スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長期休暇が取れるわけ

私が参加しているプロジェクトには私と同じ役割の人が全部で三人います。普段は同じ仕事を三人で分担し、必要に応じて助け合っています。ところが今は私一人だけ。一人はゴールドコーストへ2週間半、もう一人はヨーロッパへ3週間の休暇中。チームの他のメンバーも年末年始は4?5週間の休暇を予定している人が何人かいます。そういえば私の会社の一人のディレクターは今頃2週間の日本旅行をご満悦中で、支社長も2週間の休暇中。今は学校の春休みシーズンなので休暇を取る人が多いのです。みなさん豪華ですね?って感心してる場合じゃなく・・・ってことはですよ、三人分の仕事が一気に私に来るってこと?それってまさか2?3週間は毎日残業 二人同時に休ませるなんて、マネージャは何やってるんだぁーと爆発寸前でした。

一人で怒ってみたものの、実際今の仕事量は普段と同じです。なぜなら人がいないときは仕事量を減らすのです。
「人が仕事に合わせるのではなく、仕事が人に合わせる。」
日本では休暇を取る人がいたら他の人が埋め合わせをしながら、あたかも休暇なんてなかったように働くのが普通だったので、この考えは目からうろこでしした。人が足りなかったらどこかから調達するか、それができないときは仕事を減らす。今回は仕事を減らすことで対応していますが、以前もっと長い休暇を取った人がいたときは、代わりの人を入れたこともありました。

もちろん会社や職種によっても違うのでしょう。私の仕事は社内システムの開発プロジェクトなので融通がききやすいのかもしれません。小さな会社はあまり余裕がないことが多いようだし、ミッションクリティカルなシステム開発や顧客向けの仕事の場合はこうはいかないと思います。また私の職場はアジャイル開発を採用していて、短期間で区切って成果物ができるので、仕事量やスケジュールの変更がしやすいというのはあります。でも誰もが当たり前のようにポンポン長期休暇を取るのを見ていると、他の業界や職種でも2?3週間休暇を取るのはごく普通なんだと思います。

日本にいたころは長期休暇と言ってもせいぜい一週間でした。以前ヨーロッパ旅行に行くので8日間の休暇申請をしたとき、上司が「えっ」て反応をしてまじまじと私の顔を見たときのことをよく覚えています。(でもちゃんと取りましたけどね。)また海外旅行先で一日ツアーに参加したとき、日本人の旅行者5?6人と一緒になったんですが、帰りには全員が傍目にも目立つ大きな袋を重たそうにかかえている光景がちょっと異様だったので、なんですかそれ?ときいたら、職場へのお土産だそうです。それが海外旅行がめずらしかった時代の人ではなく、20?30代の海外旅行なんて普通にできる世代。「職場の人に迷惑をかけて来てるんだから、そのくらいしなくちゃ」と言っていました。

同僚に謝りながら短い休暇を取る国と、労働者の当然の権利として堂々と長い休暇を取る国。まさかの病気の時のために有給休暇を取っておく国と、病気は疾病休暇でカバーするから有給休暇はすべて本来の休暇のために使える国。有給休暇を消化しきれずたくさん残して捨てる国と、ほとんど消化する国。同じ地球上で似たような会社で似たような仕事をしていてもこんなにも差があるなんて愕然としてしまいます。

日本にいたとき、なぜオーストラリアやヨーロッパで長期休暇が可能なのか不思議でした。仕事に穴をあけてなぜビジネスが回るのか。

休暇は従業員の当然の権利。だから部下が休暇を入るのは会社にとって当然考えられるリスクであり、そのリスクを管理するからマネージャなんだと思います。自分の部門の処理能力を判断して仕事量を調整する、そして仕事の穴を開けたくなかったら代わりの人を調達してくる能力もマネジメント能力のうち。そういう調整ができないマネージャは失格なのです。それからもともと休暇の分を換算にいれて最初からキチキチのスケジュールや残業を前提とした計画を立てない。余裕をもった計画を立てるから急な穴が空いたり変更があっても吸収しやすい。そして「休暇は迷惑をかけるもの」ではなく「多少の不便はあっても休んで当然でしょ」という周りの認識。この国での仕事経験はまだ浅いですが、こんなところがこれまでの観察です。


スポンサーサイト
関連記事

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

日本文化を楽しむ一日

Mt.Coot-tha Botanic Garden 内にある日本庭園で行われた Japanese Cultural Festivalに行ってきました。いろいろな日本の伝統文化が紹介される一日です。

もちつき。木の臼がなかったのか、石製です。希望者につかせていたのですが、慣れずに石臼に激突、杵が割れた!
DSCN1440s.jpg

裏千家の立礼式お茶会。こちらはちゃんとしたお道具と立礼棚を使っていました。ブリスベン在住の日本人のお茶の先生と生徒さんがお茶をふるまってくれました。日本人以外の生徒さんもいました。茶道を知らない人にもわかりやすく英語で説明してしてくれていました。そして無料でお茶をいただけるなんてすばらしい!
DSCN1443s.jpg

お手前が始まると観客がどんどん集まってきて、皆真剣に見守っています。私はなりゆきで正客に任命されてしまったので、客の中でただ一人、お手前さんのお茶をいただくことができました。光栄だけどちょっと緊張しました。抹茶はやっぱりいいなあ。お菓子は夏のお手前でよく使われるゼリー状の素敵なお菓子。どうやって手に入れたのかと思ったら、なんと先生が自分で作っているそうです。さすが?。私も日本から茶道具一式と抹茶は持ってきたけど、お菓子を手に入れることができずにまだ点てたことはありません。はやく和菓子の作り方を研究して、たまにはお抹茶を楽しみたいと思いました。
DSCN1446s.jpg

日本の着物はやっぱりいいですねー。気分が引き締まります。私も日本から一枚持ってきましたが、いつか着る機会があるといいな。
DSCN1447s.jpg

池を一周できる素敵な日本庭園
DSCN1448s.jpg

この他、小原流いけばなの展示、書道のデモンストレーション、和楽の演奏が行われていました。いけばなはやはりお花の調達が大変とのこと、先生の自宅のお庭で栽培しているそうです。現地調達できるお花をうまく使っていたので感心しました。素敵な菜の花を使っているなと思ったら、大根の花だそうです。違う材料でも工夫次第でいろいろできるんですね。海外での日本料理と一緒です。教室の生徒はオーストラリア人が多いそうです。やはりいけばなは海外で人気のようです。
DSCN1449s.jpg

しばらく日本文化から離れていましたが、やはり日本の文化はすばらしいなと再認識しました。普段日本人に会ったり日本文化に触れる機会はあまりないのですが、日本文化に興味を持ち、大切に思っている日本人や非日本人がここにもいることを知り、またそういう人たちに出会えてうれしく思いました。

関連記事

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

tag : 茶道

名前が覚えられない!

この国に来てなにが大変って、人の名前を覚えることです。日本人でさえ苦手な私なのに。一般的な英名ならまだしも、インターナショナルな聞いたこともない名前にもたくさん出会います。この国では、知人とすれ違うと'Hi' とか'How are you?'だけでなく、その後にファーストネームを付けて呼ぶことが多いのです。でも私は挨拶のあと、「はて誰だっけ?」次に言うべき名前が出て来ないんです。

誰かに初めて出会って名前を紹介されたときは覚えなくちゃ覚えなくちゃ・・・と思っていても、話をしているうちに話の内容の方にすっかり意識が行ってしまい、別れるときには名前なんてすでにもぬけの殻。「会話中に名前を呼び掛けながら話すといい」なんてよく言いますがとんでもない、そこまでなかなかできません。なんせ英語で会話するのだって一苦労ですから。

職場で新しい人に会って自己紹介するとき、相手の人は必ず私の名前をもう一度訊いてきます。日本人の名前にはあまり出会ったことがないと思うので、そりゃ一回じゃ覚えられないでしょう。中にはその場で何度も発音練習をしてる殊勝な人もいます。それほど他人の名前を覚えて呼びかけることはこの社会では重要なのです。中国人はほぼ100%英名を名乗っています。私もそうしようかなと思ったこともありますが、やっぱり自分じゃないみたいで気持ち悪いし、呼ばれてもきっとポカンとしてるんだろうし、かといってよさそうなニックネームは見つからないし、結局そのままで通しています。

なのにこの国の人は、次に会ったときにはちゃんと名前を呼んでくれる人が多いので本当に感心します。しかもきれいな発音で。別れたあと一生懸命練習していたのかなあ?なのに私はなかなか彼らを名前で呼べなくて恥ずかしい限り。

先日、一回しか会ったことがない会社のお偉いさんに数か月ぶりで会い、はりきって名前を呼んだんですが、なんと違う人だった!赤面 。 名前だけでなく顔でさえ皆同じに見えるので、もう誰が誰だかさっぱりです。普段直接仕事を一緒にしている仲間はすぐに覚えられるけど、いつも会わないけど知ってるっていうレベルの人の方がずっと多いのです。そんな人は顔も名前もすぐどこかに飛んで行ってしまいます。でも、そもそもどうして人の名前でこんなに苦労してるんだろう?とよく考えてみると、日本では出会っても名前なんて呼ばなかったし、廊下で知ってる人にすれ違っても挨拶しないこともあったっけ。こっちでは知らない人でさえ声をかけ、時には会話までします。

この間Jonathanという人からクライアントの会社の社内チャットが来ました。何回かやりとりして普通に終わったんですが、数日後、なんとそのJonathanは違うJonathanだったことが判明。自分のコンタクトとして登録してあるクライアントのJonathanと会話しているとばかり思っていたんですが、実は自分の会社のJonathanだったのです(このJonathanもクライアントのチャットのアカウントを持っている)。「どうしてこの人そんなことまで知ってるんだろう?」とちょっと疑問に感じてはいましたが、普通に会話して普通に終わりました。おまけに世間話までして。「○時から打ち合わせしましょう」なんて会話じゃなくてよかった。。。

教訓。ファーストネームを覚えりゃいいってもんじゃない。

関連記事

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

長時間労働の意味って・・・

今の仕事は夕方職場から出るのは遅くても5時半。寝るまでの間まだまだ時間はたっぷりあります。平日は仕事にかかわる時間が一番多いとはいえ、物理的にも心理的にも仕事が一日のすべてを占めることはありません。5時以降と週末は完全に個人の時間として尊重されているので、会社が口をはさむ余地はありません。残業は効率よく仕事ができない人がするもので、恥ずかしいことなのです。週末は一切仕事のことは忘れています。

日本にいたころは9時10時まで会社にいるのも当たり前、たまに明日になるまで仕事をしてタクシーで帰ることもありました。緊急の打ち合わせが夜7時から設定されるなんて普通のこと。もちろん参加者に夜の予定があるかどうかなんて関係ありません。退社後の予定があったとしても、「予定があるので出られません」なんて言おうものなら「仕事ができない社員」「協調性のない社員」の烙印を押されそうな雰囲気です。

おまけに週末も仕事をするのが普通。同じチームの人たちは週末に普通に家で仕事をしていてバンバンメールが飛ぶので、土日の二日間メールチェックをしなかったら、月曜の朝には状況が急展開していてあらびっくり。それであらかじめ考えていた一週間の予定をあわてて変更しなければならないのはいやなので、仕事をしない週末も一応メールだけはチェックしていました。そんなわけで週末も仕事が頭から離れることはありませんでした。ひどいときには完全に仕事から解放された日は月に1日だけなんていうときもありました。職場の人と仕事のスケジュールを話し合うときは、もし金曜までにできなかったら土日を使うのが当然という前提でした。

以前取引先の会社の人と一緒に仕事をしていたとき、金曜日の午後に仕事のすすめかたと分担を打ち合わせしたことがありました。その会社の人は、「じゃあこういう風に手分けして作業して、月曜の朝お互い出来たものを持ち寄って確認しましょう」というのです。最初は何を言っているのかさっぱりわからなかったんですが、つまりその人の会社では土日にも仕事をするのが普通のことなので、何の疑問も感じずに他の会社の人にも同じやり方を要求するんです。その時は自分だけできないといえない状況で、泣く泣く週末に仕事しました。自分が週末に仕事をするつもりはなくても、顧客や取引先に合わせざるを得ない場合もあります。

私の元同僚の女性は、今でも夜10時11時まで残業は当たり前。また別の女性の友達も、忙しくて最近は毎日朝4時まで仕事してるとメールを送ってきました。こんなのはこっちの国の人にとっては想像を絶することです。こういう日本の労働環境のことを話したら絶好のネタになると思うんですが、ちょっとその勇気がもてません。なぜならそんなことを言っても冗談だと思われるか、私が頭がおかしくなったと思われるか、仮に信じてもらえたとしても、世界の先進国でありながら基本的人権が守られていないとんでもない国と思われるからです(実際否定はできませんが)。

またあるとき、夕方に大型台風が直撃するというので、総務部から緊急の全社アナウンスが入り、仕事を早く切り上げて帰宅するようにとの警告がはいったことがありました。それでも皆帰る気配はなく、黙々と仕事を続けています。「台風が来ようが槍が降ろうが、そんなことで帰るようなヤワな俺じゃないぜ。なにがあっても仕事の責任を果たすのがプロだろう。」みたいな雰囲気がビンビン伝わってきました。そんな雰囲気の中ではたとえ会社が号令をかけようが、帰りにくい雰囲気。それに、「昨日台風で帰宅したので予定通り仕事ができませんでした」と言える雰囲気はないので、皆帰ろうとはしないのです。身の安全よりも仕事のほうが大切なんですね。

仕事で怖いのは、やりすぎると中毒になることです。目の前の仕事にがんじがらめになっていると、だんだんトランス状態になってきます。周りのみんなも同じようにやっているので、自分を客観的に観察することができなくなります。これに、長時間労働と周りに同調することをよしとする社会的圧力がさらに拍車をかけます。「こんなに頑張っている自分ってすごいなあ、カッコイイ!」と自己満足に浸りながら食事もとらないで仕事を続けます。言ってみれば集団洗脳、ちょっと宗教に近いかもしれません。

そのころはこんなやり方はおかしいと思いながらも、仕事がはまってくるとそれに酔っている自分がいたことも事実。人生のある時期寝食忘れて仕事に夢中になるのもありだと思います。私もそのことによってキャリアアップしたり、新しい道を切り開いたこともありました。でもそれが日常的になると、やっぱり普通じゃありません。

ようやくオーストラリアで人間的な生活を取り戻した今思うのは、やはりあのころの生活はどう考えても異常だったということです。生活のほとんどが仕事中心で回っていました。それでも仕事以外でやりたいことがたくさんあってそのすべてを週末につぎ込むため、日曜の夜はぐったりでした。仕事のために友達との約束や趣味の予定をキャンセルするのもたびたびでした。この国では、というか他の多くの国もそうですが、仕事は人生の目的ではなく、楽しく生きるための手段でしかありません。今ようやく自分の人生を生きている気がしています。


関連記事

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

華麗なリバーファイヤー!

昨日からブリスベンフェスティバルが始まりました。これはブリスベンの年に一度のビッグイベントで、3週間にわたって街のいろいろな場所で音楽、演劇、ダンス、グルメ、美術、トークショーなど、数え切れないほどのいろんな催し物が開催されるのです。冬が終わってどんどん春めきだっているいるブリスベンは、まさに祭りの気分満開です。

オープニングの日のビッグイベントはRiver Fireです。打ち上げポイントは市内を流れるブリスベン川に沿って6か所あるので、市内の至るところに見どころがあります。今回はストーリーブリッジに行ってみました。
DSCN1392s.jpg

そういえば日本も少し前まで花火の季節だったなあ・・・。ここの花火とはかなり趣向が違いますが。ブリスベン市民が一斉に繰り出すビッグイベントでも、日本の花火大会のような押し合いへし合いや必死の席取りとは無縁なので、のんびり楽しめました。
DSCN1376s.jpg

ビルの上からも花火が・・・
DSCN1377s.jpg

橋が燃えだした!?
DSCN1399s.jpg

カーテンコールは、今となってはオーストラリアでしか使われていないF111戦闘機が火の玉になって爆音とともに空を飛び回ります。空全体を我が庭のようにして目にも止まらぬスピードで駆け抜ける!!この戦闘機はもうそろそろ退役になるのだとか。
DSCN1408s.jpg

ファイナルもがんばってます
DSCN1417s.jpg

花火が終わっても祭りはこれから。夜の街は人人人・・・・。ここは渋谷か?そういえば東京は毎日こんなだったなーなんて思いだしてしまいました。ブリスベンにもこんなに人がいたんですね?。普段はめったに見られない光景。
DSCN1424s.jpg

市庁舎前に建てられたライブ音楽の特設ステージではこれから毎日ライブをやってます。
DSCN1436s.jpg

ブリスベンでは国のお祭りは建国記念日、州は農業祭があるけど、ブリスベンフェスティバルはこの都市だけのお祭りなのでやっぱり親近感が違います。日本では地元の花火大会や盆踊り、神社や寺ごとのお祭りはあっても、行政もかかわっている都市全体のお祭りというのはなかったので新鮮でした。フェスティバル期間中はどんな催し物があるかのぞいてみたいと思います。



関連記事

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

意外にまじめなビジネスウェア

オーストラリアは通勤服もリラックスモード。夏にはビーサン通勤なんて普通だし、特に一年中バカンス気分のブリスベンでは服なんてぜんぜん気にしません。

・・・と思いきや、この写真を見よ 私の会社の服装規定からの抜粋です。
sms_dress1.jpg sms_dress2.jpg

わーぉ、これ笑えるよね。今時こんな黒いオーソドックススーツなんて。男性はどこに行ってもきちんとした服装といえば皆同じようなスーツなので比べようがないんですが、それにしても女性のこのスーツは・・・。

sms_dress3.jpg

最近は世界的に仕事服がだんだんカジュアルになってきていているし、日本ではこんなダークスーツで「私仕事してます?」モードの女性はめったに見ません。もっとカラフルな色を取り入れたり、デザインが凝ったものにしたり、インナーで差をつけたり、アクセサリーで遊んでみたり。第一女性はスーツそのものをあまり着なくなってきています。オーストラリアでは全体的にリラックスした通勤服で、ネクタイをしない男性も多いですが、ひとたび仕事モードになるとその差が極端で、100%仕事全開モードになってしまうのがおもしろいところ。

sms_dress4.jpg sms_dress5.jpg

もちろん業界や職種によって服装も様々ですが、私の会社はコンサルティング会社で特に厳しいほうです。こんな服装の女性の数は全体的には少数派ですが、それでもよく見るとこの写真から出てきたような人が街を闊歩しています。これがメルボルンに行くと一気に数が増え、朝の通勤時間帯は街中が黒スーツだらけになります。伝統的な土地柄のせいなのか、ヨーロッパの影響が強いからなのか、気候のせいなのかよくわかりませんが。

日本では毎年のように流行が変わり、みんな一斉に流行に走るので、ある程度最近のものを着ていないと周りから浮いてしまいます。日本にいたときは一日のほとんどの時間を仕事に費やしていたし、仕事の後そのまま出かけることもあり、仕事とプライベートの境があまりありませんでした。だから季節ごとに買い足す服の多くは仕事にもプライベートにも使える服。流行を追っているつもりはなくても服にはそれなりにお金がかかっていました。

ところが今ではこんな男性と同じような服装規定では仕事でおしゃれなんてできません。最初はつまんないなーと思っていましたが、慣れてくると、男性ってこんなに楽だったのか!と気がつきました。コーディネートを考えるのだってシャツとアクセサリーの組み合わせぐらいだから、朝服を決めるのも早い。ベーシックなジャケットやパンツやスカートを持っていれば後は小物を買い足すぐらいなので服代が激減です。仕事とプライベートをはっきり分けるこの国では、どうせ仕事なんてとっとと終わらせてさっさと帰るまでの間だけのものだから、こだわる必要もなし。仕事服にお金をかけるぐらいだったら余暇にお金をかけたいと思うようになりました。

ちなみにこの服装規定では、スーツや靴、アクセサリー、髪型の他、女性は、ストッキング、メイク、爪、香水、男性はシャツ、靴下、ネクタイ、髭などのガイドラインがびっしり書いてあります。スーツの場合は生地、色、柄、ボタン、襟、ポケットの他、手入れの仕方とか、背か高く見せるには、痩せて見せるには・・・などなど30ページに渡って書いてあるのを見たときはひっくり返りそうになりました。といっても実際の運用はそれなりに柔軟にやってますが。それにしても街をはだしで歩いている人を見るほどの普段のちゃらんぽらんモードとは180度違う世界。オーストラリアの意外な一面でした。

関連記事

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

プロフィール

divayoshiko

Author:divayoshiko
よりよい生活と仕事環境を求めて、日本の会社を辞めてオーストラリアに移住しました。IT技術者として生活を確立するまでの様子、日々の生活や仕事のこと、現地情報、オーストラリアや日本について感じることなどをつづっています。メルボルン在住。
Twitter @divayoshiko

これまでの歩み
2009年
4月  技術独立ビザで永住権取得
2010年
1月  東京からブリスベンに移住
2月  シドニーに移住
4月  ブリスベンに移住
5-6月 メルボルンに長期出張
2014年
2月  メルボルンに移住

最新記事
最近のコメント
伝言板
カテゴリ検索
日付順検索
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2010年09月 | 10月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


キーワード検索
トリップアドバイザー掲載 タスマニア記事
タスマニアの旅行情報
トリップアドバイザー掲載 ニュージーランド記事
クイーンズタウン
個人的なコメントや質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

関連ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。