スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーストラリアで働く醍醐味

今はメルボルンで大手保険会社のシステム構築プロジェクトに参加しています。私の所属するコンサルティング会社からは私だけですが、他のシステム会社からも数名参加して、保険会社の社員に混じって働いています。移民の多いメルボルンの街を反映してか、職場は人種のるつぼ。しばらくはオーストラリア英語のみならず、世界各国の英語に慣れるのが大変そうです。アジア系も韓国、中国、インドなどたくさんいますが、フロア中見てみたけどやはり予想どおり(と言ってしまうのは寂しいですが)日本人らしき人はいませんでした。まあ誰も他人の出身国なんて気にしないのでどうでもいいんですが。

ここの会社では午後5時(金曜日は4時半)になるとパラパラと帰り始め、5時半になるとサーッと潮を引くようにオフィスを出て行き、8?9割の人がいなくなります。一度6時までオフィスにいたことがありましたが、なんだか自分が社員の私物の盗むために残っているような気がしてうしろめたかったです 。日本で働いていたときは6時に帰るなんてすごーくうしろめたかったですが。ここでは私もいつも5時半にはオフィスを後にします。日本では仕事の終わりが一日の終わりだったけど、ここでは仕事の後まだまだ自分の時間があるのです。これはもう本当にこの国に来て良かった!と思う大きな理由です。

休みも皆大手を振って取っています。今は特に休暇のシーズンではないのですが、それでも何人かの人が1?2週間の休暇を予定しています。プロジェクト中なのになんてやつだ なんて雰囲気はまったくありません。この国では「一番大切なのは個人や家族の生活、残りの時間で仕事をする」という考え方が根底にあり、それが暗黙の了解になっているのです。

でもその代わり、勤務時間中は集中して仕事をします。休憩や無駄話はほとんどなく、やるときはガーッとやってさっさと終わらせて帰る。ブリスベンで出席した丸2日間のクライアントとの会議でも、一日のうち10分ぐらいの休憩を2回ほど取りるだけで、ランチは会議室でディスカッションをしながらでしたが、誰も文句も言わず、無駄話は一切なく、朝から晩まで仕事の話のみ。ドバーっと疲れました。しょっちゅう休憩を取り、会議の進行ものんびりしていて無駄話も仕事の一部になっている日本じゃ考えられません。日本のホワイトカラーの生産性がよく問題になりますが、なるほどこれと比べたらお手上げです

この会社では「アジャイル」という、ソフトウェア開発手法に全社を挙げて取り組んでおり、社内のすべてのプロジェクトは徹底的にこの方法論に沿って進められます。これは工数・時間・コストを抑えるための、今までのソフトウェア開発の常識を打ち破るまったく新しい手法で、プロジェクトメンバー一人ひとりの仕事のやり方や会議のやり方など、すべてが今までとまったく違うのです。オーストラリアではこのやり方を取り入れている会社はたくさんあり、専門ツールもたくさん出ています。この開発手法はしばらく前から話題にはなっていましたが、日本では部分的に採用する会社はあっても、関係社員全員にトレーニングを施し、全社で本格的に取り組んでいるなんて聞いたことありません。(早く帰りたいからこうした生産性を上げる手法にも敏感なのかな?あや、失礼)

日本はゲームなどの個人向けソフトは得意な分野ですが、企業向けソフトは他国に比べて非常に遅れており、最新の技術や方法論は必ず海外からやってきます。その上それを自国に取り入れるのにもとても慎重な国です。そのため、海外から最新情報や技術が入ってきても話題になるだけで、実際にそれを使いこなす機会は日本では限られていました。特殊な日本の業界は海外とはまったく事情が違うので、同じ会社の海外の社員と話していてもまるで話が合わず、いつも苦々しく思っていました。日本にいたらきっとこの方法論を使う機会もなかったでしょう。業界に働く者として、最新のやり方を経験できるのはやはり望ましいですし、うれしいことです。

日本のソフトウェア開発やシステム開発の現場といえば、仕事はきつくて毎日深夜までそして休日までも身を粉にして働くというイメージがあり、また専門職の社会的地位や待遇もあまり良くないので、最近若い人には敬遠されていると聞きます。ここのような環境なら応募が殺到するんじゃないかと思うんですけどね。オーストラリアに来て生活面ではもちろん良かったですが、キャリア面でもいい選択でした。


スポンサーサイト
関連記事

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

念願のグレート・オーシャン・ロード

いつかは行ってみたかったGreat Ocean Road。メルボルンにいるうちに、ということで急いで行ってきました。メルボルンから南西へ延びる海岸沿いに200キロ以上に渡って作られた、絶景のドライブコースです。


要所要所には絶景ポイントや海水浴場、そして宿泊施設やレストランの整った海岸リゾートがあります。海から突き出るこの岩は実はすごーく大きいのです。海水に浸食されてできたのでしょうか。なぜこんなに大きく残ってしまったのかとっても不思議。
DSCN1025s.jpg

崖の脇を道路が沿うように走っています。実は左側は絶壁なのだ。すごいカーブなのでちょっとコワイけど、変化のある景色を楽しめました。ライダーにもたくさん出くわしました。そりゃー気持いいでしょうね?。
DSCN1031s.jpg


海岸と同じ高さで走っていたかと思うと、崖の上まで登りつめてまた下がる・・・アップダウンが激しくて大変なんですが、そのかわりにこの絶景!道は狭いけど、ところどころに車を止めるスペースが用意されているので、あ、ここに停まりたい!と思ったらすぐに停まることができます。ふぅ、このピュアな青はいったいどこから来るのか・・・
DSCN1047s.jpg

こんな広大な景色ばかり一日中眺めていたら、もう仕事とかほかのことなんてどうでもよくなってしまいます。
DSCN1027s.jpg

陸側だってオーストラリアでお決まりの羊、牛、馬たちがちゃんと出迎えてくれました。
DSCN1051s.jpg

下りはのんびり海の景色を眺めながら・・・
DSCN1054s.jpg

ただいまメルボルン!港にはタスマニア行きのフェリーが停まっていました。今回の旅行でオーストラリアの行きたい所リストが一つ消えたけど、タスマニアはまだ残っているんだった。いつかは絶対あれに乗るぞー!と誓ったのでした。
DSCN1059s.jpg

一日の強硬コースでしたが、美しい海岸をたっぷり楽しめました。冬のせいか道もすいていました。この海岸線は限りなく長いし、場所によって違った絶景が用意されているので、堪能するにはやはり泊りがいいと思います。今度は暖かい季節に来て、途中のリゾートに停まってビーチで海水浴をしながらのんびり旅をしたいです。

関連記事

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

セント・キルダの週末

現在の勤め先はメルボルン市街から少し南下した、海の近くの街St. Kildaにあります。いつもは仕事が終わるともう暗くて寒いので、アパートの近くのFitzroy Streetで食事をするぐらい。ここのレストランの味は基準が高くて本当に満足。イタリアンなどの洋風だけでなく、アジア系のレストランも全体的にクオリティが高いのです。インテリアにもこだわったおしゃれなレストランが集まっています。

St. Kilda Road にある職場
DSCN0973s.jpg

トラムで通勤。バスと同じように手を上げて止めます。
DSCN0976s.jpg

アパートから見たメルボルンの街
DSCN1017s.jpg

今週末はメルボルンに滞在しているので、ようやく周囲のお散歩ができ、昼間の様子を知ることができました。ここはビーチやマリーナがあって、のんびりしていてとても落ち着けるところです。ちょっと南国風でアメリカのロサンゼルスあたりを彷彿とさせます。
DSCN0986s.jpg

St.Kilda Pier。先端に行くとお茶できるようになっています。
DSCN0993s.jpg

ヨットハーバーの向こうにみえるメルボルンの街
DSCN0990s.jpg

ここのルナ・パークはシドニーのとちょっと顔が違う
DSCN0995s.jpg

Acland Streetはおしゃれなブティックやカフェ、ケーキ屋さんがたくさん!道行く人たちは皆おしゃれで、クイーンズランドの田舎から来て気合いの入らない格好で歩いていた私はタジタジです。でも気合い入ってます!というおしゃれでなく、カジュアル小物の使い方などのちょっとしたセンスが抜群で自然。ここはヨーロッパ?と錯覚しそう。オーストラリアの人ってこんなにおしゃれだったの?と見直してしまいました。オーストラリアの服は高い上に質が悪くファッション性もいまいちなので、この国に来てから服の買物魂がずっと封印されていたままでしたが、初めてここで買物した?い!と思いました。
DSCN1008s.jpg

Acland Streetはヨーロピアンケーキの店がたくさんあることで有名。ガラスにへばりついて見ているだけでよだれがでそうです。もちろんお茶して持ち帰りまでしましたよ!
DSCN1004s.jpg

小さな古い劇場はいつごろのものなのかな?
DSCN0997s.jpg

アパートの前にある古くてどっしりした石造りの教会。歩いているとこういう古い建物によく出くわします。街全体にヨーロッパの強い影響を感じます。
DSCN1011s.jpg

郊外のこの街は、やはり忙しいシティとはぜんぜん違い、のんびりしていて最高です。それになんといっても食にこだわりがあるのがいいです。おいしい食事にありつけるのは一番の幸せ。何かと負担も大きいメルボルン駐在ですが、ここだったらがんばろう!という気になるのです。
関連記事

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

オーストラリア三大都市比較論?

月曜の朝、例によってまだ暗いうちにブリスベンの自宅を出発。朝7時の飛行機の乗ろうとしたら、なんと便がキャンセルされていた。オーストラリアは電車やバスの運行がなくなっちゃうことはよくあるけど、こともあろうに飛行機までなくなっちゃうわけ?で8時の便でシドニーに飛んだんだけど、これがまた30分以上遅れて・・・。こんなに仕事に遅れちゃうなんて日本だと大ひんしゅくだけど、こっちは理由をいえば誰も気にしないところがさすがオーストラリアですね。おかげで予定していた仕事がぜんぜん進まなくて、夕方の便を夜に変更、やっとこさ夜遅くにメルボルンにたどり着きました。

一日でオーストラリアの三大都市を回るというあまりできない経験をしたせいか、この全然性格のまったく違う都市三つの違いを考えてみました。ちょっと強引だけど、あくまでも旅行者の視点で、無理やり日本の都市にあてはめるとこんな感じかな。

シドニー=東京
国の中で一番大きな都市でビジネスの中心地。流行に敏感でおしゃれ度が高く、世界中のおいしい料理が楽しめる。人も交通量も多く、道は狭くて混んでいる。人々は忙しくて自分のことで精いっぱい。気候は暑すぎず寒すぎず、比較的すごしやすい。

メルボルン=京都
歴史的建造物が街中に点在し、庭園巡りも楽しい。文化の中心地で、王室(皇室)ゆかりの場所がたくさんある。服装は伝統的ながらも粋。料理を楽しむのは最高。人々は親切で他人に対するおもいやりにあふれている。気候は夏暑く冬寒いので寒暖の差が激しくて大変。

ブリスベン=那覇
ビーチリゾートが近くにたくさんあり、サンサンと輝く太陽が自慢。働くよりは遊ぶほうに重きが置かれる。服装や食事ははっきりいってあんまりこだわらない。人々はとても気さくで親切。気候は夏は暑いが温暖で、冬と呼べるような寒い冬はない。

メルボルン滞在はまだ二週目に突入したばかりで、仕事しかしていないのでまだあまりよくわからないけど、未知の人に対して以前から知っているように接したり、親切な人が多いのには感銘を受けています。あまりよく知らない国や街に一人で来た時、街の景色や食べ物はもちろん興味の対象になりますが、人々の気質や思いやりは特に心に響きます。ブリスベンは田舎なのでもちろん皆気さくで、そこが大好きなところですが、メルボルンもオーストラリアで二番目に大きな都市ながら心の余裕がある人が多いという印象です。


関連記事

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

初仕事はメルボルン

月曜の朝、まだ真っ暗な4時半に家を出発。朝6時のフライトで8時半にメルボルンへ到着。タクシーをつかまえ、そのままクライアントの会社へ直行。メルボルン支社の同僚に初顔合わせ、カフェでカプチーノとクッキーをほおばり、ボーっとする頭を奮い立たせながらプロジェクトのブリーフィング・・・。

入社して最初の仕事はなんとメルボルンになってしまいました。プロジェクトに必要なスキルを持った人がメルボルンにいなかったため、急遽私がブリスベンから駆り出されることになったのです。今の予定だと6月いっぱいまで平日はメルボルン、週末はブリスベンの二重生活になります。

入社早々それはないでしょー と文句のひとつも言いたいのですが、ついついその口がふさがってしまう複雑な心境の私。なぜならメルボルンは旅行で訪れるにはオーストラリアで一番好きな街だから。初めて訪れたのは7年前、まだ私が移住候補の国や街をめぐり歩いていたときでした。適度に大きな街だけど大きすぎもせず、国際色豊かで洗練されていて、おしゃれで食事もおいしい。イギリスの影響を受けている歴史のある街はヨーロッパの香りがただよい、庭園がすばらしく、他の街とは一線を画している個性的な街です。

こちらはもう真冬。今は東京の冬とほとんど同じで、夜はジャケットやセーターの上にコートが必須です。ブリスベンではまだ昼間はほとんど夏の服装でもOKで、朝晩はジャケットが必要なくらいなのに。

通勤にはトラム(路面電車)を使っています。古い車両がガタガタと揺れ、カンカンと鐘を鳴らしながらながら走るのは風情があって素敵。街路樹のプラタナスが侘しげな秋の雰囲気を醸し出して、まるでヨーロッパにいるみたい。ブリスベンの木といえば亜熱帯の木が多いのでトロピカルムード。街の景色がぜんぜん違うのです。これが同じオーストラリアとは信じがたいです。

そしてこの街のカフェは本当に素晴らしい!店の前にズラリと並ぶ美味しそうなケーキやクッキーに目がランランです 。そしてカフェごはんがとっても充実していて、値段はそこそこなのにクオリティが高い。ちょっとした食べ物でもほんとにおいしいです!

今日は日本風のパンとケーキのお店、Breadtopを見つけてしまい、自分への御褒美にケーキを買ってしまいました(まだ二日しか働いてないのに?)。オーストラリアに来てから初めて食べた純和風のケーキはふ?わふわで、あー幸せ

レストランも充実しているのであっちに行ってもこっちに行ってもキョロキョロしてしまい、ふだんいかに食に飢えているかがわかります。ブリスベンではまた来たい!と思わせるようなレストランはほとんどお目にかかったことがなかったのです。せいぜいここにいる間に食べ倒すぞー!!イエ?ィ

関連記事

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

オーストラリアになくて困る食材

日本にいるときはいつも和食を作っていましたが、移住してきてからはあんまり作らなくなってしまいました。アジア食料品店に行けば調味料や加工品、お菓子など日本のものはなんでもそろっていますが、値段が高いので普段からたくさん買うわけにはいきません。それに和食の命はなんといっても新鮮な食材。和野菜の種類が少なく、和食に使える魚もあまりなく、薄切り肉はあっても高いしあまりおいしくないという状況では、そもそも料理する意欲が湧いてきません。かぼちゃの煮つけなんかも、かぼちゃの種類が違うので水っぽくなってしまってがっかりです。もっと行動範囲を広げればいい食材を売るお店が見つかるのかもしれないけれど、まだ車を購入していないのでお店を探すのもままなりません。日本から引越中に和食器がほとんど壊れてしまったのも、その気にならない原因の一つかも。

でも私は日本の外にいるときはどういうわけか特に和食を食べたいと思わないのです。郷に入ったら郷に従えで、現地の食材を使って現地の物を食べた方がおいしいし安いし・・・と思ってしまう。現地で手に入る食材を使ってオーストラリア流の和食を開発する、なーんてことをいつかやってみたいと思うのですが、今はそこまでして和食を食べたいとは思いません。美味しい和食は日本で食べるのが一番だと思います。

むしろ今興味があるのは、地元のスーパーにどんな物が置いてあって、それを使ってどんな料理ができるかを考えること。オーストラリアのスーパーは私の大好きなイタリアンの食材がとても豊富で、日本では手に入りにくかったり高いものが簡単に手に入ってしまうのです。それにタイ、インド、中国といったアジア系の調味料や野菜も日本のスーパーより手に入りやすいので、どうしても和食以外のものを作ることが多くなってしまいます。これから研究してみたいのは、近所のスーパーでも豊富な調味料が売られていて、チャイナタウンに行けば食材も手に入る中華料理。

それにしても和食材については最初から期待していなかったので、なくてもあきらめがつくのですが、あきらめがつかないのは和食以外の食材です。洋風だから日本食料品店で高いものを買わなくても当然普通のスーパーにあるはずだと思っていたのにない!。たとえばこんなものです。

ホワイトソース缶
グラタンやパスタソースに大活躍のホワイトソース缶。日本ではいつもキッチンに常備していましたけど、オーストラリアのスーパーには売っていないのです。そこで小麦粉をバターでいためて自分で作っています。ちょっとめんどくさいけど、のんびりホワイトソースを作るのもオーストラリアらしくて良しとするかな。

ドミグラスソース缶
これもシチューやハヤシライスに大活躍でよく利用していましたが、こちらにはありません。でも自分で作るとなると肉や野菜を煮込んで一日がかり。たまに休日の楽しみに作るのはいいけど、普段はなかなか・・・。どうしたものか。

洋風スープの素
こっちの固形スープや液体スープは変に味が濃かったりスパイスが利きすぎていたりして、未だに納得のいくものに巡り合っていません。アメリカではbrothと呼ばれるスープストックがスーパーで売っていて味も良かったんだけど。時間のあるときに自分で作るスープストックは最高だけど、これも毎日の料理で作るわけにもいかず、困っています。

中華スープの素(粉末)
中華料理を作るときは必ず使っていたのですが、こちらでは見つかりません。中華材料は普通のスーパーにもたくあんあるので、代用品がどこかにあるのかもしれませんが。

ケチャップ
ケチャップって世界中どこでもあるものだと思っていましたが、アメリカのものなんですね。この国ではトマトソースやトマトピューレしかありません。容器がケチャップに似ているトマトソースがあったのでチキンライスに使ってみたら、味も色も薄いので、たくさん使いすぎてべちょべちょになってしまいました。味もケチャップより酸っぱいです。

パン
こちらのパンは固くてパサパサしてあまりおいしくありません。日本にいたときは週末は必ず作っていたほどフレンチトースト好きだった私にとってこれは大問題。空気をあまり含んでいないので、卵液を含ませてもよく浸みこまないのです。でも先日のブログにも書いた通り、ふわふわパンを売るパン屋さん、Breadtopを見つけ、ここのパンでフレンチトーストを作ってみたところ、これがまた期待通り大成功です!卵液が奥まで浸みて、焼いた後もしっとりとろ?り。渡豪して初めての満足度の高いフレンチトーストでした。でも難点はこのお店、ちょっと市内から遠いので、今度はフレンチトーストに合うバゲットを普通のパン屋さんで探してみようと思います。

オーストラリアには伝統料理というものはなく、移民が持ち込む料理によって食文化が成り立っているので、どこの国からの移民が多いのかはスーパーの棚をみればわかってしまいます。一方日本の食生活は移民がほとんどいないにも関わらずあらゆる国の料理が浸透していて、しかも輸入した食材そのままでなく、自国でアレンジして使いやすく工夫していろんな加工品を作っているのですね。あらためて日本の食文化はすごいな?と感心してしまいます。

関連記事

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

プロフィール

divayoshiko

Author:divayoshiko
よりよい生活と仕事環境を求めて、日本の会社を辞めてオーストラリアに移住しました。IT技術者として生活を確立するまでの様子、日々の生活や仕事のこと、現地情報、オーストラリアや日本について感じることなどをつづっています。メルボルン在住。
Twitter @divayoshiko

これまでの歩み
2009年
4月  技術独立ビザで永住権取得
2010年
1月  東京からブリスベンに移住
2月  シドニーに移住
4月  ブリスベンに移住
5-6月 メルボルンに長期出張
2014年
2月  メルボルンに移住

最新記事
最近のコメント
伝言板
カテゴリ検索
日付順検索
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2010年05月 | 06月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


キーワード検索
トリップアドバイザー掲載 タスマニア記事
タスマニアの旅行情報
トリップアドバイザー掲載 ニュージーランド記事
クイーンズタウン
個人的なコメントや質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

関連ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。