スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プライベート健康保険に加入

移住して以来ずっと目の上のタンコブだったプライベート健康保険にようやく入りました。オーストラリアではMedicare(市民権や永住権を持つ人に適用)という日本の国民健康保険にあたるものがあり、通常の診察、治療、検査、薬代の一部などがカバーされます。公立病院なら医療費負担はタダ、私立なら一部自己負担になります。でもMedicareでは歯科、入院、救急車、その他特殊な医療費はカバーされないので、そこを補完するのが民間の保険会社の健康保険なのです。

私は歯科や救急車以外はあまり興味がなかったんですが、まさかの事故や入院ののときなどに公立病院では待たされたり医師を指定できないなど使い勝手が悪いことと、政府がプライベート保険の加入を推奨していて節税対策にもなるので、加入することにしました。通常は加入時に31歳を超えていると年齢が上がるにつれて毎年保険料が上がっていきます。ただし移民はMedicare加入時から1年以内にプライベート保険に入ると31歳以下の保険料が適用されるというありがたい措置があるので、1年以内にはなんとかしようと思っていましたが、移住9カ月にしてようやく加入にこぎつけました。

プライベート保険はHospital CoverとExtra Coverに大きく分かれています。Hospital Coverは入院費が対象で、Extra CoverはMedicareでカバーされない歯科や特殊な治療のほか、コンタクトレンズ、メガネ、マッサージ、トレーニングジムの費用などがカバーされます。いずれもカバーする医療科目や保険金の上限金額範囲によって保険料が変わってきます。カバー範囲はプランによっては日本の国民健康保険より広いものの、支払い金額には上限があります。またWaiting Periodが医療科目別に設定されていて、義歯、歯冠、ブリッジ、インプラントなどの大規模は治療は加入から1年待たないと給付対象になりません。軽い治療でも2か月待たなければならないものが多いのです。

私は入院はたぶんしないだろうという楽観からHospital Coverはカバレッジが低いものにしました。こんなにリラックスできる国にいてストレスがたまるとは思えず、よって入院はしないという希望的観測。不慮の事故で入院したらそのときはそのときです。あとは毎日の食事と運動に気を付けることで病気にならないという決意です。一番気になるのは歯科。日本では当たり前のように国民健康保険でカバーされていたのに、それがないのはやはりキビシイ。歯を直すのはとってもお金がかかりますからね。そこでExtra Coverは歯科のカバレッジが高めのものを選びました。とはいっても大がかりな治療になると保険のカバー範囲を簡単に超えてしまいます。

自分に適した会社やプランを選び出すのはかなり難航しました。まず第一にプライベート保険はMedicareを補完するものなので、基本となるMedicareのことを知らなければいけないのですが、このシステムをきちんと理解するまでに一苦労。その後プライベート保険を選ぶのですが、保険会社はとても多く、同じ会社の中でもカバー範囲やExcess(免責額)によって無数のプランが用意されていて、内容によって保険料が変わってきます。医療用語や見たこともない病気の名前がズラーッと英語で書いてあるので(当たり前ですが)、辞書と首っ引きでパンフレットやウェブサイトと大格闘です。それと保険会社ごとに提携医療機関が決められていて、そこを利用すると給付金が多くなるなどの特典があります。

でもやはり店舗に行って直接話をきいたり質問したりしたのが最終的な決め手になりました。Waiting Periodは契約交渉の道具として使われることが多いらしく、私は1年待ち以外の軽い治療はすべてWaiting Periodを免除してもらいました。実は最近歯が少し痛みだしたのですが、これでさっそく歯医者に行くことができるので一安心。今まで二回も歯冠が取れて無保険で歯医者に行ったのです。私の歯科保険は虫歯予防については給付金が無制限なので、虫歯になる前に歯医者さんにせっせと通って虫歯にならないようにしたいと思います。

Medicareでもプライベート保険でも、保険金の請求がめんどくさい!日本の国民健康保険は、保険証を見せて保険金差引後の金額を医療機関に払うだけですが、Medicareの場合は自分で全額払って、後からMedicare Officeに請求書を持って行き、現金で返金してもらうか銀行振り込みです(病院によってはその場で精算もあり)。プライベート保険もまず自分で払ってから請求書を持って保険会社の支店に行って保険金を請求するか、オンラインで請求します。いずれも日本の自動精算に慣れた身としては、日本はなんて簡単だったんだろうと思ってしまいます。日本にいたときは医療費や保険金のことなどあまり気にしていませんでしたが、これからは一度全額自分で払うというプロセスがあるため、否が応でも自分が払うものに対して厳しい目で見ざるを得なくなりそうです。プランや保険会社を変えるのは簡単らしいので、しばらく様子を見て必要に応じて契約を見直そうと思います。

この国の医療システムは、すべての国民の最低限の医療をカバーするMedicareという素晴らしいしくみはあるものの、安心さ、便利さを考えると日本の国民保険はやっぱりすごいと思います。これからは健康管理には気を付け、歯については特に自己管理を徹底しなければと思います。

お世話になったウェブサイト
Medicare
Australian Health Insurance Information
Help Me Choose
Moneytime The Comparison Engine


スポンサーサイト

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

オーストラリアのインテリア雑貨

新生活を始めるうえでなにかと必要な家庭雑貨。たとえば収納用品、整理棚、ほうきやちりとりなどの掃除用品、キッチン小物、ハンガーや洗濯用バスケットなどの衣料小物、タオルなどの洗面小物、ゴミ箱などの家庭小物、化粧小物・・・。ショッピングセンターに行くたびに目を皿のようにして探すのですが、街の中心部の大きなモールにいっても、郊外の大型ショッピングセンターに行っても、インテリアや家庭用品の店がほとんどないのです。みんなどこで買っているんだろう?と、オーストラリアに来てからずっと疑問でした。もしかして私の知らない秘密の店が郊外のどこかにあるのかも?と思っていました。でも最近わかったんです。オーストラリアには日本のようなインテリア雑貨というカテゴリーは存在しないということが!

もちろん大型スーパーマーケットのようなところに行けば家庭雑貨はあるにはあります。でも品質が悪いし、第一デザインがかわいくない!デパートにいけばもちろん大型家具はあるんですが、手ごろな値段のものは少ないし、あまり細かいものは扱っていません。たまーに奇跡的におしゃれな店を見つけたとしても、いかにも「ほ?ら、おしゃれでしょう?」といわんばかりに高級感あふれるディスプレイがされていて、目が飛び出るほど高い。つまり、安くて使えればいいじゃん程度のものと高くておしゃれな物はあるけど、その中間、つまりデザインもそれなりで値段もお手軽なものがあまりないのです。あっても圧倒的に種類が少ない。

一昔前は日本もそうでした。ちょっといいデザインの物を求めようとするといきなりデパートなんかの高級品コーナーになってしまう。そこでアメリカに出張するたびにインテリアショップに行ってはキッチン小物、食器、ランプ、部屋に飾る絵などを大量に「個人輸入」してました。アメリカはどこのショッピングセンターにも必ずインテリアショップがたくさん入っていて、種類が多いしデザインもいいし、値段も日本の半分以下でしたから。最近は日本も家のなかで過ごしたりホームパーティをするようになってきたので、インテリアに人々の関心が行くようになり、商品も充実してきました。オーストラリアは休日はアウトドアでパーティもBBQだから、そもそも需要がないのかな。

合格圏内なのはIKEA。IKEAがオーストラリアに進出してきたときの衝撃は日本以上だったと想像します。ここは確かにデザインはおしゃれだし小物は安いです。大型家具もデパートにはないような手軽なものがそろっていますが、それでも値段はそれほど安いとは思いません。それともIKEA以外にもどこかいいショップはあるんでしょうか?ご存知の方はぜひ教えてください。

日本の東急ハンズはなぜ外国人旅行者が多いのか不思議でしたが、今やっとわかりました。世界的不景気の影響をほとんど受けていない小金持ちオーストラリア人旅行者が日本に行って、東急ハンズに出没しているに違いありません

今度日本に帰ったときにはきっと東急ハンズやLOFTなどのインテリア小物ショップをうろつきまわっているでしょう。

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

国際小包補償の現実

日本の郵便局から送った引越荷物のうち、一箱の中身がめちゃくちゃに壊れていました。普段使いの和食器なのでそれほど値が張るものではありませんが、愛着があり、こちらでは手にはいらない物だけにかなりショック 。確かに梱包方法が万全だったとは言えないかもしれませんが、他の箱はOKなのにこの一箱だけは中身の半分ぐらいが粉々です。ここまで壊れるのは箱をぶん投げたとしか考えられません。

日本の郵便局に電話すると、まず海外から破損の件で電話してきたという事実だけで係員はオロオロ 。そして賠償のことを尋ねると、こちらではこういう経験はないのでわかりませんと繰り返すばかり。あのねー、経験があるとかないとか私にはどーでもよくて、契約どおり賠償してほしいだけなんだけど。

で何回かやりとりがあったあと、オーストラリアの郵便局で破損証明をしてもらえれば、日本の郵便局から私の日本の銀行口座に賠償金を振り込みますと言う。そこでオーストラリアの郵便局に破損品をもっていき、破損レポートを書いてもらいました。その後また何回かやりとりがあり、電話してきていうには、支払いは日本でなくオーストラリアの郵便局からになる。ついては、梱包状態を見るために、梱包した箱と破損物を持って郵便局に行ってほしいとのこと。なに?そんなものもうとっくに捨てましたよ、だって前回は破損している事実を証明すればいいと言ったんだけなんだから 。でも局員は「すみません、慣れていませんもんで」というばかり。あのー、慣れなんて関係ないんですけど。

それで結局泣き寝入りとなりました 。破損報告をしたのはブリスベンの郵便局なので、出向いて文句をいうわけにもいかず。第一これはすべて日本の郵便局の指示することにしたがっただけなので、オーストラリアの郵便局には何の非もないですから。これが民間の引越業者だったらこうはいきませんが、しょせん郵便局。たとえ梱包物を持って行ったとしても、梱包状態がよくなかったと突っぱねられるんだろうし。

エコノミー引越の結果:あと2箱がまだ海の上ですが、その他は問題なく到着しました。この一箱を除いては。

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

新生活の準備を開始

ここブリスベンは気候も雰囲気もまるでリゾートアップロードファイル。真っ青な高い空にモクモクの入道雲空。近所を歩いている人はビーチでの格好とほとんど変わらないし水着、街の中心部のショッピング街に行っても、約半分の人はビーチサンダルやホットパンツだし。これに慣れてしまって、日本に帰った時の逆カルチャーショックを考えると、ちょっとクラクラします。

まだ仮住まいながら、居住者として最低限の手続きは済ませました。

* Tax File Number の申請
確定申告のときに使う納税者番号を取得する申請です。インターネットでできるので簡単。移民については、実際にオーストラリアに住居を移してからでないと申請できないようになっています。移民の入出国やビザに関する情報は移民局のコンピュータシステムで管理されているのですが、このシステムと税務署のシステム、そしてインターネットがリアルタイムでちゃんと繋がっているので、入国していないのに申請しようとしてもできません。この辺はさすがオーストラリア。日本では各省庁が縦割りなのと、役所の情報システムはふた昔も遅れているので、こんなことが実現するまでには十年はかかるでしょうね。それにそもそも移民局を作ること自体でもめてるぐらいですから、移民がシステムで管理できて、他庁のシステムと繋ぐなんて、私が死んでから何年後かな。いや、永遠にないかも。

* Medicareの申請
オーストラリアの居住者は、医療費がただになったり低料金で治療ができる国民医療に登録できます。Medicare Centerは街のいろいろな所にあり、ショッピングセンターに併設している窓口に行ってきました。

* 携帯電話の購入
とり急ぎ、気軽に安く使えるプリペイドにしました。自分の電話番号を持てたことで、ようやくこの国で自分の存在が確認できるようになった気がします。


テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

そしてとうとう移住の日

ついに来たこの日!!。今日ブリスベンに着きました。ここの真夏にしては今日は涼しいほうらしいけど、真冬から来た私にとっては暑くて湿気がムンムンで死にそうだ!噴き出す汗はいくら拭いても途切れることはありません。

ここに来るまでは必ずしもスムーズにいったとはいえず・・・。成田空港では食事をしていて出発ゲートに行くのが遅れ、友達と別れを惜しんだり、途中パスポートが行方不明になったりしてさらに遅れ、いろんなことが重なって出発コンコースに移動する電車を降りたときはなんと出発時刻の10分前を切ったところ!すると係員が立っていて、私の名前を大声で叫んでいるではありませんか えーん。それから係員と2人でゲートまで全速力で走る走る!そして閉まっていたゲートを開けてもらい、飛行機に飛びこみ、ぎりぎりセ?フ ほっ。でも実際飛行機が動き出したのはそれから15分後ですよ(とちょっと強がってみました)。

思えば永住権を取るときの技術査定も、英語のテストも、申請タイミングも、就職も、いろんなことがぎりぎりセーフでここまで来ました。最後の移住時のぎりぎりセーフは、まるでこれらのことを象徴しているようだなあ。

空港に行くまでの電車の中ではちょっとセンチになってしまいました。ここ数年は、永住権の申請、新生活の準備、キャリア開発、すべてを移住に焦点を定めてやってきました。その結果がこれなんだなあ、なんて・・・。

今回渡豪するにあたり、多くの方々の暖かいサポートをいただきました。見送ってくれた人、励ましの言葉を贈ってくれた人、餞別をくれた人、送別会を開いてくれた人、引越を手伝ってくれた人、就職のサポートをしてくれた人・・・。いろんな人のサポートがあってこそここまで来ることができました。移住がなかったらこれらの暖かさに触れる機会はなかったかもしれないと思うと、本当にうれしいし、ここで幸せをつかむことでこの人たちの恩義に報いなくてはいけないなーと思います。

ともあれ、あせらず、着実に、これからの新生活を送っていきたいと思います。

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

エコノミー引越はつらいよ

ようやくアパートの明け渡しと荷物の発送が終わりました!この二週間は一心不乱に働き、正直会社にいたときよりよく働いた・・・。会社の仕事は夜になってその日の分が終われば忘れられるけど、今回の引越は同時に多くの細かい作業を同時進行し、チェック項目が莫大にあったので、夜ベッドにいても頭がぐるぐる回っていて休まる暇がなく、常に睡眠不足。特に最後の日は戦争で、平常心を保つのも大変なほどでした。

この10日間でオーストラリアに送った荷物は17箱、10月から少しずつ送ったのも合わせトータルで22箱、〆て25万円也。郵便局から自分で送ったので、すべての箱の中身と金額を伝票とインボイスに記載。郵便局員さんも私も海外発送に慣れていないうえに年末の忙しさも加わり、伝票やインボイスの記載漏れで後日書き直したり、電話とFAXで記載の変更を指示したり、作業の差し戻しもかなりありました。いまだにちゃんと着くか不安です。

実家に送る12箱の宅配便も年末の忙しさで集配が来れなくなり、引越当日にずれこみ。当日は引越やさんも来て大物を運んでもらい、ようやくすべての荷物の送り出した後は、午後7:30までにアパートの管理会社に鍵を返すため、膨大なごみの処分。最後は玄関前に廃棄物の山をうず高く積み上げ、アパートを出て一旦鍵を返してから、ごみがすべてなくなったのは夜9時近く。

一人で終わりのない細かい作業するのは心理的にもかなりの負担。エコノミー引越はもうコリゴリですが、助っ人がいてくれたおかげでほんとうに命拾いしました。困った時に助け舟を出してくれるのは本当にありがたく、親切が身にしみました。

あとはやはり普段から要らないものを捨てることですね。いい教訓になりました。

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

あー引越・・・

会社の仕事が終わって一週間が経ちました。あと一週間で荷物をすべてオーストラリアに発送し、アパートを引き払わなければなりません。なのになのに・・・部屋の景色が変わり段ボールが積まれるようになったのはようやく今日から。ではこの一週間何をしていたか?この一週間が本当に大変でした。

* 不用品廃棄方法の調査
家財道具はほとんど置いていくので、処分しなければなりません。知人や家族が引き取ってくれるものもありますが、それでも残ったものがたくさんあります。まず行政のごみ区分の調査。サイズや材質によってごみの種類が違うので、大きいものも小さいものもすべてサイズを計り、どの区分に当たるかを調べてごみ種別のリストを作ります。そして粗大ごみは廃棄センターに電話して、引き取りをお願いします。サイズによって値段が違います。収集日が来たら購入したチケットを貼り付けて出しておく。

大きくて運べないものや家電品は民間の廃棄業者に依頼しました。数社見積もりを取って依頼先を決定。民間はやはり行政より高いけど、部屋までとりにきてくれるので仕方がない。

民間のリサイクルセンターも調べたのですが、今時安い家具チェーン店が大はやりで、ブランド物とかアンティークとか、なにか特徴がないとリサイクル対象にならないそうです。アパートの住人にもチラシを配ってみたけど、ナシのつぶてでした。ネットを使う方法もあるんでしょうけど、時間切れです。仕事も住むところもなく困っている人たちがたくさんいるというのに、一方ではまだまだ使えるきれいな家具をお金を払って捨てる。社会の中で資源が有効に活用されていないのはゆゆしいことです。アメリカに住んでいたときは、みんな古い家具でも気にせず使っていたので、中古家具を売るのも手に入れるのもとても簡単でした。オーストラリアでもNGOやSalvation Armyが引き取ってくれるそうです。日本でも自治体によってはリサイクルセンターを持つところもあるようです。しかし大不況といってもそこそこのお金をもち、新品大好きの日本では、中古家具の流通は少ないようです。

* 移住に関しての行政関連の調査
国民年金支払い免除手続きの方法、渡豪してからの住民税の支払い方法、移住後の運転免許更新方法などの調査、国際免許申請など

* 引越関係手続き
公共サービス、インターネット、CATV、新聞、銀行などの解約手続き、各種サービス住所変更

* メディカルチェック
歯医者などの健診と治療

* 荷物の発送
一番安くあがる郵便小包一本にしました。オーストラリアは食物検疫が厳しく、食物を運んだ箱を使うのもだめなのです。なのに、うっかりスーパーでもらった玉ねぎの絵が描いてある箱で送ってしまった!送った後気付いてあわてて電話しましたが、荷物はすでに地元の集荷拠点を出て税関に向かっていたのでした。係員がいうには、最近ひっかかって戻ってきたという話は聞かないし、そのままやってみたらどうですか?ということだったので、ドキドキしながら連絡が来ないことを願うばかりです。

ということで、この一週間毎日やっていたことは、ごみの処分方法と値段を管理するExcelとの格闘、役所や業者への電話かけまくり、医者めぐり、荷物の発送、そして会社の送別会です。この仕事って超つまんない孤独な作業。おまけに外は冷たい雨 傘と凍える寒さで風邪までひいちゃった 風邪。あーあ、早く全部終えて太陽サンサン晴の守護者のオーストラリア に行きた?い!明日からはいよいよ家具の運び出しが始まります。

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

行き先変更 → シドニーへ

いろいろ考えて、結局シドニーの仕事のオファーを受けることにしました。渡豪する前に仕事が決まるのも、シドニーに住むのも、まったくの想定外。仕事が決まったのはとってもうれしいのですが、ここ1年ぐらいはブリスベンに住もうと思って準備してきたので、正直ちょっぴり複雑な心境です。

私は小さめの都市にのんびり暮らすのが夢で、自然が豊かで遊ぶところもたくさんあるブリスベンが気に入っています。でも実はシドニーも憧れの街。仕事で何度も足を運び、その美しさ、食文化、洗練性、そしてオーストラリア最大の都市でありながら東京と比べ物にならないコンパクトさが気に入っています。仕事もたくさんあるので、移住を考えた当初はきっとシドニーに住むんだろうなと思っていました。去年のお正月、まだ移住申請の準備に明け暮れていたころ、CNNで年明けに最初に放映されるシドニーのハーバーブリッジの感動的なカウントダウンと花火を見て(世界の主要都市でシドニーが一番最初に新年を迎える)、よし、来年は移住して自分の目であの花火を見よう!花火 と心に誓ったものです。今年のお正月はまだ永住権さえとれていなかったし、来年のお正月も日本なので、まだまだその夢は果たせませんが。

またいつかはブリスベンに住むこともできるし、はたまた別の街に行くかもしれないけど、とりあえず移住最初はシドニーでがんばることにしました。荷物はすでにブリスベンの友人宅に送ってあるし、エアチケットも買ってあるので、とりあえず1月初めにブリスベンに飛び、2月からシドニーで働き始めます。会社が街の中心部にアパートを用意してくれて1カ月分の家賃を負担してくれるので、当初の部屋探しの苦労はありません。でも1カ月後には郊外に引っ越すので、住む場所を探さなくてはなりません。シドニーは家賃が高いし、今空き部屋がなかなかないと聞いています。居住するという観点では調べたことはないので、今からリサーチを開始しないと・・・。渡豪してしばらくのんびりするという淡い期待ははずれ、またすぐに引越。あわただしくなりそうです。

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

船便第二弾

二回目の船便を発送しました船。今度来てくれた集荷のお兄さんは、なんだかいろんな書類をたくさん手にしています。「今回は中身の金額いくらですか?」ときかれ、それほど高くないことを告げると、通関委任状を添えなくていいとわかったのでほっとした様子。どうやら来る前にいろいろ勉強してきたらしい。前回送った時に、金額が高かったので通関で引っかかって追加書類を出すはめになったので、今度は用意周到に、必要になる可能性のある書類を全部準備してきてくれたのでした。その郵便局にはどうやら私のことを覚えられているようです。

船便小包というものは普通は中身の金額が安いらしく、引越荷物を送って保険をかける人なんてあまりいないみたい 汗。すみませんねえ、会社が渡航費用を出してくれるわけでもなく、全部自前なので。そして、「また出しますか?」と聞かれたので、「出します!でも今度は航空便です。」と答え、追加で書類をもらいました。郵便局さんいつもお世話になります。今後ともどうぞよろしく。

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

輸出許可通知書が来た

先日送った船便に関して、日本郵便から輸出許可通知書が届きました。通関に関してはいろいろな区分があって、金額が小さいと審査なしでOKなのですが、一定の金額を超えると書類審査があり、更にもっと審査が必要な場合は現品検査があります。

私は審査なしで通そうと思って、二個の荷物をを別口扱いで送ったのですが、税関で二個口の荷物として扱われてしまい、既定の金額を超えてしまったので、通関委任状を提出して審査してもらいました。その結果、
「関税法67条の規定により、あなたが申告した貨物の輸出を許可します。 横浜税関川崎外郵出張所長」
だって。一緒にいろんな輸出関連の書類がついていて、なんだか私もいっぱしの輸出業者気分!?

出港予定は10月31日になっているので、私の荷物クンはもう一週間も海の上をぷかぷか漂っているんだなあ・・・クジラ。これから二か月の長旅。どうぞ無事でブリスベンまで着いてよね。

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

プロフィール

divayoshiko

Author:divayoshiko
よりよい生活と仕事環境を求めて、日本の会社を辞めてオーストラリアに移住しました。IT技術者として生活を確立するまでの様子、日々の生活や仕事のこと、現地情報、オーストラリアや日本について感じることなどをつづっています。メルボルン在住。
Twitter @divayoshiko

これまでの歩み
2009年
4月  技術独立ビザで永住権取得
2010年
1月  東京からブリスベンに移住
2月  シドニーに移住
4月  ブリスベンに移住
5-6月 メルボルンに長期出張
2014年
2月  メルボルンに移住

最新記事
最近のコメント
伝言板
カテゴリ検索
日付順検索
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


キーワード検索
トリップアドバイザー掲載 タスマニア記事
タスマニアの旅行情報
トリップアドバイザー掲載 ニュージーランド記事
クイーンズタウン
個人的なコメントや質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

関連ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。