スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住みやすさはOECDで第一位

OECDのBetter Life Index(より良い暮らし指標)が発表されました。これは、住居、収入、仕事、教育、健康などさまざまな指標でOECD諸国の生活の質を比較するものです。オーストラリアは34カ国中二年連続一位。この裏にあるのは、景気の良さ、高い就業率、高い賃金、ワークライフバランス、健康、教育程度の高さ、生活環境の良さなどで、これについてはWall Street Journalが記事の中で解説しています。

景気低迷する他の先進諸国を差し置いて経済が安定しているのは、近年の採鉱景気のおかげ。国の主産業である鉱業は、中国の急成長と共に今後しばらくは成長が見込まれています。私の住むクイーンズランド州と西オーストラリア州は特に鉱業が盛ん。今は需要に人材の供給が追い付かず、鉱業会社は失業者が多いアメリカまで飛んで行って技術者を確保している状態で、国内の労組から反発を食らっているほどです。この成長は鉱業会社だけでなく周辺産業にも影響を及ぼし、私のいるIT産業でも、特に成長が目覚ましい西オーストラリア州の州都のパースでは仕事の口が多いです。オーストラリアの失業率は世界金融危機の後は5%台を保っていましたが、最近5%を切りました。これは他の欧米諸国に比べると目立つ数字です。

でもいい話ばかりではありません。欧米日の低迷はオーストラリアにとっても不安材料だし、年々上がる物価は私たちの生活にとって負担になります。小売業はお客を海外の安いネットショッピングに取られて苦戦中。最近の豪ドル高で輸出産業の製造業や観光業も苦しい戦いです。先日、七月から始まる来年度の国家予算が発表されましたが、財務大臣は財政を黒字に戻すのは比較的余裕のある今のうちだとは鼻息を荒くしていて、来年度中に黒字にするため、国民にも負担を求めています。結果として税金が上がったり国からの補助が減って可処分所得が減る傾向があります。他国と比べて生活の質は高いにもかかわらず、国民の満足度はそれほどでもないという調査結果も、もしかするとこの辺から来るのかもしれません。「ひぇーまたかぁ、勘弁してよー、でもまあ仕方がないか。ブツブツ・・」といった感じかな。それでも、バブル経済時から不良債権処理を先延ばしして失われた十年に突入し、今でも債務を増やし続けている日本を見ている私としては、余裕のあるうちにちょっと無理をしてでも借金を返しておくのはごくまともな国の運営方法だと思います。国の将来のために税金や電気料金の値上げするというと、国民からすさまじい抵抗にあう日本は大変です。OECD平均56%に比べ、オーストラリアの国民の71%は政府を信頼しているというのも特筆すべきことだと思います。

オーストラリアの男性は一日3時間も家事に時間を割いているという調査結果にはびっくりしました。確かに日曜大工をしたり庭の手入れをしたり育児に参加したりと、よくやっているなあと思います。これも仕事より自分の人生や家族が大切という社会通念や労働環境の良さが影響していると思います。

かなり昔に移住した人に「今頃オーストラリアに来て何かいいことあるの?」とまじめな顔で聞かれてびっくりしたことがあります。オーストラリアは近年まで絶好調な時代が続いて、物価は安く、不動産を買えば値上がりし、銀行にお金を預ければ金利は8%ぐらいでどんどん貯金は増え、年金もがっつりもらえ・・・というなんとも幸せな時代だったそう。昔からいる人からすると今なんてどこがいいの?って感じなのかもしれませんが、WSJの記事にもあるように、この「ラッキー・カントリー」は世界中から移民を引きつけています。確かに他国から来た者から見ると、幸せな国だなあと思います。結局何と比較するかの問題で、オーストラリアも何もかもバラ色ってわけじゃないんだけど、今は他の先進諸国が悪すぎるので相対的によくなっているのかもしれません。しかし他国の混迷ぶりをよそにこれだけ我が道を行けるというのは、やはり資源国の強みだと思います。

スポンサーサイト
関連記事

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

どうして日本からの移住者が少ないのか

労働人口の三分の一が海外生まれのオーストラリアでは世界中から移民が集まっていて、英語を母国語としない移民も三分の二を占めます。職場の私のチームも、出身国はオーストラリアの他、インド、スリランカ、フィリピン、ベトナム、マレーシア、中国、日本、ロシアと、国際色豊か。今までで一番長い居住国が出身国やオーストラリアでない人もめずらしくありません。ところが今まで多くの組織で働いてきた中で、日本人に職場で会ったことは一度もないのです。企業の駐在員はある程度いるようですが、自分の意思で働きに来ている人はとても少ない気がします。日本人留学生や移住者は一昔前はたくさんいたようですが、最近はめっきり減りました。

私の住むブリスベンにはもともと日本人は少なく、シドニーとかアジア諸国に行けばもっとたくさんいるのでしょうけど、それにしても他の国からの移民の数と比べるとその差は歴然。日本人以外の主要な国の出身者とはほとんど職場で会っているのに、なぜ日本人には会わないんだろう?私の少ない経験からすべてを判断するつもりはありませんが、国の経済規模や人口、地理的条件から考えても、バランスが取れているとは言いづらく、なぜ日本人にだけがこんなに少ないんだろう?と不思議に思います。そういえばアメリカ人の移住者も少なくて、今まで三人しか会ったことがありません。これはアメリカは日本とよく似ていて、自国のマーケット規模がある程度大きいので外の世界を見る必要がなく、内向き志向が強いことがあると思います。

移住する理由は生活環境、気候、キャリア、国情など、いろいろあるでしょう。必ずしもキャリアアップとか広い世界を経験したいからなどという前向きな理由ばかりではありません。イギリスやギリシャ、イタリアのように経済状況が悪く仕事を見つけるのが大変だからという人もいるし、大地震が来る恐れがあるからというニュージーランドからの移民もいました。そういえば節税対策のため、アメリカ国籍を捨ててシンガポールに移住したフェイスブックの共同設立者もいたっけ。今自分が住んでいる国には安心して住めなかったり、不利益があるという理由で、一時的または永久的に住む国を変える人は普通にいるのです。

さて、日本ですが、経済発展をしていて食べ物がおいしく、品質のよい製品があふれ、社会インフラも整い、安全な国であることは間違いありません。ただ近年では急激な高齢化、とてつもない規模の累積債務、年金破綻、原発事故による土壌や食べ物の放射能汚染、大地震による都市崩壊の可能性など、将来は安心して暮らせなくなる要素は山ほどあります。政治家と経営者があまりにもお粗末。国を引っ張る人材が皆老人で、一昔前の発想から抜け出せないので革新や成長がない。税金や人件費の高さや電力供給の不安による企業の海外移転。既得権者が利益を謳歌し、若者は過去の負担の引き受け人。劣悪な労働環境。社会全体を覆う閉塞感・・・。移住を考えてもおかしくない理由は十分すぎるほどあります。これがほかの国だったらとっくにもっと多くの人が移住してるんじゃないかと思います。働き者の日本人への信頼度は高く、教育レベルも高く、誰もがパスポートで自由に海外旅行ができるほど国としての信頼度はまだまだ高いんですから。

これはやはり日本人の視野の問題で、生活の場を海外へ移すという発想がそもそもない人が多いのだと思います。日本は海外の情報が極端に少ないのもあります。平和ボケもあってわざわざ海外へ行く動機がないのかもしれません。原発事故以来移住を考える人も増えているようですが、動機はあっても言語の問題は大きいと思います。学校でコミュニケーションのための英語を教えないんですから、小さいころから学校で教育を受けている海外の人にかないっこないのです(私も含め)。また海外で被雇用者になるとすると、日本の特殊な学歴事情や終身雇用の慣行のもとでは、他に転用できるスキルがつきにくいという不利もあります。それに加えて、日本人の会社や国など、自分が所属するものへの依存体質が足かせになっているんじゃないでしょうか。まわりと同調することが大切な日本の社会にいるとなんとなく回りに流されてしまい、自分が人生の主役であるということを忘れそうになります。「どこに住もうが自分は自分」「苦労しても自分の道は自分で切り開く」という考えを持った人は海外の人に比べて少ないように思います。海外移住する=国を捨てる=非国民のようなムラ社会丸出しな考え方をする人もいます。

住み慣れた祖国を離れて他言語で生活するのは決して楽なことばかりではないし、誰もがいろんな条件をクリア出来るわけではありません。必ずしもいい結果を生むわけではないしいいことずくめでもないので、誰にでも勧めようとは思いません。でもこれほど多くのまわりの人達が人生のときどきで住む国を変えたり、国をまたいで自分のやりたいことを実現したり、将来のリスクを回避しながら自分の人生を思ったように生きているのを目の当たりに見ていると、どうして日本人だけが自分の国に引っ込んでいて出て来ないんだろう?と素朴な疑問を感じてしまうのです。人によって生き方はそれぞれ。今住んでいる所が必ずしも自分にとって最適な場所とはいえないのですから。忙しい日々の中での束縛や狭い世間の常識、他人が敷いたレールからちょっと離れてあたりを見回してみると、今まで考えていなかった可能性が見つかるかもしれません。自分で敷くレールの上を走ることこそ、生きてるってことなんじゃないでしょうか。

関連記事

テーマ : 海外にて日本を考える
ジャンル : 海外情報

ITプロフェッショナルのキャリアアップ

日本にいたときは外資系企業で働いていたので、キャリアに対する考え方は日本の会社に勤めている人達とは多少違ったのかもしれないけど、やっぱり日本の社会では日本の顧客を相手にしているし、仕事環境は限りなく日本的。だからオーストラリアに来た時は、キャリアに対する考え方の違いにとまどいました。

オーストラリアに限らず日本以外では多かれ少なかれそうだと思いますが、会社に対する依存心が本当に少ないです。私は日本でも何度も転職・レイオフの経験があったのでサバサバしていたほうですが、こちらは日本の外資の比ではありません。キャリア形成の中心はあくまでも自分が何をしたいかであり、会社はそれを実現するステージでしかありません。特にIT系の仕事の場合、技術も環境の移り変わりが激しいので、自分の成長やマーケットの変化に合わせてステージを変えていかなければ必要な経験を積むことが難しくなります。

会社よりも仕事の中身が大事なのは、いろんな人のレジュメを見ていてもわかります。ITプロフェッショナルの場合、職務経歴欄に雇用主の会社名を書かない人もいます。コンサルタントとして、派遣社員として、個人契約で、あるいは個人事業主としてクライアント先で仕事をする場合は、雇用主の名前を書くよりもクライアントの名前を書く方がどんな仕事をしていたのかわかりやすい場合があるのです。雇用形態(正社員、契約社員、派遣、フルタイム・パートタイム)も本当にさまざま。同一職種同一賃金で、日本のように正社員だから職歴上優位などということはないので、あえて契約社員でずっと通している人もいます。あくまでもどんな仕事をしたか、どんな結果を出したかが重要なのです。

キャリアを考えるうえで職種選びはとても重要です。日本では職種の定義はあいまいですが、こちらは一般的に決まっているので、自分で選んだ職種の延長線上で、どんな強みをつけていくかを考えながらキャリアを形成していきます。仕事の募集要項には必要な専門能力や経歴、学歴などがこと細かに書いてあって、時には数ページに渡ることもあります。そして面接はその細かい条件を満たすことを証明していく作業。この細かい募集要項と面接審査のおかげで、入社してすぐに戦力として仕事を始めることができるのです。

仕事を選ぶ場合は、職種、業界、会社の規模、使う技術などの要素が経歴に影響を与えます。その上、給料、福利厚生、勤務時間、契約形態などの要素も私生活に影響を及ぼします。すべて希望通りにはいかないので、どこかで妥協が必要と思います。例えば自分の希望業界ではないけど○○の技術が習得できるとか、給料は低いけど今は子育て中なのでパートタイムを選ぶとか、学位を取りたいので定時で退社できる職場にするとか。私生活やキャリアステージが変われば、またそれに合わせて仕事を変えればいいのです。あくまでも自分の生活やキャリアプランに合わせて仕事を選んでいけるところが、日本とは大きく違うところです。ちなみに私が今の雇用先を選んだ大きな理由は、今の自分に足りない経験を積めるから。働き始める前からこの職場での経験をどんなふうにレジュメに書くかすでに決めています。そして常にマーケットウォッチをして情報収集していることも必要です。私は転職を考えていなくても常に求人情報を見て、ニーズが高いスキルや自分の市場価値をチェックしています。

日本人が海外就職を目指すときに壁になるのは、日本では職種や専門性を軸にして転職を繰り返しながらキャリアアップしていくという習慣が一般的でないこと、スキルや経験を客観的に評価するシステムがなく自らそれを効果的にアピールすることに慣れていないこと、学歴と職歴が必ずしも一致していないこと、などがあると思います。自分に今どんな経歴があり、目指すマーケットでは何が必要とされているのかを把握して、その上に今後どんなキャリアパスを描きたいのかを明確にすることが大切です。スキルを補強したかったら学校に行ってからまた職場に戻るのも、働きながら学校に行くのも一般的です。

人生の中心は会社ではなく自分だという考えは、この国ではどんな分野でもあてはまると思います。自分ですべてを決めるということは失敗した時もすべて自分の責任になるので、自分の所属する会社や国への依存心が高い日本から見ると厳しいことに映るかもしれません。でもその分自分の生き方を自分で決められるという限りない自由があります。自分のペースで生きられる環境にいられるというのは、私が日本を出て一番良かったと思っていることの一つです。自分を幸せにしてくれるのは会社でも国でもありません。今の仕事場や住んでいる場所が自分の今の身の丈に合わなくなれば、自分がハッピーでいれられるところにさっさと移るのは、日本以外ではよくある考え方だと思います。人生は仕事のためにあるのではなく、人生のために仕事があるのですから。


関連記事

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

英語との格闘

移住して二年以上経ち、一日中英語の環境の中にいるのに、私の英語はちっともうまくなりません。誰かが言ったことをきき返さないと聞き取れないし、私が言うことは聞き返されるし。日本語を話す機会はほとんどない毎日なのに、この進歩の遅さは本当に困ったものです。英語のシャワーを浴びて自然に言語が身につくのは小さい子供だけ。私のように大人になってから本格的に英語を勉強しだしたり、人生のほとんどを日本で過ごしている者にはなかなか思うようになりません。

私の場合、英語がまったくの外国語だということ以外に三つのハードルがあります。一つは今までアメリカ英語を使ってきて、イギリス英語にはほとんど触れていなかったこと。オーストラリア英語はイギリス系なので、発音はもとより、使う単語、単語のつづり、いいまわしまですべて違います。私が日本に住んでいるときは、BBC放送をちょっと聞いただけで気分が悪くなって、即チャンネルを変えてしまうほどイギリス英語に拒否反応がありました。アメリカ英語に慣れていると、あのカクカク英語がとても聞きづらいのです。オーストラリアのテレビはアメリカの番組もイギリスの番組もやっていますが、さすがに今ではイギリス英語のリスニングに拒否反応はなくなりました。でもやっぱりたまにアメリカ英語を聞くとほっとします。時にはアメリカのあのべらんめえレロレロ英語が耳障りに聞こえることさえあります。でもイギリス英語の単語や言い回しはいまだにわからないことだらけです。

それに輪をかけるのがオーストラリアなまり。最初にオーストラリア人の英語を聞いたときは気分が悪くなるほどでした。というより何言ってるんだかぜんぜんわからない!とにかく「エイ」が「アイ」に聞こえてしまうのは本当に悩みの種でした。それでも今では「エイ」が「エイ」と聞こえるようになったんですよ。耳の進歩はスゴイものです。でも「エイ」と「アイ」なんてまだ序の口。オーストラリア特有の単語やいいまわしが山ほどあるし、スラングにいたってはもうさっぱりです。

そしてまた大きなハードルが、多民族の移民がそれぞれ自国なまりの英語をしゃべっていること。あらゆる国からの移民と話さなくてはならない環境は大変です。インド人や中国人など移民が多い国のなまりはすぐに慣れるんですが、話したことのない国の人と話すのは慣れるまで大変。そういう私もまったくの日本人英語なので、聞いているほうはさぞかし大変でしょう。

この英語の発音をもうちょっとなんとかしないとなあ・・・と思い、スピーチセラピーを受けようかと考えました。以前アメリカに住んでいた時、発音矯正のクリニックがありました。オーストラリアでもないのかなと思って探したのですが、なかなか見つかりません。たまたまスピーチの専門家に会う機会があったので聞いてみると、「オーストラリアは多民族英語に関して寛容な国だから、矯正することまで考えなくてもいいのでは?インド人なんかあんなに強いアクセントなのに平気でしゃべっているでしょう?それよりもあなたの場合はゆっくりとわかりやすく話すことが大切よ。」ということでした。確かにアメリカではアメリカ英語を話さなくちゃ、アメリカ人っぽくならなくちゃ、という見えないプレッシャーがあって、一生懸命レロレロ英語を覚えました。アメリカ英語への発音矯正のビジネスもさかんで、ハリウッドに進出した海外の俳優はみんな矯正を受けています。ところがこの国ではオーストラリア英語を話さなくてはというプレッシャーはありません。みんなそれぞれの民族の英語をあたりまえのようにしゃべってるし、私もわざわざオーストラリア流に話し方を変えるつもりなどないのです。同じ移民の国とはいえ、オーストラリアはそれぞれの民族を尊重していると感じます。私のような移民にとっては恵まれた環境です。

とはいえ、わかりやすく話すのはやはり重要。そのためにもゆっくりはっきりしゃべらなくてはならないんですが、私はもともと早口なうえに、英語に自信がないとごまかそうとして余計早口になっちゃうんですね。日常の「読・書・聞・話」だけではたいして進歩はしないので、自分で発音練習をしたり、知らない単語を調べて単語帳を作ったり、文法を勉強するといった、日常使い以上の地道な努力が必要です。日本にいるときは、英語の国に来てまで英語の勉強をしなくてはならないとは思っていませんでしたが、日本人が英語ができるというレベルと、現地で使う英語のレベルは比べ物になりません。この分だと一生勉強が必要なようです。

関連記事

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

プロフィール

divayoshiko

Author:divayoshiko
よりよい生活と仕事環境を求めて、日本の会社を辞めてオーストラリアに移住しました。IT技術者として生活を確立するまでの様子、日々の生活や仕事のこと、現地情報、オーストラリアや日本について感じることなどをつづっています。メルボルン在住。
Twitter @divayoshiko

これまでの歩み
2009年
4月  技術独立ビザで永住権取得
2010年
1月  東京からブリスベンに移住
2月  シドニーに移住
4月  ブリスベンに移住
5-6月 メルボルンに長期出張
2014年
2月  メルボルンに移住

最新記事
最近のコメント
伝言板
カテゴリ検索
日付順検索
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2012年05月 | 06月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


キーワード検索
トリップアドバイザー掲載 タスマニア記事
タスマニアの旅行情報
トリップアドバイザー掲載 ニュージーランド記事
クイーンズタウン
個人的なコメントや質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

関連ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。