スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブリスベンの素敵な大聖堂

ブリスベンシティにとても存在感のある大聖堂があります。いつも近くを通ってその威風堂々とした姿に心を奪われていましたが、今回初めて中に入ってみました。
DSCN1347s.jpg

この大聖堂は St. Jones Cathedral といって、もともとは100年以上前に建てられた19世紀ゴシック様式の英国教会です。その後増築を重ねて今に至っています。ブリスベンにもこんなに古い建物があるとはびっくり。

正面の飾り窓を中から見たところ
DSCN1365s.jpg

こんなすてきなステンドグラスになっていました
DSCN1366s.jpg

とても親切な係員が丁寧に迎えてくれました。なんと日本語のパンフレットも用意されていて感激してしまいました。普段は宗教施設の中の撮影は遠慮するのですが、写真もどうぞどうぞというので遠慮なく撮らせてもらいました。両脇のチャペルを含め、1000人を収容できるそうです。
DSCN1348s.jpg

「淑女のチャペル」の美しいステンドグラス
DSCN1356s.jpg DSCN1359s.jpg


時間の流れが止まってしまうような凛とした優美で静寂な空間。
DSCN1361s.jpg

ステンドグラスで埋め尽くされた内部はため息がでてしまいます。
DSCN1363s.jpg

冬でも外はカンカン照りのブリスベンですが、この中だけはおごそかな別世界でした。強い日差しに疲れたらふらっと立ち寄って落ち着いた気分になれる、お気に入りの場所になりそうです。
DSCN1355s.jpg



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは~

divayoshikoさま

こんにちは、Anjuです。
こちらは毎日35度の猛暑の中、部屋の中の植物の水やりを忘れてしまっている日々です。

おぉー、教会の大聖堂ですか。
最近、すごーくこのような厳かな場所に行きたいなと思っているところで…。
入館料なるものを払って見学できるのでしょうか。

昔、パースの教会に連れていってもらった時に、
男の子の話で「この子は昔チキンボーイだった」なんて話しを聞いて、
「ふむふむ、昔フライドチキンが大好物だったのか~」
なんてとぼけた解釈をしていた事を思い出しました。
後で、「ちがう、ちがう!」と笑われたものでした。^^

英語の勉強を腰を据えてせねば、と思いつつ早ん十年…。単語がまったく覚えられずのまま人生過ごしています。
いつになったらまた、オーストラリアを訪れる事ができるのか。

教会のステンドグラスと光を、近々是非見たいものです。
では。よい1週間を~。^^

Anjuさん

おー!ひさしぶりですね。コメントありがとうございます。毎日暑くてたいへんですねー。教会はもちろん入場料なんていりませんよ!英語は勉強よりも実地訓練が一番いいから早くこっちに来ちゃったらどうですか?避暑地にも最適ですよ!

プロフィール

divayoshiko

Author:divayoshiko
よりよい生活と仕事環境を求めて、日本の会社を辞めてオーストラリアに移住しました。IT技術者として生活を確立するまでの様子、日々の生活や仕事のこと、現地情報、オーストラリアや日本について感じることなどをつづっています。メルボルン在住。
Twitter @divayoshiko

これまでの歩み
2009年
4月  技術独立ビザで永住権取得
2010年
1月  東京からブリスベンに移住
2月  シドニーに移住
4月  ブリスベンに移住
5-6月 メルボルンに長期出張
2014年
2月  メルボルンに移住

最新記事
最近のコメント
伝言板
カテゴリ検索
日付順検索
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


キーワード検索
トリップアドバイザー掲載 タスマニア記事
タスマニアの旅行情報
トリップアドバイザー掲載 ニュージーランド記事
クイーンズタウン
個人的なコメントや質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

関連ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。