意外にまじめなビジネスウェア

2 0
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーストラリアは通勤服もリラックスモード。夏にはビーサン通勤なんて普通だし、特に一年中バカンス気分のブリスベンでは服なんてぜんぜん気にしません。

・・・と思いきや、この写真を見よ 私の会社の服装規定からの抜粋です。
sms_dress1.jpg sms_dress2.jpg

わーぉ、これ笑えるよね。今時こんな黒いオーソドックススーツなんて。男性はどこに行ってもきちんとした服装といえば皆同じようなスーツなので比べようがないんですが、それにしても女性のこのスーツは・・・。

sms_dress3.jpg

最近は世界的に仕事服がだんだんカジュアルになってきていているし、日本ではこんなダークスーツで「私仕事してます?」モードの女性はめったに見ません。もっとカラフルな色を取り入れたり、デザインが凝ったものにしたり、インナーで差をつけたり、アクセサリーで遊んでみたり。第一女性はスーツそのものをあまり着なくなってきています。オーストラリアでは全体的にリラックスした通勤服で、ネクタイをしない男性も多いですが、ひとたび仕事モードになるとその差が極端で、100%仕事全開モードになってしまうのがおもしろいところ。

sms_dress4.jpg sms_dress5.jpg

もちろん業界や職種によって服装も様々ですが、私の会社はコンサルティング会社で特に厳しいほうです。こんな服装の女性の数は全体的には少数派ですが、それでもよく見るとこの写真から出てきたような人が街を闊歩しています。これがメルボルンに行くと一気に数が増え、朝の通勤時間帯は街中が黒スーツだらけになります。伝統的な土地柄のせいなのか、ヨーロッパの影響が強いからなのか、気候のせいなのかよくわかりませんが。

日本では毎年のように流行が変わり、みんな一斉に流行に走るので、ある程度最近のものを着ていないと周りから浮いてしまいます。日本にいたときは一日のほとんどの時間を仕事に費やしていたし、仕事の後そのまま出かけることもあり、仕事とプライベートの境があまりありませんでした。だから季節ごとに買い足す服の多くは仕事にもプライベートにも使える服。流行を追っているつもりはなくても服にはそれなりにお金がかかっていました。

ところが今ではこんな男性と同じような服装規定では仕事でおしゃれなんてできません。最初はつまんないなーと思っていましたが、慣れてくると、男性ってこんなに楽だったのか!と気がつきました。コーディネートを考えるのだってシャツとアクセサリーの組み合わせぐらいだから、朝服を決めるのも早い。ベーシックなジャケットやパンツやスカートを持っていれば後は小物を買い足すぐらいなので服代が激減です。仕事とプライベートをはっきり分けるこの国では、どうせ仕事なんてとっとと終わらせてさっさと帰るまでの間だけのものだから、こだわる必要もなし。仕事服にお金をかけるぐらいだったら余暇にお金をかけたいと思うようになりました。

ちなみにこの服装規定では、スーツや靴、アクセサリー、髪型の他、女性は、ストッキング、メイク、爪、香水、男性はシャツ、靴下、ネクタイ、髭などのガイドラインがびっしり書いてあります。スーツの場合は生地、色、柄、ボタン、襟、ポケットの他、手入れの仕方とか、背か高く見せるには、痩せて見せるには・・・などなど30ページに渡って書いてあるのを見たときはひっくり返りそうになりました。といっても実際の運用はそれなりに柔軟にやってますが。それにしても街をはだしで歩いている人を見るほどの普段のちゃらんぽらんモードとは180度違う世界。オーストラリアの意外な一面でした。

関連記事
ページトップ