スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカからの送金でひどい目に遭った話

長い間塩漬けになっていたアメリカの銀行の預金を引き揚げることにしました。この大手銀行は最近経営状態が芳しくないので、破たんでもされたら大変。それにアメリカの金利は一昔前はすごくよかったのですが、今は日本と同じく普通預金が0.01%程度と雀の涙です。オーストラリアの金利もさすがに最近は下がりつつありますが、まだ3-5%ぐらいです。

そこで銀行のウェブサイトにアクセスしたのですが、昔は気軽にオンラインで送金できていたものができなくなっていました。最近はテロ防止のため、海外送金はハードルが高くなっているようです。コールセンターでたずねると、オペレータはどの人も海外からの送金手続きのやり方を知らないのです。いや、自分から知らないとは言わないんですが、調べるのが面倒なのか適当なことを説明され、言われた通りにしてもできません。仕方がなくまた電話すると、出てくるオペレータによってみんな言うことが違うのです。時差の関係で不便な時間に電話し、悪名高いアメリカの自動電話応答機で延々と枝分かれした質問に答え、国際通話にも関わらず何十分も待たされてもイライラしているところへやっとつながれば、出てくるのは顧客対応の基本のキも知らないようなヤル気なさそうなアンちゃんばかり。その挙句間違ったことを説明されたり、依頼したことをやっていなかったり、やっても間違っていることが何度も続くんですから、怒りは頂点に達します。

そしてようやくわかったことは、送金先の登録をするには、オンライン手続きの場合はアメリカに住所があるか、なければアメリカの支店に出向かなければいけないということでした。これにはあせりました。送金のためにわざわざアメリカまで飛ぶことなんてできません。そこでアメリカに住む知人に住所を貸してもらうことにしました。そしてオンラインで住所変更手続きをするわけですが、これもすったもんだの末やっと変更。そしていざ受取人口座の登録をしようとすると、認証のためにキャッシュカードの情報を求められるんですが、手持ちのカードは期限切れ。そこでオーストラリアに新しいカードを送ってもらおうとしたんですが、不正を防ぐためでしょう、変更したばかりの登録住所はしばらくの間変更できないのです 。そこで仕方がなくアメリカの知人の住所に送ってもらい、転送してもらうことにしました。そしてようやく受取人口座の登録が完了。

つぎはいよいよ送金依頼です。ところが、またもや先に進めないのでまた電話すると、依頼のレターを郵送しろとかアメリカの支店に出向けとか、なんだかんだと毎回違うことを言われ、挙句の果てにはうちではできないから外部の送金代行業者を使えだと。それでもあきらめずに調べていくうちにわかったのは、オンラインの送金手続きには本人確認のため、携帯電話にSMS(テキストメッセージ)を入れる必要があるとのことでした。この認証方法はオーストラリアの銀行でも行われていますが、私はアメリカ国外に住んでいるため使えません。

次の手段はトークン(ワンタイムパスワード自動生成機)を入手すること。これは銀行から購入しなければいけないのですが、これなら海外にいてもできます。登録住所にしか送ってくれないので、またアメリカの知人のお世話になりました。ここでもまた手違いがあって送付されず、三回目のオンライン購入手続きの末ようやく知人の元に。このトークン、一定の時間間隔で次々とパスワードを生成し、一定時間内に銀行のウェブサイトにパスワードを入力することによって認証を行います。昔からあるトークンはぽてっとした形ですが、今のトークンは大きさも厚みも銀行のキャッシュカードとまったく同じ。この中にリチウム電池が入ってるんですからすごいです。技術の進歩に感動しました。

よくあるのはこんな感じの丸っこい機器
SID700-sm.gif

スマートなカード型(これは銀行の認証用カードではありません)
SD200_R_R.jpg

ようやくトークンを使って送金手続きを完了した後も、確認のために銀行から電話が入るなど、二重三重の関門を経てようやく入金を確認したときは感無量でした。この一件で、待たされて途中で切ったのを含め、銀行には優に百回は電話してますからね。協力してもらったアメリカの知人がいなかったらできないことでした。

不満タラタラのアメリカの銀行でしたが、日本よりマシな所もありました。まず、日本の銀行は海外の住所は受け付けてくれません。これは海外に住む人なんかめずらしくない今の時代にはとんでもない時代遅れと言わざるをえません。海外に住むというと口座を閉めてくださいと言われるんですから。海外に住むお客は失ってもいいんですね。アメリカのこの銀行では、住所を証明するものもなしにインターネットや電話で国をまたいだ住所変更ができました。それと問い合わせにオンラインチャットが使えたこと。これは海外に住む者にとっては電話代を浮かせられるという意味では大変助かりました。電話だと待たされることが多いですが、チャットの場合はリクエストするとまったく待たずにすぐに会話を始めることができました。一次受付の機能しかないので、高度な手続きになるとやはり電話してくださいということになるのですが、簡単な問い合わせには重宝しました。

スポンサーサイト
関連記事

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

放射能被害に関するカルディコット博士の提言

原発事故による放射能に関する情報が日本と国外で大きくずれている話は、過去記事「日本人が知らないフクシマ」、「現代の神風特攻隊」、「東北大地震のメディア対応」でも何度も書きました。オーストラリアの外務省は今でも原発から60km以内の地域への旅行は厳重注意と警告しているぐらいなのに、実際にはいまだにこの地域に子供を含む多くの人が住んでいるのです。このような人類にとって共通の大きな課題について、国民の情報と意識がこれほどまで国内と国外とで違っていると、世界が協力して解決にあたることが難しくなるのではと感じています。政府が国民に対して情報を隠すことはチェルノブイリの事故の時もあったようだし、そもそも真実を国民に伝えることは政府にとってメリットはないのですから、ある程度起こりえると覚悟しないといけないかもしれません。

国民に真実が伝わらない原因は、政府が行っている情報操作の意向をマスコミが忠実に守っており、マスコミが国の監視機関の役割を果たしていないことです。特に新聞やテレビといった旧メディアは、もはや国民に役に立つ情報を提供するメディアではありません。真実を伝えようと奮闘しているフリーランスのジャーナリストたちもいますが、情報は政府のご用達である記者クラブが独占するしくみになっているため、活動に制限があります。また真実を知る専門家も非難を恐れて発言せず、国民も他人を気にして何も言わず、国全体が口をつぐんだ状態になっているのです。

今はインターネットで世界中の情報がいくらでも取れる時代。ところが多くの日本人はその恩恵を受けていません。なぜなら日本語しか操れない人が多いからです。日本語で情報を取り続ける限り、フィルターをかけられた国内向けの情報しか集まりません。実際世界共通語である英語で情報が取れれば、多くの国からの情報にリアルタイムでアクセスできるので、情報の量と質は比べ物にならず、世界がまったく違って見えます。

幸い今はソーシャルメディアが発達しているので、多くの人はこちらの方を活用していると思います。ただ素人が発信していることも多いため情報の質は玉石混合なので、それを理解したうえでうまく使う必要があります。旧メディアから得られる情報はソーシャルメディアから得られる情報と全く違うため、どのメディアにアクセスするかで同じ事象に対する理解がまるで違ってきます。そして国を動かしているのは、旧メディアしかアクセスしない年齢層の人達です。ソーシャルメディアへのアクセス層の若者は選挙に行かないので、国の運営に影響力を行使することができません。

こうした中、原子力に関する造詣が深いオーストラリアの医師、ヘレン・マリー・カルディコット医学博士が現在日本に行って講演をされ、少なくとも危機意識のある一部の国民に情報を伝えてくれているのは大変ありがたいことです。この講演は放射能汚染による身体的症状を収集している独立団体、FRCSR・みんなのカルテが招へいして行っているもので、日本各地で一般向けと医師・専門家向けの講演が予定されています。彼女の提言はこの文書に集約されています。そしてこれは震災直後のものですが、彼女の会見です(英語)。
Fukushima Nuclear Disaster

彼女は日本の政治家の無知ぶりと無策ぶりを批判し、放出された放射能物質はチェルノブイリよりずっと多いのに、対策はロシア以下だと述べています。そして国内のすべての土壌の汚染状況を、セシウム以外の多くの有害物質を含めをきちんと検査すること、放射性瓦礫を焼却しないこと、一度体内に入った放射性物質を除去する方法はないこと、汚染された食べ物や飲料水を食さないこと、高線量放射能汚染区域にまだ居住しているすべての人々を直ちに放射能汚染がない場所へ避難させること、被曝した人々の検査を徹底すること、医師たちがもっと勉強して医学的重大さを理解することなどを提言しています。どれもこれもごく当たり前のことですが、実際にはできていないのが現状です。また放射能の影響力が大人の20倍の子供と、妊婦や妊娠が可能な女性は、関東地域からも避難することを強く推奨しています。とにかく検査している暇があったらすぐに逃げること。それぐらい事態は深刻なのです。そして南半球は北半球と大気の周り方が違い交わることはないため、できれば南半球への移住がお勧めだそうです。

また彼女はチェ ルノブイリでの甲状腺癌は、事故後3-4年で出現し始めたのに、福島では事故後わずか12ヶ月で、福島県内の3万8千人の18歳以下の子供の内36%に甲状腺のう胞か結節が見つかっていることを指摘してます。この数値は今半数以上に上がっていてすでに癌患者も出ていますが、2カ月前に私が日本に帰国して何人かの友人と話したときは、知らない人が多くてびっくりしました。また、ブログ記事「日本人が知らないフクシマ」にもビデオニュースを張り付けた、チェルノブイリの10倍もの放射能が放出される可能性がある福島第一原発4号機の使用済み燃料プールについて、IAEA(国際原子力機関)と米国のNRC(原子力規制委員会)、その他各国の原子力専門家の国際的アドバイスを受け入れるべきだと言っています。

放射能対策に関する答えは一つではありません。人類は全く同じケースを経験したことがないので、将来どんな影響を受けるのか正確なことは誰も予知できません。どんな食べ物を口にするか、避難するかしないかもそれぞれの事情によって判断は違うし、考え方もいろいろ。だからこそまず真実を知り、いろいろな専門家の意見を聞いたうえで、自分の事情に合った対処のしかたを国民一人一人が判断をするべきで、その判断は尊重されるべきです。しかし国民が偏った情報しか持たないまま個人の対処方法や国の施策が決まっていくのは、決してあってはなりません。

関連記事

テーマ : 海外にて日本を考える
ジャンル : 海外情報

メルボルンカップの饗宴

春は競馬のシーズン。今日はオーストラリアの伝統的な競馬レース、メルボルンカップの日です。開催地のメルボルンは祝日で、その他の地域は休みではなくてもこの日は特別な日なのです。街を行く女性は着飾り、イギリスの伝統的な競馬ファッションの帽子が目につきます。男性はさすがにシルクハットはかぶっていないけど、いつもと違うスーツやシャツを着こなすオシャレな人もいます。いつもはカジュアルファッションが定番のオージーも、この日はおもいきりオシャレができる日なのです。

horserace.jpg

レースが始まった瞬間国中がテレビにくぎ付けになるので、"The race that stops a nation"ともいわれています。お昼頃街に出ると、どこのバーもレストランもいっぱい。もちろん昼間からできあがってますよ。スポーツ天国だけあってバーにはスクリーンが設置されているところが多いので、テレビを見ながらワイワイガヤガヤと過ごします。

この日職場では皆でランチを食べ、午後のレースを見るのが習慣です。街全体が浮足だっているので、はっきりいってこの日は仕事の気分じゃないのです。私の住むクイーンズランド州ではレースの始まりが2時なので、遅めのランチをとってレースに突入。職場の大ボスから今年も皆で賭けをするからよろしくね~とメールが来ました。会議室にピザとシャンパンを用意、会議用スクリーンにレースの中継を流します。レース自体は一瞬で終わっちゃうんですけどね。私はレースのことはぜんぜんわからないのですが、まあ雰囲気だけ楽しむということで・・・。

私の同僚の女性の一人はドレスに帽子につけまつげのバッチリオシャレで登場。ちょっとおしゃれに帽子をかぶったり、めずらしくネクタイをしてくる男性も(最近ネクタイはお固い職場でない限りしない傾向)。そうかと思えばまったくいつもと変わらない服装の人もいるし、ジーンズの人もいるし、人それぞれです。ランチに参加しない人だっています。私はちょっとだけ雰囲気を変えてワンピースを着て行きました。この国に来て本当に良かったな~と思うのは、他人の目を気にしなくていいことです。みんな何を着てくるだろうか?これを着たらどう思われるだろうか?などと悩むことは一切ありません。皆自分のしたいようにするだけ。とびきりオシャレしてもうとまれることもなければ、参加しなくても協調性がないと思われることもありません。誰も他人がどうしてるかなんて気にしちゃいないし、あくまでも個人の意思が尊重されるのです。

今年は大物も登場。エリザベス女王即位60年記念の一環でオーストラリアを訪れているチャールズ皇太子夫妻が出席しました。

521414-camillas.jpg
カミラさん、それはぼんぼりですか?

448193-nicole-kidman.jpg
ニコールさん、それは毛クズがついたハエたたきですか?


こうして年に一度の一大イベントは終わったのでした。

関連記事

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

パッケージ大国での買物

日本の大きなショッピングセンターで買物をしていたときのこと。商品を買ったら手提げのついた紙袋に入れてくれました。続いて同じショッピングセンターの別の売り場で商品を買うと、持っていた手提げ袋と新しく買った商品を一緒にして別の大きな手提げの紙袋に入れてくれるのです。そしてまた別の商品を買うと、今度は大きくなった紙袋よりさらに大きい紙袋を出してきて商品と一緒に入れてくれます。こうして持っている紙袋は商品の数と共にどんどん大きくなります。家に帰って持ち物を整理すると、買った商品とは別にいくつもの数の手提げ袋、手提げ袋の中でさらに商品を包んでいた袋、そして製造時に始めから小物製品を包んでいた厚紙の台紙やプラスチックのカバーなどなど・・・。残ったのはパッケージの山です。

オーストラリアでは買った物をなんでも袋に入れてくれるということはありません。レジで「袋は要りますか?」と聞かれることが多いし、「袋はありません」と言われることもあります。頼まなくても袋に入れてくれようとしたときは、自分で袋やバッグを持っていたり袋なしで持ち帰れる場合はもちろん断ります。買ったものはなんでも包まなくてはならないという発想はありません。考えてみると、最低限の包装があれば買った物をそのまま持って帰れる場合は実は多いのです。枕とかゴミ箱・整理箱など、大きめの生活用品で手がついていたり手でぶら下げて持てる物はそのまま持ち帰ります。仕上がったクリーニングも袋に入れずにそのままハンガーをつかんで持って帰ります。フランスパンは日本のように長い紙袋に入れてからもう一度ビニール袋に入れなくても、紙袋をつかんで持って帰ればよろしい。電車やバスでも袋に入っていない商品を持って乗っている人は普通にいるので、違和感はありません。そういえばお弁当箱をむき出しのまま大事そうに手で抱えて朝の通勤電車に乗っていたサラリーマンもいましたね(笑)。持っている物を包んでいなかったからといって不便はないし、他人に迷惑をかけることもありません。

日本のスーパーの生鮮食料品売り場に行くと、多くの商品が小口にパックされた状態で売っています。オーストラリアの野菜売り場に行くと野菜が見えるのですが、日本の野菜売り場で見えるのは棚を埋め尽くすパッケージ。売り場を見渡してすべてのパッケージを集めた量を想像するとクラクラするほど。家に帰れば梱包プラスチックだらけです。

日本以外の多くの国では野菜は量り売りの所が多いと思います。売り場では大きな棚にジャガイモやリンゴがドーンと山積みされているだけ。自分で好きなだけ取り、レジでは店員が重量を量ってくれるか、セルフサービスのレジでは自分で量ります。日本はどうして何でもパックしてしまうのでしょうか。梱包作業も大変だし、梱包コストもかかるし、ゴミは出るし、消費者は好きな量を選ぶことができません。こちらではみかん一個とかバナナを一本だけちぎってかごに入れることだってできます。余分な物を買わなくて済むので本当に助かります。

日本では商品をきれいに包むことこそがいい顧客サービスという信仰が強いようです。でも、地球温暖化やエネルギー問題を抱えた私たちにとって、それは本当に必要なことなのでしょうか?商品価格には梱包代が上乗せされます。家に帰ってゴミの整理に困るのは消費者。好きな分量を選べず、パックの量を押し付けられるのも消費者。そしてゴミの焼却には大量のエネルギーが消費され、地球環境を汚します。商品を売る側にとって過剰包装は余剰コスト以外の何物でもありませんが、消費者がそれを求めるならそうします。欲しいのは商品ですか?それともパッケージ?消費者も販売者も、資源を惜しみなく使うことがいい顧客サービスという発想を転換し、過剰包装を促進しない買物の仕方を考えてみてはいかがでしょうか。

関連記事

テーマ : 海外にて日本を考える
ジャンル : 海外情報

プロフィール

divayoshiko

Author:divayoshiko
よりよい生活と仕事環境を求めて、日本の会社を辞めてオーストラリアに移住しました。IT技術者として生活を確立するまでの様子、日々の生活や仕事のこと、現地情報、オーストラリアや日本について感じることなどをつづっています。メルボルン在住。
Twitter @divayoshiko

これまでの歩み
2009年
4月  技術独立ビザで永住権取得
2010年
1月  東京からブリスベンに移住
2月  シドニーに移住
4月  ブリスベンに移住
5-6月 メルボルンに長期出張
2014年
2月  メルボルンに移住

最新記事
最近のコメント
伝言板
カテゴリ検索
日付順検索
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2012年11月 | 12月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


キーワード検索
トリップアドバイザー掲載 タスマニア記事
タスマニアの旅行情報
トリップアドバイザー掲載 ニュージーランド記事
クイーンズタウン
個人的なコメントや質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

関連ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。