スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

税金と社会保険料

海外の会社で働く場合、日本の給与水準に比べてどうなのか?ということは大きな関心ごとです。特に気になるのは税制や社会保険のしくみが違うので、給与の額面ではなく、税金や社会保険料控除後の手取り額が実際にどのくらいになるかということだと思います。日本とオーストラリアではどのように違うのでしょうか。自分の給与明細の控除率(年末調整前)を分析してみました。

まずは所得税。これはやはりオーストラリアの方が圧倒的に高いです。しかし重大な落とし穴が。日本の住民税というのはびっくりするほど高く、所得税よりとんでもなく高いのです。退職の次の年にまったく予想していなかった多額の請求が来てびっくりし、改めて莫大な住民税を払っていることがわかります。その住民税はオーストラリアにはありません。そして雇用保険料、介護保険料も払う必要はありません。

年金保険料については考え方がまったく違います。日本の厚生年金保険はもらった給料の中から所定の割合を差し引いて納めます。ところがオーストラリアでは引くんじゃなくて足すんです。通常企業は従業員の所得の9%を「給料とは別に」年金基金(Superannuation)に納めなければなりません。社員は払う必要はありません(希望すれば自己負担で増額が可能)。これも大きな差になります。

次に健康保険料ですが、これはオーストラリアではMedicare(市民権や永住権を持つ人に適用)にあたり、料率は一律給与の1%。収入によっては追加徴収されますが、所定の民間保険に入れば免除されます。Medicareは公立病院や私立病院の検査代などがタダになったり、私立病院で一部保険料が出たりします。Medicareでカバーしない科目をカバーするために民間保険にも入っています。私はHospital Cover(入院保険)とExtra Cover(歯科、メガネ、コンタクト、フィットネスクラブの入会金、マッサージ、カイロプラクティック、アロマセラピー、救急車・・・などなどここでは書ききれません)の両方に入っていますが、Medicare保険料と民間保険料を足しても日本の健康保険料より安いです。もちろん民間保険は保険料もカバー範囲もピンキリなので、どんなプランを選ぶかによって負担額が違ってきます。

ともあれ控除項目を合算した結果、給与総額に対する手取り額の割合は、私の場合日本で働いていたときとほとんど同じで少し多いという結果になりました。これに会社が払ってくれている年金保険料を日本と同じ前提で総収入に加算した場合、オーストラリアの方が手取り率がもっと高くなります。オーストラリアは社会主義に近い資本主義国で、保険や年金などの社会保障は充実しているけど税金は高いという印象があったので、これは意外でした。将来年金がどれだけもらえるのかについては今の段階ではまったく不明ですが、破たんがほぼ確実な日本の年金より悪いことにはならないでしょう。

最後にご注意。この計算は当然人によって税率が違うので、誰にでも当てはまることではありません。税制や年金制度を細かく調べたわけでもありません。それに生活レベルは物価や生活環境などいろんな要素が複雑に絡み合うので、一概にどちらがいいとはいえません。あくまでも一例なので、移住を考えている人は参考程度にしてください。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お久しぶりです。
この件とても気になってきたテーマで参考になります。

オーストラリアは大減税でここ数年所得税が下がったみたいですね。国庫も日本と比べると健全な印象です。
日本は住民税が以外な落とし穴で、合算すると結構な率になるんですね。
むしろ健康保険料や毎年密かに徐々に引き上げられる年金が馬鹿になりません。直接的な税金より変更しやすいので、上がりまくってます

消費税も日本は今5%ですが、そんなに遠くない将来大幅に引き上げ、オーストラリアと変わらなくなるかもしれません。
国民への負担を表面上繕って、裏では支出を減らす事など一切考えず毎年税収より多くの借金を作っている日本の現状は、正直直近の税収などあまり考慮されてない気がします。今5兆円増収しようが、10兆円減収しようが、どのみち90兆円にはならないし、足りない分は全部借金にして90兆円使い切る事に変わりなし。
できた借金は将来への膨大なツケ(既に1000兆円)となって回しているだけなので。
まあこの件は色々な意見もあり、ネガティブな見方に偏るのは良くないかもしれませんが、何れにせよ10年後、20年後に日本はオーストラリアより遥かに高い税率になるんじゃないかと個人的には思っております。

tottiriさん

お久しぶりですねー。そういえば健康保険料も年金もこのところどんどん上げてますよね。それで保障が増えれば文句はないけど、保険のカバー率も下がっているし年金も下がるのは確実。まあ日本全体が大赤字を垂れ流し続けているなのでしょうがないです。日本はサラリーマンの納税は他人任せで国民のチェック機能が働かないので、社会保険料や税額の値上げは海外よりやりやすいでしょう。生まれた瞬間からすでに莫大な借金を抱えている今の日本の子供たち。仕事も将来はどんどん減るのも確実。やはり日本に住むことに固執する理由はなかなか見つからないですね。あ、おいしい食事がありましたっけ!

それでも最近の調査で、高校生の将来なりたい職業の1位が公務員で20%、大企業の正社員が19%で2位。不安なことの1位は就職だそうで。借金のことはあまり考えてないかも。

Nuggetさん

高校生だったら国の借金より自分の就職の方が心配でしょうね。それにしてもなりたい職業の一位が公務員とは日本も夢のない国になりましたね。まさか公務員なら安泰だと思っているんでしょうか。それとも消去法かな。


プロフィール

divayoshiko

Author:divayoshiko
よりよい生活と仕事環境を求めて、日本の会社を辞めてオーストラリアに移住しました。IT技術者として生活を確立するまでの様子、日々の生活や仕事のこと、現地情報、オーストラリアや日本について感じることなどをつづっています。メルボルン在住。
Twitter @divayoshiko

これまでの歩み
2009年
4月  技術独立ビザで永住権取得
2010年
1月  東京からブリスベンに移住
2月  シドニーに移住
4月  ブリスベンに移住
5-6月 メルボルンに長期出張
2014年
2月  メルボルンに移住

最新記事
最近のコメント
伝言板
カテゴリ検索
日付順検索
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


キーワード検索
トリップアドバイザー掲載 タスマニア記事
タスマニアの旅行情報
トリップアドバイザー掲載 ニュージーランド記事
クイーンズタウン
個人的なコメントや質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

関連ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。