スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスな日々

年に一度の一大イベント、クリスマスが過ぎ去りました。クリスマス前後の3日間はどんな感じだったかというと・・・。

 24日(金) クリスマスイブ

職場ではこの週の初めからすでに休暇を取り始める人もいて、23日にはぐっと人が減り、休暇モードになりました。家族と休暇を過ごすために移動したりクリスマスの準備をするためでしょう。24日は職場の人がお手製のクリスマスケーキをふるまってくれました。この日は人もまばらですっかり休暇モード。仕事をするような気分じゃないどころか、この日に職場にいる自分が変人に思えてくるほどです。訊けばみんな午後の早い時間には帰ってしまうようだったので、私もお昼で本年の業務を終了し、さっさと帰宅。街は最後のショッピングをする人でごった返し、まるで日本の大みそかでした。

帰宅後はケーキ作り。オーストラリアの伝統的なクリスマスケーキは、イギリスの伝統を引き継いだ、いろんな種類のドライフルーツとナッツを入れたバターケーキです。これをちょっとアレンジしたフルーツケーキで、生リンゴ、ラム酒漬けレーズン、ペーカンナッツ、ココナッツフレーク、ミックススパイスを入れたケーキを作りました。本当は数週間前に作って寝かせておくとおいしくなるらしいんだけど、今回はぎりぎりセーフ。来年はもっと余裕を持って作らなくちゃ。
P1000060s2.jpg

この夜はシドニーのセント・メリー大聖堂で行われているクリスマスキャロルの合唱がテレビ放映されていました。ボーイソプラノの少年合唱団を含む大合唱団が息を飲むような装飾の大聖堂で歌うキャロルは本当にすばらしく、思わず一緒に口ずさんでしまった。これで一気にクリスマス気分になりました。

 25日(土) クリスマスデー

友人宅のBBQパーティに行きました。オーストラリアのクリスマスの食事はお昼から始まります。クリスマスはシーフードを使ったものが多いそうです。BBQもいつものビーフでなく、エビや魚でした。食べたり飲んだりおしゃべりしたりしてまったりと過ごす時間は特別なことは何もないけど、とても楽しい時間でした。やっぱりおしゃべりが一番のごちそうかな。

この日はお店はみんな閉まってしまいます。街はガラ?ンと静まり返ってちょっと不気味。多くの人は家族と家で過ごしていて、ミサに行く人以外は家からでないのでしょう。昔はバスや電車などの公共交通機関も止まっていたそうです。エリザベス女王とオーストラリア首相からのクリスマス・メッセージも流れ、やっぱりこの日は国を挙げての重要イベントだわ?という感じでした。

 26日(日) ボクシングデー

この日はクリスマスの弟分みたいな祝日で、街中で大バーゲンセールが行われ、みんなこぞって買物に繰り出す日。アメリカのサンクスギビングの次の日のバーゲンと同じですね。もう何週間も雨ばかりで今日も例によって雨だというのに、街は人であふれ、デパートのエスカレーターには長い行列ができるほどのすごい混雑ぶりにびっくり。通常の半値になっているバーゲン品もたくさんありました。オーストラリアのデパートはいつも買っても買わなくてもお好きにどうぞって感じですが、この日は年間の売上の多くを一気に稼ぐそうですから、気合いの入れ方が違います。最近人ごみに慣れていないので疲れちゃった。明日もあさっても振替休日で休みなので、またゆっくり掘り出し物探しに出かけます。

そんなこんなでビッグイベントも今日でおしまい。初めての夏のオーストラリア流クリスマスの経験でした。でも今年のクリスマスは帰省しなかったので、プレゼントをわんさか買い出しに走り回ることもなかったし、ちょっぴり拍子抜けでした。やっぱりクリスマスは家族と過ごすのが一番ですね。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

以前、海外の人たちとプロジェクトを組んでやっていた時、クリスマスシーズンの前になると必死で仕事をするのを思い出しました。
当時はそこから休みモードに入れる彼らをうらやましかったです。
そうか、大みそかなんですね、彼らにとっては。
でも大みそかモードってことは、ある意味うらで本当にバタバタしてたんですね。私はのんびり・休暇モード全開かと思ってました。

Nuggetさん

おっしゃるとおりで、クリスマスイブが日本の大みそか、クリスマスデーが日本のお正月と考えるととてもわかりやすいと思いました。裏でバタバタしているかどうかは知りません(笑)。日本と違うのは、お正月はせいぜい一週間程度の休みですけど、こちらはクリスマスの後は長い休暇の人が多いので、クリスマスが近づくと頭の中は休暇でいっぱいになってしまう人もいるかもしれませんね。
プロフィール

divayoshiko

Author:divayoshiko
よりよい生活と仕事環境を求めて、日本の会社を辞めてオーストラリアに移住しました。IT技術者として生活を確立するまでの様子、日々の生活や仕事のこと、現地情報、オーストラリアや日本について感じることなどをつづっています。メルボルン在住。
Twitter @divayoshiko

これまでの歩み
2009年
4月  技術独立ビザで永住権取得
2010年
1月  東京からブリスベンに移住
2月  シドニーに移住
4月  ブリスベンに移住
5-6月 メルボルンに長期出張
2014年
2月  メルボルンに移住

最新記事
最近のコメント
伝言板
カテゴリ検索
日付順検索
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


キーワード検索
トリップアドバイザー掲載 タスマニア記事
タスマニアの旅行情報
トリップアドバイザー掲載 ニュージーランド記事
クイーンズタウン
個人的なコメントや質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

関連ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。