スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水浸しのクイーンズランド

今日は移住からちょうど1年目の日です。一年前は日本のお正月を十分堪能してからこっちに来たけれど、今年は年末から年始にかけてはタスマニア(オーストラリア南部の島)を旅行していたので、お正月らしいことは一切なし。旅行から帰れば普段通りの生活が待っていて、なにか大切なものを忘れて来たたような気がしています。

ヨーロッパやアメリカではクリスマス前後から異常気象に見舞われましたが、ブリスベンでもラニーニャの影響で12月に入ってからはほとんど毎日雨や降ったりやんだりのはっきりしない天気が続いています。真夏だというのに気温も30度を上回ることはなく、夏の気分にはなりません。タスマニアでは毎日快晴で、暑すぎず寒すぎないさわやかな気候を楽しむことができ、避暑旅行に加えて避雨旅行になりました。家に帰ってきたらまたぐずついた天気に逆戻りでがっくりです。

私の住むクイーンズランド州では日本の面積の2.3倍にあたる地域で大洪水になり、50年ぶりの大被害を受けました。ブリスベンでは被害はありませんが、他の地域の多くの住宅が所によっては屋根まで浸水し、20万人の人が被害を受けています。道路、電気、水道などのインフラは停止し、多くの人が避難生活を送っています。テレビで毎日のように映し出される、見渡す限りの水没地域とボートで移動する人々の姿。毎日多くの地域で洪水警報が発動されていて、これからもまだまだ大雨が予想されるため、普及には相当時間がかかるようです。これはもはや州の問題ではなく、連邦政府が国を挙げて対策に乗り出しています。ニュージーランドからは援助物資が届き、アメリカも援助を表明しました。

クイーンズランド州の主要産業は鉱業と農業ですが、この二つが洪水によって大きな被害を受けています。これは資源国オーストラリアにとっては頭の痛い問題。石炭や鉄鉱石の供給が大きな影響を受けて国際価格の値上がりが見込まれています。日本はオーストラリアにとって第二の輸出相手国ですから他人事ではなく、日本の鉄鋼会社や電力会社も影響を受けそうです。また農家の作物が大きな被害を受けたので、野菜、果物、小麦、砂糖などの国際価格も上がると言われ、地元ではもう影響が出始めています。

これを機会に、私たちが普段口にする実に多くの食物が地元産だと知りました。食料や原材料を輸入に頼る日本と正反対の、なんでも自前でまかなう輸出国オーストラリア。地元の供給がストップするとたちまち影響を受けてしまいます。自給率が高い国というのはこういうことなのかと思いました。自然は優しくもあり時に厳しくもあります。ちっぽけな国に住んでいた私は、広大な土地への自然の影響の大きさに身震いしてしまいます。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

日本の感覚だと、正月早々縁起でもないって雰囲気で、めげそうになるニュースです。
昨年、日本の夏は酷暑で大変でしたが、南半球の夏は大雨なんですね。とにもかくにも、皆さんのご無事と、いち早い生活の復旧をお祈りします。

Nuggetさん

ありがとうございます。もともと正月気分はまるでなかったので大丈夫です。e-348本当に早く太陽が出てきてほしいです。


yuiさん

非公開コメントへの回答です。私もアメリカの大学に行ったのでオーストラリア英語には苦労しています。オージー英語はイギリス英語がベースなのでイギリス英語を勉強されるといいと思います。こちらでの生活は私にとって日本よりずっと快適です。移住の理由はたくさんありすぎて書ききれません。このブログにもちりばめてありますので読んでいただければ少しはお役に立てると思います。

失礼しました

非公開にしてしまっていたのですね。失礼致しました。

やはりオージー英語は大変なんですね。もし移住するなら日系企業で日本人相手の仕事ではなく、ITか会計系の仕事を探そうと思っているので、英語力を磨かないとだめですね。。。
とりあえず、7月くらいにブリスベンに下見がてら行ってみます。

これから色々読ませていただきます。
宜しくお願い致します。

さっきワールドニュースで、ブリスベンが洪水だと報道していました。大丈夫ですか?

いろいろな影響が広範囲に及ぶんですね。
とにかく一日も早く収まるように祈っています。

とりこさん

昨日からついにブリスベンにも来ました。川の近くはすでに浸水しています。今日明日がピークです。私のアパートは心配ありませんが、街中は停電でビジネスは閉まり街の機能はストップしています。

プロフィール

divayoshiko

Author:divayoshiko
よりよい生活と仕事環境を求めて、日本の会社を辞めてオーストラリアに移住しました。IT技術者として生活を確立するまでの様子、日々の生活や仕事のこと、現地情報、オーストラリアや日本について感じることなどをつづっています。メルボルン在住。
Twitter @divayoshiko

これまでの歩み
2009年
4月  技術独立ビザで永住権取得
2010年
1月  東京からブリスベンに移住
2月  シドニーに移住
4月  ブリスベンに移住
5-6月 メルボルンに長期出張
2014年
2月  メルボルンに移住

最新記事
最近のコメント
伝言板
カテゴリ検索
日付順検索
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


キーワード検索
トリップアドバイザー掲載 タスマニア記事
タスマニアの旅行情報
トリップアドバイザー掲載 ニュージーランド記事
クイーンズタウン
個人的なコメントや質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

関連ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。