スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再び国内移住

オーストラリアに移住して4年。これまでブリスベン→シドニー→ブリスベン(途中メルボルンの長期出張滞在をはさむ)と居を移し、最終的にはブリスベンに落ち着いて南国ののんびり生活を満喫してきましたが、このたびまたま移住することになりました。今度はメルボルンです。

理由はたくさんあってここには全部書ききれませんが、第一の理由はブリスベンでは仕事の選択肢が限られていることです。私の職種は大都市に集中しているので、ブリスベンではあまり数がありません。これまではなんとか仕事を得てきましたが、長期でのキャリアアップと安定した収入を考えた時、仕事の機会が多い所に住んだ方がいいとの結論に至りました。

このように人生の中で気軽に住み家を変えるライフスタイルは、日本から見ると不思議に見えるかもしれませんが、「住みたい所に住む」にも書いたように、オーストラリアではぜんぜん珍しくなく、ライフステージに合わせて気軽に居住地を移すのは普通のことです。私の知り合いにも「仕事が決まったから家族を連れてパース(オーストラリア大陸の正反対の位置にある都市)に移る」とか、「ブリスベンの気候とビーチカルチャーが好きでシドニーから移ってきた」という人もいて、国内または国外も含めいろいろな場所に住んでいる人はたくさんいます。

ブリスベンに住む人達にメルボルンに引っ越すという話をすると、決まって「えーっ、あんな寒い所に?」といいます。クイーンズランド州に住む多くの人は晴天と温暖な気候が好きで住んでいるので無理もありません。ピーカン晴れが続く気候、肌を刺すような日光と抜けるような青空はクイーンズランドの大きな魅力。車を一時間ほど飛ばせば、どこまでも続く真っ白な砂浜と絵具を流したような青い海。でも私はむしろ暑いのが苦手で、特に高湿度は本当にダメなのです。だから東京の冬はまったく問題ないのですが、ジメジメした東京の夏は本当に苦手です。ブリスベンの湿度は東京よりは低いけれど、それでも夏には上がるので、私にはカラッとしたメルボルンは魅力的。冬は寒いといっても東京よりは暖かいので、東京に長く暮らして苦にならなかった私には問題はないと思います。クイーンズランドは老後には戻ってきたい場所ですね。

ただしメルボルンは「一日の中に四季がある」といわれるように、気温の上下がすさまじく、年間を通しての上下もかなりあります。朝には真冬のオーバーコートを着ていても、日中は夏のように気温が上がったりします。開催中のメルボルンカップでは先週連日40度を超えましたが、夏には短期間でもかなり気温が上がります。先週は熱波が来た次の日は最高気温が一気に20度下がりました。このような気温変化にどこまで耐えられるかが見ものです。

オーストラリア移住後は、24時間忙しく動き人口密度が高い大都市東京を離れ、のんびりした田舎の暮らしを存分に楽しみました。でも東京での暮らしが長かった私は、最近はもうすこし都会の文化的生活を楽しみたいと思うようになりました。特にメルボルンで楽しみにしているのは食事です。ブリスベンの食事は質がそれほどでもない割に値段が高く、外食は積極的にする気になれません。それで自炊をしているのですが、魚を食べる習慣があまりないようで、日本人のお眼鏡にかなう新鮮な魚を手に入れるのは至難の業です。その他、芸術の都市メルボルンは音楽や美術も盛んで、ファッションの発信地でもあります。カフェ文化や庭園で有名なこの街には素敵なカフェや庭園もたくさんあり、街中に市電が走る歴史の古い街。ブリスベンと比べるとまるで外国のようです。また大きな都市の割に人々が暖かく、のんびりしているところが気に入っています。

メルボルンは三年連続で世界で一番住みやすい都市に選ばれている都市。私が移住前から各都市を視察して、一番住みたかった街でもあります。日本人も多いので、どんな人に会えるのか楽しみ。今年から成田へ直行便も飛びます。アートギャラリー・レストラン・カフェ・庭園・フィッシュマーケット巡り、コンサートにショッピング・・・これまであまりできなかったことをするのが今から楽しみです。

スポンサーサイト
関連記事

テーマ : 海外生活
ジャンル : 海外情報

離れてわかった移住先の環境の良さ

今回年末から正月にかけて東京に帰省するにあたり、心配だったのは真夏から真冬への移動です。ブリスベンは最高気温が連日30度の完璧な夏。東京は氷点下になることは少ないものの、最高気温は10度以下。お正月に帰省するのは今回が初めてで、日本のお正月も四年ぶり、そして数週間というまとまった期間を東京で過ごすのも久しぶりです。夏冬間の移動は以前にもやったことがあって体への負担の大きさは分かっていたので、防寒対策は完璧、帰国前からビタミン剤を飲み、万全を機していました。それが効を奏したのか、最初の一週間はぴんぴんしていて、久しぶりの日本でお正月の準備やショッピングなどを楽しんでいました。

ところが一週間が経ち、まず来たのは喉の痛み。そして時折起る頭痛と倦怠感。寝たり起きたりの不安定な生活が一週間ほど続きました。おかしいのは症状が普通の風邪と違うこと。喉はイガイガしても咳や声枯れはなく、物を飲み込んでも痛いことはなく、食欲も旺盛。ただ喉がイガイガした不快な状態がずっと続くのです。

これはおそらく、東京の空気への体の拒否反応ではないかと思います。東京は世界でも一番大気汚染が進んだ場所の一つ。それに加えて今は放射能やPM2.5による汚染、そして公共の場での間接喫煙もあります。喉の痛みは低線量被曝の代表的な症状でもあるので、この影響も否定できません。西日本や海外へ避難した多くの人たちや、東京に出張に行った方々から、東京に行くと体調がおかしくなるという話はよく聞いていましたが、自分自身でそれを体験することになりました。

考えてみると、オーストラリアでは東京とは全く違う環境で生活しています。朝は鳥のさえずりで目覚め、家の外に出れば野生の七面鳥がヒョコヒョコと道端をお散歩。見上げると木々にはカワセミ、ロリキート(赤青黄緑のインコ)やマグパイ(白黒まだらの鳥)などの鳥たち。夕方は空気がきれいなせいか、息をのむような美しい夕焼け。夜には夜行性のポッサム(袋ネズミ)が鳴きながら木を揺らして遊んでいます。そして一年中枯れることのない木々とトロピカルフラワー。これでもブリスベン市の中心部から車で10分の場所です。

公共の場所は禁煙なので、タバコの煙を吸うことは一切ありません。バーに行っても完全にスモークフリーです。私は煙がイヤなので日本で居酒屋に行くのは好きではありませんが、煙がなければ飲みに行くのは好きです。(ついでに日本では街に人が多すぎるからショッピングがキライとか、他人との距離が近すぎるからヨガ教室が楽しめないなどもあります) 今回国内旅行をした際に東海道を走りましたが、煙がモクモク出ている煙突が人の住む地域の近くにニョキニョキ立っていたのにはびっくりしました。オーストラリアでは絶対に見られない光景です。(ちょっと車を走らせれば羊ばかりなので) 東京に住んでいた頃は当たり前すぎる光景でしたが、今では同じ景色も違って見えます。

四年住んですっかり慣れてしまったブリスベンの住環境。東京や他の大都市に比べれば不便なところもありますが、健康のためには素晴らしい環境に住んでいることを改めて実感しました。

関連記事

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

プロフィール

divayoshiko

Author:divayoshiko
よりよい生活と仕事環境を求めて、日本の会社を辞めてオーストラリアに移住しました。IT技術者として生活を確立するまでの様子、日々の生活や仕事のこと、現地情報、オーストラリアや日本について感じることなどをつづっています。メルボルン在住。
Twitter @divayoshiko

これまでの歩み
2009年
4月  技術独立ビザで永住権取得
2010年
1月  東京からブリスベンに移住
2月  シドニーに移住
4月  ブリスベンに移住
5-6月 メルボルンに長期出張
2014年
2月  メルボルンに移住

最新記事
最近のコメント
伝言板
カテゴリ検索
日付順検索
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2014年01月 | 02月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


キーワード検索
トリップアドバイザー掲載 タスマニア記事
タスマニアの旅行情報
トリップアドバイザー掲載 ニュージーランド記事
クイーンズタウン
個人的なコメントや質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

関連ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。