スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーストラリアから見る日本

おそらく多くのオーストラリアの会社もそうだと思いますが、私の所属する会社もクライアントの会社もオーストラリア国内が主な活動拠点だけど、社員はインターナショナルです。私が知っている同僚だけでもイギリス、アイルランド、南アフリカ、イスラエル、中国、台湾、韓国、インド、スリランカ、シンガポール、フィリピン、ニュージーランド、アメリカ・・・といろいろな国から人が集まっています。

世界を震撼させた金融危機の後も不況がない国オーストラリア。経済規模は小さいけれど安定した経済と雇用、将来性、抜群の労働環境と生活環境、個を尊重し自由で外国人を受け入れるオープンな社会、高度な福祉、豊かな自然・・・多くの外国人があこがれる国です。またオーストラリア人も海外に行く人は多く、特にイギリスに移住したことのある人は驚くほど多いです。今はヨーロッパ経済の不調で帰国ラッシュですが。日本で働いた経験のある人も意外に多くいます。

でも同じアジア太平洋地域で距離的には近い日本から来た人は今のところ職場で見たことがありません。この国は学生、ワーキングホリデー、オーストラリア人と結婚した主婦、日本の企業から赴任している日本人はいますが、一部の日本語を使う職種を除き、現地採用で就職して働いている人は本当に少ないと思います。これは移住前から予想していたとはいえ、やっぱりちょっと残念です。といってもこれはオーストラリアに限ったことではなく、他の国でもそうなのでしょうが。かつてオーストラリアは日本人の留学先としても人気でしたが、今はどんどん減っていて、今留学生といえば韓国、中国、インド人ばかり。日本人に人気の留学先アメリカでも、今はアジアからの留学生は中国人や韓国人ばかりで、日本人は激減しているそうです。

私の周りでも、職場で日本人に会ったことがないという人がほとんどで、私を日本人と知るととても珍しがられます。日本女性は家にこもっているイメージをもつ人もいるらしく(働く日本女性を見たことがないから仕方がないかもしれませんが)、特にIT関係の仕事となるとますますめずらしく感じるらしいです。それと日本人は旅行は別として自分の国に引っ込んでいて出て来ないというイメージがあるみたいです。それでよくどうしてオーストラリアに来たのかと聞かれます。とりあえず ”Better life” と答えると、「へー、でも日本だっていい生活できるんじゃないの?」今は先行きあやしい日本でも、過去の勤勉な日本人がつくってくれた経済大国で、高品質の車を作る先進的な国というイメージはまだ健在のようです。「じゃあ毎日夜8時、9時、10時まで働きたい?」というと、毎日5時に帰る彼らは即座に納得してくれます(笑)。

オーストラリア人にとって日本は、東南アジアやニュージーランドとともに気軽に行ける海外旅行先として魅力的らしく、日本で休暇を過ごしたことがあったりこれから予定しているオーストラリア人は驚くほどたくさんいます。豪ドル高の今は特に行きやすいので、旅行会社でも日本向けのパッケージをたくさん出しています。特にこの国ではできる場所が限られているスキーは、こちらが暑い夏の時に北海道などで高質な雪を楽しむゴージャスな休暇が過ごせるとあって人気です。日本人がこちらではめずらしくない真白な砂浜と真青な海に憧れるのと一緒ですね。日本は時差がなく、食事もおいしく、旅行に安心な国なのです。

ただしビジネスの相手国という意味ではとたんに存在感が薄くなります。実際には日本は以前から最大の輸出相手国なのですが、メディアによく登場し関心が高い国といえばまず圧倒的に中国。中国の急速な経済発展に寄与する天然資源を豊富に持つオーストラリアの経済の安定はどちらかというと楽観的に見られているけれど、中国の行く末がオーストラリアの将来を握っているからです。そしてこれまた近場の巨大市場インド、アメリカ、イギリスぐらいかな。経済成長が下降線をたどり、国際的な存在感も弱まっている日本は、捕鯨問題以外ではほとんど話題に挙がりません。

車はやはり高品質の日本製は厚い信頼があると思います。でも電化製品は安い韓国製が出回っていて日本製品の存在感はどんどん薄くなっています。かつてはたくさん進出していた日本企業も多くは引き上げてしまいました。こちらでは人気のある日本食レストランでさえ経営者はほとんど韓国人や中国人とあっては、日本とのビジネスを結び付ける機会がないのかもしれません。

またオーストラリアの企業が海外への進出を考えるとき、まず挙がるのは中国、香港、台湾、シンガポール、インドなどのアジア各国や人種的に近いヨーロッパで、日本はまるで別世界のように考えられており、こちらから見ると遠い国に見えます。日本語しか通じず、マーケットが異質で、海外から見ると参入の敷居が高く、日本のビジネスとの接点もないので、海外との接点が多くて将来性のある近場の国に関心が行くのも当然かもしれません。

毎日世界中の人と一緒にいると、経済規模では圧倒的に大きくパスポートでどこへでも行ける日本人だけがいないのはなんだか不自然に感じます。世界に出ていくのは日本の世界での存在感と競争力を高めるだけでなく、私たちの視野を広げ人生を豊かにする絶好のチャンス。もっと多くの日本人がオーストラリアも含め世界に出て行く日が早く来てほしいと願っています。


スポンサーサイト
関連記事

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

休日の朝のファーマーズ・マーケット

New Farm にあるJan Power's Farmers Marketsに行きました。ブリスベンの青山(勝手にそう呼んでます)、James Streetをお散歩。おしゃれなブティックやアクセサリーショップ、高級食料品店、カフェやレストランが集まっています。飲食店はブランチを楽しむ人たちでいっぱいです。
DSCN1189s.jpg

James Streetがブリスベン川にぶつかると、そこは小さな劇場やライブハウスがある Brisbane Power House。この横で週末にファーマーズ・マーケットが開かれます。なるほど、かかしが立ってる!
DSCN1204s.jpg

ここのマーケットは野菜などの生鮮食料品は少なく、加工品やヨーロッパの食料品、お菓子などが多いです。売り手の生産者はほとんど白人で、移民でもヨーロッパ人だったり。中国系の売り手がほとんどいないのでガサガサしたところがなく(笑)、の?んびりムードです。来ている人たちも圧倒的に白人。さぁ安いものをどーんと買うぞ?モードの人は少なく、どちらかというと休日の朝を優雅に楽しむために来ている感じ。さすがに土地柄を感じさせます。コーヒースタンドやヨーロッパ系のフィンガーフードもいろいろあるので、つまみ食いしながら。
DSCN1206s.jpg

帰りは近くのフェリー乗り場からブリスベン川を渡って。幸せだなー、ブリスベン
DSCN1207s.jpg

シティが見えてきた!
DSCN1218s.jpg

ここからだとブリスベンも都会に見えます。急速に発展するブリスベンはマンションやビルの建設ラッシュです。
DSCN1221s.jpg

関連記事

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

年齢か経験か

メルボルンで2日間の新入社員研修に参加しました。私はすでに入社2か月を過ぎていますが、すぐにクライアント先で仕事が始まってしまったため、これまで参加できなかったのです。最近入社した約50人が全国から集まりました。新入社員といっても40歳代以上(に見える人)も多く、50歳代(に見える人)も10人ぐらいいました。私の会社はコンサルティング会社なのでそれなりにキャリアを積んだ人が多いとはいえ、新入社員研修でこの光景は日本ではなかなか見られないよなーと感銘を受けていました。

私の会社はシステム構築系のプロジェクトを請け負うことが多いですが、システム開発といっても所謂プログラマーなど、若者が得意なバリバリ技術系の職種ばかりでなく、プロジェクトマネージャとかビジネスアナリストなど、技術系でない職種の人もたくさんいます。そういう職種はビジネスやマネジメントの豊富な経験が必要。また特定分野の専門知識も必要です。そうすると必然的に年齢が高くなります。

この研修中、コンサルティングのトレーニングをしてくれた講師は外部講師でしたが、この女性は昔コンサルタントとして活躍していたころの豊富な経験を生かして、今はコンサルティング手法の専門家として活躍しています。こういう仕事も職業として成り立っているのです。日本ではコンサルティング会社を相手にコンサルティング手法を教える職業なんて見たことありませんでした。そういえば今の私のクライアントは「アジャイル」という開発手法を使っていますが、この手法の専門家が社外から派遣されてきて社内にトレーニングを施しています。これもおそらく日本では職業として成り立たないでしょう。

日本と何が違うかというと、日本は年齢や性別で人材を評価するのに対し、この国(だけではなく日本以外の多くの国)は経験や専門能力で評価します。だから年齢が高くても新入社員になれるのです。また会社も専門能力をもった人材を必要としています。

日本の会社では、30代後半にもなると転職が難しいと聞きます。でも実際には仕事をするうえでは経験の少ない若者だけでなく、豊富な経験や専門能力は必要です。では日本企業は転職市場にいない彼らをどうやって手に入れているのでしょうか?
推測1 年齢が高い人は転職しない。しかし首切りして取り替えるのは無理。よって今いる人たちでなんとかする。
推測2 そもそも専門家があまりいない
推測3 専門家の評価方法がわからない
推測4 そもそも専門家を必要としない
推測5 専門家なんかいなくても残業と根性でなんとかする

日本では学校教育でも会社でも何かの専門家を育成するようになっていないし、専門分野のことは専門家に任せておこう、自分たちには専門外だから専門家に外注しよう、外から専門家を招いて刺激を受け自分たちも成長しよう、という発想にはなかなかなりません。一方では専門家を育てることや使うことが当たり前の社会があります。このような社会と共存している日本の姿がなかなか想像できません。

関連記事

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

Mt. Coot-tha へハイキング

メルボルン出張に両側を挟まれたブリスベンでの貴重な週末、Mt. Coot-tha にハイキングに行ってきました。この日はまるで春が来たようなぽかぽか日和でした。

標高は300メートル弱しかないのですが、その周りも含めるとブリスベン最大の森林地帯になっていて、市内から気軽に行けるのがいいところ。

ハイキングコースがたくさん用意されています。平坦な山なので楽チンです。
DSCN1168s.jpg

昔アボリジニの居住区だったところにアボリジニの画家が描いた絵や手形
DSCN1175s.jpg

頂上からのブリスベン市街を見下ろしながら食べる手作り弁当は最高。オープンテラスのカフェもあるので、ブランチや飲み物で休憩しながら景色を楽しむこともできますが、ここはブリスベンの数少ない観光地の一つ。値段も「観光価格」なので、よく行く地元市民にはお弁当持ち込みの方がいいかも。
DSCN1167s.jpg

本当は滝があるはずなのに、乾季なので乾上がってます。
DSCN1182s.jpg

山の麓には広大な森林公園。BBQエリアもたくさん。暖かくなったらBBQに来たいな。
DSCN1183s.jpg

麓にどこまでも続く、びっくりするほど広い墓地。陽が暮れてくると、ついつい棺桶から幽霊たちが出てきてダンスしているところを想像してしまう。
DSCN1184s.jpg

残念ながら写真はありませんが、山頂からの夜景は息を飲むほど。イチ押しです

関連記事

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

人生初のランチ帰宅

ブリスベンで働き初めて数日が経ちました。今は真冬ですが、ここではコートを着なくていいのがホントにうれしいです。太陽はサンサンと輝き、空は青く、解放感いっぱい。平日でもサングラスをしている人もいます。ほら。
DSCN1161s.jpg

今のクライアントのオフィスはシティ(街の中心部)にあるので、周りにはカフェやフードコートがあって、ランチの場所には苦労しません。外で食べることもできるし、持ち帰ってオフィスで食べるのもよし。でも今日は自宅に戻って冷蔵庫にあった残り物を食べ、またオフィスに戻りました。

私の今の住み家はシティに近く、オフィスまで徒歩10分なので、余裕でこんなことができてしまうのです。また私の会社のオフィスもクライアントから目と鼻の先にあって、ちょっとした用事のためにすぐに戻れてしまいます。こんな風に書くと、ブリスベンってそんなにちっぽけのか?と思われるかもしれませんが、ええ確かに郊外は広いですがシティ自体はとても小さいです。でも今回はたまたま私の家もオフィスもシティ近辺だったのでこんなふうになってしまいました。中心部をちょっと外れるとすぐにのどかになるのがブリスベンのいいところ。一番賑やかな所でさえ他の都市と比べるとどことなくのんびりしています。

会社に行ってお昼を食べに自宅に戻るなんて、今まで考えたこともありませんでした。東京にいる時は通勤は一時間から一時間半かかっていたので。しかも毎日満員電車に揺られ、冬は隣で咳をされたり、金曜の夜は車内中が酒臭い。こんなことができるのもブリスベンにいるからかな。

こちらの人はランチは地味で、持ってきたパンにバターやジャムを塗って食べたり、オフィスのキッチンで手作りサンドを焼いたり、買ってきたファーストフードを机で食べたりして簡単にすませています。日本ではランチといえば夜までがんばるためにしっかり取ることが多かったですが、こちらではあと4時間ほどで帰るためのちょっとした間食みたいです。

毎日ランチを外で取ると知らず知らずのうちにお金もかさみます。お弁当を持っていくのもいいけど、家に帰ってテレビでも見ながらほっと一息ついて、また仕事に戻るというのも、気分転換と節約の一石二鳥でいいかもしれないなと考え始めています。

明日は会社の研修でまたメルボルンに行きます。またまたコートの出番、寒い冬に逆戻りです。

関連記事

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

ブリスベンで初仕事

私のクライアントはメルボルンに適任者がいないため、私が6月末までメルボルンに駐在をすることになっていましたが、いまだに後任者がメルボルンで見つかりません。プロジェクトはまだまだこれから山場を迎えます。せっかく今までやってきて職場にも慣れてきたのに、中途半端な状態でやめるのは残念な気持ちはあるものの、ブリスベンとメルボルンを行ったり来たりの生活はこれ以上キツイのでお断りしたところ、ブリスベンに私の席を用意してくれました。このクライアントは本社がブリスベンにあり、州を越えて仕事をすることは当たり前のようにやっているのです。手続きも、メルボルンのマネージャがブリスベンの担当者に「来週から一人そっちに行くので空いてる机とPCとセキュリティカードを用意してね」とメールを一本。10分後には「Done 」と返信があっておしまい。

昨日まではメルボルン、今日からはブリスベンで、今までと同じプロジェクトの同じ仕事を同じメルボルンのチームとやっています。ちょこっと仲間の席に行っておしゃべりできないのは不便ですが、チームの仲間はもうおなじみだし、開発環境は全国で共有しているし、メール、電話、チャット、電話会議、ビデオ会議、ウェブ会議、デスクトップシェアリングを駆使し、あとは2週間に一度の出張で乗り切る予定です。アジャイル開発方式のルールにのっとって、Stand-up(朝礼)を毎日やっていますが、これも電話会議で参加しています。

チームのみんなも私の移動をすんなり受け入れてくれました。同じ場所で顔を突き合わせて仕事をすることを重視する日本では、こういうことを当たり前にパッパと決める雰囲気にはなかなかなりません。特に相手が自分の会社じゃなくてクライアントですからね。でも今は遠隔地でも仕事ができるツールが揃っているから不可能ではありません。

皆が物理的に同じ場所にいることよりも、働く人がハッピーでいることの方がずっと大切だと思うのです。いつも顔を合わせて長時間一緒にいて一致団結してがんばろう!という精神論よりも、使えるツールはなんでも使ったうえで何ができるのかできないのかを論理的に判断し、どうしても足りないところだけ埋め合わせをすればいいのです。

私の会社(コンサルティング会社)も、メルボルンに残るかどうかや、このプロジェクトの仕事を継続するかどうかについて、私の希望を尊重してくれました。私の人生や生活が第一、それを実現するために仕事があるのです。この原則が守られていること、そしてそんな環境で働けることを本当にありがたく思います。

通勤は今まではホテルから徒歩5分でしたが、今度は自宅から徒歩10分になりました。今日は会社から帰宅してから食料の買い出しに行き、待望の大量買いをして、久しぶりに料理を楽しみました。

通勤途中で横断歩道を待ってるディンゴくん
DSCN1150s.jpg

関連記事

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

さらばジプシー生活

明日はとうとうメルボルン駐在の最終日5時になったら職場を出て空港へ向かいます。ヒャッホー!。そして次の日からは自宅のあるブリスベンを拠点に仕事をします。月曜の早朝に家を出て金曜の夜に帰るジプシー生活ともおさらばです。

入社後いきなり一人でクライアント先にほうり込まれましたが、2か月の滞在でオーストラリアの仕事環境にも徐々に慣れてきました。自分の会社とクライアントの会社の両方が初めての上、オーストラリアで働くのも初めてで、そのうえ厳密には初めての職種。でもあまりプレッシャーを感じずに仕事ができる環境のせいで、それを克服する余裕は十分にありました。6時以降の残業をしたのは3回だけで、通常は5時?5時半にはオフィスを出ています。

一緒に働いているクライアントの社員、パートナー会社のチームメンバー、主にオンラインでコミュニケーションする自分の会社の社員や時々一緒になるメルボルン支社の社員など、さまざまなバックグラウンドをもつ仕事仲間にも大いに刺激され、エキサイティングな毎日を送っています。少なくともこの国で働いた経験がないというキャリア上の弱点はなくなりつつあります。でもオーストラリア英語と世界中からの移民の英語にはまだまだ苦労しています。もうしばらく格闘することになりそうです。

滞在中はトラムが走りすてきなカフェがひしめく街を存分に楽しむことができました。
DSCN1136s.jpg

South Bank はシティの中心部で劇場や美術館が近くにあり、多くの人が集まる場所。ブリスベンのSouth Bankとよく似ています。
DSCN1114s.jpg

特に食事が充実していたのは、早起きが苦手な私のモチベーションを保つのに十分でした。多くの移民によってもたらされる食文化を堪能できました。和食を外食するようになったのもメルボルンに来てからです。さすがはメルボルン、日本人をもうならせる和食レストランもありました。また和食はファーストフードの定番巻寿司以外にもカジュアルな食事のシーンに浸透していて、気軽に入れる和食の店も多くありました。それでも店のスタッフはたいてい日本人以外のアジア人種だし、食べてみてすぐ日本人経営でないとわかることがほとんどだけど、まあまあ合格点をあげておきましょうか。

DSCN1117s.jpg

Fitzroy の Burnswick Streetはカジュアルで個性的なブティックやレストラン、カフェがひしめきます。そぞろ歩きしているだけで十分元はとれました。
DSCN1088s.jpg

Carltonはレストランやカフェが多いおしゃれな街。街の中心部から少し外れると個性的な街がたくさんあります。
DSCN1091s.jpg

メルボルンは食べ歩きもショッピングもとっても楽しい街でした。日本人好みのものがあるのがうれしいです。でも真冬だったのがちょっと残念。今年は特に寒いらしく、寒いというよりしばれる?って感じでした。まさかオーストラリアに来てシバレルとは思わなかった。天気も曇りや雨が多かったです。年間日照時間243日のブリスベンとは別世界です。

文化と歴史がすばらしい街メルボルン。もっといろいろ行きたかったところがたくさんあるのでちょっぴり名残惜しいですが、これからようやくブリスベンに腰を落ち着けて生活することができます。移住してきてからあっちへ行ったりこっちへ行ったり住所不定。ブリスベンの住民ながらまだブリスベンやクイーンズランド州のこともまだよく知らないので、早く腰かけでない生活者になりたいです。これからはブリスベンの太陽と暖かな気候を十分に楽しみます

関連記事

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

移民の国の食境界線

この二か月間のメルボルン滞在中はほとんど外食でした。メルボルンは世界各国から移民が集まる都市なので、食に関しても国際色豊か。しかもあまりローカライズされすぎていないところが良かったです。イタリア、ギリシャ、スペイン、インド、中国、タイ、マレーシア、メキシコ、日本・・・本当にいろいろ食べ歩きました。たとえば中華ひとつ取っても、中華街にある中国人だらけの泥臭いお店からカフェ風のおしゃれな飲茶の店まで形態もいろいろ。またいいワイナリーがあるビクトリア州ならではの地元ワインを楽しむこともできました

実は私は一人で夜外食をするのは苦手なんですが、美味しい食事にありつくためならそんなことは言っていられない!毎日のように武者修行した結果、今では一人でレストランに入るのは平気になってしまいました。これも成長した言えるのかな(どんな成長?)。しかしこんなことなら覆面グルメレポートのバイトでもすればよかったな?、といっても高級レストランをあらかじめ調べてから行くわけではなく、行きあたりばったりの庶民的なお店に感を頼りに入るだけなんですが。

そんな中で気がついたこと。エスニック系のレストランに行くとたいてい白人(オーストラリアの白人かイギリス系移民かは不明)とその国の人はいるんですが、他国のエスニック系移民はあまりいないのです。つまりイタリアンやギリシャレストランではアジア系の顔は見ないし、日本料理の店に行っても白人ばかり。中華料理の店にいくと中国系と白人はいるけど他の民族は少ない(ファーストフードの店にはどの人種もいるのでこれは別の話)。エスニック系でも少ししゃれた店構えだと白人ばかりです。週末の午前中のカフェは家族や友人とブランチを楽しむ人々で賑わいますが、ここも白人だらけ。アジア系の顔をした客や白人以外の客は店で私だけ というシーンがどれほどあったことか・・・。

バーに行っても来ているのは白人ばかりです。考えてみるとこの現象はメルボルンに限らず、ブリスベンでもシドニーでも同じだったなあ。この国は移民だらけなのに、みんないったいどこで飲んでるんだろう?人種によって行く店が違うの?それとも家?そういえば日本でも日本人が飲むところと外人が飲むところはなんとなく分かれているし、心地よく飲める空間というのはそれぞれの文化によって違うのかもしれません。

日本では世界の料理が街のレストランだけでなく一般家庭の食卓にまで並びます。これってやっぱりすごいことだと思います。そのおかげか、私はどの国のレストランにも躊躇なく入りますが、多くの移民たちは食に対して保守的なのでしょうか。そういえば日本人も特に男性は、海外出張に行っても日本料理屋ばかり探して現地の食事を試してみようとしない人がたくさんいたっけ。海外に行っても和食じゃないとダメと言う人は多いですね。実は移民は移民だけが知っているナイショの店があって、そこに行くのでしょうか。それとも単に白人オーストラリア人は家で料理しないから外での飲食が多く、移民はみんな家で料理しているというだけの話? まだまだこの国はわからないことだらけです。

平日の昼間、ビジネスの場ではいろんな人種が混じり合って仕事をしています。でも平日の夜や週末というプライベートな空間では意外と人種によって分かれてしまっているようです。食事のスタイルはきっとライフスタイルに密接な関係があるのでしょう。いくら移民の国といえどもやはり混じり切れないところがあるんですね。というより、もともとライフスタイルがぜんぜん違う人々が世界中から集まって、毎日同じ場所で一緒に仕事や生活をしていることの方がすごいとも言えます。

関連記事

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

プロフィール

divayoshiko

Author:divayoshiko
よりよい生活と仕事環境を求めて、日本の会社を辞めてオーストラリアに移住しました。IT技術者として生活を確立するまでの様子、日々の生活や仕事のこと、現地情報、オーストラリアや日本について感じることなどをつづっています。メルボルン在住。
Twitter @divayoshiko

これまでの歩み
2009年
4月  技術独立ビザで永住権取得
2010年
1月  東京からブリスベンに移住
2月  シドニーに移住
4月  ブリスベンに移住
5-6月 メルボルンに長期出張
2014年
2月  メルボルンに移住

最新記事
最近のコメント
伝言板
カテゴリ検索
日付順検索
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2010年07月 | 08月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


キーワード検索
トリップアドバイザー掲載 タスマニア記事
タスマニアの旅行情報
トリップアドバイザー掲載 ニュージーランド記事
クイーンズタウン
個人的なコメントや質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

関連ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。