スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーストラリア初の女性首相

Kevin Rudd首相が任期途中で退任し、副首相Julia Gillard氏に取って代わられました。長い間続いた自由党から政権を奪い、Rudd首相を党首とする労働党が与党になったときは歓迎ムードでしたが、最近の失策で急速に首相の支持率が下がって労働党の地位も危ぶまれるようになり、実績を上げていた女性副首相が急遽持ち上げられました。オーストラリアでは異例の任期途中の首相交代で(日本では1年未満での任期中交代があたりまえになってしまいましたが)、あっという間にRudd氏から首相の座を奪ってしまった初の女性首相というだけでも十分話題性はありますが、それに加えてイギリスからの移民で元弁護士、独身、年は40代と若く、美人で聡明、落ち着いた語り口とスピーチのうまさ、元美容師で今不動産屋のセールスマンのパートナー(ボーイフレンド)がマスコミに登場したりと、目新しさには事欠きません。

一方結婚して子供を持つ今までの首相のイメージとは違うということで、伝統的な価値観を持つ人たちからは反発を食らうのではという声もあります。オーストラリアでは同姓カップルが多いことから、カップルの相手のことを婚姻関係や男女を区別しない「パートナー」と呼ぶことが多いです。また事実婚が一定の法的地位を築いているので、結婚しているかどうかはあまり気にしないのかなと思っていましたが、やはり一国の首相ともなるとそうもいかないのかもしれません。そういえば昔あんなにリベラルな国アメリカのヒラリー・クリントン大統領夫人でさえ、夫婦別姓への風当たりが強くて途中から夫の姓に変えていましたっけ。

そういうこともあって興味本位の首相の個人的な話題がマスコミに出回るのかと思っていましたが、以外にも報道はまじめなので感心しています。あくまでも淡々と彼女の仕事ぶりを伝えており、余計なことは話題に上がってきません。私が住むクイーンズランド州やニューサウスウェールズ州の知事、自由党の幹部も女性だし、Gillard首相を正式に任命したオーストラリア国家総督も女性、この国では政治の世界もビジネスの世界も女性の幹部はめずらしくありません。首相が女性になるのは時間の問題だったのかもしれません。また仕事とプライベートをはっきり分けるオーストラリアのお国柄もあるのかもしれません。

さっそく労働党の支持率を押し上げてしまった期待のGillard首相ですが、目下の課題をどのように切り盛りしていくのでしょうか。今後の手腕を見守りたいものです。


スポンサーサイト
関連記事

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

インド料理修行

インド人の同僚が仕事の後ディナーに招待してくれました。夕方5時に職場を出て彼女の家に直行です。キッチンには香辛料の瓶がずらり。毎日の料理はこの香辛料のコンビネーションで決まります。彼女は毎日仕事から帰ると、これらの香辛料を使った料理を何品か作ります。

この日の主食は小麦粉と水を練って作るロティ。毎日手作りするのだそうです。この日は私のために色も香りもいいハーブと香辛料入りのスペシャルロティを作ってくれました。いろんな種類のお皿を作ることと、主食を作るのに手間かかるのはちょっと和食に似ています。

生地を丸めて専用の台で薄く延ばします。ピザやタルトよりもずっと薄いので破れないように注意。
DSCN1137s.jpg

専用のフライパンで頻繁にひっくり返しながら一枚一枚焼きます。油は敷きません。薄いので手際よくしないと焦げます。とーっても楽しくてやみつきになりそうです。
DSCN1140s.jpg

ロティ作り修業の図。すっかりコツを覚えました。これで私もインドシェフ?
DSCN1144s.jpg

魚のマリネと、ロティと一緒に食べるトマトベースのソースを作りました。基本のターメリックとチリの他にコリアンダー、ジンジャー、マスタードシードなどを使いました。このカップルも私より少し前にオーストラリアにやってきたIT移住組。仲の良い新婚さんです。
DSCN1147s.jpg

インド料理は香辛料さえあればOK。海外でも気軽に運べるので、大きな袋入りで売ってます。彼女たちはオーストラリアで自国の料理を毎日食べるのは何の問題もないそうです。それに引きかえ和食は食材が命。この国では調味料はあっても食材がないのでつらいなあ。つくづくインド人をうらやましく思うのでした。


関連記事

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

寒風吹きすさぶテラス席

メルボルンでは今冬の真っただ中です。最低気温は3-4度ほどにもなり、朝晩は特に冷え込みます。家の中では暖房をガンガンたかないとやっていけません。外では昼間でもコートやマフラーは必須です。今日はランチに出たときでさえ吐く息が白かった。天気もどんよりさえない日が多いです。でも週末にブリスベンに帰るとそこはまるで天国。太陽がサンサンと降りそそぎ、日差しも強くてサングラスが必要。最低気温は10度を超え、朝晩にジャケットを羽織るぐらいでOK。まるで週末ごとに南国リゾートに休暇旅行に出かける気分です

街では多くのカフェやレストランで道端にテーブルといすを出していますが、こんなに寒くても相変わらず外で飲食を楽しんでいます。冬にはガスや電気のヒーターを出したり、風除けでテーブルセットを囲んで寒風をやわらげるようにしているのです。それでも昼間は太陽があればまだ暖かいのですが、信じられないのは夜の寒空の下、寒風に吹かれながら楽しそうにビールを飲んでいる人たち!この人たちの温度の感覚ってどうなっているんでしょう?それでもちょっと飲むだけならまだいいですが、外でしっかり食事をしているなんてまったく信じられません!

日本だったら屋台のおでん屋さんやラーメン屋さん、飲み屋でちょいと熱燗を一杯なんてところでしょうか。でもちゃんと食事をするときはやっぱり暖かい室内でしたいと思うんですが・・・。日本では真冬に外の席があったとしてもきっと誰も座らないでしょう。ここではヒーターや風除けを用意してでも、あくまでも外での食事を敢行する、この根性はすごいと思います。

なぜこんなことができるのでしょう?まずオーストラリア人にかかわらず一般的に西洋人は脂肪が多いので、寒さを感じにくいのではないかと思います。とはいえ、メルボルンは移民の街なので、実際には体の小さい人もたくさんいるんですけどね。今はコートで完全防備した人がほとんどですが、たまにTシャツで外を歩いている人も見かけます。先日は同僚がランチのときに外をシャツ一枚で歩いていたんですが、寒くないんだそうです。ほんとかなあ、痩せ我慢じゃないの?そういえばこの国では夏の冷房の最適温度も低いので、私は真夏でも長袖で出勤していました。

それからビクトリア州はテラス席での喫煙が許されているので、吸いたい人は外で我慢しながらでも吸うようです。外に追い出されてもちゃんとヒーターが用意されているので、喫煙者にはうれしい州だと思います。

先日たまたま夜のバーの道端席(テラスというほどしゃれてるものではない)で飲む機会があったのですが、ヒーターの熱が上方から降りて来るので、焚火に当たっているような暖かさがあり、それほど悪いものではありませんでした。キャンプに行ったときのようなウキウキ感もちょっぴり楽しめました。見ているよりやってみるほうが意外と簡単かも。

人が集まるといえばバーベキューをするオーストラリア。アウトドアが大好きなオーストラリア人には外で食事をすることはたいして特別なことではないのかもしれません。

関連記事

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

どっちがいい? ショッピング

オーストラリアのショッピングセンターやデパート、ブティックなどは通常夕方6時ごろに閉まってしまいます。会社帰りの私たちにとってはなんとも中途半端な時間で、最初はケシカラン!もう少し商売っ気はないものだろうか、と思っていました。でも考えてみればどうせみんな5時には職場を出るんだし、フレックスで4時に帰る人もいるし、メルボルンでさえ街のサイズはたかが知れているので、シティに職場があればショッピングエリアは歩いてもすぐ。5時に退社してもショッピングセンターや街のブティックを一時間で回り、6時に帰って食事の支度をして家族と夕食を楽しむことは十分にできます。それに木曜日と金曜日はどこのショッピングセンターも夜8時?9時まで開いているので、じっくりショッピングしたいときはこの平日の二日間か週末でできます。

日本では休日は小売業界にとって稼ぎ時ですが、こちらは週末でも特に日曜は早い時間に閉まってしまうし、国民の祝日はよく終日休みになります。営業時間が長時間の日と全く休む日を区別し、休むときは徹底的に休む。これはサービスの提供者側も同じです。日本ではいつでもどこでも夜遅くまでやっていて、最近はお正月まで営業するようになり、サービスの利用者には便利ですが、それはサービスの提供者による私生活の犠牲や高いコストによって成り立っています。誰かの犠牲によって誰かが便利になるか、みんなが余裕のある生活をしてみんなに多少の不便を強いるか。どちらがいいとは一概にはいえませんが、何をもって犠牲や不便と感じるのかは社会の価値観の違いです。

また、この国のショッピングセンターでは働いている人員が本当に少ないです。デパートでは何か質問したくてもフロア中誰も見当たらないこともあります。また試着は店員に声をかけたあとは顧客の自由です。日本の店では試着してからお買い上げまで顧客にぴったりくっついてサービスするので、相談したいときは便利です。でも自分で勝手に見てさっさと自分で決めたいのに、試着室の外で待ちかまえていて相談してもいないのに着た姿を見せろと言われ、あれこれ言われるとうざったい時もあります。おかげで時間も圧倒的に長くかかります。

日本ではショッピングセンター以外でも駅や空港など公共の場所で、海外に比べて人員の配置数が多いと思います。またオーストラリアのショッピングセンターは日本でよくある館内案内のパンフレットが置いてありません。館内案内図さえなかなか見つからないときがあり、困ってしまう時があります。顧客一人あたりのコストが日本に比べて大幅に押さえられているのは明らかです。

ここでもやはり顧客が手取り足とりのサービスを望むのか、その分コストを抑えて他の形で顧客に還元することを望むのか、価値観の大きな違いですね。


関連記事

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

国立ビクトリア美術館

National Gallery of Victoriaは、メルボルンにあるオーストラリアで一番古い美術館です。インターナショナル美術とオーストラリア美術が別々の建物になっていますが、インターナショナルのほうに行ってきました。

DSCN1113s.jpg

ヨーロッパやアジアの絵画、装飾美術、彫刻、アンティークなどのコレクション16000点が集められています。さすがは文化の中心地メルボルン、ここのコレクションはかなり力が入っています。これほどのものがオーストラリアで見られるとは、いやはや恐れ入りました。オーストラリアはイギリスと関係が深いので、ヨーロッパの作品が入りやすいようで、またアジアからの収集も積極的です。通常展示のほか、茶道と禅の特別展をやっていて茶器の展示や茶道の紹介などが行われていました。海外で行われる日本の展示は日本人から見るとあまり価値がない場合も多く、それほど期待していませんでしたが、日本人の私が見ても十分見ごたえのあるコレクションでした。

しかもオーストラリアでは美術館は当然無料。これほどの美術品を無料で見られるとは本当にすばらしい国です。この美術館はビクトリア州からの助成金のほか、民間からの寄付によって成り立っていますが、政府だけでなく企業や個人が寄付に積極的なのでそれが可能なのでしょう。ホームページに財務三表を含む決算報告書まできちんと載せているのは寄付の重要性を物語るものだと思います。

ここではボランティアガイドが案内してくれるのでツアーに参加してみました。案内してくれたのは白髪がきれいなおばあさんで、深いヨーロッパ美術の知識の持ち主でした。館内や展示物で重要なものを歴史的背景も含めて丁寧に説明してくれます。広い館内をてくてくとよく歩き、新しい人に出会い、年代も含めて作品の解説を細かくするので記憶力が必要、ボケ防止にもなります。引退の年齢になっても自分の得意分野を生かして他人の役に立てるのはすてきなことですね。

とても大きいのであまり時間がないのが残念でした。メルボルンを訪れる人にはぜひお勧めしたい美術館です
関連記事

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

クイーン・ビクトリア・マーケットでの掘り出し物

Queen Victoria Market はメルボルンの台所。シティに近くて便利な巨大なマーケットです。野菜、肉、魚、パン、ワイン、チーズ、ハム、デリカテッセンなどあらゆる種類の食料品の専門店の他、衣料、アクセサリー、生活用品、おもちゃ、おみやげなどなんでも揃っていて、見て歩くだけで楽しいのです。
DSCN1076s.jpg

DSCN1074s.jpg

驚いたのは魚の種類。オーストラリアでは魚をまともに手に入れるのはほとんどあきらめていたのですが、ここは日本の魚屋さんと間違えてしまうぐらい豊富な品ぞろえでした。似ているのは品ぞろえだけではありません。日本の魚屋さんはお客さんに威勢よく掛け声をかけていますが(最近はあまり見かけませんが)、同じことをこちらの魚屋さんもやっているのです。抑揚もそっくり同じで本当にびっくりしました。日本語がそのまま英語になっただけなのです。鮮魚を早くさばくために掛け声をかける心理はどこの国でも同じなんですね。ぜひ買って帰りたかったのですが、料理するとなると調味料や油をそろえなくてはならず、またすぐホテルを出ていく運命なのであきらめました。

DSCN1078s.jpg

魚に限らず食料品の品ぞろえは文句なくすばらしいですが、食料品以外はジャンクが多いだろうとあまり期待していませんでした。ところが思いがけずいい靴に出会いました。

オーストラリアの靴は超ハイヒールか超ローヒールで真ん中がありません。オーストラリア中の女性が外反母趾や足のトラブルをかかえてるんじゃじゃないかと心配になるぐらいです。おまけに合成皮革やビニール製も多く、皮革製品でも質が悪くデザインもいまいち。それでもメルボルンの靴はブリスベンに比べてかなりおしゃれ度が高いのですが、やはりちょうどよい高さのものはなかなかありません。私の仕事服はいつもスーツかそれに近いものなので、少しヒールの高さがないときれいに見えないし、移動も多いので機能性も必要。靴だけはもう日本に帰ったらまとめ買いしようと思っていました。

ここのマーケットにはちょうどよい高さの靴がたくさんあり、革質もよく、なんといっても靴型がとてもいいので歩きやすいのです。日本でもこんなにフィット感のある靴はなかなかないぐらいです。それに二足買っても$150と安い。お店のおばさんは普通街では一足$200以上はすると言っていましたが、本当かどうかはともかく、この国の標準を考えるとそのくらいしてもおかしくないかもしれません。結局今日はマーケットで二足にシティで一足、計三足もまとめ買いしてしまいました。

これで日本への帰国まで待たずに靴を手に入れることができ、今日はハッピーな日なのでした。

DSCN1077s.jpg
関連記事

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

赴任先での誕生日

今日は移住して初めて迎えた誕生日です。今日も朝4時に起床、ブリスベンの自宅から5時間かけてメルボルンのクライアント先に着きました。本当は今日は休暇にしちゃおうかと思っていたのですが(こういうことが普通に許されそうな国なので)、今は仕事の進行度合いが見えにくくリスクがあったのでやめました。

この週末はブリスベンで盛大にお祝いしてもらったのですが、知らない土地で一人誕生日を過ごすのはやっぱり寂しいものがあるよね?と思っていたところ、友達や家族などからたくさんの暖かいメッセージをいただいて感激しました。会社のメルボルンオフィスの同僚たちもランチにさそってくれ、ブリスベンオフィスからも上司や幹部、同僚から山のようなメッセージが・・・。入社早々メルボルンに出稼ぎに行かされている私を気遣ってのことかもしれませんが(笑)。お礼のメッセージと仕事の報告を返信するのに大わらわでした。

このような暖かい気持ちは、特に単身赴任中(?)の今余計心に浸みるのです。実質的にも精神的にも本当にいろいろな人たちに支えられて今の自分があるんだなあと実感しました。

移住してからちょうど5カ月が経ちました。この間に引越4回(過去半年だと5回)、就職2回、まるでジェットコースターのような人生の変化を短期間に経験しました。住む場所も5カ月の間にブリスベン、シドニー、メルボルンの三大都市にそれぞれ少なくとも1カ月以上は滞在したことになります。なんでこうなっちゃうのかな、こんなせわしい生活を望んでいるわけではないんだけどなー、とワイングラスを傾けながら考えました。とはいえ海外移住という人生の大きな転換期には、あっちでぶつかり、こっちで転びながら落ち着く先が見えてくるのかもしれません。結果的には移住初期の段階でオーストラリアの複数の都市とバラエティ豊かな文化、仕事環境を経験することができました。これは見方を変えれば恵まれているといえるのかもしれません。

来年の誕生日はどこで何をしているのでしょうか?日本にいたときは変わり映えのしない生活で、少なくとも1年先、いえ3年先までもだいたいのことは見えてしまっている状況でしたが、今は半年先さえ読めません。少なくとも来年の誕生日には今のようなジプシー生活は卒業し、もうちょっと落ち着いて1年先ぐらいは読める状況であってほしいです(笑)。

・・・と願いつつ、一人ケーキでお祝いしました。
DSCN1069s.jpg


関連記事

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

切っても切れないカフェとの関係

オーストラリアの都市は犬も歩けばカフェに当たります。注文すると一人ずつ抽出してくれるので、店の前にコーヒーが出来上がるのを待つ人の群れをよく見かけます。かなり待たされることもめずらしくなく、日本ならそんな悠長なことはやっていられないのでしょうが、こっちの人は気長に待っています。おいしい物にありつけるのを待つのも楽しい時間です。特にメルボルンのカフェはおしゃれで、ケーキやクッキー、軽食がとても充実していて、ほんとにおいしいんです。ランチや仕事の合間のほっと一息に、毎日お気に入りのカフェにお世話になっています。
DSCN0974s.jpg

オーストラリアにはこの国特有のメニュー、フラットホワイト、カフェラテ、カプチーノ、ロングブラック、ショートブラック、マキアートなどの種類がありますが、日本やアメリカで主流のブラックコーヒーはあまり一般的でないので、私もラテやカプチーノしか注文しなくなってしまいました。ミルクのマイルドさと泡のアートでとっても優雅な気分。とても細かいのに砂糖をのせてもびくともしない頑丈で厚い泡をスプーンですくって食べるのが好きです。もうブラックコーヒーには戻れないかも!?
DSCN0975s.jpg

こちらのコーヒーは濃いエスプレッソで淹れるのが特徴。アメリカのスターバックスは薄いので店舗数も少なく、あまり人気がないようです。先日渡豪して初めてスターバックスに入ってみました。日本にいるときはここのカフェラテの常習者だったのですが、久しぶりに飲んでみると薄くてまるでお子ちゃまコーヒーでした。こちらの濃いコーヒーに舌が慣れてしまったみたいです。

紅茶を楽しむのもまた良し。茶葉の種類を指定することができ、ポットに入れてミルク(クリームじゃなくてミルク)とセットで出て来ます。気がきいたところはミルクが温めてあります。この国でミルク入りコーヒーが幅をきかせているのは、英国流のミルクティーから来ているのかな?

いろんな新聞が置いてあって自由に読めるのも気に入っています。新聞を買わなくて済むので大助かり。ついついまったりと長居してしまいます。
DSCN0868s.jpg

カフェはオーストラリア生活では切っても切れない重要な相棒。ブリスベンでもいい相棒を見つけたいな。
DSCN0952s.jpg


関連記事

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

プロフィール

divayoshiko

Author:divayoshiko
よりよい生活と仕事環境を求めて、日本の会社を辞めてオーストラリアに移住しました。IT技術者として生活を確立するまでの様子、日々の生活や仕事のこと、現地情報、オーストラリアや日本について感じることなどをつづっています。メルボルン在住。
Twitter @divayoshiko

これまでの歩み
2009年
4月  技術独立ビザで永住権取得
2010年
1月  東京からブリスベンに移住
2月  シドニーに移住
4月  ブリスベンに移住
5-6月 メルボルンに長期出張
2014年
2月  メルボルンに移住

最新記事
最近のコメント
伝言板
カテゴリ検索
日付順検索
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2010年06月 | 07月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


キーワード検索
トリップアドバイザー掲載 タスマニア記事
タスマニアの旅行情報
トリップアドバイザー掲載 ニュージーランド記事
クイーンズタウン
個人的なコメントや質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

関連ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。