スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本屋がつぶれて出てきたつぶやき

本のチェーン店Angus & Robertson がオンラインショップを残して閉店を決定し、国内38店舗をたたむことになりました。数か月かけて在庫一掃セールをしていて、私がよく通りかかる二店舗も日に日に在庫がなくなっていき、とうとう本棚がスッカラカンになってついに閉店してしまいました。アメリカで650店舗、オーストラリアなど国外でも展開していた、グループ会社のBordersの倒産に伴うものです。

Bordersはアメリカ中どこに行ってもあって、広い店舗にゆったりと本棚が配置され、フロアにはいすが置いてあって座って本が読めるし、カフェも併設されていて、とてもくつろげる図書館のような場所でした。みんな読むだけ読んで買わないんじゃないかと心配になるほどでしたが、さすがにオンラインショップや電子書籍の存在が大きくなってからは、見るのは本屋、買うのはオンラインになっていたでしょうから、破たんするのも時間の問題だったかもしれません。オンラインショップは安くて早くて家まで届けてくれるのは便利だけど、やっぱりふらっと本屋さんに寄ってパラパラページをめくるのもいいものです。そんなくつろげる本屋さんがなくなるのはちょっぴりさみしい。

Angus & Robertsonは残念ながらそういういい思い出があるわけではありません。特別くつろげる雰囲気でもなかったし、第一オーストラリアの本屋はびっくりするほど高くて、とても気軽に買えません。買うとしたら、ショッピングセンターや街の一角にある、安売りの本が平積みされているようなお店とか、ブックフェアなどで買います。どうしてもほしい本があるときは、アメリカのAmazonから取り寄せます。(オーストラリアにAmazonはありません。日本のAmazonは配送料が目が飛び出るほど高い。日本の方がアメリカより近いはずなのに、これはかなり不満。)イギリスのオンラインブックストア、Book Depositoryは世界中配送料がタダなので今度試してみたい。と思っていたら、先日Amazonに買収されていました。この業界はすごい勢いで激変しています。

これだけ本が高いとオンラインショップや電子書籍になるのも当然。KindleやiPadで読んでいる人も多いです。本だけでなく、生活用品や服など他の商品も海外のショップからオンラインで買う人が増えていて、国内の小売業界が悲鳴を上げているほどです。インフレで小売店での買物は高いのに品質も品揃えもあまりよくない。だったら商品の選択肢の多い世界のショップから、豪ドル高を利用して買う方がおトクです。私ももうすこし海外のオンラインショップを研究してみようと思います。

日本の小売製品は品揃えも品質も世界最高レベル。それなのに、海外にいるとなかなかその恩恵を受けることができません。インターネットがあれば国境なんて関係ないはずなのに、なぜ国内向けばかりの近視眼なんだろう?海外からオンラインで英語で注文できて、配送料もそれほど高くなければ注文が殺到すると思うんだけど・・・。このつぶやき、考えてみたら私が10年以上前にアメリカに住んでいたころにつぶやいていたセリフと同じでした。

スポンサーサイト
関連記事

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

住みたい所に住む

シドニーに住んでいた友人がブリスベンに越してきたというので、しばらくぶりに会いました。彼はもとはフランスの出身、オーストラリアに移住してシドニーにずっと住んでいましたが、新しい世界を経験するために2年ほどシンガポールで仕事をしてシドニーに戻りました。で今度は転職してブリスベンへ。でもここは刺激がなくてつまらないので、来てまだ2カ月だというのにもうすぐゴールドコースト(ブリスベンへの通勤範囲内)へ引っ越すそうです。たしかにブリスベンは住みやすいところですが、遊びや観光に適した所ではありません。

この国では、というか特にオーストラリアだけでないと思いますが、国内国外に関わらず自由に住む場所を変えながら生きている人がたくさんいます。オーストラリアの国内移動だけ見ても、仕事を辞めて、または前の仕事を続けながら、住む土地を変えるのはよくあること。特にブリスベンは温暖な気候を求めて他の州からやってくる人が多いです。

国境を越えた引越も普通のことで、いろんな国を渡り歩いている人も珍しくありません。私の前のルームメートは、「日本→ニュージーランド→オーストラリア」の人と、「香港→アメリカ→オーストラリア」の人だったし、南アフリカ→ヨーロッパ→オーストラリアなどのパターンも多いし、香港→オーストラリア→香港→オーストラリア、シンガポール→オーストラリア→シンガポール→オーストラリアの友人もいます。オーストラリア人でヨーロッパに何年か暮らして、また戻って来る人も多いです。

住む場所を変えるのはいろんな理由があるでしょう。オーストラリアへの移民はイギリス、ニュージーランド、中国からの人たちにとって特に人気ですが、最近私のまわりでは経済状況の悪化でイギリスやニュージーランドからやって来る人が多いです。生活の質を向上させたい人もいるし、自分と相性のいい土地で暮らしたいという人もいます。キャリアアップという理由もあります。私の同僚の女性はフィリピンからオーストラリアに来て、情報システムの先進国での仕事を経験するためにアメリカに渡り、何年か仕事をした後オーストラリアに戻ってきました。ビジネスがグローバル化している現在、国際経験があるのはキャリア上有利なので、レジュメに堂々とそれを書きます。特に技術者は海外で仕事をしやすいこともあり、いろんな国で仕事をしている人が多いです。

新しい世界を経験したいからという理由もあります。同じ国や土地に長くいると視点や考え方が固定されてしまいます。違う国に住むということは大変なこともたくさんありますが、新しい経験をし、新しい人に会い、自分の世界が広がるし、人生がより豊かになります。私の場合は、日本を出て世界観が180度変わってしまいました。日本では国内ニュースが中心で海外のニュースはあまり入ってこないし、人材の流動も少ないので世界が遠い感覚がありますが、オーストラリアでは国内だろうと国外だろうと同じ扱いでビッグニュースを優先して扱うし、日常的に海外からの情報がどんどん入ってきます。いやでも自分は世界の中の一員なんだということを意識してしまいます。

日本では人生のステージやキャリアアップの都合に合わせて住む場所や国を変えるという感覚がありません。私がオーストラリアに移住することを伝えたときの日本の職場の反応は、技術者集団でしたが、こっちがびっくりしてしまうほどでした。「オーストラリアに骨を埋めるんですか」とか「何年ぐらい行ってるんですか」とよくきかれ、返答に困ったものです。農耕民族と狩猟民族の違いという意見もありますが、今や国の間の垣根が低くなり、ヨーロッパでもアジアでも国をまたいで仕事をしたり住む場所を変えることは珍しくなく、特にビザを取りにくい国でもないという条件を考えると、日本は特異な国だと思います。

今後日本では産業の空洞化とグローバル化が進み、国内では仕事が少なくなり、海外に職を求めたり海外の人達と競争しなければならなくなります。日本で移住や海外就職を目指す人達は、人生を日本に固定化した考え方が圧倒的な社会にいると不安になることも多いと思いますが、日本を一歩出れば、その時々の都合で住む場所や国を変えることは普通のことです。

そういう私も今はブリスベンに仕事があり、この土地が気にいって人生を楽しんでいますが、この先なにが起こるかは誰もわかりません。10年後は他の街や国にいるかもしれません。何があるかわからないから人生っておもしろいんですよね。

関連記事

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

いよいよ炭素税導入?

オーストラリア政府はこれまでずっと議論が続いていた炭素税導入について、ついに詳細計画を発表しました。来年7月から二酸化炭素排出量の多い500社に炭素税を課し、2015年からは排出量取引制度に移行するというもの。2050年までに温暖化ガス排出量を2000年比で80%削減するという強気の目標を掲げています。

オーストラリアの二酸化炭素排出量は世界全体の1.5%でそれほど多くはありません。でも天然資源の輸出が国の大きな収入源になっているこの国では、国内のエネルギーは石炭や天然ガスといった化石燃料に頼っています。原子力発電はなく、クリーンエネルギーへの移行が叫ばれていました。クリーンエネルギーや排出量取引制度への移行はグローバルな動きで、この国もいつまでも古いやり方に頼ってばかりはいられません。地球温暖化への対応の方向性を打ち出したことに関しては歓迎したいと思います。

でも改革には痛みを伴います。当然負担が大きくなる鉱山会社や鉄鋼業などは大反対。産業界でかさむコストは消費者に転嫁されるため、国民からの反対の声もまだまだ強いです。年々物価が上がっているオーストラリアでは、生産者やサービス業者に課せられた税金が生活費の上昇になってはね返って来る心配があります。

そんな不安に対処するため、今回打ち出されたのは対象業界への潤沢な手当て。そして国民に対しては高額所得者に実質上の負担を負わせ、大多数の所帯には減税と補助金で補填し、少額所得者や年金生活者は収支がプラスにさえなるという優遇策も同時に行うことによって非難をかわした格好です。とはいえ年々業界からの価格転嫁が大きくなるのではないかという懸念もあり、一般国民にもまだあまり好意的には受け止められていないようです。これからますます業界や野党との攻防が激しくなってくると思われ、実際に導入できるのかどうか目が離せません。ソーラー・風力発電といった再生可能エネルギーがこれからどこまで進化するのかも見ものです。

この税金導入の詳細計画は、日曜の昼間に首相の記者会見で発表されました。財務相と気候変動相も交えた説明と質疑応答で計一時間。その記者会見の動画と解説は瞬く間には多くのウェブニュースやテレビ番組で報道されました。情報収集はインターネットとテレビでほとんどが事足りてしまうので、私は紙の新聞を読むのはたまにカフェに置いてあるのを読むぐらいです。

驚いたのは、政府が用意した補助金に関する40ページにわたるPDF文書がニュースメディアからダウンロードできるようになっていること。まだやると決まったわけじゃないのに。ここには記者会見で説明された基本方針のほか、家族構成の違い、学生、年金生活者、労働者などの身分の違い、所得の違いによって、政府からの補助金額と炭素税導入による生活費への影響とが一覧表になって載っています。細分化された所得によって補助金が変わって来るので、すべての国民に対応するとこんなに長い文書になってしまうのです。また、Clean Energy Futureというキャンペーン用のウェブサイトも立ち上げ、エネルギー問題の背景、国の施策の基本的な考え方、各国の取り組みなどをわかりやすく説明して国民の理解を求めています。政府はこれからもこの施策に関してかなりの広告宣伝費を投じる予定です。

政府がやろうとしていることをちゃんと国民に説明し、それをマスコミが国民にわかるように伝えるからこそ、それに対する議論が生まれ、世論が作られて国の施策が決まっていくんですね。これって民主主義の国ではあたりまえのことなんですが、民主主義とは名ばかりで国民がほったらかしにされている国から来た私は、こんなことにもいちいち感動してしまいます。日本ではなんだかよくわからないうちに国民不在のままあれよあれよという間に物事が進んでいき、気がついたら決まっていたというのが普通ですから。政府が国民への説明責任を果たし、国民もそれに意見して、両者が協力して国の施策を作っていくからこそ、両者の間に信頼関係が生まれるんですね。


関連記事

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

年度末セールの戦利品

オーストラリアでは7月1日から新しい会計年度が始まりました。年度末の6月は街中が年度末セール。6月30日には値下げ率も最高になり、多くの人が街へ繰り出しました。7月になってもまだセールをやっています。イースター、母の日、クリスマス後などのセールのときはキッチン用品、寝具、インテリア用品なども値段が下がるので、なるべく普段は買わずにセールの時に買うようにしています。年度末も大きな値下げのチャンス。ひそかに狙っていたものをゲットしました~

今回のテーマは、「ザ・寒さ対策」。日本は例年になく暑い夏ですが、オーストラリアは例年になく寒い冬です。時々大寒波が来て朝晩はブルブル震えています(といってもブリスベンでは最低気温6度、最高気温20度ぐらいですが)。温暖なブリスベンでは冬でもコートが要らないはずなのに、今年は厚手のコートを着ている人もよく見かけます。服も体も暖房も家の造りも厳しい寒さには適応していないので、想定外の寒さが来るのはこたえます。8月ぐらいまではまだまだ寒さが続きます。


キャセロール
DSCN1794_R.jpg
寒~い冬にはこれ!通常の半額でした。オーブンに放り込めば煮込み料理のできあがり。そのままテーブルに出せるので便利。冬の間にキャセロール料理をいろいろ研究しなくちゃ。


すり鉢とすりこぎ(mortar & pestle)
DSCN1797_R.jpg
ハーブやスパイスをすりつぶすのに使います。アジア料理、中東料理などに必須のスパイスをつぶしたり、バジルをすってジェノベーゼを作ったり、チャイティー、ナッツと使い方はいろいろ。これは花崗岩製でずっしり重く、オーストラリアではとてもポピュラーな調理器具です。30%引きでした。


ひざかけ
DSCN1805_R.jpg
40%引きで手に入れたモヘアのひざかけ。冷え込む夜のリビングで大活躍しています。


ムートンのルームシューズ
DSCN1791_R.jpg
オーストラリアの名産品の一つ、シープスキンのブーツです。有名なブランドはUGGとemuで、日本にも輸出されていますが、これはemuのもの。寒さ対策はやっぱり足元から。これをはいてると本当にあったかいですよ~。これは残念ながらセール品ではありません。


日本で暑さに喘いでいる方々にとっては迷惑千万な寒さ対策のお話でした。


関連記事

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

ため息・・・な日本の政治とメディア

またやってくれましたねー、松本復興対策担当大臣の就任からたった9日での辞任ドタバタ劇。今回の件は単なる失言ではなく、日本の政治家がいかに民間からかけ離れた世界にいるか、地方や国民を上から目線で見ているか、自分が国を良くしようなんてさらさら思っていないことを改めて見せつけられた出来事でした。

オーストラリアでも複数のメディアが大臣と宮城知事との会談の事件を取り上げ、ネットニュースで発言の一字一句をすべて英訳して紹介しました。
「自分が部屋に入ってからお客さんを呼べ。」
「知恵を出さないところは助けない。」
「長幼の序がわかってる自衛隊ならそんなことやるぞ。わかったか。しっかりやれよ。」
「最後のはオフレコ。書いたらその社は終わり。」
これを読んだ人がどう感じるかを考えると、なんつーか、もう言葉がありません・・・

東北大震災から4カ月たっても少しも進まない被災者支援と災害復興、ほとんどないも同然の危機管理、よくわからないエネルギー対策と将来の資源戦略、いつも一年ほどで変わるので今は誰なんだかわからなくなっちゃう首相・・・。日本が一丸となって国の将来を考え、立ち直らなければならないこの時期、政治家がやっていることはまるで幼児のおままごと。そもそも自分が得するかどうかしか興味がなく、どうでもいいことに関して重箱の隅をつついてばかりで、長期的な国家の運営という視点を持たない人たちがこの国を引っ張っていること自体、ありえないことです。

オーストラリアに住んでいて日本人であることは、他の外国人に比べてそれほど不利なことではありません。どこの国から来たの?と訊かれて「日本」と答えることは、「中国」と答えるより印象がいいのです。日本人は礼儀正しく勤勉でハイテクで先進国家で・・・というイメージがあります。でも三流政治と国の停滞ぶりが知れ渡り、近い将来「日本?あー、あのおバカがいっぱいいる国ね」と言われるようにならないことを祈るばかりです。

今回は日本の政治もさることながら、日本のマスコミがいかに堕落しているかも改めて確認することになりました。大臣の「オフレコ」発言により、取材していた全国区の大手放送局は報道を自粛。ちゃんと報道したのは東北放送だけで、その映像がYoutubeで流れて全国に広まったので、大手もしかたなく報道を開始。こんなのは氷山の一角で、日本の国民は政府に「協力的」なマスコミによっていつも情報統制されていて、彼らに都合のいい情報しか手に入れていないのです。実際海外のメディアと日本のメディアは情報の質に雲泥の差があり、日本のメディアで紹介されない日本のニュースもたくさんあります。

ここで日本の国民が、「こんなメディアは役にたたない。アホらしいからもうテレビの報道は見ない」「しがらみのある新聞社の新聞は読まない」「国内のメディアは信用できないから海外から情報を仕入れる」などという行動を起こす人が増えると少しは話が違ってくるんでしょうけど、残念ながら日本は言葉の壁が厚く、インターネットリテラシーも十分ではないので、情報収集に国内の旧来メディアを頼らざるを得ない人たちがたくさんいます。いくら報道の質が悪くても、それを見ている人がたくさんいればそのメディアを「支持している」のと同じですから、日本のメディアにとっては内向き志向な日本人は好都合なのですね。

少し希望がもてる話は、今回の事件はYoutubeという新しいメディアが国民に情報を提供し、古いメディアを動かしたということ。尖閣諸島中国漁船衝突事件の時もYoutubeによって国民が真実を知ることになったし、中東諸国の民主化革命でもFacebook, Twitter, Youtubeといったネットメディアが大活躍して国民を動かしました。これらのメディアは旧来メディアを変え、世の中を変えていく可能性が十分あります。

これらのメディアの浸透、そして私たち一人一人が正しい情報を得て、日本の将来を作るのは国民である自分たちなんだという自覚を強くもち、自ら行動を起こすことで、日本が変わっていくことを期待したいものです。

関連記事

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

プロフィール

divayoshiko

Author:divayoshiko
よりよい生活と仕事環境を求めて、日本の会社を辞めてオーストラリアに移住しました。IT技術者として生活を確立するまでの様子、日々の生活や仕事のこと、現地情報、オーストラリアや日本について感じることなどをつづっています。メルボルン在住。
Twitter @divayoshiko

これまでの歩み
2009年
4月  技術独立ビザで永住権取得
2010年
1月  東京からブリスベンに移住
2月  シドニーに移住
4月  ブリスベンに移住
5-6月 メルボルンに長期出張
2014年
2月  メルボルンに移住

最新記事
最近のコメント
伝言板
カテゴリ検索
日付順検索
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2011年07月 | 08月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


キーワード検索
トリップアドバイザー掲載 タスマニア記事
タスマニアの旅行情報
トリップアドバイザー掲載 ニュージーランド記事
クイーンズタウン
個人的なコメントや質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

関連ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。