スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

格安航空会社での旅

先日日本に一時帰国したときに利用した格安航空会社のJetstar。標準でついている機内サービスを極力なくし、自分が必要なものだけを選ぶことによって安い運賃で旅行ができます。オーストラリアでは格安航空会社が一般旅行客に幅広く使われています。

食事やエンターテインメントはあらかじめ申し込んでおくこともできますが、つけない場合与えられるものといえば搭乗したときに座席に配られてあるボトル水のみ。その他のものが欲しかったらメニューの中から好きなものを選んで現金払い。通常の機内食の他、スナック類やお菓子、アルコール、ソフトドリンクなどが用意されています。エンターテインメントは有料のビデオオンデマンド。毛布などの寝具も必要ならお金を出して借ります。チェックイン荷物がなければさらに安くなります。サービスは当然一般的に日本人が期待するような至れり尽くせりのものではありません。人間を安全に運ぶ以外のすべての余分なものをそぎ落としてあるのです。でも空の旅を楽しむために乗っているわけではないので、私は運んでもらえればそれで十分です。

日本に帰るときに利用したのは午前中ゴールドコースト発、夜成田着の便。機内で注文したのは昼は日清カップヌードル(お湯をついでくれます)、夜はミートパイ。おやつは自分で持ち込んだフルーツを食べました。フライト中はお腹はちっとも空かずあまり食べたいと思わないのでこれで十分でした。それに機内食の味なんてたかが知れてるので、わざわざお金かけて食べたいと思うものではありません。帰りは夜間便なので、成田空港でお寿司を楽しみ、搭乗したら夕食サービスはパスしてあとは寝るだけ。早朝に着くので朝食も要りません。朝5時にたたき起されて朝食食べろと言われてもねえ。食欲なんてないです。朝食はゴールドコーストのカフェでゆっくり取りました。

この航空会社は食事やエンターテインメントがついているかどうか、手荷物制限、フライト変更の可否などでいろいろなクラスがあり、値段もピンキリです。フライトは単なる移動の手段と割り切れば、個人旅行はサービス最低限の安いチケットで十分。緊張と疲れがつきもののビジネス旅行だったら、やっぱりフライトやホテルには質の高いサービスを求めてしまうので、あんまり利用したくないけど。目的や好みによってサービスも値段も選べるというのはうれしいことです。

チケットはウェブサイトで簡単に購入でき、購入と同時に好みの座席も指定できるので便利。レンタカーが必要なら同時に予約もできます。ときどきキャンペーンをやっているのでそれを利用すればもっと安く旅行できます。以前日本とオーストラリアの往復で8000円というのもありました。個人旅行が多い人や旅慣れた人にはぜひお勧めしたいです。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

8000円というのは強烈ですね。東京-大阪の片道より安い。夜間のフライトなんかは、それこそ夜行バス感覚ですね。
プロフィール

divayoshiko

Author:divayoshiko
よりよい生活と仕事環境を求めて、日本の会社を辞めてオーストラリアに移住しました。IT技術者として生活を確立するまでの様子、日々の生活や仕事のこと、現地情報、オーストラリアや日本について感じることなどをつづっています。メルボルン在住。
Twitter @divayoshiko

これまでの歩み
2009年
4月  技術独立ビザで永住権取得
2010年
1月  東京からブリスベンに移住
2月  シドニーに移住
4月  ブリスベンに移住
5-6月 メルボルンに長期出張
2014年
2月  メルボルンに移住

最新記事
最近のコメント
伝言板
カテゴリ検索
日付順検索
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


キーワード検索
トリップアドバイザー掲載 タスマニア記事
タスマニアの旅行情報
トリップアドバイザー掲載 ニュージーランド記事
クイーンズタウン
個人的なコメントや質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

関連ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。