スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発音矯正を受けてみた 1

たかが英語、されど英語。英語での日常会話はまだまだついていけませんが、ビジネス会話は自分が理解している内容なのでなんとかなっています。それでも相手が聞きづらそうにしていたり、理解してもらえないときは凹みます。私は大学まで日本で教育を受け、専攻も英語とは何の関係もなく、日本の会社でOL(という言葉は今でも使うのでしょうか?)をやっていてたごく普通の日本人。社会人になってもしばらくは英語を使う場面はありませんでした。大人になってから第二言語を身につけるのは本当に大変です。

私の場合アメリカ英語に慣れてしまっているため、これを直すのも大変。単語、綴り、言葉使い、アクセント、本当に何から何まで違うのです。いまだに万国共通と思っていた単語がアメリカ英語だと知ってびっくりすることもたびたび。オーストラリア英語はイギリス英語が基本ですから、これまで習ってきたアメリカ英語は忘れてイギリス英語を覚えなければなりません。それに加えてオーストラリア英語も。もう、せっかく覚えたのにまた新しい言葉を覚えるなんて勘弁してくれ~と言いたいんですが、オーストラリアに来てしまった以上文句を言っても仕方がありません。

でもラッキーなことに、オーストラリアは多民族主義のためか、英語の発音のばらつきに関しては比較的寛大です。オーストラリア特有の言い回しやアクセントはありますが、それを使うことを強いられることはなく、様々な国から来た移民がそれぞれのお国ことばの訛りがある英語を使っています。アメリカにいると、アメリカ英語を使い、アメリカ人のようにふるまわないといけないような気にさせられますが、ここでは自然体でいられます。だからどうしても自分の英語を矯正しなければいけないということはありません。アメリカ英語はテレビの映画などでもよく耳にするし、オーストラリア英語もアメリカ英語の影響を受けていますから、別にめずらしいものではありません。

アメリカ人がアメリカのアクセントで、インド人がインドのアクセントで、日本人が日本のアクセントで話すのは自然なことです。でも日本人がアメリカのアクセントで話していると、英語が第二言語なのになぜわざわざアメリカ英語を?と思われてしまいます。そんな時はアメリカの大学院で学んだので・・・と弁解しているんですが。ここではアメリカ英語は亜流で、正統な英語はあくまでもイギリス英語なのです。特に正式な文書でアメリカ綴りは使えません。

先日おそろしくきれいな標準英語を話す講演者に出会いました。彼女はオーストラリア出身ですが国際経験豊かで、オーストラリア訛りはまったくなく、くせのない標準的なイギリス英語を話します。それだけで知的に見えるだけでなく、耳に心地よくて内容がすっと入って来て、もっと聞きた~いと思ってしまう。さすがに複数の国で仕事をしてきただけあります。実際私がこれまで会った多くの国際人も地方特有の訛りを取り、誰でもわかる言い回しを使うなど気を使っています。お国言葉とビジネス用の標準語を、時と場合によってきれいに使い分けている人もいます。日本でも公式の場では標準語を話す人が田舎に帰ると方言に戻るようなものですね。特に移民の場合、きれいな英語を話すことは自分を受け入れてもらいやすくすることでもあると思います。その人の職業や社会的地位、所属するコミュニティによっても必要性は違ってきますが。ネイティブのようにはなれなくても、基本をしっかり守った聞きやすい英語を話したいと思います。

自分の発音をもうちょっと改善したいというのは以前からずっと考えていました。今のままでもなんとかなりますが、やはりきれいな発音のほうがいい印象を与え、理解してもらいやすいです。あまりアクセントが強すぎる人ははなから話を聞こうという気さえ失せるし、教育レベルも疑われてしまいます。以前発音矯正の先生を探してみたことがあるのですが、なかなか見つかりませんでした。アメリカでは発音矯正のビジネスが盛んですが、この国ではそれほど一般的ではないようです。

ところが最近、ひょんなことから英語の発音専門の先生に出会うことができました。彼女はオーストラリア人ですが、完璧な標準イギリス英語を身につけています。生徒の多くは大学の講師や教授だそうです。オーストラリアの大学は多くの教員を海外から受け入れています。でもどんなにすばらしい実績を上げていても、アクセントが強すぎると学生に授業を理解してもらうことが難しくなるばかりでなく、ネイティブスピーカーの学生にバカにされてしまうのです。私もアメリカでインド人教授の授業がほとんど聞きとれなくて、ホントに苦労しました。

そういえば今ジョージ王子を連れてウィリアム王子とオーストラリア・ツアーをしているイギリスのケイト妃も、見事に王室英語に矯正してますね。私もがんばらなくては~、ということでこの話は後の記事へ続きます。

スポンサーサイト
関連記事

テーマ : 海外生活
ジャンル : 海外情報

調査捕鯨違法の判決で日本人が知っておくべきこと

国際司法裁判所は、「日本の南極海での調査捕鯨は、科学的な調査とは言えない」との判決を下しました。これはオーストラリアに住む日本人の一人である私にとって歓迎すべきニュースです。オーストラリアに移住してからというもの、毎年1月ごろになると日本の捕鯨船が遠路はるばる南極海までやってきて、オーストラリアの目と鼻の先で捕鯨を繰り広げ、非難を浴びていました。この時期にテレビをつけるといつもビクビクし、’Japan’、 ‘Whaling’ という言葉を聞くたびにドキッとしていたものです。私がオーストラリアに移住してきたのも1月の初めで、毎日のように日本の捕鯨への非難が繰り広げられていました。

日本は商業捕鯨が禁止されてから、調査捕鯨の名のもとに捕鯨をしています。不思議なのは、今回の国際司法裁判所の判決は「日本のやっていることは科学的調査ではない」と言っているだけにもかかわらず、日本の反応は「日本の食文化が失われる」などとトンチンカンなものが多いこと。「日本の真摯な科学的調査の功績が認められなくて残念」という声は聞こえてきません。これはまさに、日本の調査捕鯨が建前にすぎないことを示唆しています。

本当に調査捕鯨なら、調査結果を世界に公表し、国際社会と協力しながら生態系の研究に積極的に貢献し、なぜ鯨を殺さなければ調査ができないのか、なぜその捕獲数が必要なのか、なぜ生態系を壊すことはないのかを明らかにすればいいだけの話で、それならば合法的な調査だと認められる可能性はあります。それができないのは、もともと科学調査などする気はないか、説明能力がないかのどちらかでしょう。調査捕鯨自体は違法ではないのですから。

日本社会では本音と建前の使い分けが一般的なので、このような二枚舌を使うことを何とも思わなくなっているのかもしれません。でもそれが通用するのは日本国内だけ。西洋社会はこのような非論理的なことは理解できないばかりか、このようなごまかしを非常に嫌います。調査捕鯨の正統性を主張するのなら、それを論破できる証拠を挙げて説明しないと認めてはもらえません。そしてもし本当は調査ではなく商業捕鯨目的なら、それは30年以上も前に決められた国際条約に違反しているので、当然許されることではありません。もし商業捕鯨が日本や国際社会にとって有用だと思うのなら、それを主張するのはかまいませんが、本当は食用なのに表向きは調査ということにするというような姑息な手段は国際社会では通用しません。しかもそんなごまかしはとっくにバレていて、だからこそ非難を浴びているのです。日本がこれからもこのような二枚舌を使い続けるならば、日本の国際社会での信用を失って行くでしょう。

これまで日豪間では、捕鯨についての論理的な議論がなされず、感情論に終始して無用な年月ばかりが流れる中で、27年間もの間調査捕鯨という名の捕鯨が行われてきました。オーストラリアの目の前で、オーストラリアが最も嫌う残忍なやり方で動物を殺すことは、オーストラリア人の感情を逆なでします。そしてこのことは日豪間の関係にも影を落としてきました。今回国際司法に照らして客観的な判断がされたことはとてもうれしいです。これを機に日豪関係の溝がなくなることを祈るとともに、もっと早くにこの結論が出ていればよかったと思います。

関連記事

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

プロフィール

divayoshiko

Author:divayoshiko
よりよい生活と仕事環境を求めて、日本の会社を辞めてオーストラリアに移住しました。IT技術者として生活を確立するまでの様子、日々の生活や仕事のこと、現地情報、オーストラリアや日本について感じることなどをつづっています。メルボルン在住。
Twitter @divayoshiko

これまでの歩み
2009年
4月  技術独立ビザで永住権取得
2010年
1月  東京からブリスベンに移住
2月  シドニーに移住
4月  ブリスベンに移住
5-6月 メルボルンに長期出張
2014年
2月  メルボルンに移住

最新記事
最近のコメント
伝言板
カテゴリ検索
日付順検索
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2014年04月 | 05月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


キーワード検索
トリップアドバイザー掲載 タスマニア記事
タスマニアの旅行情報
トリップアドバイザー掲載 ニュージーランド記事
クイーンズタウン
個人的なコメントや質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

関連ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。