スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本のシステム業界はやっぱりガラパゴス

日本のシステム業界は世界に大きく後れを取っているというのは以前から認識していましたが、日本の外で働くようになって、想像よりはるかに世界標準とかけ離れているということに大きな衝撃を受けています。日本の外資系企業で働いていたときは北米、オーストラリア、アジア、ヨーロッパの社員と一緒に仕事をする機会がありましたが、どの国の社員と話をしていても話がかみ合いませんでした。「こりゃあ合わないわけだわ・・・」というのが正直な感想です。

日本は新しい技術や手法を取り入れるのが遅いです。新しいやり方が出てきた当初はワッと話題になるけれど、騒ぎがおさまるとそれで終わり。実際にそれを取り入れるのはとても慎重です。新しいやり方で成功する可能性よりも失敗する可能性を恐れ、自分が率先してやってみる前に前例を求めます。新しい手法はたいてい海外から来るのですが、海外の事例はダメで、日本の事例があることが重要です。だから日本のどこかの会社がやるとみんな右にならえになってしまいます。

一つの例がソフトウェア開発手法。日本ではいまだに昔ながらのウォーターフォールモデルが主流です。時間とコストがかかり、変更がしづらい方法です。世界では柔軟性があり時間とコストが削減できるスパイラルモデルがどんどん取り入れられており、オーストラリアでもその流れをくむアジャイル開発が多くの会社で採用されています。私のクライアントの会社ではCIOのトップダウンですべての社内プロジェクトでアジャイルが採用されているし、他のクライアントもアジャイルを採用しているところは多いです。私の雇用者のコンサルティング会社でも、社員同士が集まるとアジャイル用語が飛び交い、もはやアジャイルは常識。日本では部分的に小規模で採用している会社もあるようですが、大規模運用や全社採用なんてまだまだ先の話です。

それとなんといっても人材に対する考え方がまったく違います。日本では人月に対してコストがチャージされ、エンジニアやコンサルタントが生み出す価値に対する評価は二の次になっています。エンジニアというのは何でも屋であり、大勢いる働き蜂の中の一匹にすぎないのです。こちらではエンジニアは専門職で、特定分野のプロフェッショナルであることが評価され、「労働力」でなく「どんな価値を生み出すか」が重要です。日本以外の国々では企業向けシステムの世界に「ビジネスアナリスト」という職種の人がたくさんいます。ビジネスとテクノロジーの間を取り持つ重要な役割の職種で、彼らなしにはシステム開発は成り立ちません。日本ではそういう職種はないし、その言葉さえありません。重要な役割の専門家がいないというのは驚くべきことです。

なぜこんなにも世界の常識とかけ離れているのか?一つの大きな理由は日本独特の業界慣行でしょう。特定の大手ベンダーが受注し、下請け、孫請けに投げるという硬直的な業界構造があり、スピーディで柔軟な対応を妨げています。注文する企業は大手ベンダーに丸投げで、イニシアティブを取ることができません。ベンダーは特に下請けになればなるほど、休日返上、不眠不休で言われたことをやり、無理がきく会社が重宝されます。外資系ベンダーもガチガチのピラミッド構造の業界では苦戦を強いられます。

もう一つはグローバルな視野がないこと。日本のベンダーはグローバルマーケットが視野に入っておらず、ほとんど海外進出していません。働いている人も、自分たちの競争相手は賃金が安くて優秀なインド人や中国人なんだという意識はないし、海外で働く可能性を考える人もほとんどいません。この世界では英語が世界標準になっているというのに、マニュアルが英語だといちいち文句をいうのは日本のエンジニアぐらいです。システム業界は国際的にも人材の流動性が高い業界で、就職や短期のプロジェクトのために海外で働くのはよくあること。でも世界の人材は英語が通じない日本を素通りしてしまいます。世界に行かないし世界からも来ない。そのため新しい技術や経験が入って来ないという負のスパイラルに陥り、世界の孤島ガラパゴスになってしまうのです。

もうひとつは日本のエンジニアの待遇の悪さです。3K職場ではプロフェッショナルとして扱われず、深夜も休日返上も当たり前。休暇も取りにくく、滅私奉公で働いて体を壊したり鬱になったりする人も多いです。待遇も実力でなく、年功序列や正社員か派遣かなどというまったく根拠のないところで決まってしまったりします。私は外資系会社の社員だったのでまだましな方だったけど、多くの日本の会社では転職しようにも大変でキャリア開発もまともにできない。世界の国ではまともな労働環境と待遇が用意されているというのに、どこの国でも働けるプロフェッショナルがわざわざ日本を選ぶ理由はありません。

これらの問題は構造上の問題が大きいので、変えるのは至難の業でしょう。働く人自身の意識の問題もありますが、ベンダーやユーザ企業の経営者にシステムを開発・導入する価値に対する正しい認識がないのと、良いものを積極的に取り入れ、新しいことにチャレンジして自分たちの会社を変えて行こうという姿勢が足りないのが大きな問題だと思います。果たして日本のこの業界は変われるのでしょうか、それとも世界に取り残されて没落に向かうのでしょうか。


スポンサーサイト
関連記事

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

初体験!電子確定申告

オーストラリアでは納税者は全員自分で確定申告をしなければなりません。課税年度は6月末で締められ、その年度の分の申告を10月末までに行います。申請方法は書類を郵送する方法とパソコンを使ってオンラインでする方法がありますが、大半の人はオンラインで行っているようです。また税理士に依頼する人も多いようです。私は昨年度は移住初年度で収入は微々たるもので、特に申告するようなこともないので、自分でオンラインで済ませることにしました。通常は申告から2週間ぐらいで払い戻しがあるので、もっと早く申告すればよかったのですが、めんどうなことはズルズル延ばすという悪い癖で、とうとう締切間近になってようやく申告が終わりました。あーこれで一安心

やりかたは、最初にAustralia Tax Office のホームページから申告用ソフトをダウンロードします。次に申告内容を入力していくのですが、所得についてはオンラインで基本情報が自動入力されるので手間が省けました。納税者番号や銀行口座など、個人を特定する情報を入力すると、あらかじめ会社からTax Officeに送られていた給与所得と源泉徴収額、銀行から送られた利息収入の情報が自分のパソコンにダウンロードされ、自動的に入力が終わります。またインターネットにアクセスする際に使うパスワードも付与されます。そして自動入力されなかった分を自分で入力していきます。進め方はウィザード形式になっていて、次々とでてくる質問に答えていくといつの間にか申告が完了するようになっています。いつでも好きなところに戻って修正できるし、ヘルプ機能もしっかりしていて使いやすいソフトなので、初心者の私でも大丈夫でした。

私は特別申告するものがないので入力の手間はあまりなかったのですが、申告項目が莫大で、自分かそれにあてはまるのかあてはまらないのかを確認するためにすべて目を通さなければなりません。聞き慣れない言葉の連続で、ほんとに疲れました。やっぱり最初は税理士さんにお願いしたほうがよかったかも・・・と途中でくじけそうになりました。でも根気よく読んでいけば誰でもできるようになっているので、四苦八苦している間にこの国の税金のしくみを勉強できたのは収穫でした。

この国はサラリーマンでも業務費を経費で落とせるのでちょっと得した気分です。つまり、スーツ、クリーニング代、パソコン、書籍など、仕事に関連する出費を経費として申告できます。なんだか自営業者みたい。しかも一定の金額以下は領収書がいらないなんて、これは使うしかありませんね。今度は仕事関連の出費があったらちゃんと記録しておかないと。

メディケア課税は条件によって変わって来るのですが、自分の状況を入力すると勝手に計算してくれます。またその年に居住者になった人は海外にいた日数分は控除されます。こういうお得な項目は目を皿のようにしてチェック!

全部入力が終わると、課税額、源泉徴収額、差額の返金額が計算されて出て来ます。確認したらあとは送信して終わり。入力内容は手元に電子ファイルとして残しておけるし、あたかも申告書類に記入したときのようなフォーマットでプリントアウトもできるので、記録として残しておくと安心です。さ?て、これから返ってくる思わぬ追加収入が楽しみだな? こんなに苦労したんだからご褒美ぐらいもらわないとネ。

そんなこんなで人生初オーストラリア初の電子確定申告が終わりました。これも一度は、いえこれから何度も通らなければならない道です。日本では年末調整は会社を通じで簡単に済ませるので、これまで税金のことを知る機会はあまりありませんでした。自分で確定申告することで、オーストラリアという国がどういう考え方で国民から税金を徴収しているのかを垣間見ることができたし、どんな項目で課税されるのかなんとなくわかってきたので、これから節税のためにももっと税金のことを勉強しなくちゃ。税理士さんに相談するといろんな技を教えてくれるそうなので、来年は相談してみようと思います。

関連記事

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

マルチカルチャー・フェスティバル

このところ雨降りの週末が続いてウンザリしていましたが、ようやくクイーンズランド州のニックネーム、「サンシャイン・ステート」の名のごとく澄み渡った青空が一日中続いた今日は Brisbane Multicultural Festival の日。世界94か国の音楽・ダンス・食べ物、民芸品などが一堂に集まるフェスティバルです。Roma Street Parkland の広大な敷地を埋め尽くすビッグイベントでした。

皆太陽の下で楽しみたくてウズウズしていたのでしょう。どっと人が繰り出しました。
DSCN1467s.jpg

アジア、ヨーロッパ、アフリカ・・・。数え切れないほどの国々の屋台が並びます。いろいろあって本当に迷ってしまうけど、結局ランチはスパイシーなエチオピアのチキンシチューとエチオピアコーヒーにしました。普段なかなか食べられない味でした。
DSCN1481s.jpg

デンマークのアイスクリームのクリーミーな美味しさに感動
DSCN1477s.jpg

公園内にはステージが6つあって、一日中パフォーマンスが繰り広げられています。艶やかな衣装とリズミカルな動きがとっても楽しいポーランドの民族舞踊。
DSCN1473s.jpg

こちらはパーカッションのリズムが激しいアフリカンダンス
DSCN1480s.jpg

ちょっぴり愁いをもつメロディーのロシア音楽
DSCN1470s.jpg

日本からやってきた和太鼓のグループによるパフォーマンス
DSCN1457s.jpg

ものすごい数の各国の屋台はそれぞれの国の人が運営していて、本格的な世界の味を楽しめます。これだけの多民族のイベントができるのも移民の国ならではでしょう。そして来ている人たちは本当にインターナショナル。自分の国の民族衣装を着て来た人も多くみかけました。このイベントはクイーンズランド州がスポンサーになっていて、誰でも無料で楽しむことができます。
DSCN1462s.jpg

広?い芝生に寝っ転がってライブを楽しむ贅沢な午後。公園は飲酒禁止なので、ワインがないのはちょっと残念だけど。
DSCN1483s.jpg

コロンビアからやってきたサルサバンド。音楽が始まると周りでは自然にダンスが始まってしまいます。こんな陽気な国民性はオーストラリアの大好きなところです。
DSCN1484s.jpg

マルチカルチャーなんて、なんとなく幾つかの国のパフォーマンスを適当に集めてお茶を濁したようなものを想像していましたが、イエイエ各国からパフォーマーを呼び寄せた本格的なものでした。田舎の小都市と思っていたブリスベンですが、これだけ盛りだくさんな内容の文化イベントを開催するとはなかなかやりますね?。また来年も行きたいと思います。

ブリスベンではいつも街のどこかでフェスティバルをやっていて、特に週末は複数のフェスティバルが開催されています。週末の始めに公園に行くと、業者が入ってテントや移動式トイレ、ゴミ箱などの設置作業をやっているのをよく見かけます。この街には流行最先端のファッションを揃えた大型ショッピングセンターや、最新の電気機器をそろえた大規模電器量販店や、巨大な遊園施設のような「ハード」はないけれど、人々が作り出す「ソフト」と豊かな自然があり、それを皆で楽しむことで生活を彩のあるものにしています。

関連記事

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

専門能力に対する評価

日本は海外と比べて専門職に対する評価や待遇が大きく違うというのはよく言われることですが、オーストラリアに来て実際に仕事をするようになってますます実感しています。

まず会社が社員を募集するとき。募集要項にはそのポジションに必要な能力がびっしり書かれていて、経験年数、必要な学位なども書かれています。専門分野の他にもそのポジションに必要な素質とか、仕事に対する態度とか、会社のカルチャーなど、ものすごく具体的です。特に学歴は何を学んだかが重要で、応募する職種と関連する学位を持っていることが必要です。能力が大切なのであって、年齢や性別はあまり関係ありません。

応募者の能力をきちんと判定してから面接に送り込む必要があるため、就職エージェントにも細かい分野別に特化した専門リクルータがいます。面接では、自分がその応募条件に当てはまることを過去の経験をもとに具体的に証明しなくてはなりません。

そして入社後は即戦力になることが期待されます。特にIT業界では数年で転職する人が多いので、在籍中に高いパフォーマンスを出すことが大切です。自分のキャリアプランや家庭の事情などを上司に話し、本人の意向と会社の期待をすり合わせ、極力本人の意向に沿って仕事を割り当ててくれるので、自分の希望に沿ったキャリア開発ができます。この国に来て自分のキャリアとは関係ない余計な仕事を振られることがなくなったのは本当にうれしい限り。日本に比べると特定分野のスキルがあることが尊重され、会社から大切にされている感じがします。本人のキャリア上の目標を達成するために会社側もトレーニングを受けさせたりして、社員をサポートします(そうでない場合は転職するだけです)。

これに対して日本の募集要項は短くあいまいで、見ただけではどんな人が欲しいのかよくわかりません。職種が書いてあるだけで、求められる能力が書いてないことさえあります。おそらくそのポジションにどんなスペックの人材が必要なのか、社内で定義がされていないのでしょう。学歴も専攻はあまり重視されません。私はアメリカで情報システムの学位を取りましたが、日本では転職時でも入社後の能力査定でも評価されることはまったくありませんでした。とはいってもこの分野では他国に比べて大きく後れを取っており、仕事のやり方が特殊な日本では、アメリカで学んだことはあまり役に立たなかったので、評価しろと言われても無理なのでしょうが。

面接時の評価基準もあいまいなので、会社によっては年齢や性別、家族構成、残業できるか、個人的な好みなど能力と関係ないところで評価されたりします。年齢が上がると経験も専門性も上がるはずなのに、年齢制限を設けるということは、専門能力や経験が高い人は要らないってことでしょうか。リクルータは分野別に分かれていたとしても、実際にはその分野の専門知識はあまりないことも多いです。

能力を厳しく査定されて入社するわけではないので、入社後必ずしもすぐにその分野で能力を発揮できるわけではありません。仕事のアサインは上司がその人の能力やキャリアプランに基づいて決めるとは限らず、たまたま人手が足りないからなんていう理由でアサインされたりします。その結果経験不足で追いつけない分は、深夜勤務や休日勤務でカバーします。私が勤めていた外資系企業ではどの会社もキャリア開発の制度こそ本社と同じでしたが、日本ではあまりうまく機能していなかったように思います。特にIT技術者は新しい技術をきちんと勉強して常にスキルアップをしておくことはキャリア開発上重要ですが、社員にトレーニングを受講させる時間とコストを渋る日本の会社をたくさん見てきました。「一週間も仕事から外れるなんてとんでもない」「机の勉強より現場に出て覚えたほうが何倍も勉強になる」という体育会系のノリ。基礎知識があればこそそれが現場で生きるのですが、知的労働者が基礎もないのにいきなり応用をやったらどうなるか。それは自己流の仕事と仕事の質の低下と能力不足を補うための長時間労働です。

経験が少ない人を安く雇って長時間労働を課すというのが日本流の効率性なのかもしれません。終身雇用が長かったため、社員の能力を客観的に判断したり、短期間でパフォーマンスを出すことがあまり重要でなかったというのもあるでしょう。でもこんなやり方が通用していたのは今まで日本にとっての世界が日本だけだったからです。グローバル化が進み、ビジネスのスピードが速くなっている今、日本だけしか通用しないやり方にはもう限界があります。日本が世界と競わざるを得なくなって、常に即戦力になる専門能力を磨いている人とそうでない人、またそういう人材を抱える会社とそうでない会社が同じ土俵に立ったとき、どちらに軍配が上がるかは明らかです。会社も個人も人材の評価方法やキャリア開発について考え直す時が来ています。会社も働く人もハッピーになる方法に。

関連記事

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

サマータイムにご用心

オーストラリアでは今週から夏時間が始まりました。といっても8つある州のうち実施するのは5州だけ。オーストラリアにはタイムゾーンが3つあります。私のいるクイーンズランド州は東部時間ですが、東部に属する4州のうち、クイーンズランド州だけが一人で夏時間を導入していないのです。同じ東部ゾーンのシドニーやメルボルンは導入しています。だから夏の間は同じ東部内でも州によって時間が変わってしまいます。全国ではタイムゾーンと夏時間が入り乱れてハチャメチャになります。アメリカも本土ではタイムゾーンが4つありますが、全国でいっせいに夏時間に切り替わるし、同じタイムゾーン内では年間を通じていつも同じ時間です。いいなあ、この周りに合わせようとせず、あくまでも我が道を行くオーストラリアの国民性。とはいっても一つの州が広いので、同じタイムゾーンでもお国事情が違うから仕方がないんでしょうね。クイーンズランド州だけでも日本の4.5倍、全国では20倍もの面積がありますから。夏時間を取り入れていない州は赤道に近くて夏時間を取り入れてもあまり効果がなかったり、農民の反対があるのです。

私の会社のクライアントのチームがいるメルボルンのあるビクトリア州はサマータイムを採用しています。おかげで毎朝決まった時間にやっている電話会議が私のいるブリスベンでは1時間早まりました(向こうが勝手に時間を変えているのになぜ私が合わせなくちゃいけないんだ?)。明日メルボルンに出張するときは同じ時間に出てもいつもより1時間遅く着きます(いつも朝6時のフライトに乗っているので、これを5時にするなんて絶対無理)。反対にブリスベンに帰って来る時は1時間早く着きます。これはちょっとうれしいです。でもこれは夏の間だけです。ちなみに祝日も各州によってまちまちなので本当にややこしい。今週月曜日はシドニーのあるニューサウスウェールズ州と他2州だけがレイバーデーでお休みで、私は出勤。私はシドニーの人たちとも仕事をしているので、いつも3つの州の祝日に気を付けていなければなりません。昨日の朝メルボルンからブリスベンに出張して来た人は夏時間による時差に気づかず、「早く着きすぎちゃったよ、なんならもっと朝寝坊すればよかった。ブツブツ・・・」と文句を言っていました。オーストラリア人でもこの複雑なタイムゾーンに慣れるのは大変みたいです。

やはりビジネスなどで支障があることを考慮してなのか、クイーンズランド州では「ブリスベン周辺の南東部のみ」サマータイムを採用しようという動きがあります。北部では農民の反対が多いのです。これを州民投票によって決めようという声が大きくなっています。でも・・・もし決まったら対象地域は州の中でもちっぽけな範囲だけなので、同じ州内で時間が違う地域がたくさん出てくる。私は3時、隣のあなたの町は2時なんて。わ?ますます混乱しそう。でもビジネスは州内ではブリスベン周辺に集中していて、対象外の都市ケアンズも観光地だから影響は少ないのかな。うーん・・・。

国土が広いオーストラリアは州が違えば法律もルールも違い、まるで別の国みたいです。旅行の際は十分お気を付けください。


関連記事

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

プライベート健康保険に加入

移住して以来ずっと目の上のタンコブだったプライベート健康保険にようやく入りました。オーストラリアではMedicare(市民権や永住権を持つ人に適用)という日本の国民健康保険にあたるものがあり、通常の診察、治療、検査、薬代の一部などがカバーされます。公立病院なら医療費負担はタダ、私立なら一部自己負担になります。でもMedicareでは歯科、入院、救急車、その他特殊な医療費はカバーされないので、そこを補完するのが民間の保険会社の健康保険なのです。

私は歯科や救急車以外はあまり興味がなかったんですが、まさかの事故や入院ののときなどに公立病院では待たされたり医師を指定できないなど使い勝手が悪いことと、政府がプライベート保険の加入を推奨していて節税対策にもなるので、加入することにしました。通常は加入時に31歳を超えていると年齢が上がるにつれて毎年保険料が上がっていきます。ただし移民はMedicare加入時から1年以内にプライベート保険に入ると31歳以下の保険料が適用されるというありがたい措置があるので、1年以内にはなんとかしようと思っていましたが、移住9カ月にしてようやく加入にこぎつけました。

プライベート保険はHospital CoverとExtra Coverに大きく分かれています。Hospital Coverは入院費が対象で、Extra CoverはMedicareでカバーされない歯科や特殊な治療のほか、コンタクトレンズ、メガネ、マッサージ、トレーニングジムの費用などがカバーされます。いずれもカバーする医療科目や保険金の上限金額範囲によって保険料が変わってきます。カバー範囲はプランによっては日本の国民健康保険より広いものの、支払い金額には上限があります。またWaiting Periodが医療科目別に設定されていて、義歯、歯冠、ブリッジ、インプラントなどの大規模は治療は加入から1年待たないと給付対象になりません。軽い治療でも2か月待たなければならないものが多いのです。

私は入院はたぶんしないだろうという楽観からHospital Coverはカバレッジが低いものにしました。こんなにリラックスできる国にいてストレスがたまるとは思えず、よって入院はしないという希望的観測。不慮の事故で入院したらそのときはそのときです。あとは毎日の食事と運動に気を付けることで病気にならないという決意です。一番気になるのは歯科。日本では当たり前のように国民健康保険でカバーされていたのに、それがないのはやはりキビシイ。歯を直すのはとってもお金がかかりますからね。そこでExtra Coverは歯科のカバレッジが高めのものを選びました。とはいっても大がかりな治療になると保険のカバー範囲を簡単に超えてしまいます。

自分に適した会社やプランを選び出すのはかなり難航しました。まず第一にプライベート保険はMedicareを補完するものなので、基本となるMedicareのことを知らなければいけないのですが、このシステムをきちんと理解するまでに一苦労。その後プライベート保険を選ぶのですが、保険会社はとても多く、同じ会社の中でもカバー範囲やExcess(免責額)によって無数のプランが用意されていて、内容によって保険料が変わってきます。医療用語や見たこともない病気の名前がズラーッと英語で書いてあるので(当たり前ですが)、辞書と首っ引きでパンフレットやウェブサイトと大格闘です。それと保険会社ごとに提携医療機関が決められていて、そこを利用すると給付金が多くなるなどの特典があります。

でもやはり店舗に行って直接話をきいたり質問したりしたのが最終的な決め手になりました。Waiting Periodは契約交渉の道具として使われることが多いらしく、私は1年待ち以外の軽い治療はすべてWaiting Periodを免除してもらいました。実は最近歯が少し痛みだしたのですが、これでさっそく歯医者に行くことができるので一安心。今まで二回も歯冠が取れて無保険で歯医者に行ったのです。私の歯科保険は虫歯予防については給付金が無制限なので、虫歯になる前に歯医者さんにせっせと通って虫歯にならないようにしたいと思います。

Medicareでもプライベート保険でも、保険金の請求がめんどくさい!日本の国民健康保険は、保険証を見せて保険金差引後の金額を医療機関に払うだけですが、Medicareの場合は自分で全額払って、後からMedicare Officeに請求書を持って行き、現金で返金してもらうか銀行振り込みです(病院によってはその場で精算もあり)。プライベート保険もまず自分で払ってから請求書を持って保険会社の支店に行って保険金を請求するか、オンラインで請求します。いずれも日本の自動精算に慣れた身としては、日本はなんて簡単だったんだろうと思ってしまいます。日本にいたときは医療費や保険金のことなどあまり気にしていませんでしたが、これからは一度全額自分で払うというプロセスがあるため、否が応でも自分が払うものに対して厳しい目で見ざるを得なくなりそうです。プランや保険会社を変えるのは簡単らしいので、しばらく様子を見て必要に応じて契約を見直そうと思います。

この国の医療システムは、すべての国民の最低限の医療をカバーするMedicareという素晴らしいしくみはあるものの、安心さ、便利さを考えると日本の国民保険はやっぱりすごいと思います。これからは健康管理には気を付け、歯については特に自己管理を徹底しなければと思います。

お世話になったウェブサイト
Medicare
Australian Health Insurance Information
Help Me Choose
Moneytime The Comparison Engine


関連記事

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

プロフィール

divayoshiko

Author:divayoshiko
よりよい生活と仕事環境を求めて、日本の会社を辞めてオーストラリアに移住しました。IT技術者として生活を確立するまでの様子、日々の生活や仕事のこと、現地情報、オーストラリアや日本について感じることなどをつづっています。メルボルン在住。
Twitter @divayoshiko

これまでの歩み
2009年
4月  技術独立ビザで永住権取得
2010年
1月  東京からブリスベンに移住
2月  シドニーに移住
4月  ブリスベンに移住
5-6月 メルボルンに長期出張
2014年
2月  メルボルンに移住

最新記事
最近のコメント
伝言板
カテゴリ検索
日付順検索
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2010年10月 | 11月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


キーワード検索
トリップアドバイザー掲載 タスマニア記事
タスマニアの旅行情報
トリップアドバイザー掲載 ニュージーランド記事
クイーンズタウン
個人的なコメントや質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

関連ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。