スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーストラリアに普通の和食を広める会

いつもお世話になりっぱなしのご近所の人たち。クリスマス会に呼んでもらったり、買い物や遊びに連れて行ってもらったり、困ったときに相談したり、フラッとお邪魔して世間話をしたり。いいご近所さんに囲まれて本当に感謝しています。そこで日頃の感謝をこめて、この土地に生まれ育ったオーストラリア人たちを和食ランチに招待することにしました。メインは寿司です。

オーストラリアではSushiといえば巻きずしを想像するぐらい、ファーストフードとしての地位を確立しています。こちらの巻きずしは長いままの太巻で、手に持ちやすいサイズ。私もよくランチタイムにお世話になっていますが、仕事をしながらでもさっと食べられるのが便利。具はスパイシーチキンとかチーズとかビーフとか、日本ではありえないものが多い。もちろんこういう商売をするのは中国人や韓国人です。新感覚の寿司ということで日本にも逆輸入されているそうです。新しくて便利なのはいいんですが、これが和食と思ってもらっちゃ困る!ということで、日本人としてはやっぱり本物の寿司を提供しないわけにはいきません。

前菜はかんぴょう巻きとかっぱ巻き。かんぴょう巻きはさすがにファーストフード店では見たことないですね。どうだ、参ったか!
DSCN2154_R.jpg

そしてメインはちらし寿司。この国の人は、寿司といえば巻きずしかにぎり寿司くらいしかたぶん知らないでしょう。案の定、お客様は誰も見たことがなく、びっくりしていました。ご飯の中に混ぜてある具や、桜でんぶや金糸卵などの細かい芸にいちいち感動してくれました。


ひじきの煮ものは真っ黒で気持ち悪がるかと思ったんですが、おいしいおいしいといってたちまち平らげてしまいました。アメリカでは巻きずしののりは裏側に巻くことが多いですが、黒い食べ物は気持ちが悪いからと聞いたことがあります。オーストラリアではのり巻きののりは堂々と表側が多いので、黒いものに慣れているのかな。いんげんの胡麻和えや味噌汁もおかわり攻撃ですぐに売り切れました。やっぱりおいしいものは万国共通なんですよね。

デザートはすいかのゼリー。蒸し暑い日だったので当たりでした。こんな単純なものでも珍しがられました。
DSCN2159_R.jpg

この後、やっぱり日本を体験してもらうにはこれっきゃないでしょ!ということで、抹茶をたてました。お菓子は今回作る暇がなかったので、日本からのおみやげのようかんとあんこ入りの駄菓子。白人はあんこやようかんは苦手という私の先入観を裏切り、喜んで食べてくれました。お抹茶はダメだったら緑茶を出そうと思っていたんですが、全員が初めてだったにもかかわらず、おいしいおいしいと言っておかわりのリクエストも!食べるだけでなくしゃべりもすごい!男性も女性も、時間を忘れて何時間でもおしゃべりするのは得意技。いつも自分の話題の引き出しが少ないと反省するばかりです。

オーストラリアではアジア系の移民が多く距離も近いせいか、アジア料理は日本で体験するよりずっと身近で、食材も豊富だし、テレビの料理番組でもよく作り方を教えているし、レストランもたくさんあります。でも和食といえばどうしてもファーストフードの巻き寿司や回転寿司か、中国人や韓国人の経営するエセ和食レストランか、値段が高くて量が少ない高級路線の純和風レストランになってしまいます。和食にはもっと気軽に食べられるおいしいメニューがたくさんあるのに~!みんな寿司やてんぷらやすき焼きは知っていても、普通の家庭料理はなかなか知る機会がないのでしょう。特にブリスベンは他の大都市に比べるとそういう傾向が強いかもしれません。食材がなかなか手に入らないという苦労もあります。

初めて白人オーストラリア人に和食をごちそうしてみましたが、実験第一弾は大成功。「本当に和食って、他のアジア料理とは全然違うのねー」と感心してくれました(そりゃー違いますとも!)。オーストラリア人の中には魚が苦手など、そもそも和食に向いていない人もいますが、今回のお客様はみな国際感覚豊かで好奇心旺盛な人たちばかりだったのでラッキーだったかもしれません。「オーストラリアに普通の和食を広める会」(現在会員一名)の会長はニンマリなのでした。これに気を良くしてまた次の実験をたくらむ会長です。
スポンサーサイト
関連記事

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

ニュージーランド旅行 4 Glenorchy

グレノーキーは細長いワカティプ湖をどんどん北上した先端にある町。山々に囲まれ、地元の人たちが週末を楽しむ美しい場所だとききました。インフォメーションセンターで尋ねると、気軽なハイキングができそうなので、行き帰りのバスツアーを申し込みました。

クイーンズタウンで迎えに来てくれたマイクロバスに乗り込むと、中にいるのは頭からつま先まで重装備の登山ルックの人たちばかり。この辺りは何日もかけて縦走するルートがたくさんありますが、グレノーキーも登山客のメッカなんですね。

グレノーキーまでのドライブの景色は圧巻です。途中ドライバーが車を止めて見せてくれた、私たちの向かう先の光景。これだけでも来た甲斐があったというもの。さすがに山が高く真夏でも雪をかぶっています。あの山々の向こう側はフィヨルドがあるミルフォードサウンドだから、山が険しいのも無理ないなあ。
P1000771_R.jpg

バスがグレノーキーに着くと、登山ルック達はそれぞれあらかじめチャーターしてあったバスでどこかへ行ってしまいました。この辺りはキャンプ場があるだけでハイキングコースのようなものは見えないし、お店らしいものもありません。ドライバーのお兄さんに「あのー、ハイキングコースはどこですか」と聞くと、びっくりした様子で目を白黒。「この辺りはハイキングコースなんかないよ。」「えーっ、気軽なハイキングをしたくて来たんですけど」というとお兄さんはとっても困った様子。どうやら場違いな所に来ちゃったみたい。ここはどうやら本格的な登山目的で来る所らしいのに、私たちは今回軽装で来ているのです。それに歩くにはさらに車で奥に入らないとだめらしい。困ったなぁ、ここまでいったい何しにきたんでしょ?でも優しいお兄さんは、「じゃあここからもう少し行ったところに初心者向けのすごくいいコースがあるから連れて行ってあげる。」と言ってくれたので、追加料金を払ってさらにバスに揺られ、コースの入り口で降ろしてもらいました。「○時に迎えにくるからここにいてね~」と言い残し、バスは煙をたててぶーんと走り去って行きました。
P1000774_R.jpg

P1000839_R.jpg

そんなこんなでかなりアセッた始まりでしたが、いざ歩き始めてみると不安はうそのよう。木漏れ日が美しい森でした。ここは針葉樹ではなく、葉っぱの小さい広葉樹で、すがすがしく楽しいコースです。お兄さん、大正解!

このコースは道がはっきりしているわけではなく、看板は一つもありません。オレンジの矢印を目安に道を見つけるのです。危険な場所は他の色で表示されているからすぐわかります。昔ガールスカウトで木や石に印をつけながら歩いたことを思いだしました。わかりやすく、しかも景観を損ねない配慮に関心しました。
P1000777_R.jpg

P1000833_R.jpg

P1000836_R.jpg

古くなった大木は自然に朽ちて倒れ、またそこから新しい命が生まれる。長い時間をかけて森が生まれ変わり世代交代する壮大なドラマを目の前で見せつけられているようでした。
P1000834_R.jpg

休憩中に遊びに来た鳥。何という鳥かな?とても人懐っこいのです。どうしてオーストラリアやニュージーランドの鳥は人間を怖がらないんだろう?
P1000790_R.jpg

やがて目の前が開け、美しい湖に着きました。ランチは何も持ってこなかったので、グレノーキーの小さな売店で買ったスナックのみ。日本と違って、観光ガイドに載っていてもどこでも便利なお店があるわけじゃないんですよねー。ちゃんと調べなかったことをちょっと反省。まあ景色がきれいだからいっか。
P1000804_R.jpg


P1000817_R.jpg

P1000821_R.jpg

時間になるとお兄さんがまたバスでぶーんとやってきてピックアップしてくれ、帰路へ。このお兄さんのおかげで思い出に残るハイキングができました。ニュージーランドの人たちは人懐っこくて親切な人が多いのには感激しました。観光客には優しいのかもしれませんが、営業用ではなく根っからの暖かさがにじみ出る人柄を感じました。オーストラリアにもニュージーランドからの移住者がたくさんいるけど、飾らない暖かさを持った人が多い気がします。
P1000866_R.jpg

他の場所ではなかなか見れない、見る人を圧倒するユニークな大自然とフレンドリーな人たち。すっかりこの国のファンになってしまいました。
P1000864_R.jpg

ニュージーランドはオーストラリアにとって兄弟のような国。オーストラリアから行くと、同じお店や銀行があるので、あまり外国にいる気がしません。オーストラリアの永住者はニュージーランドに入国すると永住権がもらえるので、私のパスポートには永住者のスタンプがつきました。せっかくご縁ができたのでぜひまた訪れて、今回行かなかった多くの場所に行ってみたいと思います。キウイ英語が課題ですが~


関連記事

テーマ : ニュージーランド
ジャンル : 海外情報

ニュージーランド旅行 3 Arrowtown

クイーンズタウン周辺の情報は、旅に出かける前にインターネットなどで調べましたが、得られる情報は限られているので、細かいことは現地に行ってから旅行者のためのインフォメーションセンターで調べました。クイーンズタウンのセンターの係員は慣れたもので、バスの乗り方やハイキングコース、ツアーのことなどをいろいろ教えてくれました。

アロータウンは昔金鉱で栄えた町。クイーンズタウンから近く、観光名所になっている場所です。車は借りなかったので、地元のバスに乗って行きました。

アロータウンにもインフォメーションセンターがあり、日本人の係員が親切に教えてくれました。クイーンズタウン周辺では働いている日本人によく出会いました。ホテルのベルボーイ、和食屋さん、みやげ物店、森林のレンジャー・・・。やはり日本人に人気の観光地だということを実感。でも最近はクライストチャーチの地震と東北大震災の影響で、日本人観光客は少ないとのことでした。クライストチャーチの余震はいまでも絶えることがなく、滞在中も元日に大きな地震がありました。

古い街並みが残る町。かわいい建物ばかりでカメラが離せませんでした。
P1000733_R.jpg

P1000738_R.jpg

P1000735_R.jpg

赤いポストがカワイイですね
P1000734_R.jpg

この街はハイキングコースがたくさんあります。渓流に沿ってのんびりお散歩ができるコースを選びました。木漏れ日がとっても気持ちいい!
P1000742_R.jpg

P1000740_R.jpg

巨大なクリスマスツリー!
P1000743_R.jpg

水遊びをする地元の家族
P1000756_R.jpg

歩いていると、いたるところにシダがありました。シダの一種シルバーファーンはニュージーランドの象徴になっていて、土産物などいろいろなところでモチーフを見かけました。クルクル丸まっているシダの芽はKoruと呼ばれ、これもニュージーランドを代表するモチーフになっています。新しい出発を意味し、先住民マオリ族の間でお守りにされてきたのだとか。
P1000752_R.jpg

マオリのシンボルは、その他にも人の顔をかたどったTiki、クジラの尾びれなどがいろいろなみやげ物に使われています。自然を愛する気持ちが伝わってくる素朴なデザインがステキで、ついついアクセサリーなどいろいろ買ってしまいました

関連記事

テーマ : ニュージーランド
ジャンル : 海外情報

ニュージーランド旅行 2 Doubtful Sound

ダウトフル・サウンドはニュージーランドに数あるフィヨルドの中で一番水深が深く、二番目に長いフィヨルドです。一泊クルーズのツアーに参加しました。

Queenstown からバスで出発。Wakatipu湖をひたすら南下しながら湖と陸地の景色を楽しみました。バスの座席は外側に角度がついていて天井まで広いガラスなので、抜群の眺めです。運転手さんはガイドと兼任。サービス精神旺盛で、3時間以上の行程をひたすらしゃべり続けていました。ここは酪農が盛んで、オーストラリアと同じようにどこまでもこんな風景。羊、牛、馬、山羊が飽きるほどいます。
DSCN1995_R.jpg

昔は羊の数のほうが人間の数より何倍も多かったそうですが、最近は羊は減り、鹿の酪農が盛んになってきているそうです。鹿農場をよく見かけました。
DSCN2001_R.jpg

ワカティプ湖の南端の町キングストンでは、昔住民の足として使われた蒸気機関車が走っていました。今は保存に熱心に人たちの寄付に支えられて、一部の区間を走っています。実際に乗ることもできますよ。
DSCN1970_R.jpg

Manapouriに到着。ここからマナポウリ湖を船で渡ります。
DSCN2003_R.jpg

ニュージーランドのフィヨルドは、車でアクセスができるミルフォード・サウンドが有名で、多くの観光客はこっちへ行くようです。ダウトフル・サウンドに陸側からアクセスするには、マナポウリ湖を渡るしかありません。ダウトフル・サウンドはミルフォード・サウンドより三倍も長いのです。ダウトフル・サウンドの名は、キャプテン・クックがイギリスからやってきてここを発見したとき、狭くて安全に航行できるかどうか疑わしいので、入るのをあきらめたことからついたと言われています。
DSCN2022_R.jpg

湖を渡ったらまたバスに乗って険しい山を越えます。ここはニュージーランドのバス道としては一番急こう配の道。険しくくねったデコボコ道を女性のドライバーがガイドつきで勇ましく運転していましたが、ちょっと怖かった。この道の建設は困難で、莫大な費用がかかっているそうです。貴重な旅だったんですね。ダウトフル・サウンドを見下ろして感動。あそこを船で渡るんだなあ!
DSCN2028_R.jpg

そしていよいよ Deep Cove から乗船、フィヨルドに出発!
P1000572_R.jpg

ヨーロッパ、アメリカ、中東、アジア・・・世界中から来た観光客と一緒になりました。日本人は私たち以外いませんでした。
P1000575_R.jpg

そしてまもなくアクティビティ開始。ボート、カヤック、水泳から好きなものを選べます。ボートの添乗員は近くを移動しながら、この辺りの地形や自然を詳しく解説してくれました。
P1000579_R.jpg

その後船の旅は進み、とうとうタスマン海に到着!静かなフィヨルドとうって変わって荒々しい海です。
P1000610_R.jpg

岩にはすごい数のアザラシが張り付いています。船長さんはサービス精神旺盛で、荒波の中岩場にできる限り近づいてくれました。逆光だったのでうまく撮れませんでしたが。
P1000617_R.jpg

ノルウェーにもフィヨルドがありますが、ここのフィヨルドはちょっと雰囲気が違います。ノルウェーはもっと切り立った崖が深いですが、ここのフィヨルドは明るい感じ。ノルウェーは荘厳、ニュージーランドは開放的といったところでしょうか。
P1000632_R.jpg

ビュッフェ形式の夕食の後も旅は続きます。
P1000622_R.jpg

ここではアザラシのほかにもアシカ、イルカなどいろいろな動物が見られます。動物が出現すると船長さんが船内アナウンスで教えてくれるので、ラウンジやバーにいた人も、船室にいた人も、みんなカメラを持ってデッキにダッシュ!
P1000619_R.jpg

夕食のデザートが出た後は部屋に集まって、なんとパワーポイントのスライドを使ってフィヨルドやニュージーランドの自然の勉強会!(希望者のみ)。朝のバスガイドに始まり、そのあとの船とバスのガイド、ボートアクティビティでのガイド、一日中解説を聞きっぱなしでした。ニュージーランド英語の強いアクセントのため半分ぐらいしかわからなかったけど。いや~しかしニュージーランドの人ってまじめなのか、サービス精神旺盛なのか、ニュージーランドを心から愛しているのか・・・頭が下がりました。
P1000642_R.jpg

夜10時ごろでもこんなに明るい
P1000635_R.jpg

フィヨルド上に停泊、夜を明かした後はすてきな朝がやってきました
P1000669_R.jpg

みんなが朝食につこうとすること、またまた船長から号令が!デッキに駆けつけると、イルカが何匹も楽しく遊んでいました。しばらく私たちの船と一緒に泳いでいました。クジラのように潮を吹くのでどこにいるかわかるんです。イルカって知らない人(物体?)と一緒に遊ぶのが好きなんですね。
P1000656_R.jpg

いくつにも分かれたフィヨルドの支流のひとつ、Hall Armの先端に到着。ここで行き止まりです。引き返す前に船のエンジンもシャッターもおしゃべりも、すべて5分間だけ止めます。するといままで気付かなかった鳥のさえずりや滝の流れる音が聞こえてきました。静寂の中神々しい大自然にいだかれ、別世界にワープしてしまったようでした。

P1000687_R.jpg

P1000680_R.jpg



関連記事

テーマ : ニュージーランド
ジャンル : 海外情報

ニュージーランド旅行 1 Queenstown

年末年始休暇はニュージーランドで過ごしていました。ずっと前から訪れてみたかったこの国、オーストラリアに住むようになってようやく実現しました!ニュージーランドは全国にわたって見どころ満載ですが、今回は南島で人気のクイーンズタウンを中心としたのんびり旅です。

ブリスベンから直行便だと4時間。タラップを降りるとそこは別世界。近くにそびえる険しい山の距離感がわからなくなっちゃうほど接近してます。
DSCN2099_R.jpg

ワカティプ湖はゴツイ山肌の山々に囲まれた美しい湖。ここを中心に町ができています。天気の具合で毎日、いえ一日中湖水の色と山肌の色と質感が変わる不思議な湖。空の色と雲の状態がそのまま湖の色に反映するのです。いつ見ても景色が違うので飽きることがありません。
DSCN2058_R.jpg

DSCN2053_R.jpg

DSCN1934_R.jpg

P1000563_R.jpg

この水の透明度!泳いでいる人もたくさんいました。淡水浴もいいですねー。
DSCN2077_R.jpg

空にはパラグライダーがたくさん。空から湖が見下ろせるなんて贅沢!モーターボート、ヨット、カヌー、カヤックなど、アクティブ系のスポーツが盛んです。
DSCN2084_R.jpg

湖のほとりにはおしゃれなバーやカフェ、レストランが並びます。
DSCN2057_R.jpg

レストランや土産物店が立ち並ぶモール。
DSCN2089_R.jpg

この辺りの景色を描く画家のギャラリーを巡るのも楽しい。
DSCN2086_R.jpg

昼と夜の温度差が20度ぐらいになるときもあるので、服装には注意。昼は空気がきれいなせいか、直射日光が肌に刺して痛い。でも日蔭にいけば大丈夫。夜はジャケットが必要な時もありました。
DSCN1967_R.jpg

この季節、日没は9時半ごろなので10時ぐらいまでは明るいのです。しかもお店は9時とか10時ごろまで開いているという、ブリスベン住民としては信じがたい光景。一日目いっぱい遊べるので、夜ホテルでゆっくりする時間はちょっとしかありませんでした。
DSCN1956_R.jpg

はぁ~、もう景色がなにもかもロマンチックです~
P1000567_R.jpg

テラスの食事が気持ちいいレストランを見つけました。さすがに羊の国、ラムの料理はたくさんあって、おいしかった!
iphone3_R.jpg

食のクオリティは高く、日本人の舌を十分に満足させます。イタリアン、インド、日本、シーフードなど、どれもハズレはありませんでした。しかもお値段は安いのです。
iphone4_R.jpg

クイーンズタウンは海に近くはないのですが、日頃魚に飢えている私としてはやっぱりシーフード!
DSCN2096_R.jpg

日本の2倍ぐらいあるしらすは、揚げて食べるのが主流。スパイスが効いていてビールに合います。
DSCN2039_R.jpg

ニュージーランドビールのファンになってしまいました。よく見かけた南島のビールMontheithは黒もあり、飲みやすい。
iphone1_R.jpg

これも南島のビールSpeights。ボトルがかわいいでしょ?ニュージーランドはエールビールが多く、エール好きの私にはたまりません!
speights_R.jpg

ニュージーランドはワインの産地でもあります。昼間酒屋さんで買っておいて、ニュージーランド産のチーズとともに夜はホテルで晩酌です。ワインテイスティングのお店があったので飲み比べ、すっかり酔っぱらった末にはブリスベンではなかなかお目にかからないPino Grisをおみやげに購入しました。


ゴンドラに乗って山頂へ上がりました。ここからの景色は息を飲む絶景です。
P1000558_R.jpg

オーストラリアで地元の真っ青な海に慣れている私も、こんな真っ青な湖の色には真っ青。ちょっと乳白色がかっていて神秘的。湖とは信じがたい色でした。
P1000553_R.jpg

この季節はいたるところでカラフルなルピナスの花が咲いていました。
P1000549_R.jpg

大みそかには湖のほとりにたくさんの人が繰り出し、新年には湖上に花火が上がりました。ブリスベンより3時間、日本より4時間早く新年を迎えました。でも10分ぐらいで終わっちゃったので、ホテルに帰ってワインでお祝いしました。新年になってもずっとクリスマスツリーが飾られているので、正月気分はまったくありませんでした。
P1000730_R.jpg

雨天も多いはずの土地ですが、今年は異常気象のため、滞在中南島は晴天続きでした。地元の人は乾燥しすぎを心配していましたが、今週は雨のようです。旅行者にとっては本当にラッキーでした。
DSCN2033_R.jpg

関連記事

テーマ : ニュージーランド
ジャンル : 海外情報

プロフィール

divayoshiko

Author:divayoshiko
よりよい生活と仕事環境を求めて、日本の会社を辞めてオーストラリアに移住しました。IT技術者として生活を確立するまでの様子、日々の生活や仕事のこと、現地情報、オーストラリアや日本について感じることなどをつづっています。メルボルン在住。
Twitter @divayoshiko

これまでの歩み
2009年
4月  技術独立ビザで永住権取得
2010年
1月  東京からブリスベンに移住
2月  シドニーに移住
4月  ブリスベンに移住
5-6月 メルボルンに長期出張
2014年
2月  メルボルンに移住

最新記事
最近のコメント
伝言板
カテゴリ検索
日付順検索
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2012年01月 | 02月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


キーワード検索
トリップアドバイザー掲載 タスマニア記事
タスマニアの旅行情報
トリップアドバイザー掲載 ニュージーランド記事
クイーンズタウン
個人的なコメントや質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

関連ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。