スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Masterchef は私の料理の先生

オーストラリアでは今料理番組が花盛り。エンターテインメントと料理講座の要素を合わせ持つ番組がたくさんあります。日本の「料理の鉄人(Iron Chef)」もそのひとつ。日本で放送されていたのは10年以上前なので、審査員のタレントの姿も10年前、懐かし~い映像にこんなところで出会えるとは!

masterchef.jpg

そんな番組の中でも一番人気は Masterchef Australia です。もともとはイギリスの番組ですが、オーストラリア以外にも、アメリカ、ニュージーランド、インド、マレーシア、ギリシャなど、いろんな国に伝播していて、オーストラリアでは今シーズン3をやっています。あまりの人気に、去年のシーズン2のときは首相選のための党首討論の放送がこの番組とかち合うので、わざわざ討論の時間をずらしたほど。たかが料理番組が政治日程を変えてしまうなんて

この番組では一般公募で選ばれたアマチュアシェフたちが料理の腕を競って対決します。一番悪い評価をもらった人が一人一人抜けていき、最後に残った人がマスターシェフになれるというもの。与えられた材料を使った料理をその場で考えて作ったり、ビーチやレストランに出かけて行ってお客さんに料理を作って提供する現場体験、セレブリティ・シェフとの対決、脱落者決定戦など、いろんなプログラムが用意されています。審査員はプロのシェフや料理評論家です。私がいつも楽しみにしているのは、「マスタークラス」という料理教室。世界の有名シェフが出演して料理の手ほどきをしてくれたり、海外ロケで現地のシェフに各国料理を習う企画も魅力的です。

挑戦者はみんな料理に関係ない職業をもつ老若男女。職業もセールスマン、ダイビングインストラクター、音楽家、IT技術者、会社の事務職、などさまざまです。前シーズンのマスターシェフは弁護士でした。番組収録中は脱落するまで最高半年ぐらいの間はみんな同じ宿泊所に泊りこみ、公平性を保つために外界からシャットアウト。電話、携帯、インターネット、外出は厳しく制限されるのです。日本だったら仕事を半年も空けるなんて考えられませんね~。

アマチュアとはいえ、ギリシャ料理から韓国料理まで、ウサギからアヒルまで、そして魚料理からデザートまで、与えられた課題はなんでもこなさなくてはいけないので、かなりの腕と知識が必要。将来は飲食業界で働きたい人、レストランを開きたい人など、料理には相当の情熱と夢を持った人ばかり。60歳を過ぎても夢を実現するためにがんばっている人もいてステキです。マスターシェフになった人には賞金のほか、プロのシェフの料理教室に行ったり、自分の料理本を出版するチャンスが与えられます。

この番組はインターネットと完全にリンクしています。で、番組放送中はFacebook内に作られたコミュニティサイトに数秒ごとに視聴者から感想が書き込まれ、視聴者と製作者のコミュニケーションツールになっています。週に6日の放送直後には番組ウェブサイトでその日の全放送内容がストリーミングで見られるようになり、過去のすべての放送も無料で見ることができます。ちなみに民放のみならず、日本のNHKに当たるABC放送も過去の収録番組をネットで無料で見れます。保守的な日本のテレビ業界では通信と放送の融合が遅々として進みませんが、世界ではネットを使ったテレビ番組配信は普通のことになりつつあります。

番組ウェブサイトのもう一つの魅力はレシピ。過去の放送で扱ったレシピをPDFでダウンロードできるのです。おいしそうなレシピを探すのは私の楽しみの一つ。シェフのレシピはプレゼンテーションもすごく参考になります。こちらの食材にはだいぶ慣れてきたものの、まだまだ使ったことがない生鮮食材や加工食品がたくさん。この国で入手できる材料や調理器具を使った料理を早く覚えたい私にとって、この番組は本当に助かってます。番組で使われるステキな調理器具を観察するのも大きな楽しみ。将来はこんなフードプロセッサやミキサーを使って料理がしたいな~なんてウットリしながら見ています。

オーストラリアに来てから料理を取り巻く環境が180度変わってしまいました。魚の種類は少ないけど、肉の種類はすごい!オージービーフを始めとして、子牛、和牛、鶏、豚、羊、七面鳥などいろいろ、その上肉の部位もたくさんありすぎてもう大変。売り場には骨付き肉や人の頭ほどの肉の塊がボンボン置いてあります。そして世界の食材が身近にあります。調理にはオーブンや電気調理器をよく使うし、鍋の種類も違う。今のアパートのキッチンの調理台は日本で借りていたアパートの6倍ぐらいあります。残業がないので、仕事が終わってから食料の買い出しに行ってディナーを作ったあとケーキまで焼けちゃう。こんな環境の中で、今まで作ったことがなかったいろんな料理に挑戦したい!と腕が鳴ります。

スポンサーサイト
関連記事

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

和食をもっと知ってほしい!

オーストラリアに来て困ることの一つは和食材が少ないことです。アジア食品店はいろいろな所にあって、調味料やお茶や乾物、加工品を手に入れるのは、種類を選ばなければそれほど難しくありません。日本のお米だって手に入ります。でも魚や野菜といった生鮮食料品は圧倒的に種類が少ないし、手に入れにくいのです。ここに住んでいて改めて感じるのは、和食というのは本当に素材ありきの料理なんだなっていうこと。

魚料理だと、鯖の味噌煮、ぶりの照り焼き、かれいの煮つけ、鯵のたたき、さんまの塩焼き、たらちり、あさりの酒蒸し・・・素材によって代表的な調理方法があって、素材の良さを生かす定番料理がたくさんあります。だからその料理を作るにはその材料がないとだめなのです。野菜もしかり。代わりの材料を使うこともできますが、もともとの料理を知っている身としては、あーやっぱり本来の素材がいいなあーなんて思ったりして。日本に住んでいたときは和食はいろいろ研究していて、母直伝のレシピもたくさん持ってきましたが、材料が限られているため、一部しか役にたちません。

オーストラリアで魚といえば、単にシーフードのカテゴリーの一つで、えび、かに、ほたて貝、ムール貝、牡蠣、それに魚がいくつか、なんて感じです。レシピを見ても、フィッシュ・アンド・チップスとか、フィッシュケーキとか、魚の名前が特定されていなかったり、名前が書いてあっても別の魚でも代用できるものも多い。オーストラリアで人気のインターナショナル料理のひとつインド料理にしても、「フィッシュカレー」とか。なんだーフィッシュカレーって!魚ならなんでもいいのか!?はい、なんでもいいんです。スパイスを入れればなんだって同じですから。和食の場合は、鯵のたたきは鯵じゃなくちゃだめ、ぶりの照り焼きはぶりじゃなくちゃだめなんです。

オーストラリアはヨーロッパやアフリカ、アジアからの移民が多いので、インターナショナル料理はどこにでもあります。アジアは距離的に近く休暇に行く人も多いので、アジア料理もとても身近です。ファーストフードといえばアジア料理だし、レストランもたくさんあります。インド、ベトナム、中華、タイなどの代表的なアジア料理の食材は普通のスーパーで簡単に手に入ります。お米だって長粒米から短粒米まであらゆる種類があり、バスマティライス、ジャスミンライスなど、インターナショナル料理を作るには便利な環境です。テレビでは、アジア系の料理タレントが流暢な英語で自国の料理の作り方を一つ一つ丁寧に解説していて人気です。日本でもインターナショナル料理は身近ですが、普通のスーパーにはそれほど海外の食材は置いてないし、日本人はカレーのように海外のものを自国流にアレンジしてしまうのが得意ですから、一般家庭での本格的なインターナショナル料理は必ずしも一般的でないのかもしれません。

オーストラリアで和食といえばすぐ思い浮かぶのがファーストフードの巻きずし。ビジネスマンがクイックランチに10cmぐらいの長さのデカ巻きずしをほおばる姿はよくある光景です。でも中身はスパイシーチキンとか、ビーフとか、本来の寿司とはかけ離れてますけどね。和食レストランは味がまともなのは高級路線になりがちで、値段はばか高いのに量はこれだけ?だったり。値段が手ごろでおいしい和食を出す店はあまりありません。庶民派のレストランやファーストフードは中国人や韓国人経営が多く、日本ではありえない中華風和食、韓国風和食を平気で和食と称して売っているというケシカラン状況です。

和食はバラエティに富んでおいしくて健康的な、世界に誇れるすばらしい料理です。この国でいろいろな国の料理に触れてもなお、やっぱり和食はすごい。お手頃な値段の普通の和食をもっと多くの人達にもっと知ってほしいと思いますが、海外に出る日本人が少なく、広める人がいない状況では難しいですね。テレビで日本人が英語で和食の作り方を解説する料理番組なんてちょっと想像できないし。食材が少ないという不利な状況も、消費者が知らないから需要もないわけで、「なにィ~鯵も置いてないなんてケシカラン!」とお客に言われる状況になれば話は違ってくるんだけどなあ。

先日会社の同僚を家に招いて普段の和食をふるまったら、日本の普通の家庭料理は食べたことがないととても喜んでくれ、熱心にレシピを訊いていました。手に入る食材でいかに日本の味を作るかをもっと研究し、普通の和食を知らない多くの人達にその良さを知ってもらいたいと思います。日本のいいところをどんどん世界に広めるのはすばらしいことですから。

関連記事

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

楽しいバス通勤

最近は電車とバスを使って通勤しています。ブリスベンでは電車が走っている範囲は限られているけど、バスは郊外まで縦横無尽に網羅されていて、バスを乗り継げばどこへでも行けるようになっています。バス専用道路もあって、これは渋滞の影響を受けないので便利です。バス路線はものすごい数なので、これを使いこなせるようになるのは東京の地下鉄に詳しくなるのと同じように大変かもしれません。

時間きっかりに来る公共交通機関に慣れた日本人の間でよく話題になるのが、バスや電車が時間通りに来ないこと。一応時刻表はあるんですが、時間通りに来たら逆にびっくりしてしまいます。私も最初はイライラしましたが、今ではもうすっかり慣れてしまいました。「○時に来るバスに乗ろう」というより、「待ってて来たのに乗ろう」という感じです。最初から時間通りに来ないものと思えば腹も立ちません。

日本では交通機関は時間きっかりに来るのが当たり前。朝の通勤時間帯には電車が10分到着が遅れただけで遅延証明が出て、サラリーマンがそれを競うようにつかんで会社へ向かってたっけ。こっちだと毎日遅延証明が必要になっちゃいますね。でも少しばかり遅れたからといって別に支障が出るわけではありません。会社ではいつ誰が出社したかなんて誰も気にしてないし、遅く着いたらその分遅くまで仕事をすればいいし、どうしても時間通りに行かなければならない場合は少し早めに出ればいいだけだし。10分遅れて失うものなんて、よく考えてみたらそんなにないのです。

バスの中には車いす専用の広いスペースがあって、車いすが入るときは座席を倒して十分なスペースが確保できるようになっています。バスでも電車でも車いすに乗っている人はよく見かけます。車いすの乗り降りの安全を確保していたら、運行は時間通りに行かないのは当然。時間きっかりの発着は便利だけど、失うものもありますね。バスに乗るときは運転手にあいさつし、降りる時はThank you! と声をかけるのが普通です。ちょっとした行動に現れる心の余裕と他人との暖かいふれあいはすてきだなと思います。

先日のラグビーリーグの試合State of Origin。Queensland州とNew South Wales州が地元の名誉を賭けて戦う、オーストラリアスポーツ界のビッグイベントです。その日はQueensland州にとってホームでの試合だったこともあって、朝からなんだか落ち着かない雰囲気。バスに乗ると、ギャー 車内がすべてMaroon色(あずき色)だったんです。地元のチームMaroonのユニフォームや旗なんかの飾りで埋め尽くされていました。その日はバスだけでなく、会社にもMaroonのユニフォームで出社する人もいて、街中が盛り上がっていましたけどね。

4月のイースターのときもバスの中がすごいことになってました。その日に乗ったバスは女性ドライバー。入ったとたんひっくり返りそうになりました。中はイースターのシンボル、うさぎと卵だらけなんです。大きなフロントガラス一面に何十体ものうさぎのぬいぐるみが積まれ 、天井からは見渡す限りリボンにつけた卵がぶら下がってる!。バス中はキラキラ飾りで埋め尽くされていて、完全にパーティー仕様のバスでした。これはかなり時間をかけてがんばったんだんだろうなあーと思ったので、「すてきね~、楽しいイースターを!」と声をかけるとニコニコ喜んでました。

心に余裕を持つこと、日々の生活の中にちょっとした楽しみを作ること、そしてそれを周りの人たちと分かち合う精神。オーストラリアの大好きなところです。

関連記事

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

TOEIC信仰の不思議

私が日本で働いていた大手外資系の会社ではTOEIC650点を持っていることが必要で、このスコアがないと昇進できず、海外出張にも行けませんでした。元いた会社が買収されてこの会社に吸収される前は、仕事で日常的に英語を使い、海外出張も年に数回行っていました。TOEICは10年ほど前にこの基準ををはるかに超えるスコアを出していましたがスコアを証明するものはなく、それ以来受験したことがありませんでした。なぜならTOEICのスコアが必要になる機会はそれまでなかったからです。転職のときに英語力をテストする場合は、英語で面接すれば一発でわかります。英語を当たり前に使っている職場ではTOEICの点数など必要ないのです。私にとってTOEICを受験することはキャリア上何の意味もありませんでした。

この会社に入社後、人事部からTOEICを受験するようしつこく催促が来ました。しかも受験料は、業務経費のはずなのに会社が負担するわけではなく自分持ちです。私はアメリカで主流のTOEFLとヨーロッパ(含オーストラリア)で主流のIELTSのスコアを持っていましたから、それで代用できないか聞いてみましたがダメでした。アメリカの大学院の卒業証明書や成績証明書もダメ、オーストラリアにいる上司に英語で仕事が遂行できる由の証明レターを書いてもらうのもダメ、とにかくTOEIC一点張りなのです。そこで人事部に聞いてみました。

「なぜTOEICでないとダメなんですか」
「TOEICが社内で英語力を計る指標になっており、指標が複数存在すると判断に困るからです」
でも実際TOEICは日本と韓国ぐらいでしか使われていない国際的にはマイナーな試験で、世界で英語能力をみる試験はTOEFL やIELTSが一般的です。海外の社員でTOEICを知っている人は誰もいず、聞いてみても「何それ?」と言われます。つまりこれは日本だけのルールなのです。アメリカの会社なのにアメリカの基準はダメで、誰も知らない日本の基準にこだわるなんておもしろいですね~。

「これは社用で受験するので業務経費ではないのですか」
「わが社はグローバル企業であり、海外と共に仕事をするのが前提ですから英語ができるのは当たり前のことです。したがって社員が英語の勉強をする費用は会社が負担するべきものではありません。」
ははーん、つまりこの会社では「TOEICを受験する=英語の勉強をする」と理解されてるわけですね。考えてみるとこの会社だけでなく、日本では「英語力を高める=TOEICのスコアを上げる」という風潮があります。

「なぜTOEICのスコアがないと海外出張に行けないのですか」
「以前社員を海外出張に行かせたら英語が使えなくて仕事にならなかったことが多かったので、英語ができない社員は海外出張には行かせられません」
「じゃあ上司が、部下が英語で仕事ができるかどうか判断してから行かせればいいのではないのですか」
「わが社の中間管理職は英語が苦手な人が多く、部下が英語で仕事ができるかどうか判断できるとは限らないのです」
な~るほど、この「英語ができて当たり前のグローバル企業」では、部下が海外出張で使い物になるかどうかも判断できないような管理職に払う給料はあるけど、実際に英語で仕事をしている社員に払う給料はないってわけですネ。実際この会社では、日本では一般社員が海外の社員と仕事をしたり海外出張に行く機会はほとんどなく、英語でのコミュニケーションも一般的ではありませんでした。元の会社にいた外国人社員たちはどんどんやめていきました。私も日本を脱出してオーストラリアに逃げて来ました。人事部もさすがにここまでは追ってこないでしょう。

TOEICは日本の旧通産省と経団連が主導で作った試験です。問題自体は簡単でむしろスピードが重視されますから、試験対策を十分にして試験慣れすることが大切です。テストされるのは読・聞のみ(オプションで話・書あり)で、まさにスピーキングやライティングが苦手な日本人による日本人のための試験。一方TOEFL やIELTSはTOEICよりずっと難しく、読・聞・話・書が総合的に評価されます。実際英語で海外の人とビジネスをするには話・書が必須。また国際社会で一般的なコミュニケーションの方法、異文化や異国のビジネス慣習の理解、世界の中の一つの国としての自国を理解すること、そして会話やメールやディスカッションを駆使して発信する能力など、語学力のほかにもさまざなな実地能力が必要です。TOEICのスコアが高くても英語で仕事ができるとは限らないのです。日本では、日本でしか通用しないガラパゴス試験を使って一生懸命ガラパゴス英語を勉強しているというわけです。

多くの日本企業が社員の英語力を測るのにTOEICを使っていますが、本気で国際コミュニケーション能力をつけたいのであればTOEICに頼るのは得策ではありません。新卒の足切りなど、ある程度の能力をバッサリと計るのには便利なツールなのでしょうが、経験者の職務能力をスコアで評価しても正しい判断になりません。TOEIC以外にも社員の実践的な英語能力を高め、英語でのビジネス能力を評価する方法はいろいろあります。

個人にとっても、本当に実社会で通用する英語を身に付けたかったらTOEICを指標にするのは考え直した方がいいと思います。また企業を見るとき、あまりにもTOEIC偏重の企業は実際にはビジネスで英語を使うことはあまり一般的でなく、国際ビジネスへの理解も乏しいと見たほうがいいでしょう。


関連記事

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

プロフィール

divayoshiko

Author:divayoshiko
よりよい生活と仕事環境を求めて、日本の会社を辞めてオーストラリアに移住しました。IT技術者として生活を確立するまでの様子、日々の生活や仕事のこと、現地情報、オーストラリアや日本について感じることなどをつづっています。メルボルン在住。
Twitter @divayoshiko

これまでの歩み
2009年
4月  技術独立ビザで永住権取得
2010年
1月  東京からブリスベンに移住
2月  シドニーに移住
4月  ブリスベンに移住
5-6月 メルボルンに長期出張
2014年
2月  メルボルンに移住

最新記事
最近のコメント
伝言板
カテゴリ検索
日付順検索
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2011年06月 | 07月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


キーワード検索
トリップアドバイザー掲載 タスマニア記事
タスマニアの旅行情報
トリップアドバイザー掲載 ニュージーランド記事
クイーンズタウン
個人的なコメントや質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

関連ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。