スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

患者主体の医療

移住してきて一年が経ったので、健康診断に行ってみました。日本にいるときは会社で年一回健康診断をやってくれていました。決められた時間に決められた場所に行き、各種検査場を決められた順番に回って、まるで工場のベルトコンベヤに載せられてる商品のように効率よく次から次へ検査をこなし、あれよあれよという間に終了です。でもここではそんな便利なものはないので、自分で医者に行かなくてはなりません。

日本では医者にかかるときは初めから診療科を選んで行きますが、オーストラリアで医者にかかるときはまずGPと呼ばれる一般開業医に診てもらい、専門的な診療が必要とされた場合には紹介状を書いてもらって各専門医のところに行きます。かかりつけ医が決まっていて過去の履歴を全部取ってあるので、医師は患者の治療履歴を見ながら総合的に判断することができます。私のGPは10分のコンサルテーションでいくら、20分でいくらという風に、時間で先生の時間を買っている感覚で、予約するときも「○○先生のコンサルテーション10分お願いします。」という風に予約します。そして決められた時間内にいかに上手に「医者を使う」かが重要。ベルトコンベヤではだめなのです。

診療項目は、先生に過去の経緯や心配事を相談しながら決めていきました。何も訊かないと向こうからは積極的に訊いてくれないので、こちらから畳みかけるように質問して主導権を握ります。こちらがどんどん質問すれば向こうもどんどん答えてくれます。とはいってもこれを全部英語でやるので大変。医者に会う前夜はいつも英語辞書と首っ引きで試験前夜みたいに準備します。でもいくら準備しても単語をド忘れしちゃう。「うーん、あーん」と困ったあげく持ってきたメモを見るか、先生が「xyzね」と助け舟をだしてくれます。でもそのxyzの意味がわからないんですけど・・・。

その場で済む簡単な検査はGPの先生が済ませてくれましたが、特別な検査器具や専門的な検査が必要な場合は、改めて予約をして専門医のところに行かなければなりません。こうして複数の検査をやっている間に時間はあっという間に経ち、結局全部終わるのに一カ月ほどかかってしまいました。

日本ではカルテや検査結果は医者が保管することになっていて患者がアクセスするのは難しいですが、オーストラリアではリスエストすればくれることが多いです。紹介状は封をしてある場合もありますが、自分で見ることもできるので、どんな診断がされているのかわかります。ある日超音波検査をした後、日本じゃ見ないような巨大フィルムを渡されて持って帰れと言われた日には目が点でした。確かにこれは私の物なんだけど、これから職場に戻るっていうのにこんなもの持ってけっていうんですか・・・。ハイ、コソコソと隠すように持って帰りました。ってとても隠しきれない大きさだったけど。

日本との大きな違いは、医者が主体か患者が主体かだと思います。紹介状を書いてもらってある専門医を訪ねたとき、その先生からいきなり「それであなたは私に何をしてほしいの?」と訊かれて仰天してしまいました。な、何って、検査結果をみてGPの先生が専門医のあなたに見てもらってください言われて来たんですけどぉ?、詳細は紹介状に書いてあるはずなんですけどぉ?・・・そうか、この人はクライアントである患者からリクエストがあって初めて動く人なんですね。黙って座っていればなんでもやってくれる日本式に慣れた人はここのところをちゃんと理解しないと、オーストラリアの医者はみんなヤブ医者ってことになってしまいそうです。考えてみれば患者は皆ひとりひとり違うから、その人に合った治療をするには、その人の希望や意思や判断がなければアドバイスしようがないのは当然といえば当然かもしれません。

医療にかかわらず、お金を払って黙って座っていれば誰かが気をきかせて何でもやってくれるというのはこの国にはありません。決めるのはあくまでも自分、そのために必要な情報はどんどんくれるし、なければ自分から求めます。そして判断に責任を持つのも自分。個人が主体の社会にいると、自分が主人公の人生を生きていることを強く意識させられます。

スポンサーサイト
関連記事

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

初めての業績評価

私の会社は一般的にはマトリックス組織ともいわれますが、会社の組織図がなくて、一人の社員にレポートするマネージャがたくさんいます。その中の一人のマネージャは社員の目標設定、能力開発、業績評価を担当します。期の初めの目標設定と終わりの業績評価のときは、一対一でミーティングをします。この人には私のキャリアプランを伝えてあるので、必要に応じて期の途中でもミーティングをして、進捗報告やキャリア開発の相談に乗ってもらったりしています。いわば頼れる兄ちゃん、メンターのような存在です。

社員は皆別々のクライアントのオフィスで働いているので、同じプロジェクトに入らない限り同僚やマネージャと一緒に仕事をする機会はあまりありません。それを補うために社員同士のミーティングが普段から頻繁に行われています。少人数のミーティングのときは近くのカフェ、大人数のときは早朝の始業前か、昼休みか、終業後に会社の会議室に集まります(といっても15人ぐらいまではカフェミーティングにしてしまいますが)。ブリスベンは小さな街でそこら中にカフェがあるので、たいていちょっと歩けばミーティングの場所に行けるので便利。社員同士ちょっと息抜きのおしゃべりや情報交換をしたり、マネージャと会いたいときにも「カフェに行こう!」が合言葉になっていて、普段からよくカフェでお茶してます。

先日入社して初めての業績評価があったので、担当マネージャとカフェで待ち合わせ。私は彼と仕事をしたことは一度もありません。あらかじめ、私と一緒に仕事をしたことがあって私を評価するのにふさわしい同僚二人をこのマネージャに伝えてありました。彼はその人たちからヒアリングをしたり、クライアントから評判をきいたり、私を知っているマネージャたちとミーティングをして情報収集します。私の自己評価も業績管理ソフトに入力してあります。それらを総合した評価結果を社員に伝えて、次の目標設定やキャリア開発のお手伝いをするのがこの人の役割です。

最初に評価が高かった点を言われるのですが、本当によくほめてくれます。どうして良かったのかを具体的に伝えてくれるので、何が評価されているのかがわかります。日本では上司からこんな風にほめられたことはありませんでした。次に改善すべきところを言われるのですが、これもかなり具体的。だからマネージャと対策を話し合って、次の目標設定や能力開発プランにつなげることができます。

目標設定と業績評価はどうしても形式的になりやすいと思います。日本にいたころは、マネージャが評価しやすいように目標設定をなんでも数値で表すように言われたこともありましたが、営業などを除き、仕事の達成度は数字で表せないことがたくさんあります。社員をランクづけするだけでなく、社員の能力を伸ばすことに主眼をおけば評価制度の効果も高くなると思いました。

オーストラリアでは学校でもよく子供をほめるようですが、大人でも子供でも人はほめられて悪い気はしません。先日社内勉強会の講師をしたときも、上司や同僚がすごくほめてくれました。単なるお世辞ではなく、どこが良かったのか、何が自分にとってためになったのかを具体的に。ほめられるとまたがんばろうと思うものだし、自分の長所や改善すべき点もわかります。そうするためにはほめる人が自分の意見と評価基準をちゃんともっていなければならないわけですが。オーストラリアに来てから、周りにつられて私も他人のことをよくほめるようになりました。

関連記事

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

海外からの人材採用

私の会社では、他の多くのオーストラリアの会社と同じく海外からの応募者を積極的に採用しています。Working in Australiaという組織が主催する、オーストラリア移住博覧会 Opportunities Australia Expo がイギリスで開催されるのですが、ここに人事担当者が出向いて採用活動をします。Expoで一次面接をした後も現地で面接を続け、最終面接まで済ませて帰って来る予定。ついてはヨーロッパに誰かいい人がいたら紹介してほしいとのメールが人事の採用担当者から全社員に送られました。社員採用に当たっては、既存社員の紹介が一番信頼性が高いということで、私の会社では紹介を重視しています。ヘッドハンターを使うよりはずっと安く上がるし、マッチ率が高くなるので離職率も低くなるからです。紹介した人が入社した場合は$4000の謝礼が社員に支払われます。

このExpoは、オーストラリアを始めニュージーランドやカナダなどで働きたい人のための博覧会で、仕事の他、ビザ、引越、為替など、移住にまつわるいろいろな情報を集めることができます。日本ではこんなイベントはありえないどころか相談できる人はほとんどいないので、こんな機会があるのは羨ましく思います。

日本でもボストン・キャリアフォーラムというイベントがあって、日本の採用担当者がアメリカの大学を卒業する日本人学生を採用しにボストンまでやってきます。私も以前ここで仕事を見つけました。また最近は日本の企業も海外の人材がほしいということで、中国の学生を採用しに現地に行ったりしているようです。でもこれは主に学生が対象で、国際的に活躍できる人材がほしいというのが企業の目的です。Opportunities Australia Expo は国籍を問わずさまざまなスキルを持つ社会人を広く対象とし、移住者に必要な様々な生活面までサポートします。実際異国で就職する場合は、仕事に加えて生活面の適応も無視できないのです。

優秀な人材をつかまえるためなら自ら海外に出て行ってまで採用活動をするオーストラリア。国境よりも高度な人材を採用して競争力を保つほうがずっと重要なのです。これが可能なのは、自分たちとは異質のものを受け入れるという下地があるからにほかなりません。

日本では高齢化が待ったなしで、年金生活者を支える現役世代や介護従事者が圧倒的に不足します。またグローバル化が現実のものになっている今、日本だけですべてをまかなうのは不可能だけでなく、国際競争力の低下は避けられません。ところが外国人受け入れに関して日本の抵抗感は異常なほど高く、なかなか真剣な議論にならないどころか、移民受け入れに積極的な意見を言う人は非国民としてたたかれます。

スイスのIMD(経営開発国際研究所)が発表した、「高度人材(専門職)から見た労働市場の魅力度ランキング」によると、日本は中国(19位)、韓国(33位)を抜いて堂々の42位。ちなみに1位はスイス、2位はシンガポール、3位はアメリカ、オーストラリアは7位です。これはオーストラリアで働いていて大いに納得。外国人や異文化を受け入れる用意もなく、共通語の英語が通じず、奴隷のように働かされ、専門職が尊重される環境もないような国でわざわざ働きたい人はいません。こんなにそっぽを向かれても、今なお鎖国を続ける日本はいったいどこへ行くのでしょうか。


関連記事

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

プロフィール

divayoshiko

Author:divayoshiko
よりよい生活と仕事環境を求めて、日本の会社を辞めてオーストラリアに移住しました。IT技術者として生活を確立するまでの様子、日々の生活や仕事のこと、現地情報、オーストラリアや日本について感じることなどをつづっています。メルボルン在住。
Twitter @divayoshiko

これまでの歩み
2009年
4月  技術独立ビザで永住権取得
2010年
1月  東京からブリスベンに移住
2月  シドニーに移住
4月  ブリスベンに移住
5-6月 メルボルンに長期出張
2014年
2月  メルボルンに移住

最新記事
最近のコメント
伝言板
カテゴリ検索
日付順検索
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2011年02月 | 03月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -


キーワード検索
トリップアドバイザー掲載 タスマニア記事
タスマニアの旅行情報
トリップアドバイザー掲載 ニュージーランド記事
クイーンズタウン
個人的なコメントや質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

関連ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。