スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーストラリアの選挙

昨日はオーストラリア連邦総選挙でした。6年ぶりに政権交代し、保守連合が政権の座につくことになりました。二大政党ともに政策の焦点や違いが明確でなく、最後まで迷った有権者が多かったようです。両党ともこれといった心強い政策を打ち出すことができず、経済成長を中国に頼れなくなる将来、不安含みの船出になりました。

選挙の日の朝、暖かく晴れ上がった真青な春の空には、選挙の宣伝の旗をひらめかせた飛行機が旋回していました。投票所にはバーベキューやケーキの屋台が並び、この日はお祭り気分。どこの投票所が美味しいとか、この投票所はソーセージ・シズル(ソーセージのバーベキュー)の屋台の列が長いなどの情報を交換するウェブサイトまで設置されていました。州内ならどこの投票所でも投票できるからです。貴重な週末の一日、投票日に自宅にいるとは限らないので、これは有権者にうれしいシステムです。

vote3.jpg

このイギリス在住の有権者は「ソーセージ・シズル」がないなんて!と嘆いています。オーストラリアの屋台といえばソーセージ・シズルは欠かせません。

vote2.jpg

オーストラリアでは投票は国民の義務。食べ物で釣るのはいい案です。楽しいことがあれば投票に行こうという気にもなるでしょうね。

「ツッコミどころ満載の在外選挙」 に書いたように、日本人か海外から投票しようと思ったら、とてつもない手間と時間がかかります。在外投票希望者は、まず在外公館へ出向いて選挙人の登録申込み。この手続きに二カ月かかります。投票は在外公館へ行けばできますが、近くに在外公館がない人は、郵便で日本と居住国の間で二回も書類をやりとりしなければならないのです。このネット時代に紙しか使わないというのは、ハイテク国日本がやることとは信じられないほど時代遅れです。

オーストラリアの選挙は、在外投票という言葉すらありません。国内に住んでいようと海外に住んでいようと、郵便投票希望者はオンラインで申込み、投票用氏の希望送付先に住所を書くだけ。海外居住者はここに海外の住所を書きます。申込プロセスのステータスはオンラインでいつでも確認できます。世界中どこにいても簡単に投票できる仕組みがあるのはすばらしいと思います。

政策の情報提供は、インターネット、フェイスブック、ツイッター、合計三回の党首テレビ討論会、その他あらゆる手段を使って行われました。国民放送ABCによって制作された選挙用のウェブサイトでは、質問に答えていくだけで自分の政治的志向を確認することができ、各党の政策の比較も分野ごとに詳しく分析できるようになっています。また初めて投票する人のために、投票用紙に記入する練習ができる双方向トレーニングウェブサイトもあり、至れりつくせり。毎年多くの移民が市民権の獲得と共に選挙権も獲得するので、全員が間違いなく投票できるようにとの配慮かもしれません。私も投票したくなりました。

オーストラリアの投票率はいつも90%を超えますが、これは行かないと罰金を取られるからという理由だけではないでしょう。有権者に必要な情報をできる限りの手段で与え、便利に楽しく投票できる仕組みが大きく貢献していると思います。


スポンサーサイト
関連記事

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

プロフィール

divayoshiko

Author:divayoshiko
よりよい生活と仕事環境を求めて、日本の会社を辞めてオーストラリアに移住しました。IT技術者として生活を確立するまでの様子、日々の生活や仕事のこと、現地情報、オーストラリアや日本について感じることなどをつづっています。メルボルン在住。
Twitter @divayoshiko

これまでの歩み
2009年
4月  技術独立ビザで永住権取得
2010年
1月  東京からブリスベンに移住
2月  シドニーに移住
4月  ブリスベンに移住
5-6月 メルボルンに長期出張
2014年
2月  メルボルンに移住

最新記事
最近のコメント
伝言板
カテゴリ検索
日付順検索
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2013年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


キーワード検索
トリップアドバイザー掲載 タスマニア記事
タスマニアの旅行情報
トリップアドバイザー掲載 ニュージーランド記事
クイーンズタウン
個人的なコメントや質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

関連ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。