スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オージー流職場のクリスマス

今日は仕事納め。明日からクリスマス休暇に入ります。ヤッホー! 過去二回のオーストラリアでのクリスマスは、普通の家庭のクリスマスの過ごし方を紹介しましたが、今回は職場のクリスマスを紹介します。

オーストラリアのクリスマスは夏の真っただ中。サングラスなしでは過ごせないぐらいので、厳粛な感じは微塵もありません。日が長いせいか、街のライトアップはショボすぎます。そもそもお店は通常6時ごろ閉まっていまうし、街が暗くなる時間帯には普通は家に帰っているので、ライトアップしてもしょうがないのです。街のデコレーションも日本のように商売向けの派手さはありません。ただしプライベートな空間ではデコレーションに気合いが入ります。家の中のクリスマスツリーなどはもちろんのこと、オフィスビルの入り口のクリスマスツリー、そして仕事場。私の職場では廊下、壁、デスク、すべてがキンキラキンに輝いております。

先日はバスに乗ったら、バスの中が全部クリスマス。大きななサンタとトナカイのぬいぐるみが座っていて、天井と壁は電飾とキラキラモール、窓は飾りのシールで埋め尽くされていました。運転手はもちろんサンタの格好です(女性でしたが)。こういうなんでも楽しんじゃう精神はとってもオーストラリアらしいですね。こんな気候だと、クリスマスにかこつけて飲んで食べて騒いじゃお!というところでしょうか。

私の職場(大学)では、クリスマスにかこつけたパーティが大小の部門単位で5回もありました。もちろん日本の会社の忘年会のように夜集まることはありません。キャンパス広場に全職員が集まったランチョンパーティの日は、近年のブリスベンでは記録的猛暑の38度でした。冷えたシャンパンがどんどんぬるくなっていきました。その他職場で行うアフタヌーンティーやランチの持ちよりパーティ、そして職場の外でも行われました。参加は個人の自由です。いつものことながら仕事以外のことは誰かに強制されることはなく、あくまでも個人の意思が尊重されます。出席しなかったからといってうしろ指をさされることはない環境は、本当にストレスがたまりません。

さて、今年の目玉は「ローンボール」でした。貸し切りバスで職場を出発し、ボールクラブへ到着。バーでお酒とカナッペを楽しんでから、オージーらしくバーベキューランチです。
image-12s.jpeg

腹ごなしの後はローンボールのプレー開始。一見芝生の上のボーリングのようですが、中身は全然違います。黒いボールを目標の白いボールを目がけて転がし、止まったときに白いボールにできるだけ近づけるようにするゲームです。ボールは完全な球体ではなく、重心が中心にないので、転がすと途中からどんどん横へ曲がって行ってしまうので、見た目よりは難しかったです。
IMG_0689s.jpg

ローンボールはイギリスで始まり、イギリス連邦諸国で盛んなスポーツ。イギリス連邦のオリンピックであるコモンウェルスゲームの正式種目にもなっています。フットボールのように体力を使わないので、お年寄りがグループで楽しんでいるのを見かけます。

気合いが入っているチームは、正式な白の服装で全身を固めていました。
DSC_0294s.jpg

まじめに勝負をかけるグループも、のんびり玉を転がすだけの人も。もちろんやりたくない人はワイン片手におしゃべりに花を咲かせ・・・。思い思いの過ごし方で午後の数時間を楽しみました。

私の以前の職場ではクリスマスパーティはブラックタイでしたが、職場変わればクリスマスも様変わり。いろいろなクリスマスを体験しています。

スポンサーサイト
関連記事

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

ヌーサで楽しむ夏のビーチ

週末は地元クイーンズランド州のヌーサ(Noosa)で過ごしました。ヌーサは、サンシャインコーストと呼ばれる、白砂の美しい浜辺がいくつも続く地域の北端にあり、ブリスベンからは高速を北上して約1時間半。ゴールドコーストなどと違って国内からの旅行客が多いリゾートなので商業化されすぎず、落ち着いた雰囲気があります。

街の中心部近くにあるビーチ。ハイシーズンの土曜でもこの人の少なさ。紺碧のビーチをひとりじめできます。この辺りはサーファーも多いところ。岩が多いのでボード遊びが最適でした。
P1000990_R.jpg

ヌーサ国立公園ではハイキングもできます。きれいに整備された道を海を眺めながら歩くのもよし、森に入って木漏れ日の中を歩くのもよし。野生のコアラも見られるそうですよ。
DSCN2637_R.jpg

透明度がすばらしい海。いつまでも眺めていたい。
DSCN2639_R.jpg

ヌーサのメインビーチ。広々とした浜で風に吹かれているだけで癒されます。東京出身の私は、人が少ないというだけでリラックスできてしまいます。
DSCN2648_R.jpg

目抜き通りのヘイスティング・ストリートにはおしゃれなレストランやブティックが並びます。このストリートは徹底して高級路線を貫いており、ファーストフードやアジア系の店はありません。ブリスベンはのんびりしていて住みやすい街だけど、オシャレ度やレストランのレベルはイマイチ。でもここはさすがにメルボルンやシドニーからおしゃれな人たちが訪れるだけあって、ショッピングも食事も洗練されているのが魅力。たまに訪れてウィンドーショッピングするだけでも楽しい。レストランも充実しています。もちろん庶民派の人や地元の人が行く、普通の店が並ぶストリートもちゃんとありますよ。
DSCN2646_R.jpg

ヘイスティング・ストリートのど真ん中でめずらしい鳥を発見。観光客に取り囲まれても、愛嬌をふりまくのを忘れません。
DSCN2644_R.jpg

ヌーサは美しい夕日も有名です。この日は雲に隠れてしまって残念。
P1000996_R.jpg

日曜の朝はファーマーズ・マーケットへ。地元の農家の人達が、自分の畑で採れた野菜や自家製食品を売っています。
DSCN2667_R.jpg

マーケットでの朝食はフレンチ・クレープと砂糖きびジュース。できたての天然ジュースはとてもおいしかったです。食事は世界各国の屋台が出ていて、その場で作ってくれます。もちろん日本の屋台もでていますよ。
DSCN2666_R.jpg

帰りは高速を通らずに、サンシャインコーストのビーチ沿いをドライブ。ビーチはそこら中にあるので、気が向いたらすぐに海水浴できます。これは Dicky Beach です。ビーチにはたいてい無料のシャワーがついています。
DSCN2676_R.jpg


ヌーサの街は、椰子の木より高いビルを建てないという規則があるそうで、これが街を落ち着いた雰囲気にしています。宿泊施設はキッチンがついたアパートタイプも多いので、長期の滞在に向いています。前回来た時は、フルキッチン(レンジ、冷蔵庫、オーブン、食洗機、食器つき)のアパートに泊って、フィッシュマーケットで新鮮な魚を買い、料理しました。アパートは三泊以上になるとぐっと安くなるので、平日に休みをとって連泊するのが理想ですね。これから一月にかけては夏休みになるので、一番のハイシーズンになります。

P1000999_R.jpg

ヌーサとはアボリジニの言葉で「隠れ家」という意味だそうです。確かにここは洗練度が高い割に観光地化されすぎていない、のんびりした個性的なリゾート地。あまり多くの観光客に押し寄せてほしくない場所です。

関連記事

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

プロフィール

divayoshiko

Author:divayoshiko
よりよい生活と仕事環境を求めて、日本の会社を辞めてオーストラリアに移住しました。IT技術者として生活を確立するまでの様子、日々の生活や仕事のこと、現地情報、オーストラリアや日本について感じることなどをつづっています。メルボルン在住。
Twitter @divayoshiko

これまでの歩み
2009年
4月  技術独立ビザで永住権取得
2010年
1月  東京からブリスベンに移住
2月  シドニーに移住
4月  ブリスベンに移住
5-6月 メルボルンに長期出張
2014年
2月  メルボルンに移住

最新記事
最近のコメント
伝言板
カテゴリ検索
日付順検索
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2012年12月 | 01月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


キーワード検索
トリップアドバイザー掲載 タスマニア記事
タスマニアの旅行情報
トリップアドバイザー掲載 ニュージーランド記事
クイーンズタウン
個人的なコメントや質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

関連ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。