.jpg

冠水するシティの道路
  DSCN1589s.jpg

シティでは安全のためずっと電気の供給を止めていてゴーストタウンになっています。信号が止まっている主要な道路は警察官が手信号でした。
DSCN1603s.jpg

水かさが増すブリスベン川。これはフェリー乗り場です。
DSCN1594s.jpg

ここ一カ月ほど連日連夜、クイーンズランド州の洪水対策のために体を張って仕事をしてきたAnna Bligh州知事。危機感が一気に高まってからは、記者会見の時もシャツにジーンズ姿でした。最高責任者である私がこの州を救わなくては!という真摯な気持ちがビンビン伝わってきました。ぶっ通しで働きつめて、いつ倒れないか心配になるほどでした。その彼女がブリスベン川の水位がピークを過ぎて、安心感が広がった頃に言った言葉
"I want us to remember who we are. We are Queenslanders. We're the people that they breed tough north of the border. We're the ones that they knock down and we get up again."
感極まって思わずもらい泣きしそうになってました。やっとピークを抜け出して緊張の糸が切れたのか、それともこれからやってくる気が遠くなるほど復興作業を案じてのことだったのか。私も思わずウルウルきてしまいました。本当にすばらしい仕事ぶりでした。大きな拍手を送りたいです
bligh420-420x0.jpg

知事の他にもクリスマスを返上して救助や治安のために働いていた警察、救助隊、国防軍、政府関係者、そしてマスコミ関係者やボランティアなど、いろいろな人の努力がありました。本当に頭が下がる思いです。復興のボランティアにはすでに必要人数をはるかに上回る希望者が殺到しています。

私の会社は、ブリスベンに洪水警報が出た翌日にクイーンズランド州知事救済募金Queensland Premier Relief Appealへの寄付を決めました。従業員が個人で寄付したい場合は個人の支払い額の同額を会社がさらに積み上げて払い、募金額は給与から天引きできます。個人募金もあっという間に多額の寄付が集まりました。オーストラリアでは寄付金は税金還付の対象になるので、確定申告をすると税金が返ってきますが、最初から天引きしてもらえれば所得税の節税になり確定申告の必要はありません。日本では振込手続きが面倒で税金控除の対象にもなりませんが、ここでは募金の窓口は多くの企業が協力していて、スーパーのレジや銀行などでも気軽に寄付することができます。市民の一人ひとりがコミュニティのために貢献することが当たり前になっているという印象を受けました。

また私の会社のクイーンズランド支社では、全社員宛ての一斉メールでボランティアを買ってでる人が続出しました。「うちは4ベッドルームあって部屋が空いてるから避難先に使ってください」「車をなくした人がいたらうちの車を使ってください」「うちのプレッシャークリーナー(強力な放水による掃除機)、シャベル、アイスボックスを使ってね」「うちのだんなは大工ができます」などなど。コミュニティで積極的に助け合う精神は素晴らしいと思います。

危機はブリスベンを去りましたが、これでクイーンズランドの危機が終わったわけではありません。郊外の地域では新たな洪水の危険がせまっているところもあります。農作物が被害に遭い、物流網も影響を受けているため食料品の価格上昇は避けられません。そしてこれからの復興作業は長期間辛抱を要するものになります。幸いオーストラリアは今好景気ですが、今後の経済には影響がでてくると思われます。でもみな復興に向けてすでに動き出しています。前向きで明るく、仲間意識の強いクイーンズランダーですからなんとかなるでしょう。州の産業の復興に大きな貢献をされるといわれる天然ガスプラントの建設も決定したばかりです。

今ニューサウスウェールズ州やビクトリア州も洪水に見舞われ、スリランカやブラジルでも大洪水が起こっています。世界の気象は不安定で心配ですが、みんなでがんばって乗り越えたいものです。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

まさに魔の3日間。大変だったと思います。これから街の片づけやら食料やらできっといろいろあるとは思いますが、これからの復興に向け、人々の気持ちを一つにすることができるリーダーの存在がうらやましい。日本では残念ながら、望むべくもなく。
素晴らしいリーダーのもと、1日も早い復興をお祈りします。

Nuggetさん

ありがとうございます。本当にリーダーというのはいかに重要か学ばせてもらいました。大規模の洪水は初めての経験なので、これからどんなことが起きるのか、復旧作業にはどんなことが必要なのか、興味しんしんです。

毎日報道されている洪水のニュース、心を痛めました。
そして新聞に載っている亡くなった方の記事は涙がでそうになり、仕事場で読めませんでした。
これからの復興も大変でしょうが、オーストラリアではおっしゃるとおり、助け合うことが当たり前になっているので、きっと復興も進むでしょう。

こうやって、災害にあわず、いられるのは本当にラッキーの何者ではない世の中です。そういったことに感謝をし、出来る限り私の出来ることをしたいと思います。

ニュースを見ていると、本当に大変そうでした。
確かに、興味を持ってチェックしないと、ニュースは入ってこないですね。日本はやっぱりよりアメリカに向いているのだと思います。
「いいリーダー」だと誇れるリーダーがいることはいいですね。日本で同じような事が起こっても精神的な支えになれるリーダーは見当たらないかも。
緊張のピークを過ぎたこれからが大変だと思いますが、復興に向けて頑張ってほしいですね。

Mika creative さん

本当に被害に遭った人は気の毒としか言いようがありません。自分がそうなったときどんな思いか想像を絶します。おっしゃる通り、どんな小さなことでも私たちにできることをして役にたちたいと思います。


yuiさん

ここでは皆がこのブライ首相を誇りに思っていて、今やヒーローになっています。やはり市民のために一生懸命やっていることがわかるから人の心を打つのだと思います。困難を乗り越えるのは結局私たち一人一人の市民ですから、みんなの気持ちを一つにするリーダーの役割はとても大きいと思います。今度こちらにいらっしゃったときには復活した私たちを見てくださいね!


プロフィール

divayoshiko

Author:divayoshiko
よりよい生活と仕事環境を求めて、日本の会社を辞めてオーストラリアに移住しました。IT技術者として生活を確立するまでの様子、日々の生活や仕事のこと、現地情報、オーストラリアや日本について感じることなどをつづっています。メルボルン在住。
Twitter @divayoshiko

これまでの歩み
2009年
4月  技術独立ビザで永住権取得
2010年
1月  東京からブリスベンに移住
2月  シドニーに移住
4月  ブリスベンに移住
5-6月 メルボルンに長期出張
2014年
2月  メルボルンに移住

最新記事
最近のコメント
伝言板
カテゴリ検索
日付順検索
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


キーワード検索
トリップアドバイザー掲載 タスマニア記事
タスマニアの旅行情報
トリップアドバイザー掲載 ニュージーランド記事
クイーンズタウン
個人的なコメントや質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

関連ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。